« 関生への弾圧を弾劾する! | トップページ | 祝!ブログ開設10周年(^^)/// »

辺野古埋め立て承認撤回!

 本日、沖縄県は辺野古埋め立て承認を撤回した。Y!ニュース琉球新報
沖縄県が辺野古埋め立て承認撤回
 米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を巡り沖縄県は31日午後、仲井真弘多前知事による辺野古公有水面埋め立て承認を撤回した。政府は2013年の埋め立て承認を受けて辺野古新基地建設を進めている。撤回でその法的根拠が失われ、工事が止まる。政府が当初8月17日を目指していた辺野古海域への土砂投入は当面不可能となる。
 政府は、撤回の効力をなくす執行停止を裁判所に求めるなど法的な対抗策を検討している。県が「最大の切り札」としていた撤回に踏み切ったことで、辺野古新基地を巡る県と国の対立は再び法廷闘争に入り、重大局面を迎える。

 県の渡嘉敷道夫基地対策統括監と松島良成土木整備統括監が31日、沖縄防衛局を訪れて撤回通知書を提出した。その後、富川盛武、謝花喜一郎の両副知事が記者会見を開き、判断の根拠などを詳しく説明した。
 政府が法的措置に訴えて仮に執行停止が認められた場合、数週間から数カ月で工事が再開されるとみられる。(以下略)

 これでとりあえず工事が一時止まることになるが、記事にあるように政府は「法的対抗策」を取り、裁判で争うことになるのは目に見えている。ここで、不当判決を絶対に許さないため、県外での闘いが求められていることは言うまでもない。

 また、来る沖縄県知事選挙では、この「埋め立て承認撤回」を支持するかとうかが大きな争点となる。自公維が押す、佐喜真淳宜野湾市長は「埋め立て承認撤回もあり得る」などと、辺野古基地建設隠しの目くらまし発言をした…基地建設を「容認」するとなれば、承認撤回を「撤回する」と言わなければならないところであるが、おそらく「裁判の経過を見守る」などと言って、またまた「目くらまし」をするだろう。このようなゴマカシを許してはならない。

 29日、玉城デニーさんが正式に出馬表明をした …翁長知事の遺志を引き継ぐ玉城デニーさんの勝利を勝ち取ろう(「赤旗」に掲載された出馬表明) 埋め立て承認撤回を守り抜く県外の運動を構築しよう辺野古新基地建設を阻止し、安倍政権を打倒しよう

|

« 関生への弾圧を弾劾する! | トップページ | 祝!ブログ開設10周年(^^)/// »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古埋め立て承認撤回!:

« 関生への弾圧を弾劾する! | トップページ | 祝!ブログ開設10周年(^^)/// »