« 10・14三里塚全国総決起集会(デモ編) | トップページ | 大洗「ガルパン」聖地巡礼(前篇) »

辺野古不服審査請求弾劾!

 日本政府が辺野古新基地建設で再びキバをむき出し始めたY!ニュース朝日新聞より
辺野古移設で国が不服審査請求  県の埋め立て撤回に対抗
 岩屋毅防衛相は17日午後、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐり、石井啓一国土交通相に対し、行政不服審査法に基づく不服審査請求を行ったと発表した。沖縄県による辺野古沿岸部の埋め立て承認撤回に対する対抗措置。裁決が出るまで撤回の効力を一時的に止める執行停止も申し立てた。
 岩屋氏は防衛省で記者会見し、行政不服審査法による手続きを踏んだ理由について「様々な方法を検討したが、できるだけ迅速に当面の問題を解決し、目的の達成に向かって進みたいと考えた」と述べた。防衛省関係者によると、沖縄防衛局職員らが17日午後1時半ごろ、東京・霞が関の国交省に関係書類を提出した。
 移設工事をめぐり、沖縄県が8月末に埋め立て承認を撤回して以降、埋め立て承認の効力が失われ、移設工事は中断している。今回の措置により、執行停止が認められれば、政府は移設工事を再開する方針だ。
 不服審査には数カ月かかるとみられるが、執行停止の判断は、2015年の同様の事例では2週間程度で出た。こうした経緯を踏まえ、早期の工事再開を目指す政府は、裁判所への申し立てとは異なる対抗措置を採用したとみられる。移設作業の再開を急ぐ姿勢に対し、県が反発をさらに強めるのは必至だ。(藤原慎一)…以下略…

 またもや行政府の一機関(防衛省)が別の行政機関(国土交通省)に審査を求めるという離れ業を使ってきた。しかも「執行停止」判断がでれば、すぐに工事を再開するという。
 菅官房長官や小泉進次郎が3回も選挙中沖縄を訪れ、政府・与党が全力を絞って攻めてきた沖縄県知事選挙で、「オール沖縄」の玉城デニー氏が8万票もの差をつけて圧勝した。政府は沖縄の民意を最大限尊重し、辺野古新基地建設をあきらめるべきである。しかし、デタラメな手法を使ってなりふりかまわぬ基地建設工事を強行しようとしている。絶対に許さない 
 しかも埋立て承認撤回の理由の一つである、大浦湾側の軟弱地盤について具体的対策も取らず(取れず)、そのまま埋め立て工事が完成するワケはない。辺野古新基地は当面、完成する見込みすらないのだ。今、護岸を撤去すれば海は元にもどるかも知れない。しかし土砂を投入してしまえば、もはや元に戻すことは不可能だ。出来もしない基地建設に、これ以上税金を投入してはならないのだ

 沖縄県側は、引用記事の続きによると
■玉城デニー・沖縄県知事「対話求めた5日後に…」
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画で、県が埋め立て承認を撤回したのに対し、防衛省が国土交通相に不服審査請求と撤回の効力を一時的に止める執行停止を申し立てたことについて、玉城デニー知事は17日、対話を求めて安倍晋三首相らと12日に面会したことを挙げ「そのわずか5日後に対抗措置を講じた国の姿勢は、知事選で改めて示された民意を踏みにじるもので、到底認められない」とするコメントを出した。
 また行政不服審査制度を国が利用することについては「制度の趣旨をねじ曲げた、違法で、法治国家にあるまじき行為と断じざるを得ない」と批判した。

 県側は「対話」を求めているのだ。県の話をちゃんと聞けと…長年、対立をしていた朝鮮と米国、朝鮮と韓国も「対話」で物事を解決しようとしている。だが、日本政府は対話を拒否し、問答無用の基地建設攻撃をかけてきたのだ。

 断じて許さないぞ

 防衛省、国交省、首相官邸等を包囲し、怒りをぶつけよう安倍政権を打倒しよう

|

« 10・14三里塚全国総決起集会(デモ編) | トップページ | 大洗「ガルパン」聖地巡礼(前篇) »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

あるみさんの怒り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古不服審査請求弾劾!:

« 10・14三里塚全国総決起集会(デモ編) | トップページ | 大洗「ガルパン」聖地巡礼(前篇) »