« 11月3日のイロイロ… | トップページ | 池田の街並みを歩く »

CUPNOODLES MUSEUMに行ってみる

 先日、大阪池田市にあるCUPNOODLES MUSEUM(安藤百福発明記念館) に行って来た。ネットのお友だちのプレカリアートさんが、ちょっと前に訪問された記事 を見て思いついたモノ…
 阪急宝塚線の池田駅で下車…ここは阪急の生みの親、小林一三の記念館や、逸翁美術館 など、小林一三ゆかりの地である。今日の目的地は、駅の南側にある。
Dsc01661

 写真は駅にある観光案内地図

Dsc01663
 道を1本間違えたので、南側から迂回するようにして記念館に到着…住宅地の中に「こぢんまり」とあるものだと思っていたのだが、けっこうデカいcoldsweats01
 中に入ると、スタッフの方がパンフを渡してくれる。入場は無料…開館時間は16:30までだが、入場は15:30で終わるので注意sign03

Dsc01664
 安藤百福がチキンラーメンを開発していた小屋が再現されている。鶏もちゃんと飼っていたみたい。

Dsc01667
 いろいろと、レトロな器具が並んでいます。

Dsc01668
 インスタントラーメン開発のキモは、天ぷらをヒントに麺を油で揚げること…そのお鍋を再現。映像で油の中で麺を揚げる場面が浮かび上がる。

Dsc01671
 他、展示の様子…子どもたちがやっているよう、窓をスライドさせたりして、展示を見るのだ。

Dsc01673
 こうやって引き出しを開けたりもする…

Dsc01672
 インスタント食品他、加工食品や流通の「発達」により、買い物のあり方も大きく変わった。

Dsc01674
 カップヌードルが売れるきっかけとなった、あさま山荘事件も紹介されている。当時の機動隊・警察のヘルメットが時代を感じさせる。

Dsc01676
 宇宙で食べるインスタントラーメン、スペース・ラムの紹介。

 建物がでかいのは、中の半分ぐらいが「マイカップヌードルファクトリー」や「チキンラーメンファクトリー」といった体験コーナーになっているから。
Dsc01677
 で、奥の「テイスティングルーム」にて、朝のドラマ「まんぷく」のモデル、安藤百福のつれあい、仁子に関する特集をやっていた。

Dsc01678
 こんな人ですよ~

Dsc01680
 これまでの日清食品のインスタント麺製品ラインアップが並ぶ、インスタントラーメントンネル。

Dsc01681_2
 「ひよこちゃん」のパネルを持って、記念写真も撮れますhappy01
Dsc01682
 安藤百福の胸像…

Dsc01685_2
 外にもでかい安藤百福立像がある…ほぉ~っと思って眺めていると、足元の説明文が、80年代左翼の主敵sign03中曽根康弘であったというオチがついているangry

Dsc01688
 ではでは…virgo

|

« 11月3日のイロイロ… | トップページ | 池田の街並みを歩く »

旅行・地域」カテゴリの記事

関西再侵略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/74552913

この記事へのトラックバック一覧です: CUPNOODLES MUSEUMに行ってみる:

« 11月3日のイロイロ… | トップページ | 池田の街並みを歩く »