« 第10期沖縄意見広告運動スタート集会 | トップページ | わけの分かんない土を盛土に使うな! »

「サンゴは移植」と新年早々ウソをつく安倍晋三!【追記あり】

 安倍晋三が、新年早々、沖縄辺野古の埋め立てにおいて「サンゴは移植した」とウソをつき、全国放送で放送された。満腔の怒りでこれを弾劾する
 昨日放送されたNHK「日曜討論」においての発言…どなたかがユーチューブに上げているのを貼り付ける(時間は28分、問題の発言は22分頃から)

【追記】リンクしたユーチューブ画像が削除されたようだ。よって後付けになるが日刊ゲンダイの【安倍晋三】安倍首相がNHKジャック辺野古工事“環境配慮”のウソ八百と言う記事を貼り付けておく…
たしかにこんなことを言っている。
土砂が投入されている映像がございましたが、土砂を投入していくにあたってですね、あそこのサンゴについて、これを移しております。また、絶滅危惧種が砂浜に存在していたんですが、これは砂をさらってですね、これもしっかりと別の浜に移していくという環境の負担をなるべく抑える努力もしながら行なっているということであります。

 だが、リテラのこの記事 にあるとおり、オキナワハマサンゴの9群体は昨年7~8月に移植されたものの、もともと5~10月は産卵期であったり、海水温が高くて移植は避けていたのを、8月17日土砂投入(当初)のスケジュールにあわせるべく強行されたものであるし、準絶滅危惧種のヒメサンゴにいたっては、移植がなされないまま「護岸工事」が強行されている。
 絶滅危惧種云々にいたっては、そもそも何という生き物を「別の浜に」移したのか大浦湾に存在する絶滅危惧種は、沖縄防衛局による環境影響評価の調査でも262種が確認されている。ジュゴンについては、辺野古近海で3頭が確認されていたのが、工事着手後、1頭の姿が見えなくなっている、辺野古新基地建設工事は、なんら大浦湾の豊かな自然に配慮することなく強行されているのが現実だが、安倍はあたかも「環境の負担をなるべく抑える努力もしながら行っている」とFake Newsを吐きだしているのだ絶対に許せない

 なお、辺野古問題ではないが、日刊ゲンダイも新年早々ウソ連発 と、年頭会見を批判している。また貼り付けた画像には、「徴用工問題」で企業側の資産差し押さえに向かう韓国側に対し、対抗措置を各省庁に検討するよう指示したとも言っている。これはこれで批判されなかればならない。

 息をするようにウソをつく、安倍「虚構」内閣を打倒しよう

|

« 第10期沖縄意見広告運動スタート集会 | トップページ | わけの分かんない土を盛土に使うな! »

あるみさんの怒り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「サンゴは移植」と新年早々ウソをつく安倍晋三!【追記あり】:

« 第10期沖縄意見広告運動スタート集会 | トップページ | わけの分かんない土を盛土に使うな! »