« 「反緊縮」革命で国債が暴落する!? | トップページ | 2・25「三里塚農地裁判は、いま」学習会 »

ジュゴン訴訟報告会のお知らせ

 

SDCC (ジュゴン保護キャンペーンセンター)からのお知らせ…
 OKINAWAじゅごんを救え!!
 ~米国裁判所にジュゴン登場!~
_0001

3月17日(日) ドーンセンター 大会議室
大阪府立男女共同参画・青少年センター
〒540-0008 大阪市中央区大手前1丁目3番49号
最寄駅:京阪・地下鉄「天満橋」下車、徒歩5分
資料代:1000円
13:30 開場
13:45 開会
 第一部 ドキュメンタリー映画「ZAN」上映会
 共催:ジュゴン保護キャンペーンセンター、日本自然保護協会、イメージミル
15:15 
 第2部 ジュゴン訴訟報告会
 講師:吉川秀樹(ジュゴン保護キャンペーンセンター国際担当)
 主催:ジュゴン保護キャンペーンセンター
16:20 質疑応答

_0001_2

ジュゴン訴訟とは:
 沖縄ジュゴンを保護するためにも、辺野古新基地建設による環境影響の評価や沖縄県、地元関係者、環境団体などの意見を聞くべきであると国家歴史保存法違反で2003年に国防総省を訴えた裁判です。原告は日米の個人と団体です。国家歴史保存法は文化的・歴史的に価値がある建造物やネイティブ・アメリカンの聖地などの保護や保存を目的にした法律で、他国の文化財も保護対象と定めています。天然記念物である沖縄のジュゴンも対象です。15年間勝ったり負けたりで18年9月に米国連邦裁判所に控訴し、今年1月2日からの審理が始まっています。

吉川秀樹
1964年、名護市出身。大学・大学院非常勤講師。文化・応用人類学。ジュゴン保護キャンペーンセンター国際担当 Okinawa Environmental justice Project代表

ドキュメンタリー映画「ZAN」
 沖縄に生息する絶滅危惧種のジュゴンを見ようと訪れた先の辺野古。そこで目の当たりにしたのは圧倒的な自然の美しさと、それを脅かす米軍基地建設だった。沖縄の豊かな自然の中での様々な発見、体験を通してジュゴンが暮らすこの海とともに生きてくことの大切さを考えるドキュメンタリー映画
制作:2017年 73分 
監督:リック・グレハン

予約の必要はありません。お気軽にお越し下さい。

|

« 「反緊縮」革命で国債が暴落する!? | トップページ | 2・25「三里塚農地裁判は、いま」学習会 »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/75110951

この記事へのトラックバック一覧です: ジュゴン訴訟報告会のお知らせ:

« 「反緊縮」革命で国債が暴落する!? | トップページ | 2・25「三里塚農地裁判は、いま」学習会 »