« ジュゴン訴訟報告会のお知らせ | トップページ | おそらくこいつらが検討してるんだろう »

2・25「三里塚農地裁判は、いま」学習会

 学習会のお知らせ

2・25「三里塚農地裁判は、いま」学習会
Part-3

2月25日(月)午後6時半~8時半
エル・おおさか 南館7階72
大阪地下鉄谷町線・京阪「天満橋」徒歩5分
資料代カンパ1000円

農地取り上げの強制執行を許さない

お話 請求異議裁判一審判決と今後
大口 昭彦さん(弁護士)
三里塚芝山連合空港反対同盟顧問弁護団として、市東さんの農地裁判をはじめ三里塚関係裁判を献身的に担っている。兵庫県神戸市出身

 昨年12月20日、千葉地裁(高瀬裁判長)は、農地取り上げの強制執行停止を求める「請求異議裁判」において、原告農民・市東孝雄さんの訴えをことごとく退ける不当な決定を行いました。市東さんと弁護団は直ちに控訴し、闘いの場は東京高裁に移るとともに、三里塚現地はいやがうえにも緊張感を増しています。
 本来なら農地法によって守られている農民の耕作地と権利を、本人の承諾もなしに取り上げるなどできるはずもありません。しかし10年にも及んだその裁判で、裁判所は成田空港の「公共性」を盾に、農地取り上げを是とする決定を行いました。
 国・成田空港会社が取り上げようとしている耕作地は、市東さんの全耕作地の70%にも及び、まさに生活の場、生きる権利を根こそぎ奪う暴挙です。これを何の権利保全も行わず、強行することは許されることではありません。ましてや国・NAAはこれまで何度も「強制的手段は用いません」と約束をくり返してきました。請求異議裁判は、このことを大きな争点として闘われてきましたが、一審千葉地裁は「強制執行権の放棄ないし不執行の合意は認められない」と、市東さんの訴えを退けたのです。
 今回の学習会では、裁判を担っている弁護団から大口弁護士を迎えて、この千葉地裁判決の報告と検証を受け、控訴審や強制執行攻撃に、ともに立ち向かっていきたいと思います。また市東さんのもう一つの裁判・耕作権裁判や新やぐら裁判などの裁判闘争の現状についても、報告を受けたいと思います。
 三里塚に心をよせる皆さん、市東さん・反対同盟と共に心を一つに、アベ政治に立ち向かいましょう。学習会への参加を訴えます。

主催 三里塚関西実行委員会
連絡先 656-2401 兵庫県淡路市岩屋599-11 ℡0799-72-5242

|

« ジュゴン訴訟報告会のお知らせ | トップページ | おそらくこいつらが検討してるんだろう »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2・25「三里塚農地裁判は、いま」学習会:

« ジュゴン訴訟報告会のお知らせ | トップページ | おそらくこいつらが検討してるんだろう »