« 「未来」の新防衛計画大綱批判 | トップページ | 年金はBIにしたほうがエエんじゃないか? »

追悼、岡留安則さん

 雑誌「噂の真相」元編集長の岡留安則さんが亡くなったそうだ…71歳 Y!ニュース時事通信
岡留安則氏死去=元「噂(うわさ)の真相」編集長
 岡留 安則氏(おかどめ・やすのり=元「噂(うわさ)の真相」編集長)1月31日午前0時16分、肺がんのため那覇市の病院で死去、71歳。

 鹿児島県出身。葬儀は近親者で済ませた。
 79年に月刊誌「噂の真相」を創刊。「タブーへの挑戦」「反権威」を掲げ、政治家や文化人、芸能界のスキャンダルなどを売り物に読者を獲得、99年には当時の東京高検検事長の女性問題をスクープして辞任のきっかけをつくった。一方、記事をめぐって名誉毀損(きそん)の訴訟も多く、04年に同誌を休刊。沖縄に移住し、飲食店を経営しながら、米軍基地問題などについて発信し続けていた。
 80年代半ばの学生時代から、ず~っと「噂の真相」は読み続けていた。薄いけれども、内容は濃い。「スキャンダル」をメインにした、ちょっと怪しい雑誌だが、「反権威」「反権力」の空気がバンバン入っていた。スキャンダルは、権威や政治家を含む「権力者」に向けられていた。
 朝日ジャーナルが亡くなって、「週刊金曜日」になっても、そちらには行かず、ず~っと「噂の真相」を読んでいた。
 岡留さんは、週刊金曜日の本多勝一にも容赦なかった…本多氏は「噂の真相」にコラムを連載していたのだが、その中で岩瀬達也氏をゆえなく「誹謗中傷」するような内容を書き連ねたことがあった。岡留さんが事実をもって本多氏を批判すると、本多氏は逃亡するようにコラムから去った。
 小林よしのり批判も良かった…小林氏の「父権的」な体質を批判したものであるが、小林氏が同時に事務所でのトラブル(「秘書」が去って連載を落とした!)もあって、けっこうグダグダな展開になった…この程度の「批判」でぶっ壊れる小林氏もなんだかなぁ~と思った。これを機に小林氏は「噂の真相」のことを「奇形左翼」などと呼ぶ…それにしても小林氏が描いた岡留編集長の顔は「いかにも!」って感じで、かえって面白かったのも皮肉である…その後、オウム事件を機に「言論人」としての原則を外しだす小林氏と、それを批判する宅八郎についての記事も秀逸だった…その後小林氏は連載をSPA!からSAPIOに移し、「歴史修正主義者」「ヘイト拡大者」に転落する。

 確か「2000年には『噂の真相』を休刊する」と宣言していたのだが、裁判なんかを抱えていたため、休刊は04年まで延ばされた。休刊までの最後の1年分を、なぜか長いこと手元に記念として置いていた。
 休刊後も、HPはあって、時々のぞいてはいた…沖縄に居ることは知っていたが、私の記憶では米軍基地問題や沖縄闘争の発言はみたことがない。沖縄では沖国大にヘリが墜落し、「辺野古新基地建設阻止闘争」が始まっていたのだが…もっとも、そういう「闘争の現場」からは一線をひいたところに立って、眺めているというのが(私はそれを決して「いいこと」だとは思わないが)岡留さんの生き方なんだろうなぁ~と思っていた。

ご冥福をお祈りします。

参考…リテラの元「噂の真相」スタッフによる記事

|

« 「未来」の新防衛計画大綱批判 | トップページ | 年金はBIにしたほうがエエんじゃないか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

一遍だけ、朝日新聞に「噂の真相によると」と書かれた記事が載ったような・・・。三井環氏の問題だっけなあ。なんだっけか。

読者投稿欄がたくさん掲載するしPN可なので、投稿しました。

投稿: kuroneko | 2019年2月 3日 (日) 23時41分

投稿欄も変に「充実」してましたね…ずいぶんつまらない事で長々とやりとりして、掲示板のような状態でもありました。

投稿: あるみさん | 2019年2月 4日 (月) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追悼、岡留安則さん:

« 「未来」の新防衛計画大綱批判 | トップページ | 年金はBIにしたほうがエエんじゃないか? »