« 三里塚全国総決起集会(後編) | トップページ | 房総半島横断闘争(その1) »

建設行政を愚弄する国交省弾劾!

 本日、国土交通大臣が沖縄県の「辺野古埋め立て承認撤回」を取り消した。Y!ニュース沖縄タイムス
埋め立て承認撤回を取り消し 国交相が決裁 辺野古新基地
 【東京】石井啓一国土交通相は5日の記者会見で、沖縄県による名護市辺野古の埋め立て承認撤回を取り消すと発表した。新基地建設を進める沖縄防衛局が撤回処分を不服として申し立てていた行政不服審査法(行審法)に基づく審査請求に対し、結論を出した。
 国交省は防衛局が同時に求めていた撤回の効力を一時的に止め工事を可能とする執行停止の措置をとっていた。県はその後も「撤回は有効」との立場をとっていたが、審査請求でも防衛局の主張が認められたことで、完全に県の撤回処分が取り消されることになる。
 石井氏は、県が撤回理由の一つとして挙げていた軟弱地盤に関し、所要の安定性を確保して工事を進めることは可能との認識を示し、「県の埋め立て承認撤回に理由はないと判断した」と説明した。
 承認撤回を巡っては、翁長雄志前知事が2018年7月27日に表明し、8月8日に死去した。知事職務代理者の富川盛武副知事は権限を謝花喜一郎副知事に委譲し、謝花氏が8月31日に承認を撤回した。沖縄防衛局は10月17日に公有水面埋立法を所管する国交相に行政不服審査法に基づく「撤回の効力停止」などを求め、国交相は同30日に効力停止を決定した。

 国交省が防衛局のどのような「主張」を是としたのか定かではないが、報道されている「県が撤回理由の一つとして挙げていた軟弱地盤に関し、所要の安定性を確保して工事を進めることは可能との認識を示し」とある。
 あのね~仮に海面下90mの軟弱地盤改良が可能であったとしても、設計が当初県に提出していたモノから、大幅な変更になる…だから一旦「埋め立て承認」は撤回され、改めて工事が出来る図面書いて持ってこい…ってのが、まともな建設行政の在り方なんじゃないの❗
 
 工事途中で「想定外」の事象が起きて、どうにもこうにもならなくなったら、設計から見直し、図面書き直して出直すのが普通…大幅な変更が出てきた場合は、許認可そのものを根本から見直さなければならない。
 工期も未定、予算も未定のまま、出来るところからドンドン埋め立て工事が行われている、辺野古新基地建設。

 お役所のお仕事…というのは、予算が決まってからでないと動けない、予算の裏付けがないと何もできないのが普通なのだが、まともな「国土交通行政」だったら、絶対にありえない、起こりえないことをやっている。

 改めて、石井国土交通大臣と国土交通省のデタラメさが明らかになった…徹底的に弾劾し、粉砕しよう❗
 辺野古新基地建設を阻止し、安倍政権を打倒しよう❗

|

« 三里塚全国総決起集会(後編) | トップページ | 房総半島横断闘争(その1) »

あるみさんの怒り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三里塚全国総決起集会(後編) | トップページ | 房総半島横断闘争(その1) »