« 松尾理論の問題点(その1)…ヒトラーは防げない | トップページ | 松尾理論の問題点(その2)…マルクスは過不足を問題視していない? »

老朽原発うごかすな!関電包囲全国集会

集会のお知らせ
_0001_8
老朽原発うごかすな!関電包囲全国集会
高浜1・2、美浜3号機は期限切れ
とき:13:00
ところ:関西電力本店前(大阪市北区中之島)
集会後、徒歩でうつぼ公園へ移動
15:15 うつぼ公園からデモ出発
(御堂筋デモ、難波まで)
16:45 終了

●主催…原発うごかすな!実行委員会@関西・福井
●呼びかけ
★オール福井反原発連絡会
(原子力に反対する福井県民会議、サヨナラ原発福井ネットワーク、福井から原発を止める裁判の会、反原発住民運動福井・嶺南センター、原発問題住民運動福井連絡会)
★ふるさとを守る高浜・おおいの会
★若狭の原発を考える会
●連絡先…林 広員(オール福井反原発連絡会)090₋8263₋6104
    東山幸弘(ふるさとを守る高浜・おおいの会)0770₋72₋3705
    木原壯林(若狭の原発を考える会)090₋1965₋7102

老朽原発の運転を許してはなりません
 原発は、一たび重大事故を起こせば、職場を奪い、農地を奪い、海を奪い、人の命と尊厳を奪い去る装置であることを、チェルノブイリ、福島の原発事故が大きな犠牲の上に教えています。福島原発事故から8年が経ちましたが、今でも、事故炉内部の様子すら分からず、汚染水はたまり続けています。多くの被害者が、苦難の生活を強いられています。
 それでも、関電は、今年で45年、44年超えとなる老朽原発・高浜1、2号機と43年越えとなる美浜3号機まで再稼働させようとしています。それは、既存の原発全ての運転を60年まで延長し、原発電力を「巨大資本に奉仕する国を造り、戦争できる国を造る」ための基盤電源にしようとする安倍政権の政策に迎合するためです。関電はその露払いをしようとしているのです。

 原発は、老朽化すると、重大事故の確率が急増します。次のような理由によります。
▶高温、高圧、高放射線に長年さらされた圧力容器、配管等では、脆化、金属疲労、腐食が進んでいます。中でも、交換することができない圧力容器の老朽化は深刻です。
▶老朽原発には、建設時には適当とされたが、現在の基準では不適当と考えられる部分が多数ありますが、全てが見直され、改善されているとは言えません。例えば、地震の大きさを過小評価していた時代に作られた構造物、配管の中には交換不可能なもの(圧力容器など)があります。

 関電は、老朽原発を今年9月から来年にかけて再稼働させようとしていましたが、2月4日、半年から9ヶ月遅れると発表しました。まともに工事予定を立てる能力もなく、トラブル続きの関電が老朽原発を安全に運転できるはずがありません。

 「原発うごかすな!実行委員会@関西。福井」は、脱原発・反原発の活動を飛躍的に活発化させ、老朽原発再稼働の策動を阻止したいと考えています。「5.19老朽原発ごかすな!関電包囲全国集会」はその一環です。皆様のご支援とご参加をお願いします。

|

« 松尾理論の問題点(その1)…ヒトラーは防げない | トップページ | 松尾理論の問題点(その2)…マルクスは過不足を問題視していない? »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松尾理論の問題点(その1)…ヒトラーは防げない | トップページ | 松尾理論の問題点(その2)…マルクスは過不足を問題視していない? »