« 5・19老朽原発うごかすな!関電包囲全国集会 | トップページ | 岸和田ぶらぶら… »

水間鉄道に乗ってきた

 5月のはじめ、天気も良かったので大阪南部を走る水間鉄道に乗って来た。
Dsc02578
 南海電鉄本線の貝塚駅を降りて隣に、水間鉄道の駅舎がある。なお、南海では乗り換え案内を「水間線乗り換え」とアナウンスしていたが、水間鉄道は南海とは完全別会社である。
Dsc02577
 地平にあるホーム。改札は交通系ICカードが使える。

Dsc02583
狭いホームに立派な木の待合室がある。

Dsc02585
 やがてステンレスの電車が2両でやって来た…元東急7000形の、1000形である。青森の弘南鉄道福島交通も同じ車両を使っているので、コラボしてイベントやったこともある。

Dsc02588
 弘南鉄道って、書いてるでしょ…

Dsc02594
 車内はごく普通の、ロングシートである。
 電車は所定の時刻に発車…昼間は20分ヘッドで、時間3本走っている。駅をでてすぐ、急カーブを左に曲がって内陸のほうに向かう。家の軒先が間近に迫ってくるのが、こうした都市内の中小私鉄の醍醐味だ。

Dsc02590
 中間駅はどれも簡素なつくり…駅員はおらず、ワンマン運転である。

Dsc02591
 近義の里~石才間でJR阪和線をアンダークロスするが、乗り換え駅は存在しないのだ。

Dsc02593
 名越駅で、反対列車と行き違い…名越の一つ手前、清児(せちご)駅から分岐して和歌山の粉河まで延伸する計画が大昔あったそうなのだが、とっくの昔に免許は失効している。
 貝塚をでてから、おおむねまっすぐに内陸を目指す。

Dsc02596
 20分ぐらいで終点、水間観音駅に到着…ヘッドマークは「オリジナルヘッドマーク」と言って、1万円で10日間、顔写真なんかをヘッドマークにして飾ってくれるサービスがあるのだ。

Dsc02605
 水間観音が歩いて10分ぐらいのところにある。駅舎は寺社をモチーフにした特徴のあるもので、国の登録有形文化財なんだそうな。

Dsc02601
 鉄道むすめ、アテンダントの水間みつまタンのパネル…関連グッズはおいていない。なお、リンクは制服リニューアル後である。

Dsc02616
 構内には1990年に架線電圧を1500Vに昇圧してステンレス車両が導入される前の500形車両が置かれている。保存状態はごらんのとおり悪く、中の見学もできないようだ。ちなみに80年代、私はこの車両に乗って水間鉄道は完乗済みである。

Dsc02615
 駅には謎の丸い植物体?が沢山飾られている…貝塚名物か!?
 そのほか、構内に燕の巣があって、燕が飛び交っていた…やっぱりのどかだなぁ~この辺は。

Dsc02617
 水間観音駅を少し戻った方向には、車庫があって電車が留置されている。

Dsc02618
 1本電車を遅らせて、とりあえず貝塚に戻ろう…なお「平成」と書いたマークが掲げられているが、さっき乗って来たヤツには「令和」と書かれたマークが飾られていた。まったく、改元フィーバーに乗りやがって…とやな気分にもなる。

Dsc02621
 沿線は、住宅や畑がつづくのんびりしたところ…いわゆる地元の地主さんみたいな立派な家も散見される。

Dsc02623
 貝塚駅にもどってきました…ではでは。

|

« 5・19老朽原発うごかすな!関電包囲全国集会 | トップページ | 岸和田ぶらぶら… »

旅行・地域」カテゴリの記事

現在のテツネタ」カテゴリの記事

関西再侵略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5・19老朽原発うごかすな!関電包囲全国集会 | トップページ | 岸和田ぶらぶら… »