« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

6・28 G20 大阪NO!集会&デモ(デモ編)

 15時、デモは公園を出発…前の道を南下する
Dsc03004
 コールは「G20いらない!」をくり返す…短いので言いやすい。
 角をすぐ右に曲がって、西進する…

Dsc03008
 「トランプ来るな!」「マクロン来るな!」もある…G20に来る首脳の中には、安倍も含め独裁政治や民衆への弾圧に手を染めているヤツも多いので、「独裁ヤメロ!」「弾圧ヤメロ!」もある。ロシア、プーチンや中国スターリン主義、習近平、ブラジル・ボルソナーロ大統領に対しても批判のコールが上がる。
Dsc03010
 道路の交通量が少ない!?ので、わりと歩き方は自由…警察もあんまり厳しい規制はしてこない。
 で、地下鉄、大阪港駅から北上するメインストリートに曲がって北上。

Dsc03013
 それにしても、海遊館とかいろいろ遊ぶところが出来たので、このあたりも随分おしゃれな街になったものだ。大昔はホント、なぁ~んも無かったしなぁ~メインストリートに出ると、そこそこ人がいて注目されるのだ。

Dsc03015
 メインストリートを左に折れて、天保山ハーバービレッジや海遊館のある通りを西進する。
 「戦争ヤメロ!」「イラン攻撃をヤメロ!」「武器を買うな!」等々、「香港への弾圧をヤメロ!」「イエローベストへの弾圧ヤメロ!」もあるぞ。
 海遊館から、そこのイベントスタッフとおぼしき人びとが興味深そうにのぞいていた。

Dsc03019
 海遊館のところを左に折れ、南進する。このまま真っすぐ行くと、地下鉄の線路にぶち当たる。

Dsc03020
 左側に港湾合同庁舎が見える…地下鉄の線路にぶち当たったら、右に曲がって海のほうに行く。

Dsc03023  
 この辺はさすがに、人通りが少ない…それでも普通のビルの中に、こじゃれた飲食店があったりするのが港らしい。

Dsc03024
 地下鉄は咲洲トンネルに入って、対岸の咲洲(G20会場インテックス大阪のあるところ)に行く…その先にドンドン歩いて行く。写真は愛媛県警の警察車両。

Dsc03027
 こうした公園のようなところに出るのだ…釣りをしている人もいたよ。

Dsc03028
 夕日が沈む「ダイヤモンドポイント」というそうな。

Dsc03030
 対岸のインテックス大阪に届くぐらいの勢いで、コール!

Dsc03033
 海に向かって叫ぶのもエエもんだ。

Dsc03040
 一通りコールが終わってから、再び香港から来た仲間たちのアピール…実はこの後、抗議の意を表すため、香港の仲間が一人、海に飛び込んだ❗海は荒れていないので、ちゃんと泳げる人が飛び込んでも大丈夫なのだが、やはり海上を警備している海上保安庁や警察の船がやってくる…「お前ら帰れ!」「来るんじゃねぇ!」「関生の仲間を返せ!」などと叫んで追い返した。
Dsc03041
 飛び込んだ人は、すぐに海から引っ張り上げて無事、救出した…このような行為について、いろいろ避難する人がいるかも知れないが、中国スターリン主義による抑圧がいかに大変なものなのか、彼らの怒りや追い込まれた状況がいかなるものなのかということへの想像力を抜きに語るものではないだろう。
 最後に「香港がんばろう!」(「香港加油!(がんばれ!)」は、他人事みたいなので「がんばろう!」とした)コールをして、一連の抗議行動は終了した。

| | コメント (0)

6・28 G20大阪NO!集会&デモ(集会編)

 本日、大阪天保山公園で行われた「G20大阪NO!集会&デモ」に参加してきた。会場は天保山のいちばん高いところ、標高4.53mの、明治天皇観艦のデカい記念碑があるところ。
Dsc02981
 昨日は台風が近畿地方の南側を通過したのだが、今日の天気は薄曇りで推移した。だがやっぱり暑いので、参加者の多くは木陰のほうに固まっており、報道陣が公園の中心でカメラを回したりしている。この人たちの多くは「プレス」の黄色い身分証を持っており、サミット取材の一環として反対運動の様子も取材しているようだ。報道特集の金平茂紀キャスターも来ていた。
 本日の司会は、人民新聞の園良太さんである。13時から集会開始で、まずは歌とコールの練習。歌は「真実は沈まない」と「民衆の歌」(フランスの歌らしい)
 つづいて園くんから開会あいさつ、そばを走る阪神高速を指しながら、高速道路が完全に封鎖されている、戒厳令の訓練を思わせるが、これは独裁・極右政権に抗議する集会である旨を述べた。
Dsc02986
 主催者あいさつとして、斎藤日出治さん、おおむね23日の集会と同じようなもの。サミットとは一部のグローバル資本の利益のために首脳が集まって行われるのだが、近年はグローバルリスク…気候変動、廃プラスチック問題、金融危機など…をどうするか?ということが話し合われている。しかし先進国はこれに対応する能力がない。私たちの暮らしのために、国家を変えていこうとアピール。
 続いて海外からの参加者アピールなのだが、23日に引き続き「韓国平和オモニ会」のメンバーが関西空港で不当に拘束され、強制送還させられるということが起こった。観光行程やデモに参加するかどうかを執拗に問いただし、夜の9時前に入国不許可を通告(帰国便を手配させず、空港で夜明かしをさせる嫌がらせである)するというとんでもないもので、入国拒否された7名のうち2人は中学生であり、USJに行くことを楽しみにしていたそうだ。まったくもって許しがたい❗
Dsc02987
 ということで、海外からのアピールはインドネシア環境フォーラムのサウンさんのみということになった。彼は気候変動対策の必要性について語り、日本政府のインドネシアにおける石炭火力発電支援は、気候変動対策に逆行すること、インドネシアでの石炭産業そのものに反対するため、石炭産業への融資・投資を止めるよう要求すると訴えた。
 21日に入国拒否にあったイ・キョンジャさんのメッセージが再読されるとともに、平和オモニ会のメンバーに対する入国拒否と非人道的拘束に対する抗議文が読み上げられた。また関西空港の入国管理局に対する抗議電話が呼びかけられた。

 カンパ要請が行われた。
 続いて連帯あいさつ…まず環境NGOFoEJapan の深草あゆみさんから、こちらも気候変動対策の他、石炭火力ばかりでなく、インフラ開発の現場で反対する人を「犯罪者」扱いすることが行われていることが報告された。
Dsc02988
 連帯労組・関西生コン支部から、弾圧から1年、本日も大津地裁で裁判があること、弾圧の初めは「サミット対策」であるとも考えたが、そうではなく共謀罪の先取り攻撃であること、一番最初に逮捕された組合員が釈放されたが、再逮捕というのもあり得ることなどを述べられた。
 続いて米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会の福井きよ子さん、G20なんて形だけ、不当にも来られなかった人とも心を一つにしてデモをしたいと訴えた。
 リレートーク開始、労働者共闘さん、9条改憲阻止共同行動さん…日米軍事同盟はいらない、9条改憲を断固阻止すると…
 AWC首都圏から若い兄ちゃん…首都圏での運動報告をやっているうちに、怒りがこみあげてスイッチが入る…老後に2000万円必要だ、3000万円無ければ死ねという中、高速道路を止めて物流が止まっている!仕事をするなというのか!あいつらは私たちが死んでもいいと言っている、人殺したちが集まっているんです!と大爆発。
Dsc02994
 AWC九州・山口の方は、福岡でもサミット財相会議が行われ、反対集会を行ったが多くの人が関心を持ってくれない。サミットの論理や無言の圧力・弾圧に負けてはいけないと訴えた。
 新党憲法9条の支持者である弓場さんからは、日米同盟の是非の国民的議論を始めよう、戦争文化から平和文化に変えようとの訴え。
Dsc02997
 平和と民主主義をめざす全国交歓会ZENKO の山川さんから、7月30日にエルおおさかで行う集会の案内、グローバル資本から奪うアメリカ社会党の運動紹介があった。

Dsc02998
 反戦タイガースさんは「六甲おろし」ではなく「インターナショナル」を歌って会場を盛り上げた。
 東京から一番安い夜行バスできたという青年…京都大学によって、学食でスローガンを書いてきたとのこと。字が上手いと電車の中で子どもに褒められたが、中学生でも賢い子どもは安倍の本質を理解している、トランプも安倍もいない世界をと訴えた。
 デモの諸注意とコースの説明の後、香港から本集会に駆けつけた人たちの挨拶をうけた。
Dsc03000
 黄色い雨合羽を着て、デモで怪我をした人たちの支援をしているとのこと。広東語、英語で発言…英語発言のみ通訳される。
 集会参加は、250名、カンパは51,485円集まったとのこと…

Dsc03003
 集会終了後、公園の入り口まで歩いて行って「デモでありますっ!」

| | コメント (0)

香港人活動家への靖国弾圧を許すな!

 6月は香港で、中国本土へ「容疑者」を引き渡すことのできる「逃亡犯条例」改正をめぐって激しいデモが行われ、条例改正は事実上粉砕された。このことは日本でも広く報じられ、元山仁士郎さんらが渋谷で連帯デモを行うなどの行動も見られた。だが、靖国神社で抗議行動を行った香港の活動家に対し、今も弾圧・長期拘留が続けられていることはほとんど知られていない。人民新聞1685号の記事から紹介する。

【靖国神社】抗議した香港人活動家の不当逮捕 長期拘留に広がる抗議
戦争責任追求への見せしめ弾圧
 昨年12月12日、東京の靖国神社で抗議した2名の香港の活動家が逮捕・起訴され、勾留され続けている。裁判の法廷には右翼が押しかけ「極刑にせよ」と叫んでいるという。なぜ2人は抗議し、長期拘留されているのか。事件の概要と、救援会の方へのインタビューをまとめた。(編集部・園)
抗議文を拒否する 香港の日本領事館
 12月12日は、旧日本軍による南京大虐殺が行われた南京占領の前日だった。昨年同日、郭紹傑(グオ̪シウギ)さんは、靖国神社の外苑で「南京大虐殺を忘れるな」と書かれた横断幕を広げた。その後「甲級戦犯 東條英機」と書かれた位牌の箱を燃やし、「軍国主義打倒」などと声を上げた。それをジャーナリストの嚴敏華(インマンワ)さんが動画撮影した。 
 すると、靖国神社の警備員が2名を取り押さえて警察に引き渡し、「建造物侵入罪」で逮捕・起訴された。  香港では毎年、満洲事変・日中戦争開始・南京陥落の日に、日本総領事館前で多数の市民団体が入れ替わり立ち替わり抗議集会を開き、侵略戦争への謝罪を求める文書を手渡していた。ところが第二次安倍政権成立以降、総領事館は受け取りを拒否し始めた。こうしたことが、2名が来日し、戦争責任者が合祀された戦争の象徴・靖国神社で抗議した背景にはある。
 今回の弾圧は異例ずくめだ。過去に数多くの抗議行動が靖国神社の中心部で行われてきた。05年8月15日には、日本会議が靖国の参道特設ステージで開催した集会に日本の学生たちが乗り込み、「小泉首相の靖国参拝を許すな」とコールして警察に連行されたが、釈放された。09年8月には台湾から国会議員ら50人が来日し、神社拝殿の前まで行って「台湾先住民族戦没者の合祀をやめろ」と抗議したが、逮捕もなく自主的に退出した。つまり、起訴・何カ月も勾留されるのは今回が初だ。抗議場所も日々誰もが通行する周縁の外苑に過ぎず、「建造物侵入」による起訴・勾留は不当だ。
 3月から裁判が始まった。東京では2名を支援するため「12・12靖国神社抗議見せしめ弾圧を許さない会」が結成された。「会」の新孝一さんは、異例の弾圧の背景を「安倍政権のアジア民衆への見せしめです」と語る。以下新さんに弾圧の背景や救援の様子を聞いた。
―在香港日本総領事館の文書受け取り拒否も、靖国の弾圧も、安倍政権が戦争責任を根本から否定しているからです。東アジアの日本軍「慰安婦」や徴用工に対する賠償責任が日本政府に問われており、政府は強く反発しています。アジア民衆が国外だけではなく日本国内で直接責任を問う行為は許さない、という見せしめだと思います。
 また、こうした事件は、通常香港や中国政府との間で国際問題になるはずですが、2名は『雨傘運動』など政府批判の活動にも参加していたため、両政府は支援には積極的ではないのでは、と現地では報道されています。戦争責任問題で日本政府と正面対立を避けている面もあるでしょう。 
 被逮捕者の支援者も裁判日に香港でデモをしています。みな日本の勾留の長さに驚いています。香港は逮捕されてもすぐ釈放されるからです。
 東京で弾圧事件に取り組んできた弁護士が、逮捕のニュースを見て、「誰も弁護士がつかないのでは」と危機感をもち、直後に接見しました。私たちも反靖国の運動に関わっていたため協力したいと思いました。 
 安倍首相の靖国参拝違憲訴訟には、アジアの原告も大勢います。2名の問題提起は正当です。しかしまさかの起訴をされたので、1月半ばに支援会が作られました。5月9日の救援集会も、75人が参加しました。
母語の使用を禁止、保釈も却下 罵声を浴びせる右翼集団
 逮捕直後、郭さんはハンストをしました。嚴さんもとても元気で、日本の運動の本を読んで過ごしています。裁判で郭さんは「南京大虐殺は人類史上まれに見る虐殺。香港も太平洋戦争開始と同時に攻撃・占領され、虐殺、強姦、財産収奪など莫大な被害を受けた。香港でも、安倍首相が極右思想の持ち主で、アジア侵略は侵略戦争ではないと国会で答えたことは有名だ。私の行為は表現の自由であり、背後には多数の香港・中国民衆の怒りがある」と主張。
 嚴さんは2回にわたって「私は祖母から日本軍による強姦の恐怖を聞いて育った。日本に強制連行・労働させられた中国人の話も取材で聞き続けた。郭さんの行動は大きな意義があると思い取材した」と語りました。
 2名は暖かい香港から来たので寒さに苦しみ、拘留のせいで最も大事な2月の「旧正月」を香港で過ごせませんでした。裁判所はいろいろ口実を設けて、まったく保釈申請を認めようとしません。5回目の保釈申請も却下され、裁判所に直接申し入れもしました。香港でも保釈を要求するデモが行われています。
 東京拘置所の一般面会では広東語の使用が認められず、2人は母語の使用が禁止され、北京語や英語での面会を強いられています。広東語と北京語は、ドイツ語と英語くらい違います。裁判も広東語からの通訳が下手で、被告の防御権が侵害されています。
 また、傍聴抽選には50〜60人もの右翼が並び、傍聴席に陣取った右翼は、裁判閉廷と同時に被告に対して「一生出すな! 極刑にせよ!」と罵声を浴びせました。
 見せしめ弾圧のため、現状は楽観できるものではありません。裁判所に不当判決を下させないため、また右翼を傍聴させないために、多くの傍聴参加や全国からの支援を呼びかけます。
* * *
 この弾圧は異例の長期拘留で、日本の侵略責任が被害者から直接問われている。今報道される香港政府だけではなく、日本政府も香港人を弾圧している。事実を広め、支援を強化する必要を強く感じた。(園)

 このような弾圧が実際起こっているのだ。日本の戦争責任を問い、靖国神社への抗議行動をしただけで逮捕・長期拘留され(記事にあるよう、靖国神社に対する通常の抗議行動に対して逮捕・拘留すること自体が異例である)母語の使用も拒否された上で、右翼から罵声を浴びせられる…このような日本政府や、日本社会のあり方をそのままにして、「香港加油」もないであろう。
「連帯」というのは、それほどに難しいことなのだ…香港人活動家への靖国弾圧を許すな!すぐに保釈を認めよ!右翼の傍聴を許さず、裁判闘争を支援しよう!日本の戦争責任を問い続けよう!

| | コメント (0)

「キングダム」で解く中国大陸の謎(その4)

 秦は統一後、もともと秦一国で布かれていた「県制」を拡大し、全土に中央集権的な「郡県制」を布く。中国を36の郡に分け、郡の中に県を置く。それぞれ郡に1代限りの官僚(守…行政、尉…軍事、監…監査)を置き、県には行政官として県令を置いた。これらの役職は皇帝に直属し、互いに主従関係はない。行政官には与えられた権限以外の権力を持たせず、全ての力が皇帝に集中するようにして周以来約800年近く続いてきた封建制を解体したのである。
 電話もメールもない時代に、どうやって遠く離れた地方の官僚をコントロールしたのか?(それをやったこと自体、凄いとしか言いようがない!)法家的な「信賞必罰」で官僚をコントロールするわけであるが、それを実行するためには「文書主義」と、前提となる「文字の統一」を行う必要がある。現代中国でも地域ごとに北京語、上海語、広東語など発音も語彙も異なる複数の言語が使われているが、当時はもっと違っていた。文字はどの国も漢字を使用していたが、それぞれの地方で異なる体系があり、ひとつの漢字に多数の表記方法があるということも普通だった。秦は統一文字「篆書(てんしょ)」を定め、そのうえであらゆる命令や通達を文字にして残す文書主義を徹底したのである。
_0001_20190625172301 ローマ帝国の公用語、ラテン語は表音文字だったので、方言の影響を強く受け、つづりが地域ごとに違ってしまう。遠く離れると同じ国の人同士でも意思疎通ができなくなってしまうのだが、漢字は表意文字であるので、文字を一旦統一すれば発音や語彙が違っても筆談で意味が理解できる。文字の統一はその後、文字を共有し、文字を通したコミュニケーションが出来るという中国の「同胞意識」「漢民族」意識を形成することになる。
 その他、度量衡の統一、貨幣の統一を行った。また交通網を整備し、すべての人民を記載する戸籍の整備することで、最大500万もの兵隊を動員することができるようになった。現在、世界最大の兵を擁するのは中国人民解放軍なのであるが、それでも300万人に満たないといわれているからすごいものである。この軍隊で北方の騎馬異民族、匈奴を討伐し、人民を動員して匈奴の侵入を防ぐ万里の長城を築いたのはご存じのとおりである。
 ただし、秦の支配・統治はあまりにも性急で厳しすぎた。また簡単に地方の「ローカル権力者」が解体するわけでもない。始皇帝の死後、反乱が起こって秦は滅亡する。秦のあとを引き継いだ漢帝国は、旧秦の領域は郡県制、それ以外の地域は「王」を封じて封建制とした。このハイブリッドな統治方式を「郡国制」と呼ぶ。秦よりもゆるやかな統治を続けていたが、紀元前154年に「呉楚七国の乱」という封建諸侯の反乱後は、漢帝国も封建諸侯を排し、中央集権型の国家体制構築に進む。帝国を統治するための思想は法家思想ではなく、氏族制社会を裏打ちする儒家の思想を採用することになるが、このころになると儒家思想も法家思想やその後の社会の流れを取り入れ、帝国の統治を支える思想に変質していた。儒家の思想は大多数の中国人に受け入れられるものであったから、漢帝国の支配は安定し、新による中断(紀元8~25年)はあるものの400年の長きにわたって統一帝国を運営することが出来たのである。

| | コメント (0)

6・23G20大阪NO!デモ参加

 本日「G20大阪NO!」の集会&デモに参加してきた(^^)
  新町北公園に13時前に行く…こんなでっかいガイコツが…定番ですな。
Dsc02932

 横断幕はこんな感じ。
Dsc02933
 はじめに、歌とコールの練習ということに…フィリピンからの参加者からタガログ語&英語のコール。すごく新鮮な感じだ。
 これを15分ぐらいやって、開会あいさつ。実は本集会に韓国から参加すべく、AWC韓国委員会のイ・キョンジャさんが6月21日、福岡空港の入管から入国を拒否され、韓国に「強制送還」されたことが報告された。これは確実に、サミット反対に対する政治弾圧であり、許されるものではない❗イ・キョンジャさんの連帯メッセージが読み上げられるとともに、主催者としての抗議声明も読み上げられた。
 次に主催者あいさつとして、実行委員会の斎藤日出治さん…G20サミットというのは、先進諸国が行って来た経済政策、グローバル資本主義が生み出したリスクに対処するために行っているのだが、先進諸国はそれを解決する能力を失っている…実にこっけいなことだと批判された。
 海外からのメッセージということで、ボリビア、フィリピン、インドネシアのメッセージが読み上げられた。フィリピンかたのメッセージには、世界の矛盾の解決はG20ではなく世界の民衆に依拠しなければならないと訴えていた。
Dsc02938
 続いてアピール前半、若者の部…梅田解放区の園君…この間の議会制民主主義の空洞化(3ヶ月もの間、予算委員会が開かれない!)を突きながら、G20もオリンピックも万博も、一部のエライやつが勝手に決めて推し進める「反民主主義」であることを喝破した。あと、関西生コン支部への弾圧や阪神高速道路の通行止めなどに触れ、過剰警備・弾圧の問題、そして海洋プラスチックを解決するといいながら、日本で起こった最大の環境問題である、福島の原発事故に触れないという環境問題について語った。また29日土曜日、HEP前で17時半から梅田解放区の行動を行うと提起された。
 AWC青年部からは、一般の人はG20に対し悪いイメージを持っていない…何のためにデモをするのか?本当は何なのか?G20は資本家の調整会議でしかないということを訴えていこうと提起された。
 グローバルジャスティス研究会の佐々木さんは、社会システムを変えて行こうと訴えた。
Dsc02941
 大阪府議会議員の野々上愛さんは、大阪府議会も問題だらけである。88議席のうち、51議席を維新が占め、女性議員も6名しかいない…G20を題材にした中身のない意見書が、ろくに議会内で議論もされないまままかりとおった事態について訴えられた。
 前半アピール終了後、歌の時間…沖縄の「ここへ座り込め!」が歌われる。
Dsc02942
 後半は諸団体…日本で暮らすフィリピン人の団体「ミグランテ」から…G20は腐った資本主義を立て直すための会議であること、その他、安倍政権の移民政策…外国人労働者への扱いや入管への批判を述べた後、国際連帯万歳!帝国主義を打倒しようと訴えた。
 リニア市民ネットの春日直樹さんは、リニア新幹線はめちゃめちゃ大問題で、平気で環境を破壊している。たくさん隠された不都合なことがあると報告された。
 ピリカ全国実からは、アイヌ新法が居住権・先住権という根本について述べられていない事を批判、琉球も含めた遺骨略奪・差別研究について弾劾され、遺骨返還運動を強めて行かなければならないと述べられた。
 ユニオンネットワーク京都の服部恭子さんは、関西生コン支部への弾圧と自らの取り組みについて語られた。
 ここでカンパ隊がまわってきて、カンパのお願い…続いて連帯あいさつとしてリレートーク…米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会さん、労働者共闘さん、9条改憲阻止共同行動さん、関西生コン支部、なかまユニオン、釜ヶ崎日雇労働組合から。
Dsc02953
 主催者から、本集会の参加者は200名、カンパは5万820円だったことが報告され、また6月28日、天保山公園の集会・デモの案内があった。

Dsc02955
 ということで、デモでありますっ❗

Dsc02960
 御堂筋まで、東行…G20反対!サミット止めろ!トランプ来るな!マクロン来るな!安倍はヤメロ!などと、簡潔なコールが続く。

Dsc02963
 御堂筋を南下する…ドラムその他鳴り物も響く「楽しい」デモだ。
 今日は沖縄「慰霊の日」ということもあり「月桃の花」も歌われた。集会中からあちこちのTV局も来ており、けっこう熱心に撮影をしていた。海外メディアもあるんじゃないか?

Dsc02966
 御堂筋に前からある、G20で「おもてなし」をしましょうという行政のバナー…そんなの知るか❗Dsc02967
 「反戦タイガース」さんも来てたので、いっしょに「六甲おろし(反戦バージョン)」を歌ったりもしたぞ。

Dsc02971
 雨も降らなかったし、けっこう盛り上がった楽しいデモだった…「アベやめろ」だけではやっぱり面白くないのかな?「トランプ来るな!」なんて、やっぱりインターナショナルなんだよね。で隊列内で本当に「インターナショナル」を歌う人もいたぞ。

Dsc02974
 御堂筋を歩き切って、解散地点の公園へ…皆様、おつかれさまでしした(^^)

| | コメント (0)

「キングダム」で解く中国大陸の謎(その3)

やっと「その3」である(^^)
 社会の流れ…氏族制の解体…にまかせておれば中国の「統一」は紀元後になるハズなのに、紀元前221年に秦が中国を統一することが出来た、それは何故か?という問いの答えは、ざっくり言うと「秦が法家による改革を成功させたから」ということである。本書ではそのへんの事情が詳細に展開されている。
 戦国時代というぐらいだから、中国の中で諸国家が争っている。その中で王や封建貴族たちの大切なテーマは「いかに自分の国を強国にするか」富国強兵ということになる。孔子、孟子。老子、韓非子、墨子…儒家、法家、縦横家、兵家…諸子百家とよばれる様々な思想家が輩出し、様々な形で封建諸侯の政治に参加するなど活躍したのもこの頃である。その中の一つ、法家による改革は「信賞必罰の徹底」だそうな…本書の記述ではこうなっている。
 厳格なルールを設け、それに違反した者には罰を下し、功績のある者には褒美を与える。ムチで国民を縛り、アメを与えて忠誠心を君主に向けさせるという単純なものである。しかしこれは、当時の氏族制社会を真っ向から否定するものであった。その点から見れば、法家導入の最大の意義は「平等性」にあったと言えよう。
 第1章で説明したことを思い出してほしい。当時の中国は、それぞれの地域に氏族制をベースにした「マトリョーショカ型のピラミッド構造」があった。国を支配する君主といえど、国の末端のことはわからない。大小のローカル権力者が各地で重層的に存在し、一般庶民を支配していた。そのため、国が庶民の動員を必要とするなら、ローカル権力者の協力が必要だ。ある地域で罪を犯すものが出れば、基本的にはその地域のローカル権力者が罰を下すことになる。
 法家の「平等性」とは、このようなピラミッドをすべて潰すことを意味する。ローカル権力者を認めず、秦全土でまったく同じ法を布き、公族、王族、貴族でも、土地の所有者でも、一般市民でも、ルールの違反者には身分を問わずに一律の罰を下す。唯一の例外は君主本人ただひとり。「法の下の平等、ただし君主は別格」ということだ。
 秦という国の中にあったいくつものピラミッドを、すべてローラーで押しつぶす様子を想像してほしい。平らに均された後に残るのは、君主というただひとつの山だけだ。更地になったピラミッドの権力は、すべて君主の山が吸収する。(p62~63)
 こうした改革は、君主の下で強力な官僚機構と軍隊を作り出す…特に「動員」のことを考えてみよう。氏族制社会では、庶民を刈りだして大軍を動員するにも、「ローカル権力者」の協力がいる、法家改革を実行すれば君主の一存で何十万の庶民を動員した軍隊ができるのだ。当然、戦国時代ではそのような国が断然、有利となる。
 秦で「法家改革」を断行したのは、商鞅である。彼は秦に赴き紀元前359年から「商鞅の変法」という改革を実行した。内容は①分異の令…次男以降は成人したら分家する②従互の制…5家族を1組として編成し、相互監視させる③軍功爵制…戦場で手柄をあげれば出世、なければ没落。これを公族にも厳格に適用④県制…各地に一代限りの官僚を派遣して直接統治する というものだ。①は、一族で一緒に暮らして生計を立てることを辞めさせ「自作農」を増やすものだが、秦では分家した者が「占領地」に赴かされるということが行われた。②は文字通り相互監視で、①と②によって人々をバラバラにして君主が直接支配することになる。③、④で君主以外の王族・貴族やその他ローカル権力者の力が削がれる…この改革を行い一定成功することで、秦では氏族制社会がドンドン解体していくとともに、「富国強兵」を成し遂げることが出来たのだ。
 他の国では「法家改革」はうまくいかない、あるいは当時の氏族社会を補強する論理である「儒家の思想」を取り入れたため、秦のような強力な官僚機構と軍隊を持つことができなかった。たとえば南にあった「楚」でも紀元前400年ごろ、呉起(ごき)が法家的な改革を行ったのだが、不徹底に終わっている。楚では王族が1000人もいたとされ、法家的な改革で不利益を被る利害関係者(「信賞必罰」では、これまでの地位もたった一回の失敗で失う可能性がある)があまりにも多かったことが失敗の原因の一つだ。対して秦は西方の「新興国」でもあり、そういった利害関係者が少なかったのも、法家改革が成功した原因の一つだろう。
 かくして「キングダム」の時代になると、秦王、政は趙、韓、魏、燕、楚、斉の六国を滅ぼして「統一」を目指すようになる…それに対抗する六国は、統一なんてことは考えたこともなく、氏族制が続く「国家連合」を目指していたようだ…かくして中国は秦によって統一され、秦の「法」が中国全土を支配するようになる。

| | コメント (0)

6・26おおい町現地行動

大飯原発3号機起動(再々稼働)を阻止しよう!
6.26おおい町現地行動
おおい町内デモ、ゲート前集会にご結集下さい!
原発うごかすな!実行委員会@関西・福井
 関電は、4月11日より定期点検中であった大飯原発3号機を、6月26日にも稼働(再々稼働)させようとしています。
 原発は、人類の手に負える装置ではなく、また、一たび重大事故を起こせば、生活を奪い、職場を奪い、農地を奪い、海を奪い、人の命と尊厳を奪い去る装置であることを、チェルノブイリ、福島の原発事故が大きな犠牲の上に教えています。また、原発はなくても何の支障もないことを、福島原発事故以降の経緯が実証しています。
 そのため、脱原発・反原発は圧倒的な民意になり、傲慢な電力会社といえども、多額の費用を要する安全対策を施さなければ原発を稼働できなくなっています。また、安全対策費がとくにかさむ老朽原発の廃炉を余儀なくされ、福島事故当時国内に54基あった稼働可能な商用原発は、今や、33基にまで減少しています。
 脱原発、反原発の機運は世界にも拡がり、世界的にも安全対策費を高騰させ、安倍政権が「インフラ輸出の柱」として推進してきた海外での原発建設全てが頓挫しています。
 一方、原発を運転する旧電力からの顧客離れが進み、関電からの顧客離れは、2割以上にもなっています。原発は経済的にも成り立たないのです。
 それでも、関電は、大飯原発3号機を再々稼働させ、また、来年以降、45年超えにもなろうとする老朽原発高浜1、2号機、美浜3号機まで再稼働させようとしています、許してはなりません!
 「原発うごかすな!実行委員会@関西・福井」は、大飯原発3号機再々稼働阻止を訴えるために、下記の要領で、おおい町で町内デモを行い、大飯原発ゲート前抗議行動を展開します。奮ってご参加下さい。


大飯原発3号機再々稼働阻止!大飯原発ゲート前抗議行動
集合日時:6月26日(水)正午
集合場所:おおい町大島半島(南浦バス待合所、南浦区会館付近の広場)
行動:おおい町内デモで、原発ゲート前に移動し、抗議行動を行います(午後5時頃までの予定)
主催:原発うごかすな!実行委員会@関西・福井

京都、大阪、滋賀からは、配車の予定です(ご乗車希望の方は、下記をご連絡ください)
連絡先:橋田(090₋5676₋7068)または木原(090₋1965₋7102)
配車場所と時間
■京都発 8:30集合(京都駅八条口側アバンティ前)→8:45出発
■大阪発 8:15集合(大阪駅西側、大和ハウスビル前※旧大阪中央郵便局前を西へ約200m)→8:30出発
■滋賀発 8:45集合(大津駅の琵琶湖側大津地裁前)→9:00出発

★乗車費用は実費をお願いします。
★諸注意①当日の昼食は、各自ご持参してください。②集合時間に遅れないようにご集合願います。

長時間の抗議行動になりますので、日よけ(笠、帽子など)、敷物(シート等)、飲み物をご持参下さい!

| | コメント (0)

G20大阪NO!デモへ

 G20大阪NO!アクションウィーク(6.23~29)のお知らせ
 6・23サヨナラ安倍!サヨナラトランプ!
 G20大阪NO!デモへ
G20no_0001
 午後1時 新町北公園 に集合!

5月26日(日)トランプ来日抗議 なんばで街頭宣伝(午前11時半から12時半)
6月23日(日)午後1時新町北公園集合(地下鉄御堂筋線/四つ橋線・本町駅23番出口)3時ごろからデモ
6月28日(金)午後1時天保山公園集合(地下鉄中央線・大阪港駅から徒歩5~7分)3時ごろからデモ
【主催】G20大阪NO!アクション・ウィーク実行委員会
代表(五十音順):斎藤日出治さん(大阪労働学校アソシエ学長、大阪産業大学元教員)、高里鈴与さん(基地・軍隊を許さない行動する女たちの会)、服部良一さん(元衆議院議員)
賛同者・賛同団体を募っています(賛同金個人一口1000円団体一口3000円)
賛同金の振込先:郵便振替口座00930₋4₋196796「G20大阪サミット・アクションウィーク」
連絡先:市民共同オフィスSORA06₋7777₋4935(月~土午後2~5時)

 6月28日~29日に大阪・インテックス大阪でG20サミットが開催されます。日本で初めて開催される2019年G20サミットにあたって、私たちは世界の人々と連帯して、私たちの未来を構想し、実現に向かって着実な一歩を踏み出すための取り組みを呼びかけます。私たちは以下のテーマと課題を共有して、さまざまな運動団体や個人に広く参加を呼びかけます。
1.朝鮮半島とアジアの平和のために!
 朝鮮民主主義人民共和国への制裁を解除し、朝鮮半島平和協定、米朝・日朝国交正常化へ!沖縄の民意を踏みにじる辺野古新基地建設を直ちに止めろ!京丹後の米軍Xバンドレーダー基地を撤去せよ!自衛隊の海外派兵を許さない!
2.新自由主義はもうたくさんだ!
 この生きづらさは「自己責任」なんかじゃない!安倍政権の「働かせ方改革」は生存権と労働者の尊厳の破壊だ!最低賃金を1500円に!TPP・日米FTA反対、自動車産業の生き延びのために農業を売り渡すな!
3.分断とヘイトを越えて共存と連帯の世界を!
 格差を拡大するシステムを変えよう!在日・滞日外国人、障害者、少数者とともに差別のない社会を目指そう。侵略・植民地支配の歴史は「解決済み」ではない!天皇代替わりで免罪されない!
4.核兵器廃絶と原発全廃で、持続可能な世界へ!
 安倍政権の原発輸出政策は破たんした!原発全廃に向け、原発新設と老朽原発再稼働を止めよう!核兵器禁止条約を批准せよ!巨大開発・資源採掘による全地球的な環境破壊に反対しよう!世界の先住民族、小農民や若者たちの闘いに応えよう!
5.カジノ・万博・「大阪都」構想 あかん!
 大阪維新によるデマと民意無視は民主主義の破壊・地方自治の破壊だ。大阪の福祉、教育、医療、防災は危機的だ。大阪を改憲勢力の拠点にさせないぞ!
6.サミットを利用した治安弾圧を許さない!
 「サミット警備」と言えば何でもできるのか?不当な規制には抗議しよう!連帯ユニオン関西生支部に対する弾圧と長期不当拘留を許さない!共謀罪先取り弾圧糾弾!滋賀県警・大阪府警は全員を釈放し、労働組合に謝罪しろ!

| | コメント (0)

労働組合つぶしの大弾圧を許さない緊急座り込み集会

 本日、連帯労組関生支部にたいする弾圧に抗して「労働組合つぶしの大弾圧を許さない緊急座り込み集会」に参加してきた。
 場所は大阪地裁・高裁のある建物の前、西天満若松浜公園である。8時半から開始…
Dsc02914
 「連隊労組」の車と、休憩用のバスが到着…人もそれなりにやって来た。

Dsc02916
 集会開始…その前に、昨日は京都で4名が「コンプライアンス」活動を口実に逮捕され、本日朝、滋賀でも3名が逮捕されたとの報告…まったく、いつまでこのような弾圧が続くのか❗許せん❗
 本日は公判もあるので、傍聴券を手に入れるべく、みんなで抽選券を取りに裁判所の敷地に入る。裁判所の職員から券を受け取って、構内の芝生のところで抽選待ち…なお大阪広域協同組合も傍聴券を手に入れるべく、動員をかけていた。彼らも同じ芝生のところに案内されるが、我々側とはっきり分かれて集まっている。こちらは様々な服装であるのに対し、向こうは背広・ワイシャツ姿が目立つ。
 9時半に抽選…結果が貼り出される。手元の抽選券は「あたり」であった(^^) ここでこの2、3週間の運を使い果たしてよいのか?それはともかく、とりあえず手にした傍聴券は関生の方にお渡しして、一旦みんなで公園に戻る。
 戸田ひさよし さんが来られて、拘留されている方に激励の色紙を書いて欲しいと頼まれたので「弾圧反対‼」と書く…ある色紙を見ると「ドラえもんなんだからひみつ道具使って出てこい!」と書かれていたので、誰だろうと思ってみてみると西山さんのヤツだった。そーか、彼はドラえもんなんだと笑ってしまった。
 そのうち、傍聴券(家族用)が空いているので、1日傍聴してよいのであればだれか入らないかと声かけがあり、せっかくだから傍聴してみることにした。
 裁判所に入る…空港なみのセキュリティーチェックがある…財布や携帯を出して、金属探知機をくぐり、入場…デジカメは入り口でお預けになるが、スマホはOKのようだ。今時、スマホのほうがより鮮明な写真が撮れるのに…法廷入り口で券をもらって中に入る。携帯の電源はOFFにしておく。
 公判は10時開始、セメント等を運搬する業者の社長に対する証人尋問であった。証人は関生から「威力業務妨害」を受けた「被害者」ということらしい…バラ車運搬の協同組合に一旦加入していたものの、その後脱退したそうな。その辺の「経緯」を、検事がいろいろと質問していた。最初は古~い話を持ち出して、関生が「大変なことになりますよ」と「脅して」組合に入れたというような「ストーリー」をこしらえようとしているようだが、前の社長から聞いた「伝聞」をあたかも当人が感じていたことのように仕向ける質問に対し、弁護側が異議申し立てしたりした。また、検事側は「新たな証拠」としていろんなものを金曜日(14日)に急に出してきて、それをもとに尋問をしようとたくらんだが、証拠を次から次へと急に出されても、十分な時間がなければ反証活動ができない…そのような審理をするのであれば、別途公判日程を組む必要があると弁護側は指摘した。証人と検事側の発言はこにょごにょと小さく、分かりづらいところもあった。最後に証人は「被告に対し、厳罰を求めます」とのたまう。
 11時半ごろに検察側の質問が終わり、質問は弁護側へ…弁護側の質問から、証人は労働組合の示威行動(ビラまきとか)があった場合、逐一親会社の宇部三菱セメント(宇部興産と三菱マテリアルがセメントの販売について共販体制を採っているので、こう呼んでいる)に書面で報告していたことが明らかなる。これは関生だけでなく、建交労についてもそうであった…では、なぜ関生だけ「弾圧」されるのか?
 このあたりで12時になったので、休憩…続きは13時半からだそうな。裁判所ってお昼休みが長い~
 こちらも一旦、外に出てシュプレヒコールとかを浴びせる…そのままお昼休憩。
 13時半から、弁護側の質問がつづく…あまり「核心的」なお話は出て来ず、だんだん眠くなってくる。証人は「出荷妨害」という言葉を繰り返すが、ではそれがどうゆう形で「威力業務妨害」として表れたのかということは明らかにされていない。「大変なことになりますよ」という言葉も、具体的にどんなことが起こるのか不明なまま…証人は「事件(ストライキ)」の後、半年もたってから被害届を提出しているのだが、なぜそうしたかという質問について「警察と話をしているうち、これは酷いことだと後で気が付いた」とのこと…警察に言われて「被害届」を出したことが伺われる。
 質問は45分ぐらいで終わり、後は今後の進め方について裁判官、検察、弁護団の間で打ち合わせ…14時半に閉廷となる。

 公判が終わって外に出る…カメラはいちいち、建物の外にでてから返却してもらう。
Dsc02919
 公判終了後の、シュプレヒコール!
 その後、公園に戻って集会の続き…スケジュール的には、14時に裁判所や大阪府警への「署名提出」行動があり、15時には記者クラブで記者会見が行われている。公判が早く終わったので、まとめを早くやってもいいのだが、前回、早めに終わったら17時まで集会をやっていると思った人が参加しようとしてきたため、今回は予定通り17時まで集会を続行する。
 とは言っても、ちょっと報告があって、歌を歌ったらやることが無くなった…

Dsc02922
 16時過ぎに、まとめの集会…

Dsc02925
 本日、被告席に座らされた8名のうち、4名から挨拶をうける…結集・傍聴に対し感謝の言葉が述べられた。
 東京からの参加者からも話があり、今回の弾圧は、地域に根付いて社会問題に声を上げる産別労働運動をつぶす目的で行われている。産別労働運動を再構築していくとともに、社会運動側がこの危機に対し、断固反撃していくということが確認された。
 最後に「団結ガンバロー」コールでしめて、集会は終了した。

| | コメント (0)

2000万円足りない年金問題について(後篇)

 さて本日あらたに、足らないのは3000万円では?というお話もでてきた…Y!ニュース毎日新聞より
金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
 夫婦の老後資金として公的年金以外に「30年で2000万円が必要」とした金融庁の金融審議会市場ワーキンググループ(WG)の報告書問題で、この報告書に採用された試算とは別に、金融庁が独自に「30年間で1500万~3000万円必要」とする試算を行い、WGに提示していた。麻生太郎副総理兼金融担当相は報告書を「公的年金で老後生活をある程度まかなえるとする政府の政策スタンスと異なる」としたが、金融庁も公的年金を補うのに必要な具体額をはじいていたことになる。
  金融庁の試算は4月12日のWGに「事務局説明資料」として提示。厚生労働省の課長が総務省の家計調査をもとに差額を月5.5万円程度と説明したのと同じ日となる。議事録によると、金融庁担当者が「私どもでどれぐらいの資産形成をしたらいいのだろうと、一つ試算した」と説明した。
 金融庁の試算は夫が65歳で退職後、夫婦2人で月25万円の生活費を軸に30年間支出する前提で行った。
 それによると、支出は総額9500万~1億1000万円で、収入は、厚労省が公表している厚生年金の標準的な年金額(2018年)を根拠に公的年金が月22万1000円として、30年で8000万円。退職金や私的年金(1000万~2000万円)にローン(最大1000万円)を加味してもまかなえない1500万~3000万円を「必要な資産形成額」と記した。(以下略)

 「老後の蓄えに3000万円ぐらい必要だろう」ということは、実は前からサラリーマンの世界では言われており、東洋経済オンラインなんかでも、ファイナンシャルプランナーが出てきて老後の蓄え…そのために毎月いくら貯める必要があるか…ってことを個々のケースで試算するような記事が載っていたりする。もちろん、必要なお金は個々によって違う。
 ただ金融庁の試算でも「夫婦2人で月25万円の生活費」とされているが、なんどもいうけれど私の父母は月12~15万円程度の生活費でやっていた…二人で国民年金満額もらってるのと同じ(ただしこれもなんども書くけれど、私の父母は公的年金をいっさいもらっていない)レベルの生活費でしょ…ということだ。
 ま、金融庁の報告書だ…国民年金12~15万円で(デフレだから)生活できるぞ!なんて書いたら、誰も金融商品を買ってくれない。ある意味、不安を煽って預貯金してもらい、そこからより投機性の高い金融商品に乗り換えてもらいたいのだろう。

 もちろん、老後にどのくらいお金がかかるか?月になんぼで暮らしていけるかということは人それぞれだ。少子高齢化は、晩婚化もその要因の一つであるのだが、その結果年取ってからも子どもの教育費とかにお金がかかる、あるいは住宅ローンが遅くまで残っているなんてこともあるだろう。
 また生活が「夫婦2人」単位で計算されているが、時間が経てばどちらか必ず死ぬ、特に夫が先に死んで、妻が取り残されるケースが多いだろう。そうするとサラリーマン+専業主婦の標準世帯では、年金額は確実に半分より少なくなる(私のところも父親が死んでから、私的年金は母親の分、年50万円程度だけ)一方、二人世帯から一人になったとしても、固定費は半分にならないし、光熱水費も半分になるわけではない…一人だとけっこう金がかかるのだ。だから夫婦2人で二人の年金でやりくりしている時より、片一方が亡くなって一人になった時のほうが金がかかり、より困難が増す…当然、「貯蓄の切り崩し」ということもより切実になってくるのである。

 一方、月12~15万円の国民年金相当額であっても、持ち家出ない場合は確実に足が出る…ここから家賃を3~5万円も引かれれば、確実に足らなくなる。そして現在、将来的に国民年金しかもらえない人の多くが、非正規雇用を転々としている人である。そういった人たちに「持ち家」なんぞ手の届かないものでしかない。また、この人たちは現役時代にも「生活費月25万円」なんてことはない…一人ぐらしで月収20万円以下、手取りで15万円くらい、中には10万円程度という人もいる…「老後のために2000万円も貯めれない」どころか、現状がカツカツなのだ❗

 なんか書いているうちに腹が立ってきたが…年金問題から、貧困の問題が見えてきたようにも思う。「年金デモ」では、老後の生活を保障しろ、払った年金を返せとか言っているわけだが、保障されるべきレベルを具体化しようではないか…少なくとも、夫婦2人で月25万円!ひとりであれば月20万円の消費生活が出来るぐらいの賃金・収入・年金を保障しろ!

| | コメント (0)

2000万円足りない年金問題について(前篇)

 本日、都内で「年金返せ」デモが行われた…Y!ニュース毎日新聞より
都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け
 夫婦の老後資金に関する金融庁の金融審議会市場ワーキンググループ(WG)報告書を巡り、麻生太郎副総理兼金融担当相が受け取りを拒否したことなどを受け、政府の年金政策に抗議する「年金返せデモ」が16日、東京都内で開かれた。
 デモには主催者発表で約2000人が参加。千代田区の日比谷公園から6グループに分かれて銀座方面へとデモ行進し、「生活できる年金払え」などと気勢を上げた。
 参加した女性(50)は「(政府の姿勢に)とにかく怒りでいっぱい。くらしを守るよう、みんなの声で変えたい」と訴えた。年金受給者の男性(68)は「報告書を受け取らず、無かったことにしようとしている。フェアではなく、許されない」と話した。【山下浩一】
 
 老後に「年金が足りない」から2000万円貯蓄しておくよう…という元ネタの報告書は金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」pdf というもので、要するに「少子高齢化社会なので、民衆にどんな金融商品を売りつけたらエエか?」ということを考察したもの。51ページで内容も特に難しいことを書いているわけではない。(これをロクに読んでいない麻生財務大臣は、よほど文章を読むのが大嫌いなのだろう)で、問題の部分には、こうある…p8~p10にかけて(図もある)
(2)収入・支出の状況
ア 平均的収入・支出
 わが国では、バブル崩壊以降、「失われた 20 年」とも呼ばれる景気停滞の中、賃金も長く伸び悩んできた。年齢層別に見ても、時系列で見ても、高齢の世帯を含む各世代の収入は全体的に低下傾向となっている。公的年金の水準については、今後調整されていくことが見込まれているとともに、税・保険料の負担も年々増加しており、少子高齢化を踏まえると、今後もこの傾向は一層強まることが見込まれる。
 支出もほぼ収入と連動しており、過去と比較して大きく伸びていない。年齢層別に見ると、30 代半ばから 50 代にかけて、過去と比較して低下が顕著であり、65 歳以上においては、過去と比較してほぼ横ばいの傾向が見られる。
60 代以上の支出を詳しく見てみると、現役期と比べて、2~3割程度減少しており、これは時系列で見ても同様である。
 しかし、収入も年金給付に移行するなどで減少しているため、高齢夫婦無職世帯の平均的な姿で見ると、毎月の赤字額は約5万円となっている。この毎月の赤字額は自身が保有する金融資産より補填することとなる。
 で、ここに問題のグラフが来て…p16に
(2)で述べた収入と支出の差である不足額約5万円が毎月発生する場合には、20 年で約 1,300 万円、30 年で約 2,000 万円の取崩しが必要になる。
 と書かれているのが問題になっている。で、毎月の赤字額5万円の根拠となっている「高齢者無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯」(出典)第21回市場ワーキング・グループ 厚生労働省資料)では、収入が年金収入も含めて209,198円(年金と思しき社会保障給付が19万円ぐらい)、支出が263,718円となっている。なお、一般のサラリーマンと専業主婦の「標準世帯」でもらえる年金額が22万円と言われているので、それよりも若干低めの収入ってわけだが…
 それでも結構あるやん!ってのが、私の感想だ。
 前にも書いたが、私の父母は父親の会社は厚生年金に加入してなかったので、公的年金は一切もらっていない!代わりにバブルの頃にあった保険商品…1度に大金を掛けて振り込むと、一定額を終身でくれるという保険(今、そんなおいしい保険商品はない)に加入し、二人で年額150万円ぐらいで生活していた…月当たり12万5千円である。(実際は年に私や兄が30~40万円補助していた…+40万円だとしても月当たり15万8千円である)ちなみに国民年金だけだと、満額でも一人当たり6万円強ぐらいだそうなので、夫婦二人で12万5千円というのは、国民年金のみもらっているのと大体同じになる。

 父母がどのくらい貯蓄があって、いくら取り崩したのかは分からないが…月に20万もらう、あるいは26万円も支出できるならば…かなり贅沢が出来たのでは?と思うぞ。山海の珍味とまではいかずとも、美味い肉を食って、外食して、年に1回、旅行に行って、夏冬はエアコンをバンバンかけて…いぁや~「平均」って、オソロシイわ❗❗

 実際のところ、父母は特になんの趣味ももたず、旅行にも行かず、外食もしない…大病で医療費がバンバンかかったわけでもないし、介護も必要なかった。(今、母親はちょっと訪問看護師さんに来てもらっているが、それにかかる費用は私が持っている)テレビはBSもつけず、携帯電話も持たずネットもやらず、本も買わず、新聞以外に定期購読するものはナシ…
 そのかわり、持ち家だから住居費はとても安い固定資産税のみ、車もってないから、保険料等の維持費もいらない…というところもあるが…
 
 問題は「健康で文化的な生活」水準のため、どのくらい年金収入が必要か?それは年金で保障されるのか?ってことだろう。
 
 先ほど、国民年金では、満額で6万円ほど…と書いた。これが「生活保護」だと住宅扶助とかも含めれば、もっと出る…実際問題、一人暮らしで賃貸住宅に住んでいて、月に6万円しかもらえなければ、それだけでアウトだ!家賃でほぼ年金がふっとんでしまう。若い人の中には、年金払っても将来「もらえない」「減額される」というのであれば、生活保護のほうがマシだと考えている人もいるのである。

次回は、もう少し詳しく見てみよう。

| | コメント (0)

祝!?総アクセス100万突破!

 昨日から本日に日付がかわるころ
本ブログのアクセスが100万を突破したようだ~!

 とはいえ、ここ2年間は1日のアクセス数が200を切り、150いかないこともしばしば
 で、総アクセス数に関しては、全く気にしていなかったのであるが…

社会運動情報・阪神さんが記事にしてくれた ので、ようやく気が付いたアリサマ…本当にありがとうございます(^^)

これからも「たたかうあるみさんのブログ」をよろしくお願いします。

| | コメント (0)

「キングダム」で解く中国大陸の謎(その2)

 安定した周王朝は紀元前771年、西の異民族「犬戎(けんじゅう)」によって12代周王が殺害されたことによって動乱の時代に入る。周は拠点を東に移し「東周」と名乗るが、その権威は凋落した。これが「春秋時代」の始まりだ。この時期、中国には300近い邑(ゆう)がひしめいていたが、次第にその淘汰が進んでいくとともに、力のある諸侯は独自に勢力を伸ばすようになる。これが「覇者」だ。彼らが掲げたのが「尊王攘夷」すなわち、周王室を尊び、夷(異民族)をうち払うというものである。
 先ほど「生産力が低いので宗族でまとまらないと農作業なんかできない」などと書いた…核家族で農作業をしても十分な量が収穫できない、大規模に農業を行ったほうが生産量は多くなる。だから複数の一族が一緒に集落を営んでいたわけだが、この複数の一族が軋轢を起こさないために「祖先神信仰」が共有され、氏族性の秩序が保たれている必要がある。そういった秩序の一つに「本家」のほうが「分家」よりも地位が高いというのがある。複数の一族が協力して農作業を行う、集落を営むと書くと一見すばらしいことのようでもあるが、本家・分家の身分制度が絶対である「差別」「抑圧」の体系、秩序の中にいるわけだ。そして生産力が少ないので、その秩序から外れると飢え死にするしかない。
 ところが春秋時代が進むと、農業における技術革新が進む…具体的には鉄の農具の大量生産と「牛犂耕(ぎゅうりこう)」である。鉄の犂を牛にひかせて深く耕すことで生産力がアップする。そうすると、分家の者が本家の下に甘んじていなくてもよい状況が生まれてくる。家族ごとに「自立」することが可能になって来るのだ。そうすると、「氏族制」…本家・分家の身分制度…が揺らぎ始める。
_0001_11  同様のことが支配階級の中に起きてくる…裕福な人間が支持され、権力が集まる。君主が家臣にとってかわられる「下剋上」が起こって来るようになる。今の山東半島あたりを治めていた「斉」では紀元前481年、田氏がクーデターを起こし、紀元前386年に王が呂氏から田氏に変わっている。春秋時代の初めに中原を治めていた「晋」も名門氏族の趙氏、魏氏、韓氏が勢力を伸ばして独立するというようなことも起こっている。この独立が認められたB.C.403年から先を「戦国時代」と呼ぶことになる。
 とはいえ、氏族制そのものは1000年以上にわたって当時の人びとに染みついていた「道徳」でもあり、それを完全に破壊することは、各諸侯が世襲で支配している根拠も失われることになる。それでも生産力の向上により氏族制の解体が進めば、歴史学者たちは「歴史が穏当に進行したならば、統一は紀元0~200年年頃に起きるのが自然だった」(p14)とみているそうだ。それが現実には紀元前221年に秦が統一を行うことになる…それは何故か?

| | コメント (0)

『キングダム』で解く中国大陸の謎(その1)

 始皇帝 中華統一の思想 『キングダム』で解く中国大陸の謎(渡邉義浩 集英社新書 2019年四月)を読んでみた。「キングダム」というのは週刊ヤングジャンプで2006年から連載されている原泰久氏の漫画であり、中国の春秋戦国時代末期が舞台となっている。主人公の武人、信(実在の秦の大将軍、李信がモデルとされている)が、後の秦の始皇帝となる王、政とともに活躍する物語で、秦の中国統一過程が描かれてい_0001_11 る(連載中なので当然、統一はまだ先だ)人気があるのでTVアニメや実写化もされている作品だ。本書はこれを紐解く形で、なぜ中国が統一されているのか?ということを説くものだ。
 私は中国に行ったことはないが、広大な中国は実に多様であるそうな。住んでいる人の体格や容貌も、気候も、文化風習も違い、言語も違うそうだ。中国はヨーロッパのように、いくつも国があってもおかしくない…そんな地域なのに、秦が統一してから魏晋南北朝の370年間、五代十国の54年を除けば、基本的に統一された状態にある。これは歴史をみても非常に大変なことで、例えばローマ帝国は崩壊後、2度と再興しなかったし、インド半島を大部分平定したマウリヤ朝(B.C。317年~B.C.180年)も、その分裂後インドの統一は近代まで成し遂げられなかったのである。広大で多様な中国がずっと統一されているその淵源は、初の統一帝国・秦にあると本書では主張している。

 ではなぜ秦が中国を統一することが出来たか?それを見る前に、統一される前の中国の状況をみてみよう…古代中国社会は、宗族…父方の血縁によって結びついた集団で、共通の祖先を祀り、ともに生活を行う(「宗族」自体は中国社会に今も残っている)を単位として農耕を行っていた。生産力が低いので宗族でまとまらないと農作業なんかが出来ない。そんな宗族を「入れ子」にしたような支配体制、筆者は「マトリョーショカ型のピラミッド構造」と呼んでいる「氏族性社会」が古代王朝「周」の支配である。ちなみに周はある一定のエリアを面的に支配していたわけではなく、邑(ゆう)という城壁で囲まれた「都市国家」を支配していただけである。邑のような点どうしが結びついていたのが、殷・周王朝であり、このような国家形態を「邑制国家」と呼ぶ。邑の外は基本的に支配が及ばず、王と関係なく暮らす人びとがいたわけだ。 _00012
 周王が直接治めていたのは鎬京(こうけい)という特定の邑のみで、それ以外の邑は「諸侯」が統治する。周王は諸侯を各国の「君主」としてそれぞれの領土の自治を認める一方、一定の税を周に送り、有事には軍隊を引き連れて周王朝を守ることを求めた…これが古代中国の「封建制」だ。ただし諸侯をそのままにしておけば自立してしまう…そこで「宗族」の関係を利用する。具体的には周王が自分の氏族の娘たちを諸侯に嫁がせ、血縁関係になるのである。また各諸侯も自分の国の重臣に対して、自分の一族の娘を嫁がせる、諸侯をトップとする宗族を形成していた。古代中国は、君主が一元的にある地域を支配できていたわけではない。君主は諸侯に、諸侯はさらに下の豪族・有力者に支配を「丸投げ」していた…これが「マトリョーショカ型のピラミッド構造」と呼ばれる「氏族制社会」である。そんな「国家群」が、中原とよばれる黄河文明の中心地、さらには南方の揚子江文明の中心地までなんとなく広がっていたのが古代中国である。
(図はp180にあるもの…中国が統一されていないのは、紀元220年からの魏晋南北朝時代と、907年から960年の五代十国時代のみ…どちらも白抜き)

続く

 

 

| | コメント (0)

「資本逃避阻止政策」の必要性

 先日のさすがにこう書いちゃうとマズいでしょ!記事を書いてから、資本主義の終わり論2の管理人さんと話をする機会があり、真意をお伺いすると…当然「最低賃金を上げることを否定しているわけではない」との返答をいただいた。その上で、物価統制(物価上昇阻止)と資本逃避阻止政策をとる必要がある…とのことだったので、それを紹介することにする。
 
 日本国籍の資本のうち、逃げ出したいと思っている資本はとっくに逃げ出しており、実態がある日本籍の資本は今更日本からは逃げ出さない…ただ、日本にいる海外の金融資本(貸付貨幣資本)は、イザとなれば(最低賃金増大等の「ケインズ政策」をやりだせば)逃げ出す。正確なデータは分からないが、そのような資本は貸付金融資本の2割ぐらいであろう。この2割ぐらいの資本逃避を阻止することが、日本経済を当面維持するために必要なことだ。なぜなら2割もの金融資本が出て行ったら、「需要・供給バランス」以外の、資金ショート、焦げ付き等で企業倒産が増大するからだ。
 最低賃金は「法律」で定めるが、資本主義経済において経済は資本家が握っているので、法律の制限外では資本家は好きにやることが出来る…法律で最低賃金の2倍をのめば、資本家は商品価格を3倍にするだけだから、それを阻止する手立てを考えていなければ、絵にかいた餅よりも悪いことになる。

 その上で、私が必要な仕事は「資本が逃げてなくなったとしても「公的資金」を出してでも業務は続けなければならない」と書いたことに対しては

 「公的資金を出す」ことは、安倍やこれまでの自民党がやってきたことと同じこと(再生産表式で言えば、部門Ⅱにお金を投入すること)で、危機を呼び込むことになる。公的資金は架空資本であり(特に国債日銀引き受けで、あたかもお金を刷ったように発動すればなおさら)実体経済の制限を受けないので、インフレが一気に進む可能性がある。だからそうならないために事前に手を打っておく必要があり、それが物価統制と資本の海外逃避を阻止する政策である。もちろんこれは資本主義の枠内での話であって、革命につながるものではない…革命のためには、条件抜きで公的資金を投入する方が危機がより早く爆発するので好都合かもしれないが、松尾匡氏らもそこまでは考えてないだろう。 
 労働運動で「賃上げ」を要求する時は、目の前の資本と対決している。この場合、資本は逃げないか、あるいは潰れたとしても彼らの資産を労働債権として分配することが出来る。それに対し、政治の世界で政権取ったら「(最低)賃金を上げる」≒「新自由政策をやめてケインズ政策をとる」とする場合、資本の反乱・逃避をおさえこむ政策を強力に推し進めないと、最終的に経済が破綻して民衆の期待に応じることが出来なくなる…それでは元の木阿弥でしょう。

ということである。
 これについては、まぁ、そんなものでしょうね…と言える。
 資本逃避に対する強力な罰則等を抜きに「税金は、金持ちから取れ!」と、資本家からの収奪を宣言しても始まらないわけだ。

 あと資本逃避を防ぐ方法として一つ考えられるのは「世界同時ケインズ政策」だろう…日、米、欧と全世界で資本がイヤがることをやれば、結局どこに逃げても同じになるからだ。タックス・ヘイブンのようなところに逃げても、資本は投資しなければ儲からない…市場のないところに逃げてこもっているわけにはイカンのだ。ひぇ~…これって「世界同時革命」と同じぐらい難しいぞ❗

 どうする、山本太郎⁉

| | コメント (0)

久しぶりにロックアクション参加!

 昨日は戦争あかん!ロックアクションの集会・デモにひさしぶりに参加してきた。いつも何か予定がはまっちゃうんだよねぇ~
 夕方18時過ぎに新町北公園に到着…地下鉄本町駅からだと分かりにくいが、四ツ橋駅からだと2番出口をでて、1ブロック行って北なのでわりとラクだ。
Dsc02847
街宣カーと、のぼりと、おまわりさん…

Dsc02849
 おなじみの横断幕である。

Dsc02851
 住宅も近いので、まずおわびの言葉をいれて18時半から集会開始…茨木市議員の山下けいきさんがあいさつ。今、堺市長選挙で「維新」候補を倒すために全力で選挙戦が戦われている…山下さんも先ほどまで堺市に行っていたのだそうな。選挙は勢いであり、今、維新の勢いをそいでおかないと、国会内での改憲情勢が大変なことになる…公明党との連立を維新に組み替えることもあるだろう。また、都構想は政令指定都市の権限と財源を大阪府にもっていくこと、地方自治の面からも反対だ。堺市では「1000人委員会」を起ち上げて、維新と闘っていることが報告された。
 続いて関西共同行動から、この間の情勢とかの報告…先島諸島への自衛隊配備問題などを訴えた。G20大阪NO!アクション・ウィーク実行委員会からは、来る6月28日、29日に開催されるG20大阪サミットは、世界を荒らしまわっている当事者が参加しても何も解決することは出来ないと、サミットに反対する理由を説明し、6月23日にここ新町北公園で集会・デモ、28日は天保山公園で集会・デモを行うことが呼びかけられた。
Dsc02854
 木村真豊中市議…今回は「カンカンネット(共通番号制と管理監視社会化に反対する市民ネットワーク)」ということで、大阪万博までに、大阪メトロが地下鉄改札で顔認証を使用することや、マイナンバーカードを保険証に使用する構想があることを紹介し、変えることができない生体認証による監視社会が進むことに警鐘を鳴らした。
Dsc02856
 教育現場で「日の丸・君が代」押し付けに抵抗する教員からの報告…「日の丸」「君が代」を何も考えずに受け入れることは、自分のやりたいことを押し殺すことだというようなことを訴えられた。その後、ちょっとライブ…そんな気持ちを歌ったものだそうな。
 その後、ZENKOさんのスピーキングツアーの案内や、園良太君らのGo West,Come West!の6月8日デモなどの案内が簡単に行われた後で…

Dsc02857
 デモでありますっ❗

Dsc02858
 長堀通りまでちょっと南下…「安倍晋三は、ウソつき総理!」などとコール

Dsc02859
 長堀通りを東に、御堂筋まで行って…

Dsc02861
 御堂筋を南下するいつものコースになる…若い参加者は「いない」のであるが、歌やコールがすごく元気なのだ❗「いらん」コール…大阪に、カジノはいらん!…丸山穂高は、もういらん!戦争したがる、議員はいらない!等々

Dsc02862
 道頓堀のおなじみのネオンサイン…この辺まで来ると、ホント人沿道に人は多い…木村真議員が、この前のトランプ訪問について…安倍さんはトランプさんとゴルフやったり、六本木の居酒屋に連れて行ったりと、大変な接待をしました。みなさんにも「接待」をした人はいるでしょう。接待することで、何か買ってもらうのが普通ですが、安倍さんはトランプさんに何も買ってもらわず、逆に1機100億円もする戦闘機を100機も買う約束をした。トランプさんは「日本がいちばん戦闘機を買ってくれた」と喜んだ…こんな言葉は嫌いですが、右翼の皆さん(私は左翼です)、これは売国奴じゃないですか?もっと怒りましょうよ…などと訴える。なかなか面白い❗

Dsc02866
 老後は年金では足りないから、資産を2000万円つくっておけという報告についても批難・批判のコール…年金払え❗も起こった。
 御堂筋を南下しきって、クイッっと四ツ橋筋に入った歩道で流れ解散…お疲れ様でした👝

| | コメント (0)

さすがにこう書いちゃうとマズいでしょ!

 今月の「資本主義の終わり論2」先月号(拡大再生産表式)の続き を読んで驚いた!松尾匡氏らの理論批判を批判するための展開で、その中身はともかく、こんなことが書かれている。
 需給論で考えると 不況は需要がたりないからだと考えられるので 例えば 消費者の購買力を増やすために最低賃金を2倍にするとします。だが それを発表した途端に 物価は2倍になり、貸付貨幣資本(金融資本)は海外に逃避します。賃金が上がる前に物価は2倍になり、民衆の生活は那落の底に突き落とされるだけでなく 国内の貸付貨幣資本(金融資本)は海外逃避で減少し、企業倒産は一気に増大します。最低賃金を2倍にする前に物価の統制(固定)と貸付貨幣資本(金融資本)の海外逃避を阻止することが絶対的に必要なのですが 「最低賃金を○倍に」と主張している人でこのことを明確にしている人はいません。需給で考えている限り 資本を規制することはできないし、資本の論理に勝てないのです。
 言いたいことは分からいでもないが、賃金を上げると資本は海外に逃避し、企業倒産は一気に増大します…とは、もろに賃上げを否定する時にブルジョワがよく使う言葉じゃないのか❗ブルジョワが使う言葉を使って、労働者の「賃金を上げろ!」という要求を完膚なきまでに否定するのは「マルクス主義者」としてやってはイカんでしょ❗
 正確な情勢認識を持ってもらうと、今「最低賃金を2倍に上げろ」などという大胆・太っ腹な主張を掲げている人たちはいない。最高で時給にして1500円、当面は最低賃金時給1000円にしろ!というのが、労働者階級の「ささやかな」要求である。時給1000円になっても、8時間労働では8000円/日、4週6休で月24日程度働いたとしても、月収19万2千円、年収で230万円程度である。これに税金や社会保険料が加わるし、持ち家でなければ家賃も数万円/月にかかる…はっきりいってカツカツだ。
 「賃金が上がる前に物価は2倍になり…」と書かれているが、ここ3年、最低賃金は毎年3%引き上げられているにもかかわらず、物価は3%も上昇していない❗(ただし食料品はちょこちょこ上がっているが、これは輸出産業を支えるための円安政策が効いているのだろう)…ぶっちゃけた話、日本の「過剰生産能力」は最低賃金がたかだか1000円から1,500円になったくらいでは、どうってことないのである。
 さらにいうと、今日本で最低賃金で働いている人たちというのは、主に保育、介護、建設、物流といった、日本国内で本当に必要とされていている部門で、国内(にしかない)需要を相手にしている人たちである。資本が「逃避」しても仕事はあるし、またなんらかの形でそれらの仕事はしなければならない。これらの部門はいわば人手不足でもあり「資本が逃げない」ように!?外国人を低賃金で働かせようとする動きが進められているが、必要なのは外国人労働者の導入ではなく、最低賃金を引き上げることだ。(「薔薇マークキャンペーン」マニュフェスト(pdf)でも「国内で⾏われている「外国⼈技能実習」名⽬の外国⼈奴隷制度や、それと同様の制度は廃⽌します」とある。)単純に資本は外国に逃げないし、逃げてなくなったとしても「公的資金」を出してでも業務は続けなければならない。

 5月には資本家・ブルジョワジーの側から最低賃金の上昇について音を上げる発言が繰り返された…5月20日には経団連会長 最低賃金の上げ幅は慎重な議論を(NHKニュース)とあるし、23日には中小企業団体である日商会頭”最低賃金千円”反対意見表明へ(Yニュース、日テレ)とある。最低賃金を上げることに、ブルジョワがこれだけ悲鳴を上げているのだ。しかし前者については内部留保型が製造業は153兆円、非製造業で293兆円もためこみ、自らも年に2億4300万円もの高額報酬を受け取っているヤツが何を言っているんだ!ふざけるな!の世界であるし、後者についても例えば大企業との取引が労働者にまともな賃金を払えないようなものであれば「関西生コン型労働運動」、協同組合方式で対等な取引を要求するといった「対案」も用意する必要がある…もちろんこれは「資本主義の根幹をゆるがす」ものである。

 最低賃金の上昇要求を貶めてはならない。確かに法律で「最低賃金」を決めることは労働運動で賃上げを勝ち取ることとは違うことであるが、最低賃金を決める法律の背後には、民主主義の元に結集した多くの労働者がいるのである(そうでなければ法律は成立しない)…まずしっかりと、最低賃金は時給1000円→1500円!を掲げようではないか!

| | コメント (0)

蓮池透氏は我々が考えているような人物とは違うのかも知れない…

 ちょっとびっくり?ニュースが飛び込んできた…Y!ニュース毎日新聞より
蓮池透氏が「れいわ新選組」から出馬へ 参院選視野
 北朝鮮による拉致被害者の蓮池薫さんの兄、蓮池透氏(64)は31日、今夏の参院選をにらみ、山本太郎参院議員(44)が代表の政治団体「れいわ新選組」から出馬する意向を表明した。東京都新宿区の事務所での記者会見を動画で公開し「地方は疲弊し、惨たんたる状況で何とかしないといけない。『ネットで悪口ばかりを言っている』と批判されてきたが、(政治の場の)オフラインで自分の言いたいことを言おうと決めた」などと述べた。
 蓮池氏は元東京電力社員で、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会の元事務局長。同団体は衆参同時選挙を想定して寄付金を募っており、会見に同席した山本氏は30日までに約1億5000万円が集まったことを明らかにした。【山口朋辰/統合デジタル取材センター】

 な、なにぃ~ 山本太郎と蓮池透❗いったいどういったつながりがあるのか?
 もっとも、2000年代は「拉致問題」で家族会の事務局長として、朝鮮への強硬路線を振りかざしていた「ような」人という認識であった。ただ拉致問題が膠着する中、路線対立的なものもあって、一線からは退いている。最近では「リテラ」のこの記事のように、安倍政権の拉致問題への取組や圧力一辺倒の対挑戦外交を批判している。
 また柏崎刈羽原発のお膝下に住み、東電社員でもあったことから、原発には否定的で「告発~日本で原発を再稼働してはいけない三つの理由」(ビジネス社)や「私が愛した東京電力 福島第一原発の保守管理者として」(かもがわ出版)なんて本を出している。反原発・脱原発ということで、山本太郎氏とのつながりが出来たようだ。

で「新選組(山本太郎の新党をこう呼ぶことにする)」から選挙に出る「候補者1号」としての会見の様子が、ハーバービズネスオンラインのこの記事である。これを読んでみて、蓮池氏が「拉致問題と反原発」だけの人ではない…ということが、良く分かった。どうかリンクを開いて読んで欲しい。
 山本太郎氏の、こんなところに共感したんだそうな…
 当初は反原発の旗手という形で政治をやってこられましたが、この6年間、いろいろな施策を展開しておられまして。そのへんにも非常に。国民の皆さん一人一人の目線から、それこそ皆さんのために政治をやっている。
 その原点。このままでは国が壊れるんではなくて、人が壊れてしまう。そういう危機感。これは私も非常に共感するところであります。

 ここに蓮池氏の資質も、ちゃんと出ているのではないだろうか?
 
 山本太郎氏や「新選組」は、ほぼ確実に左翼ではない…むしろ保守的でまじめな人をターゲットにしているのだろう。そして蓮池氏も保守である…だが、私たちがイメージしている蓮池氏とは、実は全然違う人だったのではないだろうか?そんな気がしてきた。

 選挙情勢がどうなるかは分からない…ひょっとしたら「野党共闘」がらみで立候補がなくなるかもしれない…が、山本太郎と”愉快ななかまたち”に加わった、蓮池透氏は注目されてもいいだろう。

| | コメント (0)

奄美大島いろいろ

 先日行って来た、奄美大島…土砂全協の総会は25日からなのだが、飛行機の都合で前日から奄美大島入りしていた。伊丹から乗って、11時半には奄美空港到着…で、行って来たのが謝罪地名!?あやまる岬だ。
 空港からは名瀬市街地に向けてバスが出ているが、空港を経由して佐仁(さに)というところまでバスが行く。あやまる岬は、その途中にある。
Dsc02717
 あやまる岬は公園として整備されており、バス停降りたらカフェの建物がある。

Dsc02718
 昼食に新商品として開発された「塩豚バーガー」…塩豚とは豚肉を塩づけした奄美伝統の保存食だそうな…をおいしくいただく。ジュースはマンゴージュース。

Dsc02719
 で、眼前にはどあぁ~っと青い海が広がっている。

Dsc02723
 周辺(笠利地区)の案内看板。

Dsc02730
 あやまる岬の看板

Dsc02731
 こちらにも展望台がある。

Dsc02741
 公園内に奄美市歴史民俗資料館がある。入場料は200円だ。民俗資料の他、考古学的資料も展示されており、近くの遺跡から発見された女性の人骨も展示されている。

Dsc02740
 ハイビスカスが綺麗だ。

Dsc02747
 名瀬にいくため、バス…といっても、空港まではワゴン車…に乗る。名瀬まで系統はつながっているので、空港で大型バスに乗り換える。乗り換え時に券をもらっておけば、運賃は通しで清算してもらえる。

Dsc02749
 名瀬の商店街入り口にある、でかい憲法看板❗土砂全協前共同代表でもある、大津幸雄さんらが建てたもの。奄美で一番地価の高い所に立っているのだそうな。

Dsc02751
 ハブセンターなる所に行ってみた…展示ははっきりいって、しょぼい!「ハブとマングースの闘い」というイベントをやっていたようで、そのビデオ映像を見せてもらえる。入場料は500円。ハブ関連のお土産が購入できる。

Dsc02846
 おまけ…26日日曜日の夕食は、奄美大島名物?けいはん(鶏飯)を食す。ごはんをドンブリに入れ、トッピングを入れて鶏スープを注いでお茶漬けのようにして食べるのだ。

Dsc02845
 この日は「新選組」の山本太郎氏が宣伝に奄美大島に来ていたのだそうな…さっそくポスター発見❗
 ではでは…

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »