« 奄美大島いろいろ | トップページ | さすがにこう書いちゃうとマズいでしょ! »

蓮池透氏は我々が考えているような人物とは違うのかも知れない…

 ちょっとびっくり?ニュースが飛び込んできた…Y!ニュース毎日新聞より
蓮池透氏が「れいわ新選組」から出馬へ 参院選視野
 北朝鮮による拉致被害者の蓮池薫さんの兄、蓮池透氏(64)は31日、今夏の参院選をにらみ、山本太郎参院議員(44)が代表の政治団体「れいわ新選組」から出馬する意向を表明した。東京都新宿区の事務所での記者会見を動画で公開し「地方は疲弊し、惨たんたる状況で何とかしないといけない。『ネットで悪口ばかりを言っている』と批判されてきたが、(政治の場の)オフラインで自分の言いたいことを言おうと決めた」などと述べた。
 蓮池氏は元東京電力社員で、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会の元事務局長。同団体は衆参同時選挙を想定して寄付金を募っており、会見に同席した山本氏は30日までに約1億5000万円が集まったことを明らかにした。【山口朋辰/統合デジタル取材センター】

 な、なにぃ~ 山本太郎と蓮池透❗いったいどういったつながりがあるのか?
 もっとも、2000年代は「拉致問題」で家族会の事務局長として、朝鮮への強硬路線を振りかざしていた「ような」人という認識であった。ただ拉致問題が膠着する中、路線対立的なものもあって、一線からは退いている。最近では「リテラ」のこの記事のように、安倍政権の拉致問題への取組や圧力一辺倒の対挑戦外交を批判している。
 また柏崎刈羽原発のお膝下に住み、東電社員でもあったことから、原発には否定的で「告発~日本で原発を再稼働してはいけない三つの理由」(ビジネス社)や「私が愛した東京電力 福島第一原発の保守管理者として」(かもがわ出版)なんて本を出している。反原発・脱原発ということで、山本太郎氏とのつながりが出来たようだ。

で「新選組(山本太郎の新党をこう呼ぶことにする)」から選挙に出る「候補者1号」としての会見の様子が、ハーバービズネスオンラインのこの記事である。これを読んでみて、蓮池氏が「拉致問題と反原発」だけの人ではない…ということが、良く分かった。どうかリンクを開いて読んで欲しい。
 山本太郎氏の、こんなところに共感したんだそうな…
 当初は反原発の旗手という形で政治をやってこられましたが、この6年間、いろいろな施策を展開しておられまして。そのへんにも非常に。国民の皆さん一人一人の目線から、それこそ皆さんのために政治をやっている。
 その原点。このままでは国が壊れるんではなくて、人が壊れてしまう。そういう危機感。これは私も非常に共感するところであります。

 ここに蓮池氏の資質も、ちゃんと出ているのではないだろうか?
 
 山本太郎氏や「新選組」は、ほぼ確実に左翼ではない…むしろ保守的でまじめな人をターゲットにしているのだろう。そして蓮池氏も保守である…だが、私たちがイメージしている蓮池氏とは、実は全然違う人だったのではないだろうか?そんな気がしてきた。

 選挙情勢がどうなるかは分からない…ひょっとしたら「野党共闘」がらみで立候補がなくなるかもしれない…が、山本太郎と”愉快ななかまたち”に加わった、蓮池透氏は注目されてもいいだろう。

|

« 奄美大島いろいろ | トップページ | さすがにこう書いちゃうとマズいでしょ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奄美大島いろいろ | トップページ | さすがにこう書いちゃうとマズいでしょ! »