« 三陸鉄道完乗闘争(その3) | トップページ | やはり井戸を掘っておこう! »

三陸鉄道完乗闘争(その4)

 翌日2日は、宮古から元「北リアス線」を北上する。
Dsc03391
 朝の宮古駅…今日はちょっと雲が多い。

Dsc03392
 久慈行き36-200形

Dsc03393
 以前はここに三鉄の改札があった。本社の建物でもある。
 列車は定刻に発車…平日の朝なので、高校生が乗車している。

Dsc03398
 北リアス線は鉄道建設公団がつくった比較的新しい路線ということもあって、長いトンネルを一直線にぶちぬいて進む…遠くのほうに田老の海が見える。震災前には巨大な防潮堤があったが、その防潮堤も津波で壊れてしまったことで知られている。

Dsc03400
 田老の駅…ここで対向列車と交換する。田老を過ぎてすぐ、新田老駅の工事をしているところを通過。2020年春に開業するらしい…こちらのほうが学校とかに近いので、高校生とかは便利になるだろう。

Dsc03401
 田老で高校生とかがずいぶん下車したので、ガラガラになった。前方展望。

Dsc03402
 岩泉小本駅…龍泉洞への玄関口で、バスで30分ぐらいかかるそうな。

Dsc03404
 駅の手前には、日本で最初の鉄道PC斜張橋「小本川橋梁 」がある。リンクを開いてみると分かるが、特殊な外観をしている。矢印がコンクリートの主塔と斜材部分である。

Dsc03405
 岩泉小本の次の、島越(しまのこし)駅で下車することにした。ここは震災で甚大な被害を受けたところなのだが、見事に立ち直ったのでちょっと見てみることに。そのレポートは別途記事にする。

Dsc03425
 島越で1本後の列車…36-700形は、シートの間にテーブルがあるぞ。

Dsc03426
 島越駅を出てしばらくすると、震災で流され破壊されたのを復旧させたハイぺ沢橋梁を渡る。案内が流れて列車がゆっくりと走るのだ!曇っているので景色はイマイチかもしれないが、晴れていればスゴイのだろう。なお復旧後のハイぺ沢橋梁は、優れた橋梁や鋼構造物に送られる土木学会田中賞を受賞している。

Dsc03428
 次の田野畑駅は、立派な駅舎が建っている。

Dsc03431 
 旧国鉄久慈線の終着駅であった普代駅を過ぎる…立派な高規格道路、三陸自動車道が完成している。

Dsc03433
 白井海岸駅を過ぎて、三陸鉄道撮影名所でもある大沢橋梁の上で景色を眺めるための停車…ここも晴れていればすごいんだろうなぁ~

Dsc03435
 三陸鉄道の大沢橋梁はコンクリートアーチ橋で、国道(三陸自動車道ではない)の側の大沢橋梁も、立派な鋼アーチ橋である。三陸鉄道撮影は、左手にあるレストハウスなんだそうな。

Dsc03438
 NHKの朝の連続ドラマ「あまちゃん」の舞台となった、堀内(ほりない)駅。

Dsc03440
 ドラマで出てきた「袖が浜」の駅名称…運転士さんが教えてくれました。

Dsc03443
 安家川橋梁のところでも停車…ここも景色がよさそうだ。

Dsc03444
 反対側は、三陸自動車道が工事中…向うに見える施設は、サケの養殖場だそうな。

Dsc03448  
 以前乗車した時の終点、陸中野田に到着。

Dsc03450
 内陸の田園地帯を行く…

Dsc03451
 9時半前に、久慈に到着~これで三陸鉄道完全乗車闘争勝利❗

Dsc03454
 こ線橋の中は、こんな感じ…

Dsc03452
 三鉄の車両にも、さようならである。

 

|

« 三陸鉄道完乗闘争(その3) | トップページ | やはり井戸を掘っておこう! »

旅行・地域」カテゴリの記事

現在のテツネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三陸鉄道完乗闘争(その3) | トップページ | やはり井戸を掘っておこう! »