« 二酸化炭素は目的でなく、結果だ | トップページ | 革命的太西つねき氏の講演があるよ! »

こいつらに原発動かす資格はない!

 昨日、関西電力の経営幹部が、原発が立地する地元の有力者から多額の金品を受け取ってまだ返金もしていないことが明らかになった。Y!ニュース毎日新聞より。
関電社長ら辞任否定「関係悪化」「発注プロセスは適切」
 関西電力の八木誠会長(69)ら幹部らが、高浜原発のある福井県高浜町の元助役、森山栄治氏(今年3月に90歳で死亡)から資金を受け取っていた問題で、関電は27日、大阪市北区の本店で緊急記者会見を開いた。岩根茂樹社長(66)は金品の受領は会長ら6人だけでなく、「20人が計約3億2000万円相当を受け取っていた」と明らかにした。
 岩根社長は「コンプライアンス(法令順守体制)上、疑義をもたれかねないと厳粛に受け止めている。関係者に多大な心配やご迷惑をおかけし、お騒がせしたことに対し深くおわび申し上げる」と謝罪したが、金品の詳細や社内処分については具体的な説明を避けた。会長や自身の辞任は否定した。
 金品を受け取っていたのは、八木会長、岩根社長、豊松秀己元副社長(65)や原子力事業の幹部ら。20人にはOBや社員も含まれるとした。会見によると、国税当局の調査で役員らが多額の金品を受領していると指摘を受け、昨年7月から社外の弁護士を含めた調査委員会を設置し、調査を開始。岩根社長は金品の受領を認めた上で「一部は常識の範囲を超える金品について受け取りを拒んだり、返却を申し出たりしたが、強く拒絶されたため、一時的に保管した」と釈明した。儀礼の範囲内にとどまるもの以外は返却したという。(以下略)

 彼らが金を受け取っていたのは、高浜町の元助役、森山氏からだ。森山氏は原発関連工事を請け負う企業から、工事受注の「手数料」として受け取っていた金を、関電の幹部に渡していたそうだ。森山氏は年齢からみてもわかるとおり、かなり昔から高浜市で原発行政にかかわり、地元では「天皇」とも呼ばれていた有力者でもある。原発関連の利権に群がり、手数料(どういった根拠の「合法的」なものなのかは不明)という形で私服を肥やしたあげく、原子力ムラの大親分、関西電電力幹部に「賄賂」のような形で還流させていたわけだ。
 7年間で3億2千万円を20名に…一人当たり1千600憶円もの大金である。一民間人が、民間企業の経営幹部に対し、個人的にこんな巨額のお金を渡せる…いかに原発関連の業界「原子力ムラ」に、巨額の不透明なお金が流れているか分かる事例だ。
 逆にこんな不透明なカネをも使わないと、原子力の維持ができないのだ…森山氏のような地元で「天皇」と呼ばれているような有力者に、巨額のカネを流して、地元に仕事を回す、あるいは反対する人間を抑え込む…こうゆうことをやってきたあげく、有力者も、そして経営幹部もコンプライアンスもへったくれもなく、私腹を肥やして堕落しているのだ。

 こんな腐敗した連中に、原発を動かす資格なぞ無い!

 今すぐ原発を止めろ!そしてとっとと辞任しろ!

 10月からの「老朽原発動かすなキャンペーン」に決起し、危険な老朽原発再稼働を阻止しよう。
 関西電力の経営幹部の責任を追及し、今すぐ原発を停止させよう!

|

« 二酸化炭素は目的でなく、結果だ | トップページ | 革命的太西つねき氏の講演があるよ! »

あるみさんの怒り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二酸化炭素は目的でなく、結果だ | トップページ | 革命的太西つねき氏の講演があるよ! »