« 中曽根打倒を掲げないとバリケードを解体させられる話 | トップページ | 山本太郎街頭記者会見 »

アフガニスタンの人びとに尽くした中村哲医師を悼む

 昨日、とてつもなく悲しいニュースが入って来た。Y!ニュース毎日新聞より
中村哲医師が死亡 アフガンで銃撃受け 右胸に銃弾 政治テロかは不明
 アフガニスタン東部ナンガルハル州の当局者によると、州都ジャララバード近郊で4日朝、現地で農業支援などに取り組んでいる福岡市のNGO「ペシャワール会」現地代表で医師の中村哲(てつ)さん(73)が乗った車が武装集団に襲撃された。中村さんは負傷し、病院に搬送された後に死亡した。州当局者によると、運転手のアフガニスタン人男性ら一緒にいた5人も全員死亡したという。犯行声明は出ていない。
 同会などによると、銃撃があったのは現地時間の4日午前8時(日本時間同日午後0時半)ごろ。中村さんはオフィスと宿舎があるジャララバードから約25キロ離れた、かんがい用水事業の活動現場まで四輪駆動車で移動中に何者かに襲われたという。中村さんは上半身に銃弾2発を受け、搬送先の病院で緊急手術を受けたが、その後、首都カブール北方のバグラム米空軍基地に運ばれる途中で死亡した。
 州当局者によると、中村さんと共に襲撃されたのは運転手1人、ボディーガード3人と労働者とみられる乗客1人の計5人で、襲撃を受けた現場でほぼ即死の状態だったという。日本人は中村さん以外にいなかった。
 4日に福岡市の事務局で記者会見した同会の福元満治・広報担当理事は、襲撃の背景について「単純な物取りか政治的なものかは分からない」と述べた。一方、旧支配勢力タリバンのムジャヒド報道官は4日、「襲撃には関与していない。この団体(ペシャワール会)は復興に関わっており、タリバンと良好な関係を持っていた。(この団体の)誰も標的ではない」とコメントした。
 一方、アフガニスタンのガニ大統領は声明を出し、事件を「非情なテロ」と強く非難。日本の駐アフガニスタン大使に電話で弔意を伝えたと明かしたうえで、「アフガン国民は彼の働きを決して忘れない」と中村さんの功績をたたえた。(以下略)

 中村医師の書いた本、「医者井戸を掘る」(石風社 2001年)「医者用水路を拓く」(石風社 2007年)を読んだことがある。干ばつで苦しむアフガニスタン東部の人たちに対し、現地の信頼を得ながら現地で出来る技術を使い、現地の人たちに仕事を与えながら井戸や用水路を建設してきた中村医師やペシャワール会の活動は凄いものであると感心させられた。本当に必要な支援とはこうゆうものだということが理解できた。
 2000年代にアメリカが主導する「対テロ戦争」が発動され、アフガニスタンはその戦場となった。そうした中、紛争地での支援活動、あるいは「治安確保」「復興」のため、軍隊を派遣しなければならないという考えが出てきた。2008年、多国籍軍を支援するインド洋への給油活動を延長する「テロ対策特別措置法」を審議している参議院外交防衛委員会で参考人としてよばれた中村医師は、自衛隊の派遣について「百害あって一利なしだ」と発言し、軍隊によって復興を支援しよう、「平和」を維持しようという考えを鋭く批判した。

 彼は2008年4月の「マガジン9条」 でも、こんな発言そしている。
 ええ、9条です。昨年、アフガニスタンの外務大臣が日本を訪問しましたね。そのとき、彼が平和憲法に触れた発言をしていました。アフガンの人たちみんなが、平和憲法やとりわけ9条について知っているわけではありません。でも、外相は「日本にはそういう憲法がある。だから、アフガニスタンとしては、日本に軍事活動を期待しているわけではない。日本は民生分野で平和的な活動を通じて、我々のために素晴らしい活動をしてくれると信じている」というようなことを語っていたんですね。

 9条が掲げる「非戦」「非武装」の理念が、ペシャワール会の活動を守っているのだということだ。
 その彼が、武装勢力によって殺害されたことは、誠に残念なことである。悔やんでも悔やみきれないものだ。

 またぞろこの事件をきっかけに「テロとの戦い」「軍事には軍事で」と、憲法9条やペシャワール会の理念に唾し、ないがしろにしようとする攻撃が湧いて出てくるに違いない。自衛隊・護衛艦をアラビア海に派兵することが「閣議決定」のみで決められようという情勢において、これと対抗することは重要である。

 中村哲医師の業績と理念をたたえ、追悼するとともに、その理念を守り、活かしていくことを誓いたいものだ。

|

« 中曽根打倒を掲げないとバリケードを解体させられる話 | トップページ | 山本太郎街頭記者会見 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

あるみさんの怒り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中曽根打倒を掲げないとバリケードを解体させられる話 | トップページ | 山本太郎街頭記者会見 »