« 狭山事件の再審を実現しよう市民のつどいin関西 集会&デモ | トップページ | 新型コロナウィルスで金を撒く話 »

3・1三里塚のいまを語る

三里塚集会のお知らせ
3・1三里塚のいまを語る
――今も続く成田空港建設のための農地取り上げ――
こんな非道を許してたまるか
_0001_20200226191101
日時 2020年3月1日(日)午後2時~
会場 エル・おおさか 5階研修室
資料代カンパ1000円

お話①市東孝雄さん
『私は自分の農業に誇りを持っています。誰かのために役立っていることは、生きることの喜びです。』
この市東孝雄さんの言葉は昨年9月24日に行われた東京高裁での意見陳述です。市東さんの作物は身体に良い無農薬・有機栽培の農作物で、健康な命の野菜です。小作人の市東さんに無断で農地が売られたことが明るみになりました。農地を取上げるために、ウソの同意書と偽造文書をつくり、地番も無茶苦茶で違法な農地取り上げです。許してはなりません。100年間いのちを育む農地を守る市東さんの思いをお聞きください。皆さんの来会をお待ちしています。
お話②大口昭彦さん(弁護士)
三里塚芝山連合空港反対同盟顧問弁護団として、市東さんの農地裁判をはじめ三里塚関係裁判を献身的に担っている。また「関西生コン弾圧裁判」にも精力的に取り組んでいる。
兵庫県神戸市出身

三里塚関西実行委員会
淡路市岩屋599-11
電話0799₋72₋5242

|

« 狭山事件の再審を実現しよう市民のつどいin関西 集会&デモ | トップページ | 新型コロナウィルスで金を撒く話 »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 狭山事件の再審を実現しよう市民のつどいin関西 集会&デモ | トップページ | 新型コロナウィルスで金を撒く話 »