« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

「れいわ現象」の正体(その3)…「新選組」はどうなるか?

 本書の巻末には「新選組」から参議院選挙に立候補した女性装の東京大学教授、安富歩氏のインタビューが収録されている。安富氏は立候補したものの当選についてはハナから考えておらず、選挙運動で自分の理念(「富国強兵」から「子どもを守る」)を伝えることに専念していた方だ。_0001_20200330102701  安富氏は同じく先の参議院選挙で「躍進」した「NHKから国民を守る党」が、日常的に関わる人がいる上で選挙結果を出している「草の根型」「組織型」の政党であることに対し、「新選組」は「山本太郎ひとり、モードが全く違う。組織が全くなくて、カンパだけつのって、ボランティアだけで選挙活動をやっている。」と評する。そして「『山本太郎』という中心が消えないといけないと思っています。」(p216)と述べている。「山本太郎の動きが誰かを刺激し、その人がまた誰かを刺激するという連鎖が起きないといけない。私たちが候補として出ましたが、別にその候補者に限らず、山本太郎の活動に影響を受けた人が自分でも動いていかないと。そうゆう波及効果がどれくらい起きるか、ですよね。今まで政治に関わろうとしなかった人びとが、カンパしたりポスター張りをするだけではなくて、自分で地方選挙に立候補したりする。その動き全体が、いつまで『れいわ新選組』という形をとっているかは分からないですよ。また別な形が現れるかもしれませんが、そうゆう連鎖が広がっていくということです」(p217~218)と述べている。一方、このまま「新選組」が大きくなって当選者を増やし権力を取っても(山本太郎氏が総理大臣になっても)日本の権力・官僚システムからボイコットされる。民主党政権以上に政府が止まり、そこに揺り戻しが来て本当のファシズムが始まると危惧している。(山本太郎が「ファシスト化」するわけではない。彼は組織化をやろうとしないので、独裁者にはならないと安富氏は言う)その上で「れいわ新選組の動きを見た人の生き方が変わり、政治というものへの関わり方が変わり、多くの人が主体的に立候補したり誰かを支持したりするという動きが広がっていく。それは必然的に住み方とか働き方とか、生活の仕方も含まないといけない。つまり、今ある権力システムにしがみついて生きるのをやめる、ということです」(p221)と述べる。今のシステムから多くの人びとが逃げて、システムが崩壊してゆくことに「新選組」の運動を通して希望を見出しているようだ。 
 では、こういった安富氏の意見もふまえたうえで「新選組」は今後どうなるのか?あるいはどうすれば良いか?私なりに考えてみた。次の衆議院選挙まで国会に議員を送り込むことに特化した「政党」としての運動は続く…しかし今の組織もつくらず山本太郎個人に依拠した運動では、数人の国会議員を擁する弱小のつまらない集団に終わってしまうだろう。とはいえ森岡教授が指摘するように、かっちりとした組織をつくって「既存政党化」しても面白くないし、面白くなくなればやっぱり現状打破なんかできない…東京オリンピックが延期になって総選挙がいつ行われるか見えない状況下で、ダラダラと「選挙に特化」した運動を続けていても飽きられるし、新型コロナウィルス流行の影響で、得意の街頭宣伝(記者会見や「れいわ祭り」など)も出来ない。「新選組」は危機にある⁉
 そこで「新選組」は、山本太郎氏の人脈で集めた様々な(予定)候補者などが、選挙以外の様々な活動を行うNPO集団・ボランティア団体になって発信し、支持者の居場所や活動場所ともなればよいのではないかと思う。そこで有機農業や再生可能エネルギー会社を運営するのもいいだろう。それぞれの候補者などが自分のやりたいこと、得意なことをやるので、組織は分散的で、かつ徹底的に民主主義的に運営される…当然、山本太郎氏は中心にはいない…そうゆう「面白い集団」を目指せば安富氏の言うところの「山本太郎というプラットフォームがあって、ようやく私のようなものも入れ物に入るわけです。そうやっていろんな人が、山本太郎が起こした波に乗って動き始めたら、それに乗ってまた誰かが動くということが起きたら、変革は始まりますよね」(p232)となるのだろう。

 別な言い方をすると、「山本太郎」に頼っている運動や「政党」ではダメですよ!ということだ。

| | コメント (0)

大阪市役所前座り込みのお知らせと替え歌

 先日も触れたが、梅田解放区の仲間が決起するぞ‼

★緊急★#0331家賃補償しろ
コロナでフリーや派遣が失業し、家賃を31日に払えません。社協の貸付制度も遅すぎます。日本でも家追出し禁止、公共住宅開放、現金即時給付を求めて大阪市の失業者等が市に座り込みします!
2020年3月31日(火)11時~18時 大阪市役所前
働く皆様、組合など合流を!

私たちはまずさし当たり大阪市・大阪府と国に対し、
1:住宅からの追い出し禁止
2:公共料金の無償化と公共住宅の開放
3:社会福祉協議会の予算を増やし、貸し付けでは無く即時現金給付をすること
4:企業への解雇禁止。また医療現場の労働者を最大限保護すること。
5:人権を押しつぶす緊急事態宣言を出さないこと(上記1~4を行えば必要なし)
などを要求します。

首都圏の封鎖は何の補償もない自己責任で、大量の失業者や疾患者が放置されます。
大阪維新も来週辺り無補償封鎖を始める可能性大です。維新による緊急事態宣言をやめることも要求します。
このまま首都圏や関西が黙って封鎖されれば、政権が緊急事態宣言=誰も救わない独裁政治を開始します。
この悪夢を止めるのはあなたです。世界中の地域や組合が、誰もが安心して休める公共料金無償等を求め実現させてます。私たちも声を上げましょう!

大阪市役所前は人通りもあって、アピール力はある。問題点の”見える化”という意味でも、当事者が座り込みをすることは大きい!
当事者も、そうでない人も、大阪市役所前に集ろう!労働組合や”反貧困”をたたかう仲間たち、いろいろ知恵や情報を持っている人たちも集まって欲しい。

…巨大なおまけ…
こないだツイッターに「翼をください」の替え歌と投稿したら…


ある人が曲をつけて、YouTubeにアップして下さいました…感謝です(^^)

「翼をください」なんて小学生の時教わって、おそらく多くの方が「翼」を「お金」に替えた替え歌を作ったと思うが…こんな”身もフタもない”歌を作ってウケてしまうような世の中は、やっぱり間違ってると思うぞ!
 ということで、必要なお金を出させて、安倍政権を打倒しよう!

| | コメント (0)

東京オリンピック・パラリンピック反対!3・27集会

 昨日エルおおさかで行われた「東京オリンピック・パラリンピック反対!3・27集会」に参加してきた。雨が降って足元が悪い中、80~90名あまりの参加者だった。掲げられる「ゴーウェスト」の横断幕。
Dsc04269
 司会は「梅田解放区」園良太さん…オリンピック延期は、感染症の影響とはいえ私たちの頑張りが結実したものだ。それでもオリンピックは福島原発事故や巨大開発、資本主義の矛盾を覆い隠すイデオロギー装置でしかない。延期による追加費用も3千億円かかる。いますぐ東京オリンピック中止を!と訴えた。
 講演は「オリンピックとコロナウィルスに共通する資本主義の危機」と題して、「オリンピック災害」おことわり連絡会の小倉利丸さんである。小倉さんははじめに「オリンピック批判については、私よりも理論でもっときちっとした人が関東にはいます」と前置きしながら話を始められた。用意されたレジュメも分厚くて相当なものだ。
Dsc04271  
 ぶっちゃけた話をすると、オリンピック批判の内容はほどんど無く、コロナウィルス感染症蔓延状況下で明らかになった資本主義・近代社会の矛盾を説くものであった。
 経済は人びとの生存を保障すること、経済が担わなければならないのは、人びとの衣食住を確保することだが、市場(経済)は生存の平等を保障できない…所得に不平等があるからだ…とゆうようなことがのべられた。
Dsc04272
 パンデミックを防ぐために「ロックダウン(封鎖)」をすると「経済」が失速する…逆に「経済」が失速するのを恐れてロックダウンをしないとパンデミックが起こるジレンマを描いた図。ここでの「経済」とは「企業が儲けること」で、この中には私たちの政治的・社会的自由と権利がどうなるか?という視点がないことを批判された。「企業が儲けること」は今回の新型コロナウィルスでも、医療産業や金融資本がこれを利用して儲けることを企んでいる…と、Interceptから引っ張って来た記事を翻訳したものを紹介された。
 感染症対策は「企業(経済)にたよる」方法と「国(権力)にたよる」方法の二つ…企業は儲からないことはやらないし、国は権力拡大しか考えていない…この他にたよるものはある。人類は数万年の歴史をもっているのだが、企業や国家が主体となっているのは数世紀だけ(他にたよるものがあるにもかかわらず、忘れているか知らないかのどちらかだということだ)
 「恐怖」というのは対象がはっきりしている、それに対し「不安」は必ずしも対象がはっきりしていない、対象があるのかどうかも分からない。権力は「テロ対策」で不安をあおって大規模監視・管理の技術を発展させ、それに支えられて今の世界規模のロックダウン・外出禁止がある。不安感情を権力に利用させない方法は、私たちが自分の身体の状態を知ることにある。新型コロナウィルスに対し陽性なのか陰性なのかを知ることは、知る権利を通じて不合理な権力による私たちへの心理への介入を阻止する前提条件である…ということで、検査抑制を批判された。
 「落書き」が批判されるのは「表現の自由」よりも「財産の権利」のほうが上だから…権利と自由には優劣があって、一番上は資本と権力だ。だからその優劣を認めてはならない。それをひっくり返すことが求められている。資本主義は民衆の生存も自由も保証しないシステムであるから、資本と国家のしくみをつくり替えていくこと、それは私たちがつくっていかなければならないことだ…
 ざっといえばこんな内容…オリンピックの「オ」の字もないでしょ(^^)
 後の質疑応答では、「知る権利」を奪われて権力や企業がやりたい放題していることは、徹底的に隠された上で行われる聖火リレーに通じるものがあるという意見や、「自粛」は同調圧力のみで起こるのではなく、末端では具体的な権力行使が成されていることを注視すべきという意見もでた。おもいっきり資金がある推進側(オリンピックのみならず万博やカジノも)の動きが止まっていることはチャンスだという声も。
 「企業」や「国」にたよらない方法…といえば「相互扶助」となるが、そうした動きは東京で起こっているのか?という問いに対し、小倉さんは、相互扶助も注意しないと排外主義と一体となる…白人だけで移民を排除した相互扶助など…と指摘した上で、東京は中央政治に近いので、”野党”と言われる人もなんとか日本経済。社会を立て直そうとしちゃっている…そうゆう意味で、相互扶助の運動は関西のほうに期待しているということを述べられた。

  一通り講演が終わった後、問題提起としてゴーウェストの方が「原発避難者の切り捨てを許さない!」とあいさつ。釜ヶ崎センター開放行動の方が、「巨大イベントを利用した立ち退き強制への抵抗」を報告。東京でもオリンピックを口実に行われている「再開発」についての地図が示された。
 各分野からの発言、行動よびかけでは、参戦と天皇制に反対する連続行動から、4月29日「昭和の日」に集会とデモを行うこと、リニア市民ネット大阪から、リニアの問題は広がっていないが、ルートが決まっていない今だからこそ出来ることがあると述べられた。アジア共同行動・京都から、強権発動とそれを支持する流れがあることについて批判・弾劾する発言があった。
 全日建連帯労働組合関西生コン支部から弾圧との闘いの報告…連合の組合は春闘の集会まで辞めてしまう、私たちは闘ってるから弾圧されている…とのこと。梅田解放区から3・28梅田解放区集会・デモ のお知らせの他、31日には大阪市役所前で家追い出し禁止・公共住宅開放・現金即日給付を掲げた座り込みを11時~18時まで行うことが表明された。

まとめ・行動提起で、集会は終了した。

| | コメント (0)

3・29三里塚全国集会中止のお知らせ

出張先より
3・29全国集会中止のお知らせ

【緊急連絡・重要】
 3・29全国集会について、開催をめざしておりましたが、新型コロナウイルスの感染拡大状況の変化を受けて再度検討し、中止することと致しました。
 誠に申し訳ありませんが、ご了解下さい。
 直前の決定ですので、各方面に連絡を尽くしてはおりますが、ぜひ周りの方々にお伝え下さい。

国家権力に勝てても、感染症には勝てません!

 

 

 

 

| | コメント (0)

延期になったところでオリンピックの本質は変わらない!

 聖火がアテネからやってきた…降り立ったのは、航空自衛隊松島基地である。そして航空自衛隊のブルーインパルスが空に「五輪」を描く!「平和の祭典」と言いながら、軍隊が表に出てきてセレモニーを行うことが、オリンピックの欺瞞性を示しているじゃないか!
 そんなオリンピックも、新型コロナウィルス感染症の世界的流行により、1年程度延期されることとなった。届いた聖火は、仙台とかで「展示」されたもののそのまま封印され、聖火リレーも中止となる…しかし、その本質は何も変わっていない。

 感染症の流行が下火になってオリンピックの再開の目途が立てば、聖火リレーもまた行われるだろう。福島のJヴィレッジを出発し、被災地を回る…だけでなく、原発が立地する場所は、全て回る!愛媛県は、わざわざ伊方原発のある細い佐多岬を回るのだ!そして「フクシマの放射能はアンダーコントロール」「健康被害はない」「原発は安全だ」「東北は復興した!」と宣伝されるのだ。未だに放射能デブリの取り出しも出来ず、廃炉への行程も目途がたたず、汚染水は溜まる一方(海に流すか!)避難を続ける人、健康被害を訴える人(訴えられない人!)、そして生活やコミュニティーが破壊された人がいるにもかかわらずだ!
 「感染症を克服した!」という意義も加わるだろうから、聖火リレーも含めた東京オリンピック・プロパガンダは、今計画されているもの以上に酷いものになるに違いない!
 それだけではない。おそらくアメリカのTV業界の都合が今回も優先させられるから、再開オリンピックも真夏の暑い時期になるだろう。炎天下の東京でアスリートや観客を熱中症の危険にさらしながら、メディアや大企業は金儲けに走る。「アスリートファースト」と言いながら、選手は東京湾の下水混じりの海で泳がされることになる。大会ボランティアは「やりがい搾取」でタダ働きを強いられる。首都圏の交通や物流は大会優先になるため、人びとが大いに迷惑する。メダルは個々の選手やチームに与えられるにもかかわらず、「日本は何個の〇メダルを取った!」という国威発揚に使われ、最後はこれを「新天皇」が言祝ぐ…

こんなオリンピックはいらない!

あと1年ある…この機会に、じっくりオリンピックそのものを見直し、東京2020オリンピックを中止に追い込もうではないか!

| | コメント (0)

「れいわ現象」の正体(その2)

「れいわ現象」の正体のレビューの続き…哲学者で早稲田大学人間科学部の森岡正博教授は、「新選組」が重度の障がい者2人を候補者として擁立したことも取り上げ「(山本太郎氏のメッセージは)思想運動をしてきた人びとが細々と言ってきたことが政治の文脈に乗ったという印象があります。1970年代の『青い芝の会』の運動あたりからずっと言われてきて、それを思想家や学者たちが受けとめて言い続けてきたことがまさにこれですよ。つまり、人間の属性で生きる死ぬを決めるなということですね」(p153)と述べた後、マイノリティーが発するメッセージは、単にいま置かれている状況を改善されなければならないというものだけではないと展開する。障害者は確かに「生きづらい」けれど、それを見据えることが出来る…だが健常者はどうだろうか?健常者の方が自分でで自分をつらくしてないか?
_0001_20200324160301  「マジョリティーの側に立っている人たちは、れいわのお二人(注:木村議員と船後議員)を見たら、自分はああじゃなくてよかった。自分はああじゃなくてよかった。自分は二本足で歩けてよかったと思ってしまうことがあると思いますよ。実はその考え方こそが自分を縛っていることに気がつくべきです。ああじゃなくてよかったということを維持していくために、どのくらいのリソースを我々が自分のために使っているかということを考えてみてもいい、自分で自分に枠をはめてませんか、という話です」(p156~157)もちろん、こういった話は二層構造になっていて、表の層は「生きづらいから状況を改善して欲しい」という主張だが、その裏の層にはマジョリティーが感じていない喜びがある…ただ「喜びがある」からといって、そのままでいいというわけではない。 
それをふまえ二重の層…社会正義の実現と、人生をどう生きるか?…をつないで、すべての人が充実した人生を送れるようにするには「根源的な安心感」がキーワードになるとしている。「根源的な安心感とは、たとえわたしがどんな人間であれ、ここにいて構わないし、誰からもそのことによって責められない、という風にすべての人が心底思えるということ。もしそういう風に人びとが心から思えるのであれば、ある意味、お金とか物資とか、いろんなことは格差があったって構わないとまで思いますね。根源的な安心感を基礎に置くような考え方で社会を運営する。そのときに社会正義の追及と生きる意味の追求がつながるのかなと思っています」(p159)と述べる。単に「生産性で人の生き死をきめてはいけない、そのような価値感ではない価値観で社会を動かしていこう!」ということから一歩踏み出した概念が「根源的な安心感」なのだろう。
そして「どんな人でも生きていていいんだというのは、れいわ新選組の山本太郎さんのメッセージですよね。根源的な安心感という考え方にとても近いことを彼は言っているように見える。どうゆう根拠、背景があって言っているのかはちょっと分からないですけど。こういったメッセージを出したのは別に彼らだけじゃなくて、今までもいろんな政党の人が当然言っています。けれども、既成政党はやっぱりバックでサポートしている既得権益の団体の縛りをどうしても強く受けてしまうから、そのメッセージがストレートに届ききらなかったんじゃないかと思います」(p160~161)と、「新選組」が組織をバックにした政党ではないことも有利に働いているとしている。だから「新選組」がそれなりにかちっとした政党になれば、また同じことになるのではないかと危惧されている。(つづく)

| | コメント (0)

3・29三里塚全国総決起集会のお知らせ

三里塚全国集会のお知らせ

市東さんの農地を守ろう!空港機能強化粉砕!安倍政権打倒!
3・29三里塚全国総決起集会
Photo_20200323214901
日時:3月29日(日)正午~集会 14時半 成田市内デモ
会場:成田市・赤坂公園 芝生広場
アクセス
■JR成田駅西口より2㎞
■JR成田駅西口バス乗り場発
 中台線「赤坂公園」下車
 中央通り線「保険福祉館」下車
主催:三里塚芝山連合空港反対同盟
(連絡先)千葉県成田市天神峰63 市東方 
℡:0476₋35₋0087

Photo_20200323215601
国策に抗して不屈非妥協で54年、ふるさとを守る力がここに
 1月31日、国土交通省は成田空港の施設変更計画を許可しました。これを受け、成田空港株式会社(NAA)は、第3滑走路をはじめとする空港機能強化の実現のため、本格的に動き出しています。
 市東孝雄さんの農地をめぐる請求異議裁判控訴審の最終弁論が、3月27日に迫っています。(注:7月1日に延期)
 市東さんの農地取り上げや、空港機能強化に怒るすべてのみなさんに、3・29三里塚全国総決起集会への結集を呼びかけます。
 農民殺しを許さない
「あらゆる意味において強制的手段を用いない」
 これが成田空港公団(NAAの前身)が住民に対して行った約束です。しかし、NAAは「話し合いが頓挫したときは別」と居直り、農地を守る法律である農地法をねじ曲げて、成田市天神峰で有機無農薬栽培の野菜農家を営む市東孝雄さんの農地を強制的に取りあげようとしいています。
 農民にとって農地は命です。市東さんは親子3代100年近く天神峰で農地を耕してきました。「国策」を盾にした、国、NAA、裁判所一体の農民殺しを私たちは絶対許しません。
 機能強化は止められる
 「もう一つ新しい空港を造る」NAAの田村明比古社長が語る通り、空港機能強化は大変な計画です。敷地面積は約2倍に、夜間早朝の飛行時間も延長されることで、周辺住民はふるさとに住み続けることも、夜眠ることもままなりません。
 「我慢の範囲を超えている」「残るも地獄、去るも地獄」昨年12月24日の公聴会では、白紙撤回を求める住民の怒りの声が、NAAや国交省に次々と叩きつけられました。
 私たちの54年間の闘いは、成田の事業認定を失効させ、空港の完成を阻んできました。多くの住民が立ち上がれば、機能強化を止めることはできます。
 安倍政権を倒して改憲・戦争をとめよう
 需要はないのに国やNAAが機能強化を強行するのは何故でしょうか?それは、成田空港が戦時には重要な軍事拠点になるからです。機能強化は安倍政権が狙う改憲と一体の戦争政策です。
 安倍政権は「国策」に反対する声を叩きつぶすことで、改憲や戦争に反対する声も押しつぶそうとしています。沖縄の辺野古新基地建設や「復興」を口実にした福島の避難地域の解除、全日建運輸連帯労組関西地区生コン支部への弾圧も同じ攻撃です。
 私たちは沖縄や福島の闘いとつながり、JRの労働組合・動労千葉をはじめとするすべての労働者、そして農民・学生・市民とともに闘います。
 3・29全国総決起集会に集まり、ともに声を上げましょう。

 

| | コメント (0)

「れいわ現象」の正体(その1)

 山本太郎氏が昨年春に立ち上げた新党「新選組」が参議院選挙で躍進したことは記憶に新しいが、朝日新聞社記者、牧内昌平氏が「新選組」の支持者等を取材して著したのが「「れいわ現象」の正体」(ポプラ新書 2019年12月)である。牧内氏は経済部記者として過労死やパワハラなどの労働問題に取り組んでおり、「過労死」(ポプラ社)という著書もある。本書は、当初山本太郎氏を全然評価していなかった記者が、つれあいの薦めで山本太郎氏の演説をYoutubeで観た後、「新選組」支持者の取材を始めた。支持者の熱気と選挙報道の在り方に揺れ動く1記者の報告として読んでも面白い。新書なので内容は決して多くはないが、考えるところは多いと思うので、山本太郎「新選組」を支持する人も、懐疑的な人も、大嫌いな人にも一読をお勧めしたい。
_0001_20200322100801   非正規職を転々として貧困に苦しむロスジェネ世代や、シングルマザーが乏しい所持金から千円、二千円を「新選組」に寄付している。「生きててくれよ!死にたくなるような世の中やめたいんですよ!」「あなたの生活が苦しいのをあなたのせいにされるなんて、ムチャクチャな話だと思いません?どうしてこんな状態になるかって?あなたたちががんばらなかったからっていう自己責任にされているだけで、答え明らかじゃないか。国がやるべき投資をしてこなかったんだ。」…貧困に苦しむ人びとのみならず、様々な「生きづらさ」を抱えている人、本人や家族、知り合いが障がいを抱えている、子どもが引きこもっている、LGBT、元「ネトウヨ」の共産党員、かつて部下をリストラしたエリート会社員、アベ政治に憤り日本の右傾化を憂う人びと…に対し「あなたはあなたのままでよい」と肯定してくれる。みんな生きていていいのだ!そうゆうメッセージがダイレクトに伝わるのが、山本太郎氏の演説であり、掲げた政策であり、擁立した候補者(様々な個別問題に関する当事者、プロフェッショナル)なのだ…それが「新選組」躍進のカギであると、支持者へのインタビューからはそのように感じた。ただ貧困や労働問題に詳しい牧内記者が「新選組」の支持者をインタビューしてまとめただけであれば、「生きづらさ」を抱えた人が山本太郎氏やその政策を支持している…だけで終わってしまうが、本書では専門家への適切なインタビューが成されており、それが「新選組」躍進について重要なことを示唆してくれている。
 「新・日本の階級社会」(講談社現代新書 2018年1月)を著した社会学者・橋本健二氏は「新選組」はアンダークラスが支持する政党になるのではないかと期待し、「左派ポピュリズムが日本に根付くことは悪いことではないと、わたしは思います。実際に政権を担うだけの政策体系はなかったとしても。広く貧困の大衆の支持を集める政党ができれば、それで政策のバランスはとれます。こうした政党には十分存在意義がある」「哲学者のジョン・ロールズが書いた『正義論』で一番のポイントは『自尊』(セルフリスペクト)です。これがすべての人に保障されるべき最も重要な基本財であると、ロールズは書いています。そのことを正面から言う政治家はあんまりいませんでしたよね。」(p105~106)と評価している。これまでは「基本的人権」があるから、生活保護水準は引き上げ、年金は確保する必要があると語られてきたのだが、それでは通じない人びとがいる。その代わりに「セルフリスペクト」を声高にさけばないといけなくなった…それをやっているのが山本太郎「新選組」というわけだ。(つづく)

| | コメント (0)

緊急梅田解放区と3・28デモのお知らせ

梅田解放区からのお知らせ…3月28日(土)は、定例の集会&繁華街デモ。その前に、明日22日(日)は、緊急で梅田解放区やります!
Photo_20200321100701

3月22日(日)15時~17時
安倍やめろ!緊急梅田解放区@HEP5前
※コロナ休業や失業への全額補償を求める座り込みも同時にやります!

そして28日(土)夕方は

緊急事態out
#安倍やめろ
梅田解放区デモ
3月28日(土)17時半中津豊崎西公園集合

東京五輪開催のために隠される原発の被ばく、新型コロナの被害
私たちの混乱につけ込み、政府がやりたい放題できる緊急事態宣言
安倍政権と五輪をやめさせ、人命優先の日本と世界に変えよう!

沖縄基地建設や東アジア敵視もやめさせ、福祉・医療・教育の充実へ!

ということで、皆様拡散よろしくお願いします。

| | コメント (0)

3・27オリパラ反対集会のお知らせ

 今年予定されているオリンピック…新型コロナウィルス流行の関係で開催がどうなるか未だ不透明だが、3月27日にオリンピック反対集会があるぞ!
 福島事故の幕引きを許さない
 東京オリンピックパラリンピック反対!
 3・27集会
_0001_20200319101801
3月27日(金)18:30~ エルおおさか 708 
参加費 800円 割引希望の方は受付でお申し出ください

講演 私たちはなぜ反対するのか
聖火リレーの隠された歴史に見るスポーツと政治の不可分の関係、グローバル化の危機とナショナリズムの台頭の中で国家的イベントに与えられた役割、世界の反オリンピック運動…
講演:小倉利丸さん(「オリンピック災害」おことわり連絡会)
問題提起 原発避難者切り捨てを許さない パラリンピックと障がい者差別・分断 巨大イベントを利用した立ち退き強制への抵抗
各分野からの発言/行動の呼びかけ 反原発、反天皇制、教育、弾圧との闘いなど
主催:東京オリンピック・パラリンピック反対!実行委員会
090₋4280₋3952(喜多幡)kitabata@ss.iij4u.or.jp
呼びかけ(2月21日現在)
3・11東北・関東放射能汚染からの避難者と仲間たち(ゴーウェスト)、ATTAC関西グループ、アジア共同行動・京都、労働者共闘、関西共同行動、釜ヶ崎センター開放行動、リニア市民ネット大阪〔随時追加します〕

_00011_20200319103101
 昨年来の令和・新天皇騒ぎとオリンピック騒ぎ、何かおかしいと感じてる人も少なくないと思います。
 招致をめぐる巨額の利権と「福島はアンダーコントロール」というウソから始まった2020年東京オリンピック・パラリンピック。あらゆるメディアで「感動」と「一体感」を強要するかのような空気が醸成されているのではないでしょうか?
 さらに、大阪では万博招致で勢いづいた大阪維新の会がカジノ誘致、大阪都構想に邁進しています。
 新自由主義グローバリゼーションの下で、オリンピックや万博などのメガイベント・祝祭が担わされてきた役割、それとともに強化されてきた監視社会科の動きに警鐘を鳴らしつづけてきた小倉利丸さんを招いて、講演とあわせて、さまざまな運動の現場から問題提起を共有したいと考えています。
 3月26日から聖火リレーが始まります。カウントダウンが始まり、批判や疑問がかき消されようとするでしょう。

私たちはさまざまな分野から批判、反対の声を上げていくために、東京オリンピックパラリンピック反対!3・27集会を開催します。

| | コメント (0)

和歌山線の電車はなんとかならんか…

 わざわざJR特急で奈良に行ったもんだから、別のところに足を延ばす…ということで、奈良駅から桜井線、和歌山線経由で和歌山に行くことにした。
Dsc04202
 桜井線・和歌山線に投入されている電車は、227系1000番台というヤツ。227系は広島地区に2014年から導入された電車で、2019年に和歌山線、桜井線、紀勢本線に1000番台が投入されている。

Dsc04203
 しっかり和歌山まで行きます…ワンマン運行しています。

Dsc04206
 車内はこんな感じ…しっかりロングシートです。
 広島に投入されている車両はセミクロスシートなのだが、こっちはロングシートのまま…前に桜井線・和歌山線でメインに使っていた車両が通勤型105系、オールロングシートだったから、それを踏襲した形となります。しかしこれで、和歌山まで3時間はキツイ!
 定刻に発車…京終(きょうばて)、帯解(おびとけ)、櫟本(いちのもと)駅と、難読駅が続きます。
Dsc04208
 1時間ほどで、和歌山線との接続駅、高田駅に到着。ここでしばし停車後、方向転換。

Dsc04209
 和歌山線を進むと、やがて近鉄吉野線との接続駅、吉野口へ…ここは桜の頃に行くと、綺麗。
 3年ほど前はこの先で降りて、五條新町 をブラブラ散策したのだが、今回はパス。

Dsc04215
 南海高野線の接続駅、橋本に到着!

Dsc04213  
 ここでしばらく停車。南海高野線の観光列車「天空」が停まっている。

Dsc04219_20200317144901
 南海のズームカー(クロスシート)の2300系「さくら」編成も入って来た。

Dsc04220
 前に来た時もそうだったが、この季節の和歌山線の風景は、とってものどか…花が咲けば、なおのことよろしいのだが、いかんせんオールクロスシートでストレッチ状態で景色を眺めるのはしんどい。ただ、和歌山線は観光で訪れるようなところが五條以外はほとんどなく(高野山や吉野に行く人は南海・近鉄を使う)そのため、わざわざ観光客を意識する必要はないと判断したのだろう。和歌山から奈良方面まで通しで乗るのは、18きっぱーのような「乗り鉄」だけだろうからね。とはいえ、小浜線の125系ぐらいのヤツはほしいところ。

Dsc04224
 こんなふうに、紀ノ川の北岸側を西に向かって進む。

Dsc04227
 典型的なローカル線の駅

Dsc04228
 岩出―船戸間で紀ノ川を渡って…

Dsc04229
 奈良からロングシートで延々3時間、和歌山駅に到着!向うは紀勢本線を南下する225系電車である。なお、和歌山駅において、和歌山線ホームには中間改札が設けられている。
おまけ、3年前の和歌山線

 

| | コメント (0)

奈良に特急で行く闘争

 昨日の梅田解放区には、なんと50名近くの方々が来ました(^^)ありがとうございます…
 ということで、今日は闘争とは全く関係のない、乗り鉄ネタです。
 奈良県には、JRの特急列車は走っていない…近鉄特急なら、走っている…沖縄県を除いて、唯一JRの特急が走っていない県なのだが。
 それでも、臨時で特急が走っている。それが昨年3月のダイヤ改正で開業した「おおさか東線」を経由して、新大阪から奈良に向かう特急「まほろば」である。昨年の冬ダイヤから走り出して、今年の春の臨時列車でも走っている。それに乗ってみることにした。ついでに、開業1年後の「おおさか東線」北区間のレポートもするね(完全乗車は以前にやっているが、いちいちブログ報告していない)
Dsc04160
 目的の列車は、午前10時03分に新大阪を出発する。車両は和歌山に行く特急「くろしお」に使われる287系3両である。足元には「まほろば 〇号車」と書かれた表示も貼ってあるぞ。なお、この後すぐ土日には10時17分発、奈良行きの「直通快速」が走っている。
Dsc04162
 シートはありきたりの特急列車のもの。新型コロナの影響もあってか、そんなに人はいない。

Dsc04163
 定刻に新大阪を発車…東海道線の東淀川駅を過ぎると、こうしてスロープで上がって行き、やがて東海道線をオーバークロスして東おおさか線に入る。次は南吹田駅。ここは長らく鉄道系の公共交通機関がなく、駅の開業が待ち焦がれていたところである。
Dsc04166
 南吹田駅の次は、JR淡路駅…手前で阪急京都線淡路駅が見えるところ。わりと近そうだ…隣には以前から進められている連続立体交差工事の状況が見える。

Dsc04167
 JR淡路を過ぎて、淀川を渡る…この橋は、2013年に「おおさか東線」の工事着手まで、貨物線の横を人や自転車が渡ることが出来たのだ。

Dsc04168
 城北公園通り駅を通過…おおさか東線の新駅は、こんな感じの相対式ホームである。

Dsc04169
 JR野江駅を過ぎて、京阪本線の複々線を越える。京阪の野江駅と、JR野江駅も近いが、京阪野江駅は各駅停車しか止まらないので不便。(阪急淡路駅は、特急も停まる!)
Dsc04170
 JR野江駅を過ぎると、右から「学研都市線(片町線)」の線路が近づいてくる。

Dsc04171
 鴫野駅で、学研都市線に合流…ここで「おおさか東線」の昨年開業した区間はおしまい。

Dsc04174
 1駅区間走り、関西の有名難読駅「放出(はなてん)」を過ぎて、2008年に先行開業した区間に入る。

Dsc04179
 この先行開業区間は、なんか毎駅ごとに既存の鉄道と交差・乗り換えができる感じになる。ここはJR俊徳道駅近く、近鉄大阪線と交差する部分。
Dsc04180
 2014年にオープンした「あべのハルカス」も、すっかり大阪のランドマークとなった。
Dsc04181
 おおさか東線は、普段は黄緑色の201系電車が走っている。ただ近い将来、東海道線で快速に使われている221系に置き換わるようである。

Dsc04183
 新加美駅(しんかみ)駅を過ぎると、関西本線の線路が下からやってくる。やがて近畿自動車道をくぐってシャープの工場が見えてくると、「おおさか東線」の終点、久宝寺駅である。ここで運転停車的に止まる。新大阪からの所要時間は約25分、評定速度で48㎞/hほど…すごくのろのろと走って来た。

Dsc04187
 特急「まほろば」は途中どこにも停車せず、新大阪の次はいきなり終点の奈良である。関西本線に入って、スピードを上げるか…と思ったら、まぁちょっとは快走したが、王子あたりまで山の中をのんびり、のろのろと進んだ。法隆寺、大和小泉、郡山あたりの直線は、さすがに快走!
Dsc04191
 大和盆地を進む…向うに見えるのは、近鉄橿原線の架線である。

Dsc04193
 奈良駅に到着…10時53分、約1時間弱の旅であった。
 新幹線から外れた奈良へのアクセスといえば、JR奈良線を使った「みやこ路快速」が定番となっている。奈良線も単線区間が残り、また京都~宇治の区間は線形も悪くぐねぐねしているので、スピードが出せない。あえて特急を運行するメリットもないので、快速のままなのだろう。で、おおさか東線を経由する特急「まほろば」も、おおさか東線や関西本線内でスピードが出せず、50㎞ほどを1時間かかっているようでは、あまり「特急」としての意味はない。ただ指定席があるので「確実に座れる」メリットはあるかと…ただそれだけだなぁ~。

Dsc04199
 特急「まほろば」の利用があまり芳しくなくて、結局運行止め!ということになれば、奈良はいつまでも「JR特急が走らない県」の立場に甘んじなくてはならない…ということで、リニア中央新幹線に希望をつなぐしかないのだろう。
 ではでは…

| | コメント (0)

特措法成立弾劾!明日、梅田解放区へ!

 本日、緊急事態宣言が出せる「改正インフルエンザ等対策特別措置法」が参議院で可決・成立した。Y!ニュース共同通信
新型コロナ特措法成立 首相が「緊急事態」判断
 新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正インフルエンザ等対策特別措置法が13日午後、参院本会議で、自民、公明両党と立憲民主、国民民主、日本維新の会、社民各党などの賛成多数で可決、成立した。14日にも施行される。全国的かつ急速なまん延で、国民生活や経済に甚大な影響を及ぼすと首相が判断すれば緊急事態宣言を出し、都道府県知事が外出自粛や休校措置を要請できる。野党は宣言により、国民の私権制限につながる可能性を指摘している。
 共産党、れいわ新選組は採決で反対した。政府は専門家の意見を踏まえ、感染拡大の状況を見極めて緊急事態宣言の必要性を判断する方針。

 おのれの失政・不手際で新型コロナウィルスの流行を招き、対応も後手後手で市民生活に混乱を招いたあげく、市民の自由・権利を奪う緊急事態宣言を出す…そのため”だけ”に法律を改正する…こんな安倍首相の政治を許してはならない!弾劾あるのみだ!
 たった3日間の国会審議でこれを通過させた。これに立憲民主党や社民党などの「立憲野党」が率先して協力したことも許しがたいことだ。

 いまこそ、民衆の怒りを解き放とう!ということで、定例の梅田解放区に決起せよ!
Signal20200302161227_20200313192901
★拡散、参加を★
#安倍やめろ!
梅田解放区
3月14日17時半~19時 梅田HEP5時計前(毎月第2土曜)
3,11から9年
東京五輪のための原発被ばく隠しを許さない!メモリアル行動へ
新型コロナの被害隠し、緊急事態宣言も同じ危険策
命を守らぬ安倍政権を辞めさせよう!
3月28日はデモ開催!(毎月第4土曜日)
17時半に 中津の豊崎西公園集合→梅田HEP5へ

 新型コロナウィルス流行により、株価も乱高下している…いよいよ「世界恐慌」の過程に突入した!生活もまもらなければならない!政府は必要な経済対策をやれ!カネを出せ!消費税下げろ!という闘い、取組みも必要になってくる。

 みんなで声を上げよう!

| | コメント (0)

3・11関電前と「緊急事態宣言」に反対する街宣

 今日は東日本大震災が起こって9年目の3・11…各地で脱原発の取組みがなされたと思う。関西でも関電前での抗議行動が行われた。本来は、3月8日の「さよなら原発」関連の行動となるハズだったが、新型コロナウィルス対策ということで集会が中止になっている中での行動だ。
 実は8日の梅田解放区終了時に、関電前で行動があるからということで宣伝されていたのだが、きちんとした時間帯を把握していなかった。朝から夕方までやっているようだったので、15時過ぎに関電前に行ってみると。
Dsc04144
 全交の人たちがこじんまりと集会をしていた。実は「全交」以外のグループは別の場所で集会していたのであるが、今しがた解散して引き上げたとのこと。しょうがないので、全交のひとたちの集会に参加。
Dsc04147
 近くに大阪地検がある…そこに、関電の「犯罪」を告訴しろ!と訴えるため、ブラブラ歩いて行って抗議行動。建物内からガードマン1名、職員3名が出てきたが、こちらは敷地外から抗議しているので、とやかく言われる筋合いはない。
 検察は「忖度」をヤメロ!という声も…モリカケや桜を見る会で、どれだけ首相関連の「犯罪」が見逃されてきたことか…
 検察前から再び、関電前に戻って集会を続ける。最後は歌を歌ってしめ、予定は16時半までだったが、少し早く集会を終えた。
 で、この後南森町まで歩いて行って…
Dsc04154
 17時半から、緊急事態宣言のため「新型インフルエンザ特別措置法」改正に反対する街頭宣伝である。本日のお昼過ぎに、衆議院内閣委員会で可決lされている。立憲民主党や国民民主党も賛成に回るなどとんでもないことになっている中、土曜日ぐらいに緊急に決まったことだそうな。
Dsc04155
 なんで南森町、りそな銀行前なのかなぁ~と思っていたのだが、なるほど、天神橋筋商店街の入り口をオキュパイする形になるのですね。人通りもそこそこある。またここは街宣車を停めるスペースもあるということだ。
 最初は衆議院選挙で大阪五区から「新選組」で出馬予定の大石あきこ氏が、緊急事態宣言は人の移動を妨げる、そんなことよりも人が安心して休める体制をつくり、休業補償をしろ、政府はお金を出せとアピール。(「新選組」の提言、兆円規模の経済対策もしっかりアピール)
 続いて社民党元衆議院議員の服部良一氏、全交の山川よしやす氏が続く…いずれも重症になってもやらないウィルス検査、突然の休校宣言や続く自粛要請…みんな困っている…それに対する休業・所得補償もビタ一文も出さない。新年度予算にコロナウィルス対策費の組み換えもやらない安倍政権への怒りと、そんな安倍が「緊急事態宣言」を出してやりたい放題する、人びとの権利を奪うことに危機感をもって欲しいと訴える。
Dsc04157
 大椿ゆうこ氏のアピールの後、なぜか私がアピールすることに…でもって…
 安倍政権は新型コロナウィルスの検査をやらない。検査をしなければ感染の全容も分からず、どうやって対策を立てるのか?学校を休校にし、イベントを自粛させても所得補償もしない、カネを出さない!
 西日本豪雨の時、安倍は酒を飲んで宴会していた。「赤坂自民亭」というヤツだ。台風15号でも19号でも、ろくに対応しなかった。そして新型コロナウィルス対策の会議にはろくに顔を出さない…このまま安倍政権が続けば、私たちは災害や感染症で殺される!
 感染症対策で、公共工事が止まっているが、辺野古では埋立工事がバンバン行われている。土砂がドンドン投入されている…だが、沖縄の人は、船を出し、カヌーを漕ぎ、必死に抗議している!沖縄のように声を上げよう!もっとみんな怒らなければならない!
 緊急事態宣言は、ウィルスを押さえつけるのではなく、私たちを押さえつけるものだ!みんなで安倍を引きずり降ろして、楽しく暮らしましょう!
 てなことを訴えた!
 18時半ごろまで街宣は続いた…およそ60名ほどが集まったそうだ。お疲れ様でした。

| | コメント (0)

世界経済危機、大不況がやってくる!

 「資本主義の終り論2」に花山氏の「MMTについての考察」を読んで
という記事がアップされた。MMT理論に基く経済政策を批判したものだが、その中に
 いま多くの人が オリンピック後か、安倍政権が倒れたときに超インフレが起こるのではないかと危惧しています。松尾匡氏の薔薇マークキャンペーンが支持され、安倍政権が倒れた時に 松尾匡氏らが MMTに依拠して日銀引き受けの国債発行で(架空の)通貨をつくり民衆にバラ撒こうとすると、超インフレが起こり その政策は絵に書いたモチでしかないことが判明します(インフレが起これば止めますと述べているので)。
という記述がある。民衆が「インフレが起こる」というより、安倍後、あるいはオリンピック後に不況が来る(だからオリンピックまで安倍をやめさせたくない⁉)と漠然とは考えていただろう。「オリンピック特需」は終わり、アベノミクスを良く見せるためのデータ等の「粉飾」も明らかになる…本来、景気なんか全然良くなかったのに、仕事がなくなり、リストラ・派遣切りされ、賃金が下がり(こうなるとインフレではなく、デフレ不況である)他方、輸出企業だけ儲けさせるために円安が進めば、食糧・燃料等の基礎的な輸入品が値上がりし、それに消費税が追い打ちをかけた…賃金が上がらず雇用が減って物価が上がれば「スタグフレーション」じゃないか!
 安倍後、あるいは政権交代後に「反緊縮」革命で国債が暴落する⁉を書いた。
 が、薇マークキャンペーン が成功して、「反緊縮」の新政権が発足し、ブルジョワから収奪しつつ「ばら撒き」を始めると、市場がこれを拒否する…短期的には、市中の国債が「政策的に」償還されないことを嫌い、長期的には「ブルジョワから収奪する」ことを嫌って、市場がNOを突き付けるのだ。
 かくして日本国債ば「暴落」し、世界経済危機が始まる。
 要は、自民党ブルジョワ忖度政権であれば、市場は国債を購入してくれるが、資本と敵対的な政権が出来れば、市場がそれを拒否するため、国債が暴落し世界経済危機が始まる。
 で、新型コロナウィルス流行の影響により、世界中で経済活動が低迷しだした…これによる経済危機が起こり始めていると考えてよいだろう。今日のお昼のニュースはこんなの…
東証大幅続落、終値1050円安 2万円割れ、1年2ヶ月ぶり安 
 週明け9日の東京株式市場は、新型コロナウイルス感染症の流行が世界経済に及ぼす打撃が警戒され、日経平均株価(225種)は大幅続落した。急速な円高ドル安や原油価格暴落が市場の波乱要因として意識された。終値は節目の2万円を割り込み、約1年2カ月ぶりの安値を付けた。(以下略)
 世界危機が先に来ると、米欧日中どこも悪くなるため資本の行き場がなくなり、国債暴落はおきない(そのまま持ってるしかない)かもしれないが、リーマンショック級の不況が来ることは確実だ!
 コロナウィルス対策のため、街には人がいない。あらゆる人が集まる施設が閉鎖され、集会・イベントも中止!昼間の電車は、ガラガラ。旅行にも出かけず、インバウンドも来ない。なにより中国から部品が来なくなって、生産が出来ない。
 仕事がなくなるので、給料が入ってこない、あるいはリストラ・派遣切りにあう…ふんだり蹴ったりの時代がやってくる!
 先のブログ記事にも書いたように、
 ブルジョワからの収奪を強めつつ、、自らの力で、(資本抜きで)生産や生活を始めなければならない。
ことになる。「資本主義の終り論2」での薔薇マークキャンペーン批判にあるよう、民衆の中に「国家依存症」を引き起こしていては、このように自力で生産・生活することは出来なくなる。ただし民衆が権力を握らず、資本主義システムに支えられた国家システムが機能している時に、国家に「必要なカネを出せ!」と要求することも必要である…必要なカネは、さしあたっては国家を通じてブルジョワから「収奪」して持ってくるしかないからだ。その要求闘争の過程を通じながら、自ら生産し、生活するための「コミューン」なり「アソシエーション」を作っていくのだ!

| | コメント (0)

3・8緊急梅田解放区

 本日、梅田HEP5前で行われた、緊急の梅田解放区に参加してきた。安倍政権が新型コロナウィルス対策と称して「緊急事態宣言」なるものを導入しようとしていることに、断固反対の声を上げるのだ!
 梅田の繁華街も、いつもの週末と違って人が少なくなってはいるが、それでも人通りは途切れることはない。13時40分ごろに到着し、ポールとか出して準備。おっつけ、いつも来るメンバーが来る。また普段は顔を出さない人もやって来た!
Signal20200308202003
 まず最初に、原発の話だ!東日本大震災から、そして福島原発事故から9年…何も変わっていないし、終わってもいない。新しく原発が作られようとしている!山口県上関町だ。年末にも工事着手の話があったが、現地で止めた。瀬戸内海の豊かな海は、大阪湾にもつながっている。関西でも多くの原発建設計画があったが、止めてきた。今回も止めよう!という呼びかけだ。
 あとはいろいろ、メモとかとってないので…
 野党がだらしない、力がないというが、私たちがちゃんと野党を応援し、後押しすることが必要だ…安倍が辞めないのは私たちの力が弱いからだ…とか。
 緊急事態宣言で、安倍は集会やデモをつぶそうとしている。抗議の声をつぶそうとしている。コロナウィルス検査をやらないのは、東京オリンピックを強行するため、感染者数を少なくみせようとしているからだ。東京オリンピックで大企業や自分達が儲ける…そのために人が犠牲になってもよいというのが奴らの考えていることだ!という批判が相次いで行われる。
 性暴力の被害者であるという女性が語る…自分の体験、その時は声をあげることが出来なかったこと。#Me Too や#Ku Tooの運動が広がり、自分も声をあげることが大切だということだった。
 サックスも吹きます、声も上げます…
 緊急事態宣言反対!検査をさせない安倍はやめろ!コールをくり返す!
Signal202003082020031
 Go West, Come,Westの横断幕も掲げられる…本来、今日の午前中はこのGo Westでも集会を行い、午後は「さよなら原発」の屋内集会が行われる予定であったが、感染予防のため中止・延期をよぎなくされている。そういった集会で訴えなければならないことを、この梅田のど真ん中で訴えるのも、本日の梅田解放区の目的である。
 感染予防ということで、公共工事もストップしていることがあるのだが、辺野古新基地建設工事は続けられている。そんな工事はやめて、辺野古新基地建設に使う数千億のカネを、困ってる人に寄こせ!との訴えもある。
「辺野古を埋めずに、安倍埋めて~」と替え歌を唄えば、思わず笑いも出る。
 森友問題。桜を見る会でロクに説明しない、学校を閉鎖しても、ロクに説明もしない、そんな安倍はもういらない!
 今さらのように、中国や韓国をターゲットにした入国規制を行うことは、差別政策であるという批判もなされた。
 消費税増税で経済がガタガタになっている、そこにコロナが追い打ちをかけた。民衆に必要なカネを出せ!消費税ヤメロ!貧乏人からカネを取るなという批判もあった。

みんな怒ってるんだぜ!

Signal20200308203109
 東日本大震災・原発事故を契機に、経済優先、競争優先の社会から、みんなで助け合って生きる社会にしようと社会運動が繰り広げられたが、何も変わっていない、むしろその時より酷い状態で今回のコロナウィルス騒動がやってきた。マスクやトイレットペーパーがなくなるのも、自分だけ良ければよいという社会が変わっていないからだ…そういった問題提起をしながら、安倍ヤメロ、検査をさせろ、コールを続けて16時過ぎに終了。
 延べで40名近くの人が集まった…その後、ちょっとしたまとめをやって今後の方針決定
3月は毎週
14日(土) 17:30~19:00
22日(日) 15:00~17:00
28日(土) 17:30豊崎西公園集会→デモ HEP前街宣

でありますっ!

| | コメント (1)

3・8緊急「梅田解放区」やりますっ!

 新型コロナウィルス対策で後手後手の対応をとった安倍政権は、その失敗への不満や批判を「緊急事態宣言」で押さえつけるとともに、これを梃子に民衆のあらゆる権利を奪いとろうとしている。国内で感染が拡大しているにもかかわらず、今さら中国・韓国からの渡航者に制限をかけるなどの排外主義も煽りながら、「ショック・ドクトリン」で実質改憲への道を歩んでいるのだ。こんなことを許してはならない!みんなで声を上げて緊急事態宣言を葬り、安倍独裁政権を打倒しよう!
 というわけで3月8日(国際婦人デー)に、14:00~HEP5前で梅田解放区をやるぞ! 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みなさま、園良太です。重複された方は失礼します。
安倍政権が火事場泥棒と独裁者の本領を発揮してきました。

コロナの混乱を利用して、集会デモと人権を禁止制限する「緊急事態条項」の
強行を狙っています。3月8日14時~、梅田ヘップ5前で緊急の野外抗議集会を企画しました。
緊急のため、ぜひ各方面へ広げて下さい。

東京と大阪の関連抗議行動もまとめました。マスクなどで自衛しつつ、各自の体調に応じながら、ぜひご参加お願いします。
★緊急拡散・3/8大阪行動決定!!★
#緊急事態条項 12日成立反対!
3/11 9年目 命守らぬ #安倍はやめろ! 梅田解放区へ
①3月8日(日)14~16時梅田HEP5時計前
条項は集会デモを禁止できるファシストの18番。コロナや原発被害の救済こそ行え!と声を上げましょう。
問題点:ここ
②3/14、28日17時半も開催。詳細:ここ 

★緊急拡散・★東京行動
#緊急事態条項 12日成立反対!
3/11 9年目 命守らぬ #安倍はやめろ
①3月9、10日14~17時:衆院会館前座り込み 呼びかけ:都教委包囲ネット
詳細:ここ
3月11日17~18時東電前/19~20時半首相官邸前 呼びかけ:反被ばく首都圏アクション実行委員会
集会デモを禁止できる危険極まる条項。コロナや原発被害の救済こそ行え!
詳細:ここ 

| | コメント (0)

3月梅田解放区のお知らせ

 安倍首相が「非常事態宣言」なるものを持ち出す中、屋外での強力な抗議行動!梅田解放区の予定を宣伝するぞ!

★☆★☆★☆拡散、参加を★☆★☆★☆
#安倍やめろ !梅田解放区
★3月14日17時半~19時梅田ヘップ5時計前(毎月第2土曜)
東京五輪のためにコロナの被害を隠す安倍政権を倒し、命を守る社会に変えよう!
3.11から9年。同じ構図で原発の被ばく被害も隠されてる。事実を明らかにするメモリアル行動へ
★3月28日はデモを開催!17時半に中津・豊崎西公園 に集合(毎月第4土曜)
17:50デモ出発→茶屋町の大繁華街を直進→ヘップ5前到着、19時までアピール
※テーマはオールテーマです。命を守らぬ政治と、辺野古新基地建設やイラン自衛隊派兵に抗議を

Signal20200302161227 
毎月第2土曜日定例の梅田解放区です。
大阪梅田HEP FIVE前で「安倍やめろ!」を軸したオールテーマで自由にアピールをしています。

命を蔑ろにする安倍政権に抗議しよう‼
意図的な感染者数隠しと被ばく隠し許さない‼
本当に市民に寄り添う中身のある対策と安心できるくらしを求める声を上げよう‼

 WHO(世界保健機関)は2020年2月28日、「まだパンデミックが発生しているとは言えない」としつつも、新型コロナウイルスの世界的危険度を最高レベルに引き上げました。
 そんな中、安倍政権の新型コロナウイルス対策は十分と言えるでしょうか?
感染者は毎日増え続けるにも関わらず検査は中々進まず、先日やっとPCR検査に保険が適用されることが決まったばかりです。
感染症対策としてやってることといったら公的行事の中止、大規模イベントの自粛要請、一部の幹部との話し合いだけで決めたという休校措置、外出を控えて家で過ごすこと、ろくに企業に徹底できない時差出勤やテレワークの呼びかけなど、場当たり的でスピード感のない感染対策で市民の不安・不信感は日に日に高まっているのではないでしょうか。
 新型コロナウイルスが引き金の企業倒産、イベント中止や生産体制の見通しが立たなくなることによっての特に中小企業、個人事業主への打撃、非正規雇用で働くなかまの賃金補償のない休暇要請や首切りが発生するなど経済・くらしの対策も待ったなしにも関わらず、安倍政権の対策は融資枠の拡大・条件の緩和や企業への要請程度で、これといった抜本的対策を打てていないのが現状です。
 しかも、安倍政権はこんな未曾有の危機のどさくさに紛れての原発再稼働や、まだまだ高濃度に汚染されているにも関わらず「安全性が確認された」として帰還困難区域の解除をしてまで、福島Jビレッジをスタート地点とした聖火リレーを強行しようとしています。
 そして、「私たちは必ず、乗り越えることができる。そう確信しています」と言いながら無策をたれ流し、権力にしがみつき続けています。 市民のかけがえのない『いのち』をないがしろにして、自分たちとその仲間の金と利権だけを重視する安倍政権に激烈な抗議を、「安倍辞めろ!安倍政権はNO!」の声を叩きつけましょう!

♪スピーチだけでなく、ミュージシャン達による演奏・パフォーマンスもある街宣ですので、演奏を聴きに来て下さるだけでも大歓迎です♪
飛び入り参加歓迎!

☆コロナウイルス対策についてお願い☆
・手洗い🤲と咳エチケット励行など、それぞれができることをやっていきましょう。
・消毒用エタノール、医療用カット綿(エタノールを染み込ませてマイクなどの消毒にご利用ください)、ニトリル手袋をご用意しています。
・ご使用後のマスク、カット綿、ニトリル手袋などはゴミ袋を用意していますのでそちらにお捨てください。ゴミはスタッフが責任をもって自宅に持ち帰り処分します。
・「ちょっと体調が悪いな…」という場合は無理をしないで、動画視聴などで応援してくださると嬉しいです。
・参加途中で気分が悪くなった場合は近くのスタッフにに声をかけてくださいね。

※準備をお手伝いしていただけると大変助かります。
準備を手伝っていただける方は17時20分頃HEP FIVE前にお越しください。

★梅田解放区アピール
日時 2020年3月14日 17時30分〜19時
場所 HEP FIVE前(大阪府大阪市北区角田町5-15)
阪急各線 大阪梅田駅 徒歩3分
JR各線  大阪駅   御堂筋口から徒歩4分

| | コメント (0)

安倍首相による緊急事態宣言を許すな!

 転んでもただで起きない安倍首相…「緊急事態宣言」なることを言い出した。毎日新聞WEBより
首相「緊急事態宣言も可能になるよう法整備」 新型コロナ対策
 安倍晋三首相は2日午前の参院予算委員会の冒頭で、新型コロナウイルス感染拡大への対応として、緊急事態宣言の実施を可能とする法整備を早急に進める考えを示した。
 首相は「一定の地域において急激な感染の拡大などが見られた場合にどのような措置をとるべきか、常に最悪の事態を想定し、あらかじめ備えることが重要だ」と強調。その上で「あらゆる可能性を想定し、国民生活への影響を最小限に、最小化するために緊急事態宣言の実施も含め、新型インフルエンザ等対策特別措置法と同等の措置を講ずることが可能となるよう、立法措置を早急に進めることとする」と述べた。【野原大輔】

 新型コロナウィルス蔓延の原因は、安部内閣の後手後手に回った見当はずれの対応にある。初動において感染者の発見や隔離に必要なリソースを割かず、いたずらにPCR検査をさせない(東京五輪開催に影響を及ぼさないよう、感染者数をおさえたいという邪悪な意図だ)クルーズ船の感染者に対しては、誤った隔離政策で乗客・乗員を船に2週間以上も船に監禁したうえで感染者を増大させたあげく、ロクに検査もしないまま下船させ、再度の隔離・健康観察すら行わなかった。対策をとるため、野党が厚生労働委員会を開けと言っても聴かず、対策会議も立ち上げなかった。「桜を見る会」問題で領収書を開示し、ウソをつかずに説明すれば1日で終わるところを逃げ回り、対策もろくにとらずに経済団体や「お友達」との会食に明け暮れた。あげく国内における感染者数が増大してきたと見るや、イベント・集会等の自粛要請をしたかと思えば、こんなことは早くからマスコミを通じて様々な識者が行って来た、感染症をさけるための基本事項でしかない「基本方針」を出した…するといきなり「小中高等学校の閉鎖」を打ち出す。しかも有識者などから一切意見も聴かず、独断で決定!それがどれだけ多くの影響を及ぼすか考えもつかないAFO総理、安部晋三!
 こんな奴が、またぞろ「対策やってる感」を出すため、「緊急事態宣言」なるものが出せるよう、法整備をすると言っている。自らの無能・不手際を糊塗・隠蔽するために人びとの自由や権利を奪う手段を、安部に与えてはイケナイ!
 で与野党党首、4日会談 安倍首相、法整備へ協力要請 新型肺炎だと。与野党一致して、「新型インフルエンザ特別措置法の改正」を目指すのだそうな。
 この法律改正に関して、海渡雄一弁護士が「レイバーネット」に安倍政権による緊急事態宣言、新型インフルエンザ対策特別措置法改正に異議あり!という記事を書いている。重要箇所を引用すると。
 この法律では次のような措置が可能となります。
 全国的かつ急速なまん延により、国民の生活及び経済に甚大な影響を及ぼし、又はそのおそれがあるものとして政令で定める要件に該当する事態となった場合、内閣総理大臣は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」を行う(第32条)。
 新型インフルエンザ等緊急事態において、以下の措置が可能になる。
 外出自粛要請、興行場、催物等の制限等の要請・指示(潜伏期間、治癒するまでの期間等を考慮) 都道府県知事は住民に対し外出の自粛を要請できる(第45条第1項)。
 また、罰則はないものの、多数の者が利用する施設(学校、社会福祉施設、建築物の床面積の合計が1,000平方メートルを超える劇場、映画館や体育館など)の使用制限・停止又は催物の開催の制限・停止を要請することができる(第45条第2項)。
 正当な理由がないのに要請に応じないときは、特に必要があると認めるときに限り、要請に係る措置を講ずべきことを指示できる。外出自粛や使用制限の期間は、新型インフルエンザ発生後の最初の1-2週間が目安とされている。
ということだ。自粛要請、閉鎖、停止が、法律に基づいて行われる…すなわち、戒厳令状況が感染症対策の名の下に行われるのだ。
 今でさえ、多くの集会が感染症対策で中止・延期を決定しているが、これに法のお墨付きを与えることになる。そしてデタラメな対応を振りかざしながら、必要なカネは全く出さない(予備費を使った「コロナウィルス対策費」はたったの150憶、一人当たり100円ちょっとである)安倍内閣に人びとが怒りを向け始めている…その怒りが、集会やデモといった形になることを、「緊急事態宣言」でおさえこもうというわけだ。

 一応いっておくと、緊急事態宣言も出せる「新型インフルエンザ対策特別措置法」は民主党政権時の終り頃にできたもので、当時の野党・自民党によって緊急事態宣言については慎重に運用するよう付帯決議が設けられている。それほど危険なシロモノなのだ。
 安倍による「緊急事態宣言」を許してはならない!ウィルスを蔓延させた安倍政権にオトシマエをつけるため、みんなで工夫して抗議の声を上げよう!安倍政権を打倒しよう!

| | コメント (0)

「3・1三里塚のいまを語る」集会

 昨日エルおおさかで実施された「3・1三里塚のいまを語る」集会に参加してきた。先週もエルおおさかに行って来たのだが、前の道路は車も人通りも随分少なくなっている。エルおおさかで開かれる集会・催しについても、中止・延期しているものが見受けられる。なんでも新幹線ですらガラガラだそうな…USJもディズニーランドも休園しているので、無理ないか…ホント、経済に悪影響が出てるぞこれ。
 集会は14時に開始、主催者あいさつとして、三里塚関西実行委員会の松原さんから、請求異議審の控訴審や、3・28全国集会に駆けつけてほしいとのこと。続いて連帯のあいさつで、部落解放同盟全国連合会の池本書記長、全日建建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部から、西山直洋さん、若狭の原発を考える会から木原壯林さんがそれぞれあいさつした。
 プログラムでは市東孝雄さんの話と現地映像が先であるが、大口昭彦弁護士の話からはじまる。
Dsc04139   
 大口弁護士は、三里塚関係で現在どうゆう裁判が続いているかということを、資料に添付した「市東さんの農地取り上げに反対する会・会報№50」の記事を使って説明…「請求異議審」「耕作権裁判」「第3誘導路裁判」「団結街道裁判」「新やぐら裁判」と、5件の裁判闘争が闘われている…した後、請求異議審・控訴審は3月25日、27日(27日は最終弁論・結審となる)と連続で行われる。裁判の進行が早く、東京高裁は特にそうだが、裁判が非常に形式化しており、裁判所の秩序維持期間としての性格が非常に出てきていると批判された。
 裁判所は市東さんを「人格権共有の主体ではない」という、とんでもないことを言っている。「成田治安法」もそうだが「成田は別ですよ」と類型化・レッテル貼りをやって人権を否定する、司法としてあってはならないことだ。ここに市東さんの人間性を訴え、つきつけていくと訴えた。
 そして他の各裁判についても概要を話された後、JR東日本の組合分裂や関西生コン弾圧にも触れ、「破壊・同化・統合」を進める今の安倍の政策を進める者にとって、関西生コンや動労千葉のような労働組合はあってはならない。農業においては「破壊・同化・統合」路線に体を張って闘っている反対同盟である。「臣民民主主義」ではなく市民になることを、実態をもって対峙していくなど、難しいことを述べられた。
 彼らは準備書面において、あらゆる強制手続きの中、代執行はしないと書いてしまった。収用にしろ、買収にしろ手に入れた「土地所有者」が、退こうとしない「使用者」に対する「代執行」ができないわけだ。裁判でどのように”勝つ”かは別として、市東さんを実践で守り抜く!と訴えられた。
 10分間の休憩をはさんで、次は市東さんのお話。
Dsc04140
 空港に土地を取られることはないんだ…と帰って来て、もう20年になる。この間、無農薬で有機裁判を続けてきた。地主は土地を売ったことを15年も黙っていた!一人は「仮契約だ」といい、もう一人は「売っていない」という。体が続く限り闘いますので、どうかこれからもよろしくお願いしますと述べ、スライドショーを始めた。
 市東さんの畑や周辺の作業場なんかの様子が映し出される…おじいさんが大正年間に「お大師様」を建てて、昔はそこに集って交流とかやっていたことが紹介された。
Dsc04141
 昨年の台風被害なんかも…これはハウスのビニールが飛ばされたりした様子。
 台風被害ばかりでなく、出荷の作業や、産直の「芋ほり」の様子などが紹介される。関実のブログ記事を見ていただいても分かるよう、市東さんたちは実に様々な野菜を育てている。ネギは台風でやられたが、回復したネギはすばらしいネギになった。その他、ゴーヤ、ヤーコン、キャベツなんかも…空港反対ばかりやってるんじゃなく、農業もちゃんとやってますよ!ということを今日はアピールしにきたのだということだ。最後に奪われる農地にどのようなものが存在するか、地図を示して説明された。
 続いて質疑応答にはいる…いきなり質問ではなく「スーパーで買う野菜が美味しくない。三里塚の野菜が美味しい!ありがとうございます」との感謝の言葉。市東さんは、気候変動の影響で1年1年違う、同じ野菜を作っても同じものが出来るとは限らない。うまくいけば「よかったなぁ」となるのがうれしいとのこと。大口弁護士は、市東さんのように目立つかっこうでやっておかないと、農業はみんな潰されると述べた。
 新型コロナウィルスの影響で裁判が無しになることは?という問いについて、裁判所から事前におっしゃってくれれば日程とかについて配慮するとのことだそうだ。
 なぜ空港会社は執拗に市東さんの農地を得ようとするのか?という問いについて、空港敷地内にはほかの人の土地も沢山あり、空港の完成のためではない。「への字型」に曲がった誘導路も、別の誘導路を使っているから問題はない。差し迫った理由はないけれども、”線”が引いてあるからという一般的なことを言うしかないし、市東さんの土地はその”線”からはみ出している。要するに反対運動を続けていることに対する「嫌がらせ」としか考えられないわけだ。
 種子法の廃止について、市東さんの種子や苗の確保についての苦労は?という質問に対し、自種子が取れなくなっている、種子屋さんもF1ばかりで、これを買うしかない…全部が自種子ではないとの返答だった。
 成田空港はこのままでは「完成」しない、ただ国の威信だけでやっている。”コロナ”が続けば飛行機が飛ばなくなる。離発着も目標の30万回ににとどかず、26万回ぐらいだ。「第3滑走路(今の敷地の東側に平行して造る)」構想もあるが、作ってもどうしようもなくなる。最終的には軍事空港にするしかないだろう。第3ターミナルを作ってLCCを誘致しても、まともな航空会社が1社しか入っていない。彼らも意地になっているが、そんなに展望はないと現状についての説明があった。
 「第3滑走路」建設構想に伴う攻撃について聞かれると、空港会社が「説明会」をやっている段階で、誘致している”地元”の幻想はけっこう大きい。しかし一種の「打ち上げ」、祭りみたいなものであるとのこと。その上で、収用委員会は”再建”されているのだが、成田空港問題は取り扱わないということになっている。委員の成り手がいないからだ。だが経済合理性を越えて、軍事の問題を表に出せば、収用委員会に空港問題を取り扱わせることになるだろうと大口弁護士が述べられた。
 最後にまとめとして司会者から、現地で闘うことと裁判闘争を両立させないと、私たちは生き残っていけない。全国集会も年々、人数が減ってきている。コロナウィルス流行の影響による3・29全国集会の実施については、一応やります!結集を!ということであった。

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »