アニメ・コミック

継続ハードロックエディション…

 ガールズ&パンツァーネタ…劇場版で出て来る継続高校のテーマ「サッキヤルヴェン・ポルカ」のハードロックエディションでゲソ~ 2分50秒

うん!こうゆうのはエエ(^^)
昔、ワルシャワ労働歌のこんなバージョンを見かけたことがあるのだが、探し切らんぞ、ユーチューブ…

しかし「ガルパン」の「戦車道」で使用される戦車は「第二次大戦で使われたモノ」というしばりがあるようなのだが、よく考えてみるとそんな時期に戦車を独自に開発していた国って、帝国主義国(米英独仏伊日)とスターリン主義ソビエトぐらいしかない…TVアニメ版では仏を除き、全て出て来る(日本戦車を使う「知波単学園」も名前だけ出て来る)ここにマイナーな「フィンランド戦車」ってのを探してきた人は、ある意味スゴイsign03
 継続高校の名前は、第二次大戦でフィンランドがドイツと組んでソ連と闘った継続戦争 から来ているとのこと…冬戦争 にてソ連の侵攻を受け、カレリア地方(サッキヤルヴェンもそこにある)を失ったフィンランド、対ソ防衛で連合国と組みたかったが、連合国はそれどころではなく、止む無くナチスドイツを組んだため、独ソ戦が始まると対ソ戦争を行うことになる。フィンランドとしては「ナチスと組んだわけではない」から、この戦争は冬戦争の「継続」であるから「継続戦争」なんだそうな。
 この時に使った戦車が、BT-42で、劇中に出て来る。映画のパンフでは「フィンランドが開発した自走砲」とあるが、ソ連の鹵獲戦車に英軍の大砲を乗っけたものらしい。

 ちなみに、サッキヤルヴェン・ポルカの劇中音楽はこちら…3分20秒

継続高校、車長のミカたんが、カンテレで奏でるヤツ…
もっとも本家はカンテレで奏でるのではなく、アコーディオンで奏でるものだそうな。
こちら、日本語・フィンランド語字幕付き…2分14秒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

果報は寝て待て…

 さていよいよ今年もおしまいである…

 いろいろあったが、まぁ人生変えちゃったところが大きいかなぁ~

 父親も亡くなったし…(で、新年のあいさつ的なことはやらない)

 ということで、ガールズ&パンツァーから画像はりつけ(4分弱)
 大洗女子「あんこうチーム」の5人の中では、戦車オタクの秋山由香里タンファンと公言しているが…今回は冷泉麻子タン…「ぽわぁ~ん」感を楽しんで下さいvirgo

冷泉麻子CV井口由香「メランコリック」(CVとは、Charakuter Voice の略だそうな。声優の英訳はVoce Actorである)



毎朝寝坊で 進級危うい
太陽浴びても 眠気は抜けない
 
乙女のたしなみ 避けては通れない
単位のためには やらなきゃいけない

操縦覚えた 操作はたやすい
戦車の車内は 酸素が少ない

遅刻見逃しの 特典得るため

戦車道決めた それだけの話

メランコリックに 無理ないテンションで

やれることはやる 眠くなれば寝る

毎朝ふらふら 歩くの精一杯

早朝試合は 特別しんどい

どんなにもがいても 早起きできない

どんなにもがいても 睡魔に勝てない

これには 勝てない

試合当日の 朝も世話かけた

だから参加する 借りを返すため

メランコリックに 無理ないテンションで

やれることはやる 眠くなれば寝る

遅刻は常習 任務は操縦
単位のためにも やるべき戦車道

無理ない 範囲で

パワーのある方は「朝の戦い」 も聞いて下さい…
では、今年の締めは…「果報は寝て待て」sleepy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パチモンサイボーグ009

 今日、11月25日から映画、CYBORG009 CALL OF JUSTICE が公開されるのだが…

 何、このパチモン観…2012年に公開された RE CYBORG 009 より数段劣るキャラの作画…

 ど、どうしたんだ…神山健司総監督down 

 1分32秒の、予告動画を視られよ…


 紅一点、003…フランソワーズ・アルヌールなんか、ちょっと「萌え」要素がはいってしまったsign02ために、かえって中途半端なキャラになっている。残念down

 コメント欄でも、散々の書かれようだ…う~ん、こりゃ観に行かんでもエエなぁ~

 なんでもゼロゼロナンバーサイボーグの着ている「服」は、布ではなく(というか、マッハの速度で動き回る彼らが、普通の布では服がつくれないのだが…)、より防御能力の高いハードスーツということだそうな…はぁ~

 すまんが、これで口直しを…RE CYBORG 009のサントラ?3分27秒…これ、音楽が
すごく良かったのでゲソ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「侵略!イカ娘」最終巻ゲットでゲソ~

 ついに「侵略!イカ娘」最終巻・・・22巻が発売されたので、すぐゲットしたのでゲソ…
S220120160510

「終わらない夏休みがついに終わる!?そのときイカ娘は…!?」「ずーっと真夏の侵略コメディー、ついに完結!!」
S220220160510

 ヒーローになったイカちゃん、可愛いでゲソ~
S220520160510

やってることは、アン○ンマン?
S220620160510

S220420160510

褒めるのが上手…清美タン
S220720160510

ドジッ娘お巡りさん…古川蛍子タンも水着で登場…
S220820160510

久しぶりに常田鮎美ちゃんも登場…なんか無理なくこれまで出てきたキャラクターが出そろってきます。
S220920160510

「エビグッズ」に身をひそめ、イカちゃんをストーカーする相変わらずの長月早苗…
S221220160512

回転ずしを楽しむイカちゃん…その前に「同胞」達は千鶴や栄子が無理やり食べている。
S221320160512

「お掃除ロボット」に乗って楽しむイカちゃんかわいいでゲソ~
S221020160510

夏休みが終わる1週間前、アメリカに帰る「米国地球外生命体対策調査研究所」のシンディー…イカ娘を「宇宙人」と認定、研究したがっていたのだが…

そして夏休み最後の日…
S221120160510

イカちゃん、侵略開始でゲソ!しかし・・・安部先生はあとがきで
「一夏の物語としてどう締めるか、いろいろ考えました。アニメが2度も素晴らしい最終回をやってくれたので 原作として何を一番優先すべきか考えた時、残された数少ない話数、最後の最後までいつも通りの日常を描こうと決めました。(中略)いずれオールシーズンでイカ娘の日常を描きたいと思います。」とあるでゲソ・・・

ま、どうゆう結末かまでは、書かないでおこう。

おまけ…カラーページには「田辺梢」さんが登場…このキャラが、「タコ娘」そして「イカ娘の人間化」を暗示させるものだったのでゲソ・・・
220320160510

では皆さん・・・「イカロス」には気をつけるのでゲソよ・・・イカちゃんは、みんなの心の中にいるのでゲソ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

侵略!イカ娘…ついに最終回でゲソ~

 2月25日発売の「週刊少年チャンピオン」13号にて、ついに「侵略!イカ娘」が最終回を迎えたのでゲソ。
S20160225

右上注目upwardright
20160225

「感動の最終回じゃなイカsign03

ではでは、購入して中身を確認…どんな「感動」が待っているのか…happy01

夏が終わって…
①なんとかイカ娘は侵略を成功させ、安倍政権を打倒する

②とりあえず海に帰る・・・

③地上での暮らしが長くなって、人間になる

④「天敵」の早苗に・・・

⑤なにも起こらないsign02

さぁ、どれでしょう・・・答えはネタバレになるから、書かないのでゲソ・・・
とはいえこういったサイト なんかのコメントとかを読んでいれば、自ずと答えはみえてくるじゃなイカsoccer

とはいえ、約9年も「ずーっと真夏」で、「イカちゃん」が可愛いのと、登場人物の掛け合いだけで持ってきたこのマンガ・・・ある意味恐ろしいでゲソ。ま、アニメ化されたことで作者にも勢いがついたのかな・・・とはいえ20巻、21巻ぐらいから「ネタづくり」にしんどさが見えてきたのも、また事実。
また、これから「イカちゃん」と言えばゲームのSplatoon のほうが有名になっていくのだろうな。

しかし、連載が無くなっても、海を汚す人間ども・・・辺野古の海に基地をつくったり、原発を再稼働させたりする輩がいる限り、イカ娘の侵略活動はまだまだ続くのでゲソvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「侵略!イカ娘」21巻げっとでゲソ~…が…

 「侵略!イカ娘」コミック21巻をげっとしたのでゲソ~
S2120160130

ずーっと真夏の地上侵略コメディー!!
イカ娘がついに海の家を侵略!?イカ娘が野良犬に対抗したり、舎弟が出来たり、手相占いを受けたりと、イカ娘の侵略は相変わらず進まず…!?
S2120160130_2

中をみてみようじゃなイカhappy01
S2120160131

探偵コスのイカちゃんかわいいでゲソ~
S2120160131_2

「天敵」早苗を助けるイカちゃん…
S2120160131_3

草野球をするイカちゃん…アニメⅠ期では、佐倉清美が女子野球部という設定だったため、イカちゃんも野球をやるシーンがあったのでゲソ…
S2120160131_4

伊勢エビに歓喜するイカちゃん…
S2120160131_5

ガルパン カチューシャ状態 のイカちゃん…かついでいるのがノンナではなく、「南風のおっさん」であるところが、このマンガの醍醐味sign02

ところが・・・作者あとがきを見ると・・・「さて、そんな侵略!イカ娘も次の22巻で最終巻となります。」

え~えっ!

何だなんだ・・・
「ずーっと真夏の侵略コメディー」も、そろそろネタ切れか…

と、いうことは次は最終回が見られるということじゃなイカ…
最終回は、
①イカ娘が見事、地上を侵略する(ありえねぇ~)
②夏休みが終わり、海の家「れもん」も閉店…イカ娘も海に帰る(これがまともな終わり方だろう…また次に続くし…)
③イカ娘は地上生活が長くなると、人間になってしまう(これをにおわせるキャラはすでに登場済み…無きにしもあらず)

てなところか・・・
しかし、こもマンガが終わると私ゃ「イカロス」になってしまうじゃなイカvirgo





| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガールズ&パンツァー劇場版鑑賞闘争

 わざわざ綾川町のイオンシネマまで行って、ガールズ&パンツアー劇場版 を観てきたのでゲソ…
Sdsc03770

奥のティッシュの箱のようなものは、「ガルパン仕様」ポップコーンとジュース入れ…劇場ではフィギュアや「戦車のプラモ」なんかも売っていたが、高い!置き場が無い!ということで手をださず、缶バッジのみ。
Sdsc03771

歴史大好き、「歴女チーム」こと「カバさんチーム」の缶バッジ…左からカエサルエルヴィン左衛門佐おりょう・・・でゲソ。

映画の内容は、まぁTV版のオールスターキャスト勢ぞろいsign01といった感じ…もちろん「赤いイカ娘」こと、プラウダ高校、カチューシャ 隊長も健在でゲソよhappy01

 その代わり、劇場版の新キャラの魅力が薄いのが少し残念…しかしエンタメとしては十分に楽しめた。

では、注目の新キャラの主な方を、パンフから紹介

S20151207 まず、「旧日本軍戦車」を操る、知波単学園の隊長…西 絹代 タン・・・九七式中戦車に搭乗。なお、知波単学園はモロ、旧日本軍なので、突撃あるのみ…退却のことは「転身」と言うのでゲソ…

S20151207_2 フィンランドの戦車BT-42や、MkⅥクルセイダーを操る、継続高校の隊長、ミカ 謎めいたクールな感じが良い…フィンランドの伝統楽器「カンテレ」を戦車の中でも奏でる…

S20151207_3 プラウダ高校のクラーラ なぜか副隊長のノンナ とロシア語で意思疎通を行い、カチューシャ隊長をいらだたせるも…実は日本語もしゃべれるのであったsign02



















S20151207_4「敵」側のキャラクターとして登場するのは、M24チヤ―フィー軽戦車や、M26パーシングなどを操る「大学選抜チーム」の隊長・・・愛里寿 タン…どこかエヴァのアスカに似ているsign02か…「戦車道」の実力を認められて「飛び級」で大学選抜チームに入ったスゴい人…というか、要するに他のキャラが「高校生」であるのに合わせた苦肉の設定なんだろうなcoldsweats01









あと、これ以上書くと「ネタバレ」になるので、みんなで「パンツァー・フォー!」でゲソvirgo
S20151128


| | コメント (0) | トラックバック (1)

追悼!水木しげる先生

携帯のニュースサイトをちょっと見て驚いた…あの水木しげる先生が亡くなられたという…四国新聞WEBより
水木しげるさんが死去、93歳/漫画家で文化功労者

  「ゲゲゲの鬼太郎」など独自の妖怪物で知られる漫画家の水木しげる(みずき・しげる、本名武良茂=むら・しげる)さんが30日午前7時ごろ、多臓器不全のため東京都三鷹市の杏林大病院で死去した。93歳。鳥取県出身。葬儀・告別式の日取り、喪主は未定。
 11日に東京都調布市の自宅で転倒して頭を打ち、入院していた。
 太平洋戦争から復員後、紙芝居画家や貸本漫画家を経て、「ガロ」などの漫画雑誌で活躍。代表作「ゲゲゲの鬼太郎」はたびたびテレビアニメ化され、妖怪ブームをもたらし、後に実写映画にもなるなど、時代を超えた人気を見せた。10年には文化功労者に選ばれた。


 NHK朝の連続TVドラマは、とっくに見なくなったが、四国に転勤してきた時にやっていた「ゲゲゲの女房」だけは見ていたなぁ~

 近年も「ビックコミック」にカラー4ページの連載「わたしの日々」というのを連載していた…まだまだ元気そうだったのだが、「多臓器不全」では仕方がない…
 まぁ、水木先生のファンなら大体はご存じだろうが、彼波乱万丈の人生は「ねぼけ人生(ちくま文庫)」や、「昭和史(全8巻 講談社文庫)」に詳しい…

 鳥取県境港で生まれた水木しげるサンは、いろいろ多趣味な子ども生活を送っていたのだが、なぜか「社会生活」は苦手…得意な絵で生計を立てる方法も見つからないまま、徴兵され、ラバウルへ…そこで偵察に出かけた分隊が「絶滅」した中、一人生き残って部隊に帰ってきたら、中隊長に「次は真っ先に死んでくれ」と言われ、前線の空襲で左手を失い、ラバウルに「後送」される…これが無かったら、彼のいた部隊は「玉砕」したことになっているので、「ゲゲゲの鬼太郎」は生まれなかったかもしれない…現地の「トライ族」とトモダチになるものの、「敗戦」で帰国…あちこちに出来た「傷痍軍人の会」に入って様々な商売をするも、神戸で「水木荘」というアパートを買って(「成功」していた父親がある程度金をだしてくれたそうな)そこで紙芝居画家を始める…「鬼太郎もの」も紙芝居で始まったものだ…しかし戦後復興で紙芝居の「売人(飴を売って紙芝居を見せて回る人)」の成り手がいなくなったり、TVが普及しだしたりして「紙芝居」は壊滅…東京に出て「貸本漫画」作家となる…ただこの業界も、いわゆる「雑誌」に連載を持っている漫画家との地位は雲泥の差があり、貧乏暮らしを余儀なくされる・・・この中で生まれたのが「墓場鬼太郎」「悪魔くん」「河童の三平」などの名作である。
S20151130これは、92年に「青林堂(現在のネトウヨ出版社とは全然違うものと考えて下さい)」から復刻された、貸本「妖奇伝」の「墓場鬼太郎」の扉絵・・・なんとも鬼太郎はグロテスクだったのだ。

 その後、講談社の「少年マガジン」に「自由なテーマで書いてくれ」と依頼があり、描いたのが、テレビの中に自由に出はいりできる不思議な少年が主人公の「テレビくん」・・・これが講談社漫画賞をもらうことが出来き、たちまち「売れっ子」漫画家となる。

 また、知り合いの長井勝一氏が始めた「ガロ」に、様々な風刺のきいた短編を連載、白土三平の「カムイ伝」とともに、読者を獲得した。(長井氏は「水木漫画」にも時々登場する)・・・「貧乏」と闘っていた水木サンは、今度は「多忙」と闘わなければならなくなった。過労で倒れたこともあったらしい。 

 ではここで、水木漫画をちょっと見てみよう…
 貸本時代の「鬼太郎世話」を、ガロ用に書き直した「鬼太郎世話」(ちくま文庫)・・・「猫娘」の原型?キャラが登場する。
S20151130_2

 水木サンは女性を書くのが苦手だったそうで、右の「猫娘(ネズミを見ると猫娘に変身してしまう)」は、アシスタントをしていた池上遼一氏の絵柄らしい・・・その他、水木プロにはあの「無能の人」「ねじ式」でおなじみの、つげ義春氏もアシスタントをしていた。

 水木サンは鬼太郎や「悪魔くん」他、伝記漫画も描いている…近藤勇を描いた「近藤勇・・・星をつかみそこねた男」は、あの新撰組がとてもユーモラスに描かれている。劇画「ヒットラー」も有名である。
S20151130_3
劇画「ヒットラー」(ちくま文庫)第4章…得意の演説で、弱小政党だったナチスを大きくしてゆくイメージ

そして、忘れてならないものは「戦記モノ」である…ただ、貸本時代に書いていた「戦記モノ」は太平洋戦争で「勝っている時」はいいが、負けてくると人気がおちてくるらしい。
 有名なのは、自らが所属していた大隊が、ラバウルで孤立させられたまま「玉砕」した事件を元に描かれた「総員玉砕せよ!」(講談社文庫)であろう。

最前線に行く前日に「慰安婦」のいる「ピー屋」での描写である。
S20151130_4
S20151130_5

 「昭和史」のほうでは、この後慰安婦たちは病院船で帰還する途中、魚雷にやられてみんな亡くなってしまったと描かれている。

 水木サンも慰安婦問題については「バイショウしないといけない」というようなことを言っていた・・・

 あまりにも突然の、水木しげるさんを悼み、改めて合掌するものである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

祝!「侵略!イカ娘」20巻…もちろんゲットでゲソ~

 ついに「侵略!イカ娘」の単行本の20巻が発売になったのでゲソ…もちろん、すぐにGETしたのでゲソ!
S2020150808

「イカ娘のあの能力が退化!?」「イカ娘がゲームを買いに行ったり、防犯教室に参加したり、夜更かしをして寝られなくなったりと、イカ娘の侵略は依然進まず…!?」
S2020150808_2

夕日に感動するイカちゃんかわいいでゲソ…
20120150809_0001

子ども達に注意するイカ娘…「侵略者」がすることか!?ちなみに奥の女性は、相沢たける達子どもらの担任の「斎藤愛子」先生…子どもに人気のイカ娘を「敵視」しているのでゲソ…
20120150809_0002

ドジッ娘おまわりさん「古川蛍子」タンも、大活躍sign02
20120150809_0003

ただ、古川蛍子タンの出番が多くなった代わりに、「ニセイカ娘」の中の人、常田鮎美タンが出てこなくなったのでゲソ・・・まぁ、この漫画、イカちゃんの可愛さの他に、登場人物の掛け合いの面白さで持っているから(イカ娘は、ボケもツッコミも出来るのでゲソよ)、人見知りするキャラは出しにくいというのはあるのだろう。

 実は「侵略!イカ娘」は、現在Wii Uソフトゲーム「Splatoon」 とコラボしている…ゲームのことはよく分からないが、どうやら登場人物が「イカ」ということらしい。

 で、「Splatoon」とのコラボポスター?が、単行本に掲載されているのでゲソhappy01
20120150809

その他、20巻にはその関係の「応募シール」らしきものが張られている…詳細は週刊少年チャンピオン№36+37号(8/6売り)にてsign03 とのこと。

さあ、これからも「イカ娘」の侵略活動に、期待しようじゃなイカvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美味しんぼ「福島の真実」

 先日、「侵略!イカ娘」を買ったついでに、「美味しんぼ」110巻、111巻がボンと置いてあったので、購入した。いわゆる「鼻血問題」で様々に議論された(というか当時は「鼻血」だけでヒートアップしていた状況だったが)作品である。
S20150307_3
 はっきり言いましょう…「内容を読まずして、一部を取り出して批評することなかれ」である。
 「美味しんぼ」自体、食や食文化…それを支える人たちのドラマを描いてきた作品である。あの原発事故の後、そういった観点から「福島がどうなっているのか?」ということが書かれたのが、「福島の真実」編である。
 もちろん、食品を含めた「放射能汚染(正確には「放射性物質による汚染」なのだが、作品中に使用されている言葉であること、簡便性より、この言葉を使う)」の問題が、メインとなってくる。

 取材期間は2011年秋~12年にかけてであり、2015年現在の状況とは違うのであろうが、あれから4年…原発事故の収束状況も含め、「状況が大幅に改善した」というニュースは無いから、ほぼ「福島の真実」は今も変わっていないのであろう。

 作者が取材したことを、漫画に出てくる「東西新聞」と「帝都新聞」との共同取材企画を進める・・・という形で、ストーリーが展開されている。(ネタバレになるが、これは主人公の山岡士郎と、父、海原雄山の「真の和解」という伏線が盛り込まれている)
 様々な「福島の人」が登場する…放射線量が低いのに、「風評被害」で米が売れない会津の人、捕った魚の放射線量が基準値をオーバーするため、漁に出かけられない漁師さん達、農産物が放射能を吸収しないよう、様々な努力を続ける農業者達(ちなみに、放射性セシウムは土に吸着したり、また畑にカリウムを撒くことで、畑の農作物はほとんど放射性セシウムを吸収しない・・・水田は別で、水からの吸収があるため、なかなか難しいようだ)、前の年に取っておいた川魚や山菜料理…もうこれらは放射能に汚染されて、食べられない…を出してもてなしてくれる人。
 もちろん、食に携わる人々だけではない。地道に汚染量を測定しS20150307_5
マップを作る人(ちなみに、チェルノブイリ事故の時、当時のソ連政府は公式の細かな「汚染量マップ」を作ったが、福島にはそういったモノが無い…これが無いと、「将来の見通し」が立たないのであるが、国や県、そして東電などはそういったものを作ることをサボタージュしている…「補償の根拠」にされては困るからだ。)新たな「放射能安全教育」としか言えない副読本…放射能の影響や、避難のやり方にはほとんど触れず、「放射線は医学等で人類の役に立っている」ということばかり書いてある…に代わり、「放射線に対する正しい認識をもってもらおう」と自分たちで新たな副読本を作ろうとする教師達・・・
 だが、何よりも「帰還出来ない」とされた区域は、全く「復興」が出来ず、あの日のまま朽ち果てていく様が描かれていること、「帰還」出来ない人は狭くて不便な仮設住宅に押し込められ、「希望」が持てないという「現実」である・・・これは現在もまだ進行中である。
 また、福島市を始め、線量の高い「ホットスポット」のような所が、沢山ある。「除染」をしても、また高い放射線レベルに戻ってしまう現実。作者の立場は「放射線管理区域(実効線量3か月あたり1.3ミリシーベルト、時間当たりだと0.46μシーベルト/h・・・実質0.5μと覚えておこう)を超える場所に、一般の人は住むべきではない」というもので(これがこの「作品」に対しての議論の一つでもあるのだが)、「福島(とまたくくってしまう「表現」も議論の一つなのだが)には人は住めない」と言っている。作品中には、福島市を「放棄」して、線量の低い場所に「新福島市」を作ろうという構想を持つ人も出てくる。

 肝心の「鼻血」のシーンは、作品の最後の方、福島第一原発を東電の案内で取材した後に出てくる…元双葉町町長、井戸川氏も鼻血が出ると言う…鼻血だけでなく、「山岡」や「海原雄山」も福島連続取材の後、疲労感を訴える…こういった「低線量下」による体調不良が、本当に「放射能」の影響かどうかは分からないが、いくつかの仮説はあるようだ・・・だが、それはこの作品の中の、「エピソード」にしか過ぎないような扱いである。

 この作品で作者が言いたかったこと…それは「原発事故」によって、広範囲な地域に人が住めなくなり、また「放射能汚染」によって多くの人が、肉体的にも、精神的にも苦しめられている。それは地域、コミュニティー、それが培ってきた食文化も含めた文化を破壊したことに対する「怒り」である。
 原発事故のリスクを、自動車や飛行機の事故リスクと比較して語る人が居る…しかし自動車事故や飛行機の事故で、「地域」や「文化」が破壊されることは無い。また、個人の「がん罹患」リスクを語る人も居る・・・そうではない、地域根こそぎ、文化根こそぎ、無くなるのだsign03こんなものを54基も作ってきた、「自民党政権」…きちんと批判できなかった野党、そして目先の「利益」のために、現在全て止まっている原発を再稼働させようとする電力会社と安倍政権…こんな奴らは「国土破壊者」であり「文化破壊者」である。「美しい日本」だの「地域創生」だの言う資格など、無い…完全に打倒しようvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧