文化・芸術

瀬戸内国際芸術祭、本島侵略でゲソ

 昨日、瀬戸内国際芸術祭秋会期で会場となっている、本島を侵略してきたでゲソ
丸亀から高速船に乗って、本島へ・・・
Dsc01631

太鼓と大漁旗の歓迎でゲソ
Dsc01643

本島はけっこう広いから、レンタサイクルで回るのがベターなのだが、今回もひたすら歩く・・・
このあたりは、塩飽諸島といって瀬戸内海の難所でもあり、優秀な船乗りが育ったところ。織豊期から徳川時代にわたり、支配者より自治を認められる代りに、水夫を時の権力者に提供してきた・・・で幕末、咸臨丸が太平洋を渡ったときも、塩飽諸島の水夫が35名、活躍している。
Dsc01646 
で、それを顕彰する碑の隣に、石井章のVerrrek「出港」という作品がある。

Dsc01647
こんなモノや

Dsc01648
こんなオブジェがあったりする。

Dsc01652
カリン&パット「シーボルトガーデン」・・・シーボルトは本島に寄ったことがあるらしい。

Dsc01653
「シーボルトガーデン」展示用の家屋

Dsc01654
村尾かずこ「漆喰・鏝絵かんばんプロジェクト」島内に何箇所かある。

Dsc01656

森節子「崩壊と再生の中で」築70年の古民家の内外に、色とりどりのアート作品を展示
Dsc01658
こんな感じでゲソ

Dsc01664
本間純「耳鳴り」・・・瀬戸内の海岸を寺のたたみとアルミ基盤(らしい)で表したもの 。

Dsc01667

いい佇まいじゃなイカvirgo
Dsc01669
力五山「つなぐ」檀家が離れ人の手が入らなくなった寺を甦らせるプロジェクト

Dsc01680
さて、これは芸術作品ではないが、塩飽勤番所である。自治を与えられた塩飽衆が、「年寄」を選んで政務を行った所・・・織田信長、豊臣秀吉、徳川家康らの「主印状」なんかが展示されている。

Dsc01681
主印状はこの蔵で、厳重に保管されていたのだそうな・・・

Dsc01684
勤番所からえっちらおっちら歩いて、斉藤正×続・塩飽大工衆の「善根湯×版築プロジェクト」・・・古代中国で城壁を作ってきた技術「版築」で、建物を作っておりまする。

Dsc01687

ここを過ぎると、目の前に瀬戸大橋が見えてくる・・・
海沿いの道を、えっちらおっちら歩くと、笠島町並み保存地区が現れる。
Dsc01694

ま、こんな感じの町並みが、狭いところに固まっている
Dsc01696

格子と生け花
Dsc01701

猫・・・
Dsc01699

この町並み保存地区を見てから、港のほうへ帰る・・・侵略完了記念に、屋台で1杯・・・ビール400円(観光地価格だぁ~)と、牡蠣炭火焼き1個200円でゲソ
Dsc01704

ではでは・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大島青松園に行く

昨日は、瀬戸内国際芸術祭の会場ともなっている大島まで行ってきた。大島とは、国立ハンセン病療養施設大島青松園のある所である。1996年に「らい予防法」が廃止されるまで、ここはハンセン病患者を隔離し、差別を押し進める施設だった・・・
 大島には高松港から船が1日3往復しか出ていない。島で暮らす入所者や職員にとってはそれで十分であり、瀬戸内国際芸術祭の間も増便はされない。高松港のターミナルに行き、総合案内所で「大島に行きたい」と言えば、乗船整理券とパンフレットをくれる。
Dsc01481

男木島、女木島に行くフェリーと同じ桟橋から、昼の便がやってきた。
Dsc01539_2

村の病院といったたたずまいを見せる、療養所の入り口。
観光客はここから入るのではなく、近くにある案内所で入場料を払って、ボランティアの案内係さんからもらったプレートを首からかける。案内係さんの誘導に従って、約40分ほど島を案内してもらう。
Dsc01489_3
まずは、納骨堂。1936年から現在まで、ここで亡くなって遺骨の引き取り手のない方々が眠っている。

Dsc01486
誰とはなく、ろうそくに火をともし、手を合わせだした。

Dsc01492
ここから西の海を見る・・・キラキラ光って綺麗だ。

Dsc01490

左から、明治時代の慰霊碑、堕胎を余儀なくされた胎児の慰霊碑、そしてこの島に始めてやって来た「医者」の所長さんの碑(ハンセン病隔離施設は治安的意味から警察官僚が所長を勤めることがほとんどだったそうな)
案内係さんに連れられて、さらに島の先のほうへ・・・
Dsc01493_2

火葬場の隣にある、でっかい観音様・・・
Dsc01495
火葬場のすぐそばにある、「風の舞」というモニュメント・・・手前の三角錘は天を表し、奥の三角錘台は地上を表し、右の石舞台は死者と生者との対話を表すのだそうな。
ここから戻って、芸術祭の展示コーナーまで行く・・・と行っても、空になった入所者のアパートである。

Dsc01506
この船で、入所者が釣を楽しんだりしたのだそうな。

Dsc01512_2
入所者が読んだ本が、こんな感じで積まれている。

Dsc01513

指が不自由になった人は、スプーンで碁を楽しんだ。

Dsc01507

街のたたずまいは、こんな感じ。
Dsc01508

東側の海も、あくまで青い。

Dsc01515_3
青空水族館という、展示コーナー・・・なお、道路の白線は、自動車のためにあるのではなく、目の不自由な入所者が道を歩きやすくするためのもの。

Dsc01518

中にはこんなのや・・・
Dsc01520
ゴミのオブジェやら・・・

Dsc01524 

いろいろありまする。
Dsc01528

すごいぞ~
Dsc01502
ここの負の遺産・・・石の解剖台・・・亡くなった患者の解剖が行われたという。30年程前に海岸に捨てられたものが、前回(2010年)の芸術祭の時に見つかり、入所者と話し合った上で、ここに飾られている。

Dsc01485
青松園というぐらいだから、立派な松の木が多い・・・今回は見る作品はあんまり多くなく、狭い範囲だったので、帰りの船の時間までこうやってぼぉ~っと松や海を見ていた・・・のんびりした綺麗な所だが、もし「一生ここに隔離される」という運命の中でこの景色を眺めると、どうだろうか・・・どんな美しい景色も、地獄の責め苦と変わらないのではないだろうか・・・多くの患者、入所者の方々は、どんな気持ちでこの景色を眺めていたのだろうか・・・
Dsc01542
瀬戸内の海は、あくまでも青かった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アラーキー列車

 昨日、伊吹島侵略の際、高松から観音寺まで乗った列車は「快速サンポート南風リレー号」なのであるが、瀬戸内国際芸術祭2013のイベントの一つ、アラーキー列車だった。
Dsc01290
光線の具合が悪くて、ゴメンね(^^)

あの写真家、荒木経惟氏の「写真?」をラッピングしたもの・・・なんかホラーっぽくて、幻想的だ・・・
Dsc01291
花と、人形と・・・

Dsc01293 
観音寺駅で、全景・・・やっぱり黒っぽいボディーにラッピングしたヤツは、順光で撮らないと何が書いてあるのか分らない・・・

ちなみに、帰りもアラーキー列車だったぞ・・・
Dsc01361
すごく、派手目・・・
ちなみに、使用車両は113系なのだが、快速仕様なので、転換シートである。
Dsc01362
わはは、快適でゲソvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊吹島侵略でゲソ…

今頃が一番、クソ暑い・・・にもかかわらず、瀬戸内国際芸術祭2013の、夏の部でいちばん西の会場、伊吹島まで行って来た。伊吹島は「いりこ」の産地で、この「いりこだし」が讃岐うどんのうまさに入っているのだ。
 JRで観音寺まで行き、そこから港までシャトルバス(無料)が出ている。船で20分ぐらいで伊吹島に到着~
Dsc01298
大量旗が迎えてくれます(^^)
アートが飾られている会場は、島の街中にあり、そこにはいきなり急坂を上っていかねばなりません。ひー

Dsc01301
廃校となった小学校・・・ここに3つのアートが・・・

Dsc01303

このトイレも、アートです(石井大五 トイレの家)

Dsc01306
網にたくさんの「浮き」を取り付けたアート(豊福亮+Chiba Art School 沈まぬ船)

Dsc01310
体育館の中には、マーカーで書いた島の風景・・・360度ですよ(大岩オスカール 大岩島2)

Dsc01313
昔の消防団は、オート3輪をつかっていたみたい・・・

Dsc01316

島に電気が来たのは、45、6年前のことらしい・・・
Dsc01318
伊吹島民俗資料館・・・ダイハツ工業の4代目は、伊吹島出身らしい。

Dsc01319
写真ではよく見えませんが、定置網に鈴をつけて、涼しげな音で迎えてくれます。

Dsc01320
この遊具みたいなヤツは、地引網の要領で動くのでゲソ・・・実際に乗って、動かしてもらったぞい!

Dsc01323
休憩場所のお寺さんで、北側の船溜まりを望む・・・気持ちいいでゲソ

Dsc01325
島の狭い道には、こんな人形も・・・

Dsc01326
中には、段ボールで作った亀さんが飾られている(LUNA...CLIP 歩み)

Dsc01327
さらに狭い道を行って・・・

Dsc01329
何か、竪穴式住居みたいなものがある・・・

Dsc01332
鏡と水の作用で太陽光を・・・

Dsc01336
虹色に反射させて、見せるのだ(関口恒男 伊吹島レインボーホール)

Dsc01339
水と鏡・・・思いっきり暑いけど、なんか涼しげ・・・

ここを過ぎると、しばらく歩かなければアートは見られない・・・Dsc01340


クリーンセンター(ゴミ焼却場)の横を通って、急坂を下りてゆくと海岸に出られる。泳ぎたいぜvirgo
Dsc01342

なぜか巨大な、椅子がある・・・(芸術祭とは別のものらしい)
Dsc01343

廃業した網元の加工場に、様々な展示をしている。(みかんぐみ 伊吹島イリコ館)
Dsc01344

廃工場の展示も、なかなかのもの・・・
Dsc01346

伊吹島の立体模型も、あるじゃなイカsign03
Dsc01347

2階には、様々なワークショップの展示・・・昔の大学のサークルボックスみたい。
Dsc01348

荷揚げやなんかをしたんだろうな・・・海風が気持ちいい
Dsc01349

で、急坂を上って降りて。広い道にでる。ずいぶん上り下りをしたもんだ・・・
Dsc01355

途中には、金田一春彦の歌碑なんかもある。
Dsc01354

さて、港にもどってきたのは良いが、船の時間まで1時間ある。おまけに盆休みの日曜・・・すごく人が多い・・・船の待合室はすでに満員sign02暑い中、あちこちたむろして(店とかもあるけれど)時間をつぶすしかない。
Dsc01356
ちなみに、「讃岐百景」なんだと・・・ではではsun

   

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あるみさん」のテーマ

 2~3ヶ月ほど前、壊れる前に・・・というブログを管理している「うに」さんという方からメールをいだだきまして、「あるみさんのテーマにぴったりの曲があります」とのこと・・・

 年末までほっといて、スミマセン・・・紅白なんぞよりも、こっちを聞いてくだされ
<iframe width="478" height="273" src="http://www.youtube.com/embed/ua4An9kH0Vs?list=FLTX096-wazc8BOpQUlq-I5Q" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

歌っている方のプロフィールは・・・うっ、わ、忘れてしまったでゲソ~

ということで「マレイム・ハッサン」さんを調べてみる。

 マリエム・ハッサンは、1958年スペイン領であった西サハラ生まれ。17歳の頃に政情不安な故郷を後にし、難民キャンプで25年以上もの期間を過ごしています。その間、彼女は西サハラ独立を掲げるポリサリオ戦線のための音楽グループなどで活動。そこで数枚のアルバムも発売しています。その後、スペイン/バルセロナに拠点を移し、『砂漠のブルース』の西サハラを代表する歌手として世界中のファンを魅了し続けています。

のだそうなvirgo

ちなみに「ALU UMI」とは「お母さん」とかいう意味だそうな。

「うに」さんのブログは、「旗旗」サイト経由で時々除く程度で、コメントとかはしたことなかったのですが、世界の様々な国・地域の人権問題等が紹介されており、なかなか面白いです・・・

ということで「うに」さん、改めてありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蟹工船で働こう・・・追記・改変あり

歌ですnote

蟹工船で働こう、リストラされたら
蟹工船で働こう、会社がつぶれたら

蟹工船、蟹工船、みんなで働こう
蟹工船、蟹工船、明日が出港だ〜

蟹工船は、良いところ、タラバがつめほうだい
ひたすら蟹cancerをつめるだけ、食べたらシバカレル〜

蟹工船、蟹工船、監督ムチ振るう
蟹工船、蟹工船、地獄さ行くんだよ~

蟹工船の仕事場は、ロシアはカムサッカ
船の周りは、オホーツク、逃げたら凍死だぜ~

蟹工船、蟹工船、味噌汁蟹がない(どうなっとるんじゃsign03~われ~angry
蟹工船、蟹工船、1日蟹づくし~

朝もはよから起こされて、工場へと向かう。
蟹はあれども、食べられない。この世の地獄だぜ~

月月火水蟹工船、休むと命が無い。
蟹工船、蟹工船、死んだら蟹のエサ〜

日本全国蟹工船、働いても食えぬriceball
福祉も医療も教育も、なんにもありゃしない~

蟹工船、蟹工船、開きなおってカニ光線thunder
1日1回、カニ光線、資本家どもを、打倒せよsign03

      …◆…◆…◆…◆…

適当な節をつけて、いかいもやる気なさそーに(資本家に対して)歌ってくださいheart01
節まわしは一定なので、各職場や闘いの状況に合わせて、ドンドン歌詞を好きなように追加していってください。

 この歌を全国でヒットさせ、全ての労働者階級に、非式雇用・ワーキングプアーの問題は自らの問題であるということを理解・自覚してもらうべく、宴会・暑気払いその他で有志が大いに歌っていただくためにつくりましたheart01
いかにも「やる気ねぇ~」という雰囲気で歌うのが最初のコツですが、最後のほうは「闘いをもりあげる」雰囲気を出しましょうhappy01

蟹工船、カニ光線、資本家共を、打倒せよ!
ビ―ッッッ…ボウン!

お台場のガンダムや、神戸市長田の鉄人28号より確実に強い、蟹光線thunder(マジンガーZには、負けるかもsad

蟹工船で、闘おう
蟹工船と、闘おうrock

新しい労働者の力がみなぎる唄だなぁ~・・・と思うぞsign02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

またまた歌ネタ

歌ネタを書いたら、コメントが3つもついたので、もういっちょいくか(^^)(^^)/
「戦争反対」さんが紹介してくれた、「お山の杉の子」ですが、実は私のオカンが3番までよく歌っていたのを覚えている。オカンは国民学校1年・・・小学校1年生ですね・・・で敗戦を迎えたので、おそらく4番以降は「戦後民主主義」の中で教えられなかったのだろう。しかし、省略してそれでよし・・・というのもいかがなものか?
 問題のある歌詞を歌わなくなった・・・というのは、卒業式では「君が代」以上にふさわしいsign02「蛍の光」
もともと「蛍」の表題で、以下のような歌詞であった(北村さんの資料より)
1.ほたるのひかり、まどのゆき
  書(ふみ)よむつき日、かさねつつ
  いつしか年も、すぎのとを
  あけてぞけさは、わかれゆく
2.とまるもゆくも、かぎりとて
  かたみにおもう、ちよろずの
  こころのはしを、ひとことに
  さきくとばかり、うたうなり
3.つくしのきわみ、みちのおく
  うみやまとおく、へだつとも
  そのまごごろは、へだてなく
  ひとつにつくせ、くにのため
4.千島のおくも、おきなわも
  やしまのうちの、まもりなり
  いたらんくにに、いさおしく
  つとめよわがせ、つつがなく

だそうである。もちろん現在は2番までしか歌われていない。ちなみにこの歌は戦前、国定教科書にのったこともなければ、文部省唱歌でもない。そういう意味で「無批判」に使われているのが一番問題だろう。
ちなみに、4番の「千島のおくも、おきなわも~」の歌詞はどこかで読んだことがあるのだが、北村さんはここを「樺太も台湾も~」と歌った、さらに彼女よりも後輩の人で「アリューシャンとサイパン~」の組み合わせで歌った世代もあるそうだ。どっひゃ~「大東亜共栄圏万歳歌」じゃん!
元々中核派さんが指摘された「戦争犯罪について、日本人は余りにも鈍感で、徹底追及していないことが戦争責任が子孫に継承されていると思っております。」ということも、むべなるかな・・・gawk
「汽車ポッポ」の作詞者「富原薫」氏についても、ちょっと調べてみますね。

あと、「言葉遊びできるのも、日本が平和で安全な証拠ですネ。」などとのたまう核武装論者さんへ、
2点でマチガイ・・・1.日本の平和と安全は、核武装なんぞすれば吹っ飛ぶこと(もしくはすご~く高い代償が必要、だから日帝は米の核の傘の下にありつづけざるをえない)2.平和で安全であろうがなかろうが、たくましい民衆は言葉遊びもつかって、権力者を批判するのじゃ~
以  上

| | コメント (3) | トラックバック (0)

汽車ポッポの歌

昨日の北村小夜さんの講演資料から・・・
みなさんもご存知の「汽車ポッポ」そう、「汽車汽車ポッポポッポ・・・ぼくらをのせて、シュッポシュッポシュッポッポ」ってヤツ。最近は汽車そのものが無くなって、あまり歌われることもないとか。
で、この歌、1943年制作時は、次のような歌詞、題名も「兵隊さんの汽車」というものだったそうだ。

きしゃきしゃポッポポッポ シュッポシュッポシュッポッポ
兵隊さんをのせて シュッポシュッポシュッポッポ
僕らも手に手に日の丸の 旗を振って送りましょう
万歳 万歳 万歳 兵隊さん 兵隊さん 万々歳

きしゃきしゃ来る来る シュッポシュッポシュッポッポ
兵隊さんをのせて シュッポシュッポシュッポッポ
窓からひらひら日の丸の 旗を振ってく兵隊さん
万歳 万歳 万歳 兵隊さん 兵隊さん 万々歳

きしゃきしゃ行く行く シュッポシュッポシュッポッポ
兵隊さんをのせて シュッポシュッポシュッポッポ
またまたひらひら日の丸の 旗が見えるよ汽車の窓
万歳 万歳 万歳 兵隊さん 兵隊さん 万々歳

なんだか書いている内に、なんてセンスのない歌詞なんだdownwardrightとあきれてしまったが(今の「鉄橋だ鉄橋だ・・・あるいはトンネルだトンネルだ楽しいな」のほうがず~っといいぞ)、この歌、1945年の12月に作詞者が歌詞を変えて、そのまま歌い継がれてきたものだそうだ。
しかしなぁ~この作詞者、詩を変える過程で、どのくらい自己の表現の重さ・・・表現活動をする者は、必ず持っているハズだ・・・について悩んだのであろうか?なにも考えず、時局にあわせてコウモリのように変えたのかもしれない。軽いぞ、悲しいぞ・・・

それはさておき・・・軍事輸送といえば、鉄道が効力を示した時代が長いこと続いたわけで、日本帝国主義もそのために朝鮮半島に鉄道を敷き、南満州鉄道から中国侵略を進めていったわけだ。もちろん、革命の側もそれを有効に利用した、そう、トロツキーの装甲列車だ。
まっぺんさんとこのトロツキーの赤軍歌で紹介されている文章から
軍装甲列車は戦闘部隊だけでなく映画設備、印刷機なども備えた革命宣伝部隊でもあった。トロツキーは軍事革命委員会議長として列車に乗り前線を駆けめぐり内戦を勝利にみちびいた。(柘植書房「トロツキー写真集」より)
う~む「日本革命」が起こっていたら、兵隊さんも「赤軍さん」になるのだろうかsign02

あと革命と列車といえば、キューバ革命のときに、ゲバラらに破壊されたバチスタ側の装甲列車というのがある。サンタクララにその当時の列車がモニュメントとなって残っているそうな。今話題の映画「チェ28歳の革命」でも、装甲列車襲撃・焼き討ちのシーンがある。

では皆様、「汽車ポッポ赤軍バージョン」を作って、広めよう
一例・・・
きしゃきしゃポッポポッポ シュッポシュッポシュッポッポ
赤軍さんをのせて シュッポシュッポシュッポッポ
集会 暴動 ストライキ 赤旗振り振りやりましょう
デモ隊 前へ 進め 革命だ 革命だ 楽しいな~ 
  ↑
マル共連フォーラムへ転載可(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)