旅行・地域

外国人旅行客の荷物…バスはどうする!?

 増える外国人観光客…でっかい荷物を持って、暑いニッポンをウロウロ…お疲れ様です(^^)
ということで、こちらのエントリー に引き続き、旅行客の荷物のお話し。Y!ニュース京都新聞
キャリーバックに路線バス困惑 京都、観光客持ち込み混雑
 観光客の大型バッグが京都市バスの混雑に拍車をかけていることを受け、市交通局は京都駅(下京区)で、手荷物預かり所の利用を促している。車内の混雑に市民の不満が高まっているためだが、持ち込みは後を絶たず、同局は「乗車拒否するわけにもいかない」と頭を悩ませている。
 6月下旬、バスの行き先や時刻が表示される京都駅前の総合案内板前に、キャリーバッグを持った若い女性2人が訪れた。そこに、同局の観光案内役「おもてなしコンシェルジュ」が駆け寄った。
 「バスは混雑しますのでロッカーに手荷物を預けてはいかがですか」と声を掛けたが、女性たちは「ホテルに向かうので」。コンシェルジュは「近くにはホテルへの運送サービスもあります」と粘ったが、2人はバス乗り場へと向かった。
 訪日外国人など観光客の増加を受け、市バスの混雑に市民の批判が強まる。キャリーバッグも大きな原因で、通路をふさいで乗降に時間がかかり、ダイヤの乱れにもつながっている。
 同局は4月から、京都駅で大きな荷物を持ってバスに乗ろうとする観光客に声を掛け、ロッカーなどの利用を働き掛けている。案内業務を同局から委託されている市交通局協力会(右京区)の中村知雄さん(41)は「素直に聞いてくれる人もいるが、強制はできない」。コンシェルジュの1人は「宿泊施設への運送を勧めても、『受け取る人がいない』と断る人もいる」と顔を曇らせた。
 ただ、観光客にも言い分はある。横浜市から訪れた会社員男性(34)は「市バスは安く、本数も多いので便利。でも小さめの車両が多く、混む路線は大型車両を導入し、荷物置き場をつくれないものか」と話す。
 同局は「手ぶらで観光するメリットをアピールすることで、混雑を抑えたい」(自動車部)とするが、今のところは地道に声を掛け続けるしかなさそうだ。


 路線バスにデカいキャリーバックを持った旅行者…ひゃぁ~どうすりゃいいんだ!の世界だ。路線バスとなると、物理的に「荷物置き場」をつくるわけにはいかない。
 もっとも、観光でウロウロするのに、でっかい荷物を持って…というところで、無理があると思う。荷物はいったんホテルに置いて、それからゆっくり回っていただくしかない。また、多くの観光客も「そうしたい」と考えているだろう。
 とすると問題になるのは、鉄道とかでやってきてホテルまで行く交通機関で、どうするか?ということになる。そうすれば、特に混雑する路線で大型車両の導入や、荷物配送サービスの拡充といった対策もとれるだろう。

 しかし京都に関して言うと…1978年に京都の路面電車が全廃されていなかったら?という思いはあるなぁ~ 確かに路面電車も車両は小さいので、荷物置き場は難しいかも知れない…だが、広電のように連接車を導入して、ちょっとはマシになるのでは…とも考えてみる。
 廃止の時も京都は一応「国際観光都市」の端くれだったのでは…路面電車の復権と、インバウンド需要がこれほどまで伸びるとは、だれも想像できなかった…ということだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若戸の渡船

 蓄電池電車に乗車後は、若松駅を出てブラブラ…若松の街を歩く。
Sdsc07093
 海岸に出ると、若戸大橋の赤い吊り橋が見えて来る。

Sdsc07095
 昔の港の雰囲気…

Sdsc07099
 こうゆうレトロな建物もある…旧古河鉱業若松ビル…もうっちょっと門司港レトロみたいに、宣伝すればエエのに。

Sdsc07101
 これもいい雰囲気だなぁ~

Sdsc07100
 でもって、若戸大橋のたもとに、戸畑に渡る渡船の乗り場がある。

Sdsc07102
 運賃、大人100円!

Sdsc07103
 1時間に4本の運行ship

Sdsc07104
 若松と言えば、火野葦平

Sdsc07106
 何もない待合室で待っていると、船がやって来た。

Sdsc07109
 乗船!

Sdsc07110
 上のデッキにも行ってみる…木の椅子に座ろう。

Sdsc07113
 時間が来たので、出発happy01

Sdsc07116
 ぐるぅ~っと若戸大橋の下をくぐって…

Sdsc07118
 橋脚をかすめ、3分で戸畑に到着…(向こうが若松ね)

Sdsc07120_2
 下船…渡船は北九州市の市営。

Sdsc07121
 桟橋を渡って、戸畑に上陸…

Sdsc07123
 戸畑側の乗り場…なお、若松の乗り場は駅から歩いて20分弱、戸畑側は駅から5分ぐらい(ただし、駅出口の反対側に回らないといけない)だから、小倉から若松に公共交通で行く場合、若松線に乗るより戸畑で降りて渡船に乗った方が早いのである。

ではでは…virgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

門司港レトロ観光列車「潮風号」

 先週、北九州に行って来たわけだが、ちゃんと「観光」もしてきた。
 まずは門司港にある門司港レトロ観光列車「潮風号」 の完全乗車である。
Sdsc06903
 JTBの企画きっぷで新幹線をお安く小倉まで…10時前に到着して在来線ホームへ…いやぁ~電車が九州しているぜ。

Sdsc06904
 日豊本線特急、ソニックであります!

Sdsc06905
 鹿児島本線に乗って、門司港駅へ…

Sdsc06908
 頭端駅ホームのたたずまいが、いつ来てもエエ雰囲気である。

Sdsc06910
 九州の鉄道の、0キロポストだぜっ!

Sdsc06978
 門司港駅のレトロな建物の写真が飾ってある…この駅舎、現在改修中なので、写真に撮ることができない。なお、向かい側は大昔、関門航路とつながっていた所である。

Sdsc06975
 トイレ、洗面所の様子。

Sdsc06912
 駅の北側に出る。ここにも動輪が飾ってある。

Sdsc06974
 向かいにある、「潮風号」のりばにて、切符購入…大人片道300円だが、1日フリー乗車券が600円なのでそれを購入。

Sdsc06913
 トロッコ列車であります。

Sdsc06914
 中の様子。

Sdsc06916
 トラ701です…トラというのは、無蓋車のこと。

Sdsc06919
 満席だったので、立席スペースに立っていました。

Sdsc06917
 門司港駅まえの、「九州鉄道記念館駅」発車…5月末の青空の中7、なんかイベントをやっていて、屋台ソースのいい香りが漂ってきます。

Sdsc06918
 出光美術館駅を通過…出光美術館。

Sdsc06920
 関門海峡の側を走る…関門橋が見えてきた。

Sdsc06922
 いやぁ~港の風情がエエなぁ~

Sdsc06923
 ノーフォーク広場駅

Sdsc06926
 ここを過ぎて「和布刈トンネル」に入ると、暗闇の中でトロッコ列車の屋根が、光るのだhappy01 関門海峡で採れる魚なんだと…

Sdsc06928
 トンネルはすぐに終わり、緑の公園が広がる。

Sdsc06933
 終点、関門海峡めかり駅に到着。

Sdsc06930
 機関車はこんなちっちゃい。

Sdsc06932
 トロッコの横…

Sdsc06935
 終着駅を降りる…インバウンド多いぞupwardright
 なお、この観光鉄道は、北九州市が鉄道設備を保有し、JRの廃止ローカル線を運行する第三セクター平成筑豊鉄道が運行を行う、上下分離方式の鉄道である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カブトガニのいる干潟

 辺野古土砂搬出反対全国協議会の一行は、門司の採石場を見学した後、曽根干潟を見学した。周防灘に面した517haの干潟である。
 残念なことに、大潮満潮だったので干潟は水の下になっている。
Sdsc07065
 写真では分かりにくいが、向かい側は北九州空港…対岸を結ぶ橋や、着陸する飛行機が見えたりする。
Sdsc07067
 右に見えるのが、間島という島で、潮が引くとあの島あたりまで干潟が現れるのだそうな。漁港の桟橋が島には整備されていて、そこまで橋をかけるのだと…
 で、干潟には貴重な生物が棲んでいたり、繁殖したりする…ここはカブトガニの有数な生息地なんだそうな。
Sdsc07059
 川に沿って漁協の建物があり…

Sdsc07060
 隣に「カブトガニ自慢館」なる小屋がある。
 このあたりで、曽根干潟のカブトガニについて研究・保護の仕事をしてきた「日本カブトガニを守る会 福岡支部」の高橋さんから、いろいろお話を聞く。
 話のネタが尽きない人で、もうしゃべりまくりhappy01

Sdsc07062
 自慢館で保護されているカブトガニたん…ここにいるのは、漁の網に引っ掛かって上がって来たカブトガニを保護しているのだそうな。また、つがいになると、絶対離れないのだとか。
 あと、干潟では野鳥の会の方からもお話を聞いた。ズグロカモメという、頭だけ黒くなるカモメの越冬地なんだそうな。
Sdsc07061
 土砂搬出反対全国協議会の行動としては、ここでおしまい…この後バスは小倉駅へ向かい、解散したのである。
 ではではvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪と福岡を結ぶバスが無い!

 5月下旬、北九州市小倉で辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会の総会があって出席することにしているのだが、北九州に出かける夜行高速バスを検索したところ…

無い!

 そーいや3月末に、阪急バスと西鉄バスで共同運航していたムーンライト号が運休するというニュースがあったなぁ~

 LCCの就航により競争が激化したとな…

 てなわけで、新幹線の安いきっぷを探すことに…ありました!JTBのトク徳!ひかり・こだま
 新大阪―小倉が、片道6900円であるmoneybag 夜行バス並のお値段で、新幹線に乗れるのが有難い。

 てなわけで、こいつで行ってくることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五條新町侵略!

 奈良の五條市と言えば、十津川温泉方面のバスが出ている所であり、また天誅組の拠点となったことでも知られる(あまり知られていないか?)が、今回はあまり下調べもせず、ぶらっと降りてみた…大和二見駅と五条駅の間にまちなみ伝承館 というのがあるので、そこを通ってみようかと思ったのである。
Dsc06595
 大和二見駅前にある看板…これに従って歩いてみる。

Dsc06596
 何か雰囲気の良い舗装がされているではなイカsign01

Dsc06597
 古い町並みがこぎれいに整備されている…後で調べてみると、重要伝統的建築物群保存地区 五條新町通り というらしい。2010年12月24日、国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されたそうな。

Dsc06598
 なかなかの雰囲気ですなぁ~と思っていると…

Dsc06599
 いきなりコンクリートの高架橋が…これ、国鉄未成線の五新線 遺構なのである。五新線とは、五條と和歌山県新宮市を結ぶ構想の路線…鉄道はできなかったが、バスが走っている。
Dsc06600
 途中で切れている…先の堤防は、吉野川である。

Dsc06601
 ゆったりカーブして、五条駅に向かう…

Dsc06603
 五新線を示す看板…

Dsc06604
 使われていないコンクリートの桁も、点検されひびわれがチョークで図示されている。ひびわれ幅は0.2ミリ程度なので、そんなに重大な損傷ではない。
Dsc06605
 五新線の遺構を見終わったら、先を急ごう…

Dsc06606
 街並みが途切れた所にある、ミニ公園…

Dsc06607
 街のあらましなんかを示す看板。

Dsc06608
 整備のあらましが記された碑。

Dsc06609
 この近くに「鉄道模型店」がある…なんでもここのご主人、定年退職後に安い家賃でここを借りて始めたのだそうな。主人が作ったとおぼしきジオラマなんかを販売している。

Dsc06611
 しばらく歩くと、柳の木が見える…

Dsc06612
 なかなかいい雰囲気だなぁ~happy01

Dsc06614
 ここが「まちなみ伝承館」の建物…ちょっと時間が読めないので、今回は入館せず…

Dsc06617
 さらに歩きます(^^)

Dsc06618
郵便ポスト…

Dsc06620
 お寺さんがある。

Dsc06621
 「一つ橋餅店」という…今も営業中のようだ。ここからすぐ先に国道があって、保存地区はおしまいになるのだが…
Dsc06622
 こんな感じ。

Dsc06623
 国道沿いの、シックな醤油屋さん。
 ここを北上すると、国道24号に出る。その交差点を地下道で渡って、坂を上り五条駅に向かう。
Dsc06624
 途中にこれまたいい雰囲気の呉服屋さんがある。
 ま、情景としては、ここまで。この後、古い商店街を通って、五条駅前まで出る。
Dsc06625
 しかし五條の街がこんな感じで整備されていたとは、知らなんだ…大阪からはちょっと遠い感じだが、JR和歌山線の時刻をちゃんと調べておけば、簡単に行ける。
Dsc06633
 五条駅前の観光看板…3つのウオーキングコースが提案されている…また時間のある時に、再訪しようじゃなイカvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和歌山線侵略!

  山中渓で撮影闘争してから、和歌山にでて和歌山線に乗ることにした。
Dsc06583
 和歌山線ってのは、基本105系電車が2両で走っている。もちろんロングシート…105系自体、国鉄末期にローカル線を簡易電化した際に採用された形式で、103系を改良したようなものだったからやむを得ない。

Dsc06584
  これは和歌山線の、和歌山市駅ゆきである。

Dsc06586
 和歌山電鐵、貴志川線のホームが向うにあるが、今回はパス…神前みーこタンが、つなげて!全国”鉄道むすめ”巡り のキャンペーン中。

 和歌山線は車両は105系ロングシートなので、趣味的に面白いものでは決してない…大昔はスイッチバック(の跡)なんかもあったのだが、ダラダラと乗車するだけなのだが…
Dsc06588
 それでも季節がエエので、エエ雰囲気で紀の川に沿って西に登ってゆく…桃の花なんかも咲いてなかなかの景色である。

Dsc06589
 行き違い…

Dsc06590
 田舎の風景…

Dsc06591
 橋本で、南海高野線と接続…その先、奈良県に入り、五条の街を散歩しようと(別途報告)大和二見駅にて下車。
Dsc06593
 さよおなぁ~

Dsc06629
 五条駅にて…

Dsc06634
 この車両は、留置中である。

Dsc06636
 こんな撮り方もいいよね(^^)/

Dsc06638
電車がやって来た。
 五条からさらに2駅で吉野口…ここで近鉄吉野線と接続、さらに御所、高田に向かう。

Dsc06640
 高田駅にて…この車両はこのまま、桜井線(万葉まほろば線)に入り、奈良に向かう。和歌山線自体はこの先、王子まで続くが、ここから先は221系大和路快速となるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山中渓で撮影闘争

 JR阪和線の桜の名所、山中渓駅に行ってきました(^^)
Dsc06555

駅の周りに桜がいっぱい植えられているのですね。
Dsc06557

大阪方面に向かうと、こんな感じになります。
Dsc06558

こ線橋の上から…架線柱がちょっと邪魔ですな…
Dsc06561

反対側(和歌山方面)
Dsc06562

もう少し電車の撮影…これはJR西日本の233系であります。
Dsc06565

こちらからも撮影…
Dsc06567_2

花にかこまれた駅名票…
Dsc06569

こうゆうのも趣があっていいよね(^^)/
Dsc06568

改札の外に出て見ます…近辺には桜の名所があるようで、けっこう人が下りてゆきます。
Dsc06574

こんな感じ…
Dsc06576

懐かしい?駅前風景ですな。
Dsc06577

駅周辺…
Dsc06578

とりあえず撮ってみた…
Dsc06581

では和歌山方面に向かおうvirgo
Dsc06582

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姫路城侵略でゲソ…

 昨日は天気も良かったので、新快速乗って姫路城まで行って来た。駅を降りて姫路城まで、道がやたら広い。
Dsc06328

国道2号と交差…城跡の石垣が続く。
Dsc06329

で、ばぁ~んと姫路城が見えて来るのだ。
Dsc06332

橋を渡って門をくぐる。
Dsc06335

三の丸公園…芝生は養生中。
Dsc06336
 写真では分かりにくいが、端正な姿のお城である。なるほど、国宝&世界文化遺産になっているだけのことはある。

Dsc06337
 三連休最終日でもあって、人がけっこういる。

Dsc06338
 待ち時間、30分…ということであるが、見学所要時間は2-3時間だそうな。ちなみに「入城料」は1,000円である。

Dsc06341
 中に入って、まず菱の門をくぐる。

Dsc06345
 何か忍者が居る。

Dsc06346
 天守閣を目指して歩いて行きます。

Dsc06349
 うねうね曲がって、弐の門…この辺から人があふれて来る。

Dsc06350
 やっぱデカいわ…

Dsc06352
 武者だまりみたいな所で足止め食ったりしながら、ちょっとずつ進む…

Dsc06356
 ようやく、白の中に入ることが出来た(^^)

Dsc06357
中はけっこう広い。柱も太いね。

Dsc06363
 姫路城、木組みの模型…城内は展示物が少なく、純粋に建築物としてのお城が楽しめるようになっている。建築を志す人にはいいだろう。

Dsc06366
 それにしても広くて立派だなぁ~

Dsc06367
 大広間みたいな所で、長い列が出来ている。

Dsc06370
 とにかく、急な階段を昇って、上までいかねばなるまい。

Dsc06371
 ここが5階…もう一つ上が、天守閣の最上階である。しばらくここで留め置かれた後、上に移動。

Dsc06373
 やっと最上階である。

Dsc06372
 なぜか拝むところがある。

Dsc06374
 とにかく外を眺めよう…姫路の街ってあまり特徴が無いな。

Dsc06377
 ホレホレ~

Dsc06378
 じゃぁ、そろそろ降りるか…ということで、また急な階段を降りてゆく。ただ、広い城なので、上りと下りは人の導線が完全に分かれているところはありがたい。

Dsc06379
 大分下まで降りてきた。

Dsc06380
 出口であります。

Dsc06382
 本丸(備前丸)に出て来た…入城券を買ってからここまで来るのに、大体2時間はかかった。これが桜の季節だったら、もっと人が多くて大変なことになっていただろう。

Dsc06389
 備前門を出て、二の丸に向かう…なお、門の隣の四角い石は、古墳にある石棺を石垣に使ったものだそうな。

Dsc06393
 二の丸には、番町皿屋敷で有名な、お菊井戸がある…「いちまぁ~い、にまぁ~い…coldsweats01

Dsc06396
 この後、西の丸方面も見学するが、とりあえずここまで…ではではvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名護城跡侵略!

 8日は昼の飛行機で帰るだけだから、朝のうちに名護市内にある「名護城(なんぐすく)公園」に行って来た。
 市街地を取り囲む山のふもとにある。
Dsc06005

ここは寒緋桜の名所として有名…
Dsc06008

まぁ「本土」ではまた大雪が降って大変なことになりそうだから、少し早い花でも堪能してくれhappy01
Dsc06009

Dsc06012

Dsc06014

Dsc06015

ここまでは緩やかな坂道か、階段である。
Dsc06016

鳥居をくぐると、石段が急になるのだ…
Dsc06018
こんな感じですね…
Dsc06019

で、石段を登りきると、祭殿がある。
Dsc06020

左のほうに道が続いているので、行ってみる。
Dsc06021

踊り場みたいなところに出て…
Dsc06026

さらに石段を上る…汗かいてきたcoldsweats01
Dsc06027

いやぁ~キレイだなぁ~
Dsc06028

とりあえず、てっぺん。
Dsc06031

遺跡の図なり。
Dsc06033

もときた道を引き返す。
Dsc06036

見晴らしのいいところで、名護市街地。
Dsc06040

奥にはまだまだ広がっているのである。
Dsc06041

で、鳥居のところまで戻る。
Dsc06046

海の遠景と、桜。
Dsc06048

とりあえず元来た道をもどろう。
Dsc06056

Dsc06060

降りたら売店と…
Dsc06063

ビジターセンター+トイレがある。
Dsc06064

ちなみに公園はもっと広いので「名護城公園侵略!」とはならない。
Dsc06006

オリオンビールの工場が、すぐ傍だ。
Dsc06069

では帰ろう…海の近くまで出る。
Dsc06072

ではではvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧