旅行・地域

豊橋鉄道完乗!

 名古屋で名鉄完乗闘争に勝利した翌日、豊橋まで足を延ばして豊橋鉄道渥美線 完乗闘争に決起したぞ。
 豊橋市には路面電車の市内線 もあるが、こちらは以前に乗車済み…しかし鉄道線の渥美線は、長いこと乗車の機会がなかったのである。

Dsc01134

 JR豊橋駅を降りて、東京方に行くと豊橋鉄道の駅がある。改札は交通系ICカードが使える。

Dsc01135
 ホームに入ると、三両編成の電車が待っている。

Dsc01137
 「菖蒲」号…カラフルトレイン と称して、沿線の花10色分のカラーがあるそうな。

Dsc01139
 豊橋駅を出て、東海道線をオーバークロスする。

Dsc01140
 車内の様子…愛知大学前駅を出ると、下り電車はガラガラになった。

Dsc01141
 線路は続くよ…

Dsc01142
 高師駅…検車場がある。緑色の「椿」編成。

Dsc01146
 交換可能な杉山駅で…

Dsc01147
 対抗列車待ち合わせ~happy01
Dsc01148
 田園地帯が、広がります。

Dsc01149
 30分ほどで、終点、三河田原駅に到着…完乗闘争勝利sign03

Dsc01152
 駅前は整備されて、ずいぶんスッキリしています。駅舎は安藤忠雄が設計したものだそうな。

Dsc01153
 駅構内のコミュニティースペース…豊川用水は通水50周年だそうな。

Dsc01154
 コミュニティースペースのほうを望む。

Dsc01155
 裏手には戦前、三河田原から先の黒川原まで鉄道が伸びていたことを記念するレールが…

Dsc01157
 こんな感じで残されている。なお、渥美半島にはこの先、伊良湖岬の近く、福江まで延伸計画があったそうな。

Dsc01158
 それでは乗って来た電車にまた乗って、豊橋に戻ろう。

Dsc01159
 乗って来た「菖蒲」編成の全景。

Dsc01160
 車内で豊橋市PR動画が見られる。

Dsc01161
 電車交換…「菜の花」編成。
Dsc01163
 愛知大学駅付近は、緑がいっぱい。

Dsc01165
 でもって、豊橋駅に到着…乗って来た電車は、左側に停まっている。沢山の人が下車したのが分かると思うが、平日午前の上り電車はけっこう乗車しており、また愛知大学前駅で学生が大勢乗って来たのである。写っている電車は、「桜」編成。

Dsc01168
 奥三河に向けてかつてあった路線、田口線廃線50周年 の催し案内ポスターである。
 ではでは…virgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中部国際空港へ…祝、名鉄完乗!

 名鉄築港線に乗車した後は、大江から常滑線を中部国際空港まで向かうのだ。
 前にも書いたが、以前名古屋方面に住んでいた時、名鉄には乗りまくっていた…知多半島方面も、常滑線、河和線、知多新線は「完乗済み」だったのだ。で、残るは2005年に開港した中部国際空港アクセス路線のみ。
 大江から準急に乗って、常滑へ。常滑は焼き物の街、赤く塗られたでっかい壺が有名である。常滑駅から先が未乗区間となる。りんくう常滑駅…これは空港の対岸にある「前島」に出来た新しい駅で、関西空港でいえば「りんくうタウン」にあたる。イオンモールがあるそうな。

Dsc01119

 りんくう常滑駅を過ぎると、スグに橋を渡って空港に向かうのだが…陸地と空港が近いsign03
関空の場合、騒音問題を考慮して、沖合5㎞まで出したのだが、中部国際空港は陸から1.5㎞ぐらいしか離れていない。ついでに書いておくと、下の地盤も関空のそれよりも堅いらしいので、地盤沈下もあまり問題になっていないようだ。
 奇しくも9月4日の台風21号により、関空は高波を受け滑走路や施設が水没する被害を受けたが、原因の一つに軟弱地盤上に巨大盛土をした結果、地盤沈下が激しいということが挙げられている。中部国際空港は高波による被害が絶対に無いとは言い切れないが、関空よりは地盤も高く、「安全」らしい・・・
 空港島の中に入ると、道路やホテルなどが立ち並ぶ中、高架の駅に滑り込む。関空ではアクセス鉄道が地下に潜り込むようになっているのとは対照的だ。

Dsc01120
 駅に到着~

Dsc01122
 頭端式ホームの先に移動…写真では分かりにくいが、ホームは全てガラスの「ホームドア」で仕切られている。先の写真ではガラスのホームドアは写っていない…これはホームドアがホームのギリギリ端っこにあるのではなく、数メートル離れたところに建て込んであるあるからだ。つまりそれだけ、ホームの広さに余裕がある作りになっている。

Dsc01123
 関空と違い、水平移動だけで改札を出ることが出来る…ハイ、これで名鉄完乗闘争勝利!である。時間があれば空港ビルの商業施設等を回ってもよかったのだが、もう17時半を過ぎているので、すなおに名古屋に戻ろう。

Dsc01126
 また改札内に入って、構内を撮影…一番向こうが1番線で、空港有料特急ミュースカイ専用である。2番線に準急が、3番線に特急車両が到着するようだ。

Dsc01125
 改札内に飾られている、女性像…どのような作品であるのかについては、よく見て来なかったcoldsweats01

Dsc01128
 では岐阜行きの特急(一部指定席)に乗って戻ろう。左がガラスのホームドア…けっこうセットバックしているでしょ…上空は空が見えるようになっている。

Dsc01130
 帰り…橋を渡って道路が分かれたところを撮影する…ではではvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋市営地下鉄と名鉄築港線完乗!

 名古屋侵略・完乗の旅は続く…リニモの後は、地下鉄東山線の終点、藤が丘駅から地下鉄に乗車…今池で桜通線に乗り換える。このまま終点の徳重までGOsign03
Dsc01092

 徳重駅に到着…実は名古屋市営地下鉄は、2011年に開業した、桜通線の野並―徳重間のみが未乗車だったのだ。これで名古屋市営地下鉄完乗闘争に勝利(^^)/
ちなみに名古屋市営地下鉄の名城線は、2004年に名古屋大学―新瑞橋間が開業して環状運転が行われているのだが、この区間は2005年に名古屋に行く用事があった時、乗車済みである。
 徳重から新瑞橋に戻り、名城線に乗り換えて金山まで…ここで名鉄に乗り換えて。

Dsc01094
 大江駅に到着…ここから出ている名鉄築港線に乗車予定だが…築港線は、臨海部の工場労働者が通勤に使う路線なので、神戸にあるJR山陽本線の支線・和田岬線と同様、日曜日はほとんど走っていない。朝に3本、夕方3本である。
 夕方の電車にはまだ間があるので、築港線の終点、東名古屋駅まで歩くことにした。

Dsc01095
 台風の影響で、雨が降って来る。名鉄常滑線を渡る県道55号から撮影。
 この県道に沿って、築港線が走っているので、西に向かってひたすら歩く。

Dsc01098
 東レの名古屋事業所に向かう、引き込み線…築港線とダイヤモンドクロスしているので、写真を撮ってみた。

Dsc01099
 東名古屋港駅が見えてきたぞsign03雨も止んできた。

Dsc01101
 駅名票と、勾配票…ここからフラットになる。

Dsc01104
 駅の先にも、まだ線路は続いている。

Dsc01103
 駅の入り口…改札とかはない。切符等の購入は、大江駅で行うようになっている。

Dsc01108
 やがて、大江からの電車が到着~train ステンレス車の5000系である。

Dsc01114
 車内は、こんな感じ…趣味を同じようにする方々が何人か乗車してくる。

Dsc01116    
 やがて電車が発車…工場敷地内の緑…

Dsc01117
 空港アクセス特急、2000系ミュースカイを見ながら…

Dsc01118    
 大江駅に到着~ではでは…virgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋侵略!リニモ完乗!

 高蔵寺から、愛知環状鉄道に乗車…こちらはすでに「完乗」済み。なお愛環は交通系ICカードは使えない。
 愛環は八草駅で下車…これから愛知高速交通㈱のリニモ に乗車する。
Dsc01058

 リニモとは、2005年に開催された愛知万博の会場アクセス交通として整備された新路線。国内唯一の磁気浮上式リニアモーターカーである。

Dsc01059
 階段を上って、左へ…窓の外に見えるのはリニモの高架橋。

Dsc01060
 スマホで遊べる位置情報ゲーム駅メモ!コラボキャンペーン 実施中。

Dsc01061
 鉄道むすめ八草みずき タンでゲソ…

Dsc01062
 ホームに上がると、まさに出発前だった…なお、新しいシステムを取り入れた鉄道は、このように全線ホームドアで囲まれている。

Dsc01063
 車両は3両編成…車内はこんな感じ。
Dsc01065
 八草駅を出ると、緑がいっぱいの山の上を走ることになる。

Dsc01066
 いちばん前の車両に移動…リニモは「自動運転」なので、車内に運転士はいないのだsign03最前の座席にはおっちゃんが「かぶりつき」状態であった。

Dsc01069
 軌道の様子…ジェットコースターのそれを、より頑丈にしたような、そしてモノレールや新交通システムよりはきゃしゃな感じである。真ん中のヤツはリアクションプレートなんだろうな。
 「愛・地球博公園」駅を過ぎると、人が乗って来た。

Dsc01073
 「芸大通」駅の近くに、トヨタ博物館がある。このあたりから住宅や商業施設が沿線に立ち並んでくる。「長久手古戦場」駅の近くには、イオンモールがあり、アピタ長久手店が見えて来る。

Dsc01075  
 見にくいんだけれど、「杁ヶ池公園」駅の駅名票 …各駅には個性的な?シンボルマークが定められており、それが並んでいるのだ。

Dsc01078
 終点の一つ手前、「はなみずき通り」駅を過ぎると 、リニモは地下に潜る。

Dsc01081  
 終点、藤が丘駅の改札を出ると、こんな感じ…
Dsc01083
 地上に出た…なんか「未来都市」っぽいが…

Dsc01085    
 地下鉄東山線、藤が丘駅は、地上に出ている高架駅なのだ…ではではvirgo

考えるあるみさんのブログ 更新

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋侵略!ゆとりーとライン完乗

 さて、台風が近づいているにもかかわらず名古屋方面に行って来た目的は、鉄道乗りつぶし・完乗闘争に勝利するためである。
 実は中京圏には1991~2003年まで住んでいたので、名鉄とかほとんど「完乗済み」なのであるが、ちょこちょこ残ったり、新たに開業した区間が出来たので、まとめて完乗闘争に決起したワケだ。
 まず手始めに名古屋ガイドウェイバスゆとりーとライン である。2001年3月に開業したガイドウエィバスで、専用の高架軌道上を案内装置をつけたバスが走る。残念ながらこれまで乗車機会はなかった。
 JR中央線、大曾根駅で下車…長々とホームの北端から歩く。右手にはガイドウエィバスの高架が見える。なお、左手は名鉄瀬戸線が接続している、交通の要衝だ。
Dsc01029

 
 改札を出て、ゆとりーとラインの建物へ…こっちの「改札」にはほとんど何もない。運賃システムは普通のバスといっしょで、降車時に清算する。交通系ICカードも使用できる。
Dsc01031
 ホームは、こんな感じ…大きな屋根が建物を蓋っている。沢山の人が並んでいるが、これは名古屋ドームで試合かなんかがあるのだろう。バスもいたって普通で、街中を走るものと外観は変わらない。
Dsc01032
 降車ホームで乗客を降ろしたバスは、転回路(駅から見えた高架はこれ)を回って、乗車ホームにやってくるのだ。
Dsc01033    
 乗車ホームに着いたバス。乗客が多く、超満員となったので、1台やり過ごすことにした。
Dsc01035

 だいたい10分ヘッドで走行している。次の便もスグに満員となった。でもって、発車…ガイドウエィは、こんな感じ、単なるコンクリート床版だ。
Dsc01038
 すぐに名古屋ドーム前矢田に到着…ここで大勢の乗客が下車した。ドームまで一駅、今日は暑いので歩くのはしんどいかもしれないが、満員のバスに乗るのもまた辛いものがあるだろうね。一応、大曾根駅も名古屋ドームの最寄り駅を名乗っている。
Dsc01039
 途中駅の様子
Dsc01040  

 ドーム前で乗客が下りると、車内はこんな感じ…ホント、普通のバスである。
Dsc01041
 
 だが、高い所を走るので、眺めは良いぞsign03
Dsc01043    
 
 矢田川を越えて、守山へ…名鉄瀬戸線、守山自衛隊前駅に近い。自衛隊駐屯地も見えるぞ。
 さらにバスは守山区の奥のほうに向かって進む。緑の丘陵が連なって来る。
Dsc01046
 終点、小幡緑地を過ぎるとスロープを降り、一般道に出るゲートへ向かう。
Dsc01049
 交差点をへて、県道15号線に出る。路線的には志多見からサイエンスパークやスポーツランドのほうを回るルートと、JR高蔵寺駅に向かうルートがある。
 ず~っとバスに乗って、高蔵寺で下車。バスの全景写真camera
Dsc01053
 街中のバス停もそうだが、ガイドウエィバス専用のバス停が立っているのである。
Dsc01054
 ではでは…virgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風21号in名古屋

 昨日の台風21号は、大変な被害を出したようだ…関西国際空港はしばらく使えなくなるし、関西のあちこちでは停電も続いている。

 で、私は「18きっぷ」を使って愛知・岐阜方面に行っていた…昨日4日に帰って来る予定にしていたのだが、台風がモロに直撃してくる、在来線が止まる…ということで、早々と帰るのをあきらめ、名古屋でもう1泊することにした。

 ただ、宿はおさえたものの、チェックインの17時まで時間をつぶさねばならない。とりあえず、鶴舞にある名古屋市図書館 に行くことにした。

 中央線の鶴舞駅に9時半ごろ到着…雨は降っていない(青空も見えていたくらい)
 鶴舞公園の片隅みたいなところに、図書館はある。
Dsc01262
 ここで昼まで時間をつぶした…図書館だとお金もかからないし、座ることもできる。新聞もゆっくり読めるぞhappy01
 ただ、台風が接近しているので、図書館も13時で閉館とのこと…ちなみにJR東海・在来線も12時頃をめどに全面運休にはいるとか。
 鶴舞駅のドトールで昼食にして、中央線で名駅に戻ることに。今日のお宿は、名駅の裏手にあるカプセルホテルである。
Dsc01263
 左側は上り、多治見・中津川方面で、もうすでに運転は終わっている。右は下り、名古屋方面であと残り2本の運転だ。
 電車は8分ぐらい遅れてやってきた…これが13時前
Dsc01264
 地下鉄鶴舞駅入り口…雨はそんなに強くないが、風が結構吹いてきた。地下鉄は、地上区間を除き、運行していたようだ。

Dsc01265    
 名古屋駅到着…JR高島屋は12時半に閉店。名古屋にはかつて「4M」といって、三越・松坂屋・丸栄・名鉄と百貨店がそろっていたのだが、そこに名駅の改装とともに2000年に殴りこんできたのが高島屋である。(ほかに近鉄百貨店もあるぞ)で、各店がしのぎを削っていたのだが、2018年6月30日に、丸栄は閉店することになる。
 名古屋の百貨店文化の移ろいはさておき、高島屋あたりで時間をつぶそうという目論見は、見事ついえた…ま、こんな台風の日には、休んで当然でしょうなcoldsweats01
 しょうがないので、地下街を散歩…大阪・梅田の地下街は複雑であるが、名古屋も凄いぞsign03地下鉄東山線と、名鉄・近鉄を結ぶ古い地下街、ユニモール、地下鉄桜通線建設にともなって整備された新しい地下街、駅裏に広がるエスカ、そして駅前に新しく建ったビルに繋がる地下街などが、これまた複雑に入り組んでいる。
 ユニモールを向うのほう(地下鉄桜通線、国際センター駅手前)まで歩く…飲食店はわりと開いていたが、夕方に閉店ということがあるかも知れないので、夕食用に某店で売っていた弁当を購入しておく。
 地下街を一通り歩いてみたが、時間をつぶすところがないので、JRの駅に戻り、2階部分に上がって他の人と同じように、端っこに座り込んで過ごす。
 15時前には、外は雨風が激しくなり、とても外に出てウロウロするわけにはいくまい。その点、駅構内や地下街は安全だ。
 そうこうするうちに、17時になったので、駅裏に向かう。風はまだ残っているが、雨はほとんど止んだ。名古屋駅の新幹線改札口は、駅裏側にある。新幹線は新大阪まで「のぞみ」を毎時2本程度運転する方針だったそうだが、強風によりメチャメチャ遅れ、ほとんど運休状態であった。
Dsc01266
 テレビの人が沢山、取材に来ていたぞsign03
 駅裏の飲食店なんかは、けっこう営業しているようであった…とりあえず予約していたカプセルホテルに投宿…翌日(本日)、在来線をえっちらおっちら乗り継いで帰宅した次第である。
 旅の報告は、また別途…ではではvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都国際マンガミュージアム

 15日日曜日のお話…梅田解放区までの時間つぶし?に京都国際マンガミュージアム に行って来た。
 京都の真ん中、烏丸御池にあるこのミュージアム、もともとは小学校だった建物を改装して作られたもの。地下鉄烏丸御池駅から歩いてスグのところにある。

Dsc00684
 こんな感じの建物…中は人工芝のようだ。饅頭みたいなクッションが置いて有り、これに寝そべってマンガを読むことが出来る。

Dsc00685
 入口付近
Dsc00686    
 カフェなんかも併設されている。

Dsc00687
 では中に入ろう…館内は「著作物」のカタマリなので、原則写真撮影は禁止camera

Dsc00688    
 京都は前日から「猛暑日」が始まっているのだが、木陰でマンガを読む人たちがいるsun
 なお、入場料は大人800円…館内にはいって左手すぐは、Goods売り場となっている。外国人向けに英語バージョンのGoodsも置いてある。
 そこを抜けると、いきなり本棚があってマンガが並んでいる…
 あと、現在企画展でビッグコミック50周年展 というのをやっていて(9月2日まで)、その関連は写真撮影がOKなのである。

Dsc00692
 2階にあるマンガ家の手(いろんなマンガ家の手の石膏像がある)の部屋にあったBLUE GIANT SUPREME(石塚 真)主人公、宮本大

Dsc00689
 このようなパネルは5体ほどある…

Dsc00691    
 こうゆう「なりきりパネル」なんかもあるが、個人的にはどうかなぁ~空母いぶき (かわぐちかいじ)主人公、秋津竜太だと…

Dsc00694
 水木しげる先生「妖花アラウネ」の原稿(たぶん複製)

Dsc00695
 その他もろもろの「ビッグコミック」関連展示…
 建物は3階建て…一通りまわって、まだ「梅田解放区」まで時間がたっぷりあるので、館内でマンガを読んで時間つぶし…いやぁ外はメチャメチャ暑いが、冷房の効いた部屋でマンガを読みふけるのはエエもんだ。

 ではではvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「やんばる高江の生きものたち」に参加

 昨日、アキノ隊員に聞く やんばる高江の生きものたち 講演会に参加してきた。

 住まい情報センターの5階が会場
Dsc00497
 
 開場13:30を少し過ぎたくらいで、こじんまりとした部屋が一杯になる。だいたい60人ぐらいの参加かな。
Dsc00498
 「アキノ隊員」はすごく小柄なお方で、生き物のことを語るのにはエエ感じの声で語る。
Dsc00500    
 講演会は2本のDVDを観ながら進められた。1本目は、アキノ隊員が高江の森で見つけた様々な生きものの紹介…たくさん、沖縄・奄美固有種、亜種、天然記念物、絶滅危惧種という言葉もさりげなく紹介される。
 彼女は蝶の専門家だが、カエルやイモリ、ヤンバルクイナにノグチゲラなんかも次々と紹介した。ヒメハブは「ヒメハブ様」なんだそうな。
 生きもの紹介のこのコーナーでは、開場からその都度質問もうけつけ、かつアキノ隊員からのクイズに答える形式もとって、わいわいがやがやと進行した。
Dsc00502
 1本目DVDの後、休憩タイム…彼女のジャケットには「INSECT RESCUE」と書いてある。
 2本目のDVDは、北部訓練場、建設された高江ヘリパッドによる環境破壊の問題について…こちらのほうは、後でまとめて質問を受け付ける方式。
 ヘリパッド建設に伴い、沢山の木が切り倒されたこと、「張り芝」に混入した外来種が広まっていること、赤土が流出して川や海を汚染していることの他、オスプレイの低空飛行がノグチゲラの営巣に影響を与えていること、さらには「返還」された北部訓練場から、沢山の米軍によるゴミ・廃棄物が見つかってることなどが紹介された。
Dsc00503
 またノグチゲラやヤンバルクイナは、地上に「天敵」がいないため、地上を歩き回るのだが、ロードキルや人間が持ち込んだ野犬・野猫に襲われるといった問題も出ているそうな。
 そうした問題なども語りながら、楽しい雰囲気でアキノ隊員の講演は終了した。

 その後、SDCCの松島さんから、辺野古基地建設の進捗状況、「ジュゴン訴訟」や土砂投入までに沖縄県知事が「埋め立て承認撤回」すべきであるというお話があった。

Dsc00507
 こうした、生きものたちの写真も飾られていた…終了は16時ちょっと過ぎぐらい。アキノ隊員の活動を支えるためのカンパなんかも呼びかけられていたので、ちょこっと協力してきたぞmoneybag
 日曜日の午後のひととき、生きものの話も聞けた、ほんわかした雰囲気を味わってきたぞいvirgo

参考…ブログアキノ隊員の鱗翅体験

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸探索…神戸港

 元町のアーケード商店街を抜けて、南下した。港のほうに行くぞship
 Dsc00374

 中突堤方面、神戸ポートタワーである。
 これに登ること無く、先に進もう。

Dsc00375
 港の様子…いい天気なので、人が出ています。

Dsc00377
 ずぅ~っと先のほうまで、行ってみる。
Dsc00379
 マリンホールと、メリケンパークオリエンタルホテル。マリンホールでは結婚式をやっていたようで、新郎新婦さん達が出てきた。お幸せにhappy01

Dsc00380_2
 ふり返って、ポートタワーとか…

Dsc00383
 いちばん先まで行ってみた…ここらへんは人がほとんどいない。

Dsc00384    
 ホテル内には、ちょっと高級なクルーズルミナス神戸2 の案内・乗船場となっている。乗船時間とかから外れているので、人は少ない。ホールはわりと殺風景だが、人ごみに疲れたらこっちで休むのもエエかも…

Dsc00385
 反対側のumie は、商業施設だから人がいっぱいだもんね。写っている船は神戸ベイクルーズ のオーシャンプリンスというらしい。
 神戸港で船に乗るのは、またの機会にしよう…

Dsc00387
 突堤の付け根のほうに戻る…「震災復興」記念なのかな?
Dsc00389
 なぜかホームセンター、コーナンがある。

Dsc00390
 もといたほうの、たたずまい…

Dsc00392
 やっぱり港はいいやhappy01
 ということで、そろそろいい時間になったので、JR神戸駅方面まで戻ることに…

Dsc00394
 港のすぐ近くに、ドカンと商業施設があるので、港に人が寄って来る…

Dsc00395
 温泉施設もあるぞsign03 で、この辺から地下に下り、地下鉄海岸線ハーバーランド駅から、三ノ宮花時計方面に向かったのであった。
 ではでは…virgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やんばる高江の生きものたち

 集会のお知らせ…明日だけど。
 アキノ隊員に聞く やんばる高江の生きものたち
S20180610_000002

 やんばるの生きものたちの声を聴きに来てください。
 ぼくたち、ここにいるよ
2018年 6月10日(日)
開始 14:00 開場13:30
会場 住まい情報センター (地下鉄「天神橋筋六丁目」駅下車)
資料代 1000円

主催:ジュゴン保護キャンペーンセンター
協賛:基地のない平和で豊かな沖縄の会

ヤンバルクイナにノグチゲラ・・・様々な生きものたちが暮らすやんばるの森
地球の奇跡といわれるその森で調査活動を続けるアキノ隊員は言う
「この森には絶滅危惧種、やんばる固有種、国の天然記念物がいる。これらを高江のヘリパッド建設は絶滅に追いやってしまう…一度壊してしまったら、人の手で元に戻すことは出来ないのに…1本の木が鳥や昆虫、たくさんの命を育む。1本の木を切るということは、未来に生存するいのちも奪ってしまう」と
すでにどれだけの木が切られたのだろう
やんばるの森の生きものたちの声をどうぞ聴きに来て下さい。

アキノ隊員プロフィール
本名:宮城秋乃。1978年生まれ。
沖縄県浜比嘉島出身。
沖縄県内の森林性のチョウの生態を研究。日本鱗翅学会・日本蝶類学界会員。2011年秋より、東村高江・国頭村安波の米軍ヘリパッド建設地周辺の生物分布とヘリパッド建設や米軍機の飛行が野生生物に与える影響を調査。日々の調査研究活動に加え、やんばるの森を守るためにブログやメディアなどで積極的に情報を発信、講演などで全国を飛び回っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧