日記・コラム・つぶやき

この季節に沖縄の人を「本土」に呼んではイケナイ…

 昨日沖縄から帰ってきた。で、今日は寒気が流れ込んできて、全国的に寒くなっている。大阪でも雪が舞った。
 沖縄に到着したら、着こんでいたせいもあってむちゃ暑かった。

 暖かいところで、機動隊と「おしくら饅頭」してたから、体の調子もいい。
 プロ野球を始め、様々なスポーツ団体等がこの時期、沖縄でキャンプをする理由が良く分かる。
 寒いと体が、動かないのだdownwardright

 昨年は「本土」も暖冬だったが、その反動で今年はメチャメチャ寒い…

 しかし、沖縄では昨年と同様で、「あんまり寒くない」とのこと。それでも現地で「今日は寒いですねぇ~」とあいさつされて、きょとんとしていた私coldsweats01

 そりゃ、沖縄じゃ日中15℃ぐらいまで気温上がるからねぇ~

 こんな「暖かい」沖縄からこの季節、様々な用事で「本土」に人を呼んではイケナイですよ…沖縄の人にこんな寒い所に来てもらうなんて、まさに拷問じゃなイカsnow

 えっ安次富さんが12日、大阪に来るってsign02いやぁ今週も東京の集会に参加されているのですが…体温調節が、大変だとのことです、ハイvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サラリーマン土木屋さんから在宅土木屋さんへ…

 9月に会社を辞めてから、就職活動を続け、先日再就職先が決まった。

 1月から、さる建設コンサルタントにおいて、非常勤の正社員…ということで、健康保険、厚生年金、雇用保険等もろもろある。

 ただ、毎日オフィスに出社する必要は無いbuilding

 かっこよく言えば、「在宅勤務house」である。親の面倒をみるのには、ちょうどよい。

 月に1回程度、某地方都市にある本社に赴き、クライアントとの打ち合わせに出席すればよいとのこと。
 前職時には「サラリーマン土木屋」さんと自称していたが、これから「在宅土木屋さん」となるわけだ。
 在宅勤務だから、朝早く起きる必要はない…特に時間に縛られることもない。従って、平日の朝から、ネットにかぶりついていることも可能。
 平日の闘争や、旅行(侵略行動)も可能、沖縄や三里塚にも行けそうだvirgo

 とはいえ、収入は少ないmoneybag…親子二人でつつましく暮らしていくぐらいしか、貰えない。よって闘争参加等も、それに規定される。
 
 ただ「副業OK」なので、そこのところはまた別途、考えよう…
 
 要出社日を除き、基本的に今の生活リズムのまま暮らしていくことになるが「土木屋さん」の頭を衰えさせることなく、かつ時間はあるのでなんか新しいことをうまくはめ込んでみるのも、一つの生き方だろうなぁ~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「日本死ね」は革命的祖国敗北主義なのだ

 ネタ的に少し遅いが…「2016年ユーキャン新語・流行語大賞」で「保育園落ちた日本死ね」という言葉がトップテン入りした。そりゃ、待機児童問題をうまくクローズアップさせたこの言葉こそ、「流行語大賞」にふさわしいものだと思うぞsign01
 で、これがトップテン入りしたことに、ネトウヨさんも含め「違和感」を表明している人がそれなりに居ることも、実に本質をついているなぁ~曰く、「汚い言葉」だとか…

 別に汚くても良い…これは「保育園」に入れたくてもままならない女性、いや、全ての働く人々の魂の叫びなのだから。

 私的には「日本死ね」と言い切ったところに、インパクトがあると断言する…これを発した人は、無意識に「革命的祖国敗北主義」の立場にたっているのではなかろうかsign02

 「現政府」を批判するとか、弾劾するとか以上に「日本死ね」=「労働者に保育サービスすら満足に提供できない国家は、滅びるべき」という、革命のヒドラを観たのは、私だけではあるまい。

 だからネトウヨさんとかが、「違和感」を表明したりするわけだ…

 「敵」がいやがることをするのは、非常に良いことである…これの証明となった、今年の「流行語大賞」である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニセソビエトソング…

 暇なので、ユーチューブばっかり見ている(^^)(^^)///これは金がかからん…
 で、ユーチューブサーフィン(ネットサーフィンってのも、死語だな)して、めっけたもの…
 ロシア語フリークなもんでねぇ~ 

「闘争よ、再び」と訳されたこの歌(4分)…
レーニン(像)が出てきて、「闘争よ再び」というもんだから、NEP期の歌かと思ったが、どうやら1974年に作られた歌だそうな…停滞のブレジネフの時代である。
国威発揚にはよかったろう。
で、こんなの発見!ソビエトマーチsign03


「懲罰する!」だの「平伏して感謝するが良い」だの押しつけがましいスターリニズムの歌かと思ったら…「レッドアラート3」というゲームの挿入歌だそうな…そう、いかにもソ連sign02という感じを持たせた、ニセソビエトソングなのだ…実際に歌われた「軍歌」ではない。

ガルパン仕様…4分26秒…

おまけ…ガルパン隊長ラッシュ…バックの元歌(誰のなんという歌だろう)と、絵がぴっちりあっていて良い

| | コメント (3) | トラックバック (0)

引っ越し準備ほぼ完了…

 明日の朝8時に、引越屋さんが来る…部屋はだいたい片付いてすっきりしたものだ。6年半あまりこの6畳間に住んでいたので、やはりなんか寂しい気がする。
 しかし割と大量の荷物があった…実家に帰ってうまく収納できるか不安になる…数日間はこれにかかりきりになるだろう。

 住民票の転出届も出した。車も売り払った…あとは明日の朝「破砕ゴミ」(扇風機とかその他でかいプラスチック製品)をどかっと出した後、引越屋さんが来て、荷物出し…その後簡単に掃除機をかけてから、実家に向かうことにした。

ミスチルの「足音」でも貼り付けておくか…

 

今日は10月に異動する寮生もいっしょに、軽く食事会(当然、飲みあり)  ではでは…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

本日付で会社を辞職…大阪に帰るでゲソ

 実は本日付で、長年勤めてきた会社を辞めることになった。

 なぜ辞めるのか?本ブログを数年読み続けた人は分かるかもしれないが、四国に来てから毎年のように1~2ヶ月、「病欠」をするようになった(そのため「三里塚」にも行けない状況も続いた)…また、病欠しなくても、体調不良が時々出て、朝起きられず昼過ぎまで寝ている…当然、その日は年休を取ることになる…年休の「計画的取得」が出来ず、鉄道による「侵略旅行」もままならない。

 なぜ、こんなに急に体調不良が続くのか…肉体的、内科的に検査しても悪いところは絶対に出て来ない…まぁ、「双極性感情障害」が出るのが酷くなったわけであるが、それもなぜだか良く分からない。(それに「躁」になるシーンはほとんど無い…薬で「躁」を押さえているような状況だ。もっとも「双極性障害」の場合、躁になるほうがタチが悪い。出来ない約束をする、カードで大量の買い物をする等、あとで鬱になった時に思いきり困るからだ。

 昨年は9月半ばから11月半ばまで病欠した…仕事から離れると1か月ぐらいで体調は良くなる…病欠明けは「よし、次から仕事頑張るぞ!」とか「今年は『病欠』しないようにしよう」といったやる気も出ていた。
 しかし、今度は違った…2月末~3月の年度末にかけ、体調不良が出だし、朝、起きられなくなった…もう「ガルパン」の冷泉麻子 状態である…あ~あ…この時に何かふっきれちゃって、「もうこの会社で働くのは無理だなぁ~」と思った。

 仮に休んで体調が良くなっても、現場に行かないといけない日に「体調不良」がまた起こるかも知れない。これでは会社にも迷惑をかける。
 もちろん会社側としても、私の「病気」にはそれなりに配慮はしてくれた…がゆえに、現在のポジションがある(ただし50歳近くになっても、「役職」もない単なる平社員である)が、根本的解決にはならなかった…
 
 多分「会社で働く」ということと「自分の相性」が会わないまま、ジグソーパズルの1ピースとして「無理に」収まっていたものが、今回ついにポーンとはじけ飛んだ感じなのである。

 4月から再度「病欠」を続け、会社側も「考える時間」をくれるため「病欠期間」を伸ばしてくれた(その間、父親が亡くなるという出来事もあった)が、まぁいろいろ考えて8月には「会社を辞める」という結論を出した次第である(病欠中にいろいろ「活動」はしていたが、遠方に出たのは5月連休時の沖縄行きと、7月末の伊方現地ぐらい)

 ということで、本日付けをもって会社を辞め、無職となる…実家に帰って母親と二人暮らし、退職金はそれなりに出るので当面の生活は困らないが、何か「身の丈」にあった仕事を探さないといけない。なお、引っ越しは「燃えないゴミ出し」の都合により、22日となる。

 というわけで皆さま…四国侵略をあきらめ、関西に戻ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亡父の預金を移すのも大変だぁ~

 昨日、亡父の初盆ということで実家に帰っている…で、母と話している中、亡父が年金受け取り用に作っていた銀行口座の金を、母が光熱費等引き落としている銀行の口座に移したいという問題がでてきた。

 で、銀行行って聞いてみると、「死んだから、ハイ解約…お金が戻って来ますよ」ということにはならないようだ。(預金の「凍結」はしてくれた)

 ま、やったことがある人は知っているだろうが、「相続が伴う」ので、かなり面倒くさいことになる。
 最低必要なのは、「被相続者(亡父)」の、生まれてから死ぬまでの連続した戸籍謄本。
 そして、相続者全ての「同意」を示すための書類…住所と名前と、実印、および印鑑証明がいる。(戸籍謄本は、不動産の相続登記を行う場合も必要)

 戸籍謄本がいるのは、届けられた「相続人」が全てなのかどうか、金融機関で確認をとるためだろう。

 しかし父の場合、大阪市内で生まれ、結婚後に現住所に家を構えてから「転籍」をしている。したがって、現住所の役場では、「転籍後」の戸籍謄本までしか取れない。
 ということで、大阪市役所まで行って来た。なにぶん、戦前生まれだから、1880年(明治13年)に作製された、付箋だらけの戸籍謄本でないと、亡父の出生が辿れないのである。

まぁ、私のように「転籍」が近い人はいい…が、遠くから「転籍」した場合や「転籍」を繰り返した場合、あちこちの役所に行って(あるいは問い合わせて)戸籍謄本をそろえないとイカんわけだ。

あと困ったのは、母親が「実印」を作っていなかったこと…まぁ不動産とかは父の名義であるわけだから、実印が必要なかったのは仕方がない。もっとも今や実印でもネット通販で安価に早く作れるものだから、とりあえず母の実印は今日、注文した(私は父が亡くなってすぐ実印を作り、印鑑証明を作った)…土日はお役所はお休みなので、月曜日に印鑑登録に行かなければならない。

また、相続者多くしかもが離れて住んでいる場合、「同意」を示すための書類は1枚しかないから、郵便とかで「回覧」しないといけないわけだ。

と、まぁ「相続」に伴う手続きについて、簡単に書いてみたが、実はそんなに簡単ではないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙の「電話かけ」…

 東京都知事選挙で、すっかり賞味期限切れになった参議院選挙…結局私は投票日前の1週間は、たなべ健一事務所で「電話かけ」のボランティアをしていた。
 大体午前10時ぐらいにたなべ事務所に出かける…電話部屋でそのころまで大体会議をしている。そこから渡された「テレデータ」(人名と電話番号が書いてある)の上から順番に、電話をかけて候補者への支持を訴えるというもの。
 一応、事務所が作った電話かけのマニュアルも用意されているが、これに従わなくても自分の思いを伝えて下さい…とのこと。

 ま、平日の昼間だから、かけても留守のお宅が多い…ただ、選挙の電話だと分かると大抵の人は「ハイ、ハイ…」とこちらの言うことを一応は聞いてくれる。切られることはほとんどないから、まぁ「社会人としての常識」と、ちょっとしたやる気があれば、誰でも出来るものだ。(これが「マンション買いませんか?」とかいう電話だと、まぁほとんどの人は最後まで聞かないだろう…私も職場にそんなのがかかってくることがあるのだが、「興味ありません!」ガチャ…である)

 お留守の所で留守番電話であれば、そこに吹き込んでおく(「留守番電話で失礼します、どうもありがとうございました」という言葉は忘れないように)…困るのはさんざん呼び出し音が鳴った後で「FAXの方は、送信して下さい、電話の方は、恐れ入りますが後ほどおかけ下さい」とほざく装置…後でかけろって、最初から言えよdown
 
 「テレデータ」は1枚85名…これを一通りかけて、留守だった所にはもう一度かけなおす…これだけでだいたい2時間強はかかる。午前中に1枚、昼食をはさんで午後に2枚で1日3枚、これでだいたい5時頃になるから、帰る。民進党、小川純也後援会(「じゅんじゅん会」)の方々は、大体1枚ぐらいで終えて午前中に帰る。
 なお、昼食は事務所で、実費150円で食べられる。(街宣カーに乗ったり、夕方以降ボランティアする人のために、夕食もある)讃岐うどんかけ小+フライか天ぷら1品で300円で済む香川県で、150円で昼飯が食べられるのは大きい。

 てなわけで、最後のほうは「お忙しいところすみません、わたくし『たなべ健一事務所』のスタッフでございます。電話で失礼します。参議院選挙の投票日が近付いてまいりましたが、今回は『野党統一候補』の『たなべ健一』へのご支持をいただきたく、お電話した次第です。」「今回の選挙、憲法が守られるのか、壊されるのかという瀬戸際の選挙でございます。また、アベノミクスで私たちの暮らしが良くなったとは、到底言えません。暮らしと憲法を守ることができるのは『たなべ健一』候補だけだと思います。なにとぞよろしくお願いします。どうもありがとうございました」なんて言葉が、スラスラ出て来るようになった…しかしなぁ~「暮らしと憲法を守る」なんて、モロに共産党の言い方じゃなイカsign03…お、恐ろしいでゲソ。(ちなみに事務所マニュアルは憲法問題しか書いていない「アベノミクス」や「暮らし」の件は、私の独断で入れたものだ)
 しゃべりは、相手の反応(「ハイ、ハイ」の中にも「もうええわ」という感じが自ずと分かるものだ)を感じ取って、途中で切り上げる場合もある。
 もちろん、マニュアルどおりにしゃべる方もいれば、たなべ候補の若さを強調する方もいた。「市民連合」という言葉でしゃべる人もいたが、多くの人にとって「市民連合って何sign02」だろう。

 ま「俺はアベノミクスの恩恵があった」と言う人もいたが、もっとすごいのは「私は聖書を信じていますので、投票にはいきません」と言った方がいたこと…何コレ、いやぁ~やっぱ宗教はアヘンでゲソcoldsweats01

 しかしこの「電話かけ」…1枚のテレデータが85人だから、100枚そろえても8,500人、半分が投票したとしても、4,250名の「票の上積み」にしかならない…香川県内の共産党や社民党、民進党の事務所でもやってくれているだろうから、実際はもっと上積みされているのだろうが、それでも1万票あるかどうか…計算してみると、なんだかむなしくなってきたなぁ~

 自公だったら、組織で上から下へ順番に電話かけや声かけして、「票固め」していっているのだろう。
 これに「勝とう」と思ったら、やはり「普段」」のドブ板が大切なのだなぁ~(しかし「新人」に何が出来るのだろうsign02「共産党」としてのドブ板活動が必要なのだ。

 ということで、とりあえずは「貴重な」電話かけ体験…であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七夕さまでゲソ…

 ホントは「7・7革共同自己批判」をネタになんか書ければいいのかもしれんが、実は私としてはネタは書き尽くした。

 土曜日の琴電…七夕モードである。
Dsc04643

瓦町駅…志度線方面にゆく「動く歩道」の手前…
Dsc04646

電車の中…
「安倍政権を打倒できますように・・・」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

父の急死と、通夜・葬儀あれこれ…

 父は85歳であった。5月5日、いつものように起きて、居間でいつものようにゴロゴロしていた…少し調子が悪そうだったが、病院には行かず様子を見ていた。夕方、壁にもたれていた父が突然「ふっふっ」と変な息をしたかと思ったら、急に呼吸が止まったそうな。で救急車を呼んで蘇生術等してもらたが、病院で死亡が確認された。死因を調べるため気管のあたりを一部解剖したそうだが、原因は不明だそうな…おそらく横隔膜を動かす神経系が変調をきたしたのであろうと私は思う…母にいわせればほんとうにあっけない死であったそうな。警察も家を検分したが「事件性無し」ということですぐに帰ったとのこと。
 もっとも最近は食が細くなってほとんど食事を取らない、大好きだった酒も飲まなくなっていた…母も覚悟はできていたようで、あまり取り乱した様子はなかった。ま、「大往生」といってよいだろう。
 「互助会」に入っていたので、そこの葬儀屋に葬儀等はお任せ…喪主は大阪在住の兄が行い、通夜・葬儀等の相談や手続き関係、親戚への連絡をほとんどやってもらったので、6日の夕方に帰宅した私がすることはほとんど無かった。
 帰ってすぐ、葬儀屋の霊安室に行き、父が横たわっているところを見た…ひげが伸びているところ(死後も毛根の細胞はしばらく生きているので、ひげが伸びる)以外は、安らかな顔をしていた。その日はそのまま帰宅。
 翌日、2時から葬儀屋さんと打ち合わせ…遺体の清めを行う…でっかい風炉のような所で、石鹸の泡を立てて父の遺体を洗ってもらう。父はとても気持ちよさそうだった。私たちも少し手や腕を洗わせてもらう。その後、納棺だ。一応、今回の通夜・葬儀に担当者が一人ついているのであるが、控室に入れ替わり立ち代わり「食事」担当や「花束」担当、「貸衣装(母の喪服…着物…は結婚当時買ったものだが、ほとんど着ないままタンスの中にしまっていたため、白い部分が黄ばんでしまい、とても着れるものではなかった。今の「着物」だといい化繊が使われているため、もう少しマシだろう)」担当…会社からの弔電も控室に直接NTTの人が配達に来てくれる。
 控室は6畳と4畳で、冷蔵庫、TV、風炉、トイレ付きとそこそこの旅館の部屋のようであった…ただ、窓が無い。通夜まで阪神戦を見たり、ニュースを見たりしていた。ニュースは3日間、お隣の金君の党大会の話題が中心で、閉口した。
 6時から通夜…親戚一同、とは言っても二十数名が集まる。通夜の読経の後に用意した食事は誰も取らず、弁当をもらって帰って行った。兄夫婦と母と私の4人で食べた。大学生と高校生の甥っこ2人がいれば、ちょうど良い量であったが、2人とも兄嫁方の祖母といっしょに帰った。母は枕が変わると寝られないというので、食後にタクシーで帰った。風炉はいって寝る…なんか暑くて寝付けなかった。
 翌朝、兄が車で母を迎えに行き(大阪近郊でも、葬儀であっちこっち移動するには車が要る・・・親戚もみんな車で来ていた)、喪服の着付けをしてもらって、11時から親戚一同で記念写真、11時半より葬儀。昨日の僧侶が豪華な?袈裟を着て読経。弔電の読み上げ等が行われた。
 出棺前の最後の別れに、みんなで花を父の眠る棺桶に入れる。ヒゲもそられ、安らかに眠っている。花はけっこう沢山あった。やがて出棺…棺を1階まで専用エレベーターで運び、親戚中の男手6人でかかえて霊柩車に入れる。霊柩車とマイクロバスで、市の火葬場へ、ここでも男手6人で棺を抱え、所定の釜の前に安置する。やがて棺は釜の中に自動的に入り、扉が閉まって焼かれることになる。
 その間、再び葬儀屋に戻って、昼食。「骨上げ」に参加しない人は弁当をもらって先に帰る。このあたりでようやく緊張が解け、久しぶりに会った親戚同士で話がはずむ。
 食後、またマイクロバスで火葬場まで行き、「骨上げ」である。火葬後の遺体というものを始めて見た…細い骨はバラバラになり、大腿骨や骨盤、頭骨などが残っている…とゆうような感じであった。喉仏(第二頸椎)は、小さくてもしっかり残っていた。これを喪主である兄が拾い、骨壺の脇に置く…あとは足のほうから骨のカケラをみんなで拾って骨壺に入れる。骨を拾う際、「長さがそろわない箸」を使うと聞いていたが、そんなことはなかった。全ての骨が骨壺に入るわけでもないので、一定のところで喉仏を入れ、頭骨でふたをするようにする。残った骨は火葬場の隅に集められ「供養」されるそうだ。
 「初七日」は1週間後だと今まで思っていたが、実は「骨上げ」をした日にまた葬儀場に戻って行うものだと知った。初七日の法要を僧侶にしてもらってから、その日葬儀場で行うことは終了である。
 
 実家に戻ると、葬儀屋さんが仏壇の前に祭壇を作りに来た。遺影の前に電気ろうそく、くるくる回る行燈、乾物のお供え物等を置いてから、帰って行った。四十九日までこれはおいておく。その間、基本的に線香は切らさない。普通の棒状線香は30分ぐらいしか持たない。ぐるぐる巻きの渦巻き線香というものを始めて見た。これだと10時間ぐらい持つ。

 翌日は葬儀代の清算(葬儀屋さんに出すもので、僧侶への「お布施」は別途直接お渡しする)や印鑑証明等の返還(「住基カード」も返還しないといけないのだが、「住基ネット」システムがほとんど使われず破綻したため、今やそんなモン、どこにあるか分からない…とりあえず「紛失した」ということにしておく)、後期高齢者健康保険証の返納が主で、これも全て兄が行ってくれた。なお、後期高齢者健康保険からは、いくらか葬儀代が後で出されるが、2年ほど猶予がある。

 基本的に、昨日の午前中でやることはほとんど終わった…後は実家の不動産登記の変更やなんやらである。預貯金はほとんど無い。「法定相続」なので、母が1/2、私と兄で1/4ずつの所有権が発生することになる。私はめんどくさいので「相続放棄」も兄に提案したが、母の判断能力が衰えてきているため、怪しいヤツに取られないよう、名義人の数は多いほうが良いということで、土地建物(建物の資産価値はほとんど無いが)を相続することにした。土地評価から相続税は払わなくてよさそうだが、土地の持ち分だけ、今後「固定資産税」を払うことになる。
 私は印鑑登録した「実印」を持っていない(母もそうである)…帰って琴電瓦町駅付近に印章店があったと思っていたが、無かった。ネットで探すと、おお、なんと今やネットでハンコを注文して、すぐに届けてくれる会社があるじゃなイカ…とりあえず安い「実印」を注文した。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧