日記・コラム・つぶやき

追悼、岡留安則さん

 雑誌「噂の真相」元編集長の岡留安則さんが亡くなったそうだ…71歳 Y!ニュース時事通信
岡留安則氏死去=元「噂(うわさ)の真相」編集長
 岡留 安則氏(おかどめ・やすのり=元「噂(うわさ)の真相」編集長)1月31日午前0時16分、肺がんのため那覇市の病院で死去、71歳。

 鹿児島県出身。葬儀は近親者で済ませた。
 79年に月刊誌「噂の真相」を創刊。「タブーへの挑戦」「反権威」を掲げ、政治家や文化人、芸能界のスキャンダルなどを売り物に読者を獲得、99年には当時の東京高検検事長の女性問題をスクープして辞任のきっかけをつくった。一方、記事をめぐって名誉毀損(きそん)の訴訟も多く、04年に同誌を休刊。沖縄に移住し、飲食店を経営しながら、米軍基地問題などについて発信し続けていた。
 80年代半ばの学生時代から、ず~っと「噂の真相」は読み続けていた。薄いけれども、内容は濃い。「スキャンダル」をメインにした、ちょっと怪しい雑誌だが、「反権威」「反権力」の空気がバンバン入っていた。スキャンダルは、権威や政治家を含む「権力者」に向けられていた。
 朝日ジャーナルが亡くなって、「週刊金曜日」になっても、そちらには行かず、ず~っと「噂の真相」を読んでいた。
 岡留さんは、週刊金曜日の本多勝一にも容赦なかった…本多氏は「噂の真相」にコラムを連載していたのだが、その中で岩瀬達也氏をゆえなく「誹謗中傷」するような内容を書き連ねたことがあった。岡留さんが事実をもって本多氏を批判すると、本多氏は逃亡するようにコラムから去った。
 小林よしのり批判も良かった…小林氏の「父権的」な体質を批判したものであるが、小林氏が同時に事務所でのトラブル(「秘書」が去って連載を落とした!)もあって、けっこうグダグダな展開になった…この程度の「批判」でぶっ壊れる小林氏もなんだかなぁ~と思った。これを機に小林氏は「噂の真相」のことを「奇形左翼」などと呼ぶ…それにしても小林氏が描いた岡留編集長の顔は「いかにも!」って感じで、かえって面白かったのも皮肉である…その後、オウム事件を機に「言論人」としての原則を外しだす小林氏と、それを批判する宅八郎についての記事も秀逸だった…その後小林氏は連載をSPA!からSAPIOに移し、「歴史修正主義者」「ヘイト拡大者」に転落する。

 確か「2000年には『噂の真相』を休刊する」と宣言していたのだが、裁判なんかを抱えていたため、休刊は04年まで延ばされた。休刊までの最後の1年分を、なぜか長いこと手元に記念として置いていた。
 休刊後も、HPはあって、時々のぞいてはいた…沖縄に居ることは知っていたが、私の記憶では米軍基地問題や沖縄闘争の発言はみたことがない。沖縄では沖国大にヘリが墜落し、「辺野古新基地建設阻止闘争」が始まっていたのだが…もっとも、そういう「闘争の現場」からは一線をひいたところに立って、眺めているというのが(私はそれを決して「いいこと」だとは思わないが)岡留さんの生き方なんだろうなぁ~と思っていた。

ご冥福をお祈りします。

参考…リテラの元「噂の真相」スタッフによる記事

| | コメント (2) | トラックバック (0)

月に1万円余禄でもらったら…

 昨日紹介した「「薔薇マークキャンペーン」マニュフェスト に、
 「デフレ脱却手当」をすべての日本在住者(一定期間以上居住する人々)に一人月1 万円ずつ配る。

 というのがある。
 今もらっている給料でほぼカツカツの生活をしている身にとって、余禄で月に1万円がもらえるというのは、メチャメチャ大きい
 生活に困っているわけではなく、ちゃんと食えてるのだが…月に1万円が余禄でついてきたら…

 やっぱり、肉だろ!

 脂の乗った国産牛のパックをスーパーで買ってきて、ビールはエビスに
 家で「焼肉」を楽しむ…月に1回、やれれば大満足だ
 お金をばら蒔くのは、景気対策にならない…という御仁もいるようだが、低い所に確実にいきわたるようにして、余禄であることを強調すれば、確実に消費は伸びるよ。
10年前、麻生政権の時の定額給付金で「すのこタン。A4」をげっとした私が、断言します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019 闘春でしょ

あるみさんからの年賀状…

2019_2

燃える自民党本部と、三悪…
血小板ちゃん「政権打倒 お疲れ様で~す」
かなり手抜きである…
おまけ…「検挙されないように勝手な行動はしないこと」
『はい!!』
「他の団体とケンカしないこと!」
『はい!!』
「バリケードとかちゃんと使って突破されないようにすること!」
『はい!』
「火炎瓶は持ちましたか〜?」
『持ったよ〜』
これから火炎瓶のことを、「凝固因子」と呼びましょう
Yjimage_1
2019年も「たたかうあるみさんのブログ」をよろしくお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

人は何歳まで賃労働すべきか?

 辺野古、シュワブゲート前にて、以前関西に居られて、定年リタイア後に辺野古へ移住し、ゲート前でいろいろやっている人とお話をした…

 少子高齢化で労働力が不足していて、外国人労働者を受け入れようとしている一方、高齢者も働かせようとしていますね。年金支給が70歳になるとか(ちなみにその方は、まだ年金満額支給年齢にはなっておらず、ちょっと苦しいとのこと) 
 私もイロイロ仕事していますが、50歳を越えるとあちこち痛くて、シンドイですわ…実際、背中や足腰の筋肉が痛い…
 高齢者に働いてもらう場合、時給を上げて、かつパートタイムじゃないと難しいでしょうね(^^)

  実際のところ、人は何歳まで「賃労働」をすべきでしょうかねぇ~  
 「辺野古に来ているオジー・オバーなら、元気だよ!!」

 まぁ、そりゃそうですが
 それに、賃労働と座り込みは、また別だ…使う筋肉も違うし…一般化は無理でしょ
 という、たわいもないお話でした

 お知らせ…考えるあるみさんのブログ 更新  サイドバーにこっそり、リンクを追加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風21号in名古屋

 昨日の台風21号は、大変な被害を出したようだ…関西国際空港はしばらく使えなくなるし、関西のあちこちでは停電も続いている。

 で、私は「18きっぷ」を使って愛知・岐阜方面に行っていた…昨日4日に帰って来る予定にしていたのだが、台風がモロに直撃してくる、在来線が止まる…ということで、早々と帰るのをあきらめ、名古屋でもう1泊することにした。

 ただ、宿はおさえたものの、チェックインの17時まで時間をつぶさねばならない。とりあえず、鶴舞にある名古屋市図書館 に行くことにした。

 中央線の鶴舞駅に9時半ごろ到着…雨は降っていない(青空も見えていたくらい)
 鶴舞公園の片隅みたいなところに、図書館はある。
Dsc01262
 ここで昼まで時間をつぶした…図書館だとお金もかからないし、座ることもできる。新聞もゆっくり読めるぞ
 ただ、台風が接近しているので、図書館も13時で閉館とのこと…ちなみにJR東海・在来線も12時頃をめどに全面運休にはいるとか。
 鶴舞駅のドトールで昼食にして、中央線で名駅に戻ることに。今日のお宿は、名駅の裏手にあるカプセルホテルである。
Dsc01263
 左側は上り、多治見・中津川方面で、もうすでに運転は終わっている。右は下り、名古屋方面であと残り2本の運転だ。
 電車は8分ぐらい遅れてやってきた…これが13時前
Dsc01264
 地下鉄鶴舞駅入り口…雨はそんなに強くないが、風が結構吹いてきた。地下鉄は、地上区間を除き、運行していたようだ。

Dsc01265    
 名古屋駅到着…JR高島屋は12時半に閉店。名古屋にはかつて「4M」といって、三越・松坂屋・丸栄・名鉄と百貨店がそろっていたのだが、そこに名駅の改装とともに2000年に殴りこんできたのが高島屋である。(ほかに近鉄百貨店もあるぞ)で、各店がしのぎを削っていたのだが、2018年6月30日に、丸栄は閉店することになる。
 名古屋の百貨店文化の移ろいはさておき、高島屋あたりで時間をつぶそうという目論見は、見事ついえた…ま、こんな台風の日には、休んで当然でしょうな
 しょうがないので、地下街を散歩…大阪・梅田の地下街は複雑であるが、名古屋も凄いぞ地下鉄東山線と、名鉄・近鉄を結ぶ古い地下街、ユニモール、地下鉄桜通線建設にともなって整備された新しい地下街、駅裏に広がるエスカ、そして駅前に新しく建ったビルに繋がる地下街などが、これまた複雑に入り組んでいる。
 ユニモールを向うのほう(地下鉄桜通線、国際センター駅手前)まで歩く…飲食店はわりと開いていたが、夕方に閉店ということがあるかも知れないので、夕食用に某店で売っていた弁当を購入しておく。
 地下街を一通り歩いてみたが、時間をつぶすところがないので、JRの駅に戻り、2階部分に上がって他の人と同じように、端っこに座り込んで過ごす。
 15時前には、外は雨風が激しくなり、とても外に出てウロウロするわけにはいくまい。その点、駅構内や地下街は安全だ。
 そうこうするうちに、17時になったので、駅裏に向かう。風はまだ残っているが、雨はほとんど止んだ。名古屋駅の新幹線改札口は、駅裏側にある。新幹線は新大阪まで「のぞみ」を毎時2本程度運転する方針だったそうだが、強風によりメチャメチャ遅れ、ほとんど運休状態であった。
Dsc01266
 テレビの人が沢山、取材に来ていたぞ
 駅裏の飲食店なんかは、けっこう営業しているようであった…とりあえず予約していたカプセルホテルに投宿…翌日(本日)、在来線をえっちらおっちら乗り継いで帰宅した次第である。
 旅の報告は、また別途…ではでは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!ブログ開設10周年(^^)///

 

本日、この「たたかうあるみさんのブログ」を開設して10周年を迎えることになりました…いやぁ~長いような、短いような10年間でしたなぁ~

 10年前ぐらいは、まだネットに「共産趣味」業界も多く存在し、元活動家や観察者の皆さんが盛んにブログ、掲示板等を作成しておりました。その端っこに、このブログも存在したわけで…もちろん「リアル」な活動もメインに上げ、かつ鉄道や萌えアニメなど、変な趣味も取り込んだ雑多なブログとして、地道に活動してまいりました。

 で、開設当初は1日100ぐらいのアクセスがあったのですが、「旗旗」サイトに取り上げられるなど、 共産趣味業界でも紹介されたことで、1日200~400ぐらいのアクセスをいただくようになりました。感謝であります。

 ただ「共産趣味」ネタとしては、私もそんなに「活動歴」があるわけでもないので、すぐネタ切れになります…ま、そんなことはおいておいて、昨今の「SNS」の流行により、ブログのコメント欄でやり取りする、果てはブログや掲示板でやりとりするということが、だんだん下火になってきたのかなぁ~とも思います。実際、このブログも、昨年の4月ぐらいからグンとアクセスが落ち、今はだいたい1日100~150アクセスといったところをウロウロしております。

 10周年を迎えて、具体的になんか「テコ入れ」をするつもりはアリマセン ただし、リンク等はちょっと整理をいたしました。(サイドバーの形が、違っているでしょ)

 また10周年だからというわけでもなのですが、ちょっと考えることもありまして、新たに「考えるあるみさんのブログ」 というのを準備しております。こちらは「生産」「労働」「分配」について、マルクス主義の考え方をベースに思考実験をやっていこうというコンセプトで考えております。

 インターネットの世界は日進月歩で、ブログという媒体が今後、どれだけ続くのか全く分かりませんが、引き続き「たたかうあるみさんのブログ」をよろしくお願いしますm(- -)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

疲れてるので休養中

 先週からちょっと疲れています…

 日曜から、某地方都市に出張で出かけたりいろいろあって…
 昨日は、辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動 にも参加したのだが、なぜか大変疲れた…で、その後会議、飲み
 ま、3日間、雨も降り続いたしね

 ということで、今日は大変お疲れモード…
 夕方から「梅田解放区」(7月22日まで日曜の17:30~19:00)があるのだが、お休みにしたい…休養じゃ

 ではでは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震だぁ~

 朝、7時過ぎに起きて顔を洗い、いつものようにシリアルとヨーグルト、コーヒーの朝食。今日はプラスチックごみの日なので、袋に入れて集積場へ出す。お天気は曇り…今日はどこにも出かける用事もないので、TV見ていたら急に家がユサユサと揺れ出した…地震だぁ~

 つけていたTVは「緊急地震速報」に変わったが、こちらではもう強い揺れがきた後だった。かなり揺れたが、幸いなことに家が倒壊することも、家具が倒れて大変なことになることもなかった。震度5弱ぐらいらしい。マグニチュードは6.1…震源地は大阪府北部、高槻あたりのようだ。「有馬高槻断層帯」というのがあるが、直交する上町断層帯や生駒断層帯への影響も予想される。熊本地震のように、同じ場所で時間をおかずに、同規模程度の地震が起こる可能性もあるので、十分な警戒が必要とのこと。

 停電もなく、水道もOK…昼前にガスをつけようとしたら、止まっていたが、メーターのところで復旧が出来た。ガスはどこが止まっているのか、大阪ガスのHPにアクセスしてみたが、集中しているようで開かない。昼になっても電車はずぅ~と、全線で運転見合わせ中…近所の駅にはかなり少なくなっていたものの、そこで足止めを食ったであろう人が大勢いた。この駅は路線バスがほとんど来ないので、電車が止まれば移動が大変、タクシーしかない。

 本日はずっと屋内作業…ときどき余震とおぼしき揺れを感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辺野古の歌集売り

 シュワブゲート前にて、歌集を売っていたので買って来た。一冊50円

Dsc00321
 「2018年4月改定」だそうな
 手のひらサイズなので、持ち運びにも便利

 で、ゲート前で歌われる歌、その他集会とかでよく歌われる歌がまとまっている。

目次より
1.沖縄 今こそ立ち上がろう
2.座り込めここへ(辺野古バージョン)
3.辺野古へ行こう
4.ケ・サラ(辺野古バージョン)
5.がんばろう
6.沖縄を返せ
7.一坪たりとも渡すまい
8.喜瀬武原
   ・・・・・・

 8の「喜瀬武原」は、26日の懇親会で海勢頭豊さんが歌われた。

 それはさておき…

 この歌集、いつも現地に行ったら売っているわけではない。たまたま今回行った時に売っていたのである。
 「売人」の方は、座り込みの時にいっぱい持ち込んで、売りまくっていた。

 私は彼に敬意をこめて?「阿蘇の写真売り ならぬ、辺野古の歌集売り」ですねぇ~と冗談を飛ばしたのだが…理解できたであろうか

 「阿蘇の写真売り」とは、こちらの記事 でもちょっと触れたが、一体何のことかは説明していない。

 80年代前半のこと、阿蘇山に修学旅行生や観光客に、言葉巧みに写真を売りつけるおじさんがいた。これが某関西ローカル深夜放送…正確に言うと、KBS京都「ハイヤング京都」水曜日(略称「ハイ水」、パーソナリティーは、つボイノリオ)で「阿蘇の写真売り」として話題になっていたのである。
 で、私も高校の修学旅行で阿蘇山に行って「阿蘇の写真売り」に遭遇している

 どんな売り方をするかと言うと…阿蘇山の火口の説明から、年間に何人か事故・自殺?とかで火口に飛び込む人がいるので、救助しないといけない…が、そのためにはお金がいるので、皆さんに写真を売っている…てなことを言う。しゃべりが面白いので、つい安くない写真を(高山植物のしおり付きだが)買ってしまう…というもの。

 なおこちらのサイト には、1999年に阿蘇に行ったら、阿蘇の写真売りが居た事がレポートされている。

 関西ローカルネタらしいので、分かる人にしか分からない「阿蘇の写真売り」「辺野古の歌集売り」ネタでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルクス生誕200年!

 今日、2018年5月5日は、カール・マルクス生誕200年だそうな
 1818年のその日を、「いやいや、ごーごー」と覚えるらしい…

 資本論「第一巻」が、1867年発刊。昨年が発刊150周年…それに続く、マルクス周年

 ということで、映画の紹介。
 マルクス・エンゲルス

 原題は「THE YOUNG KARL MALX」…なんかヤングブラックジャック みたい…

 1848年の「共産党宣言」までのお話しだそうです。エンゲルスたんも、もちろん「大活躍」

 大阪ではシネ・リーブル梅田 で5月12日から上映予定ということ。

 おまけ、その1
 梁石日(ヤン・ソギル)の「夜を賭けて」に出て来る主人公は、「マルクスエンゲルス」で一人の人間だと思っていた。

 おまけ、その2
 ウチの母親、F・エンゲルスのことを、エンゲル係数のエンゲルのことと思っていた。

 ではでは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧