現在のテツネタ

鉄道貨物輸送がピンチ

 今月、西日本を襲った豪雨災害により、鉄道貨物輸送がピンチに陥っているお話…Y!ニュースニュースイッチ(日刊工業新聞)より(7月20日)

JR貨物が輸送確保に難航、迂回・代行検討も策乏しく
 西日本豪雨で11月まで幹線物流寸断
 西日本を襲った「平成30年7月豪雨」の影響は深刻で、九州方面への鉄道貨物輸送が正常化するのは早くて11月の見通しとなった。運送業界の労働力不足を背景に、代替トラックの確保は難航。JR貨物は迂回運転の検討も含めて、代行輸送力確保に尽力するが“運べない”状況は当分の間続きそうだ。幹線物流の寸断に打開策は乏しく、鉄道貨物ユーザーの一部は、サプライチェーンの見直しも迫られている。
 JR貨物の真貝康一社長は「基幹線は(本来)強いはず、なのだが」と頭を抱える。JR西日本は被災路線の復旧について岡山から山陰方面の伯備線が8月中旬、広島・山口の山陽線が11月中を目指すと明らかにした。山陽線は1日65本のコンテナ列車が通る鉄道輸送の大動脈。豪雨で輸送影響が出ている1日3万トンの貨物の大半は山陽線を経由する。
 12日からトラックや船舶による代行輸送も開始。真貝社長は「最大限の代行輸送を、利用運送業者と構築している」と説明するが、確保した代行輸送力は平時の13―14%程度にすぎない。フェリーの船腹にも余裕はなく、トラック運転手不足もあって上積みは難しい。
 不通区間のコンテナ滞留解消を進める中で「一部荷主からは荷物を発地に戻してほしいとの要請もある」(日本通運)という。長期化を見据え、鉄道貨物荷主の一部では、生産工場の変更などサプライチェーンの見直しも始まっているようだ。
 JR貨物は大阪から福知山線、山陰線、山口線を経由して山陽線に至る迂回ルートの検討も進めている。ただ迂回ルートの大部分はすでに第2種鉄道事業を廃止しており、営業免許がない。また単線かつ非電化で山間部には曲線が多く、技術的な実現の壁も高い。
 非電化区間を走行するにはディーゼル機関車と運転士の確保が不可欠だ。JR西との協力、調整を進めているが迂回運転の開始には早くても1カ月程度かかりそうだ。8月中旬に運転再開を予定する伯備線を経由すれば迂回区間の短縮も可能で、さまざまな選択肢を検討しているもようだ。
 迂回が実現しても、山陽線のようなコンテナ26両の長編成での運転は難しい。「9両編成で1日数本」(JR貨物幹部)を軸に検討しており、過度な期待はできない状況。「復旧、開通を最優先で進める」(真貝社長)と、打開策は見えないのが現状だ。
 鉄道貨物の物流における役割は高まっている。長期的にモーダルシフトを推進するには、災害など輸送障害対策が不可欠だ。2014年には静岡県内の東海道線・由比―興津間で崖崩れが発生して10日間不通となり、JR貨物の半数の列車に影響した。真貝社長は「在来線の強靱(きょうじん)化が必要だ」と訴える。
 災害に強い在来線づくりを、再度考える契機になりそうだ。

類似記事として、Y!ニュース朝日新聞物流「大動脈」山陽線が寸断 暮らし・経済に大きな打撃もリンクだけ貼っとく。

 山陽本線は柳井~下松が9月中の開通見込み、三原~白市が11月中の開通見込みとなっている(JR西日本のサイト )このように山陽本線を経由する基幹貨物輸送が長期間、途絶えることになる。ちなみに阪神淡路大震災の時は、山陽本線が全通したのが4月1日、地震発生から74日かかっている。
 東日本大震災の時もそだったが、幹線鉄道が寸断されると、日本の基幹貨物輸送も長く寸断されることになる。災害時に備えて普段から「代替ルート」を確保…貨物列車が日常的に行き来できるよう、普段使いしておき、列車の入れ替え施設等も余裕をもって整備しておく必要があるのだが、JR貨物は自社で線路・設備を持たず、第二種鉄道事業者となるのでそれも難しい。
 国鉄を「分割・民営化」した30数年前、日本が毎年のように地震・水害によって大きな被害をうけるということは想定されていなかったと思うし、人手不足や環境問題から鉄道貨物がこれだけ重要性を増すということも考慮されていなかった。
 引用記事では「災害に強い在来線づくり」とあるが、JR貨物の経営形態も含め、見直しをかける必要があると思うぞvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あるみさん再起動!

 先日の万博鉄道まつり…関東の鉄道事業者さん、例えば小田急や京成電鉄、京浜急行、江ノ電等々、いろいろブースを出していたのですが、その中の湘南モノレールさんのブース…
Dsc09437  
 プラレールも、縦にすればモノレールになるのだが…その隣に…

Dsc09438  
 ハイ、「金沢あるみ」さん、登場…電車市場 出張所 あるみ再起動!だそうな。
 担当さんとお話ししたところ、5年ほど前に東急車両製造が、JR東日本傘下の車両メーカー総合車両製作所 になったのだと(2012年8月)で、今年になって鉄道むすめのメットキャラ、金沢あるみ さんも装いをあらたに登場sign03ということになったそうな。制服もリニューアル。 

 では、新たなプロフィールを見てみると…
 ・総合車両製作所の生産本部技術部 車両デザイナー
 ・以前はぎ装係りとして、溶接作業等を担当していました …
ということになっている。現場の仕事もあるのだろうが、メットキャラの「あるみさん」は卒業sign02ということか…

 同じ横浜市金沢区つながりということで、横浜シーサイドライン柴口このみ タンとコラボ…4月7日(土)にシーサイドラインフェスタ2018 を行い、そこでクリアファイルと缶バッジを販売するということだ。

 ブースでいただいた、「金沢あるみ」さんの名刺
Dsc09472

 あるみさん再起動…ということで、このブログもリニューアルしようかなぁ~virgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万博鉄道まつり2018

 昨日は万博鉄道まつり2018 に行って来た。万博公園でこの時期、毎年行われているようだ。
 大阪モノレールの万博記念公園で下車…すっかり春の陽気になったので、人がいっぱい来ている。太陽の塔は19日から内部の一般交換が始まっている(要予約…だが6月ぐらいまで一杯だということらしい)
Dsc09395

 万博公園は入場料250円がかかる…花が一杯咲いているぞtulip
Dsc09398

 メイン会場は、お祭り広場…沢山のブースが出ている。
Dsc09399

 基本、Goods販売です…ですからブースを気合い入れて回ると、おカネがいくらあっても足りませんmoneybag
Dsc09403

 ということで、ターゲットを絞りましょう…今回は鉄道むすめ関連…それもクリアファイルだとか、キーホルダーとかの安くてかさばらないヤツに特化sign03
Dsc09405
 大井川鉄道、井川ちしろ タン…クリアファイルげっと。

Dsc09408
泉北高速鉄道、和泉こうみ タン…残念ながらグッズなし…

Dsc09409
 大阪モノレール、豊川まどか タンは、缶バッジげっと…

Dsc09412
 子ども向けに、こんなのもあります…

Dsc09417
プラレールを屋外に敷き詰め、大阪環状線を再現しているところ…全ての配線を再現しているわけではないと思うが、けっこうよくできている。

Dsc09413

 昼前に行ったので、汁なし担々麺を食す…

Dsc09429
 JRのキヨスクで売っているようなヤツも、販売中!

Dsc09431
 鳥取県の若狭鉄道と、智頭急行のブース…若桜鉄道は「鉄道むすめ」ではないが、女子高校生キャラ「隼さくら」タンのクリアファイルをげっと。

Dsc09433
 こうゆう「王道」のグッズ売り場…人がいっぱいで、中に入れないcoldsweats01

Dsc09434
 つり革とかの部品も販売中…ま、こんなのは趣味でない人から見れば、粗大ゴミだからなぁ~
Dsc09452
 阪堺電鉄のブース…パンとかサブレを売っていた。

Dsc09448
 叡山電鉄…つい先日デビューした新型車両「ひえい」の宣伝!

Dsc09457
 嵯峨野観光鉄道、嵯峨ほづき タン…クリアファイルげっと

Dsc09447
 阪堺電鉄では、路面電車のBトレインショーティーがある…

Dsc09470
 こんなミニSLも走っている…どうやらリアルに蒸気機関を動かして走っているみたい。
 お祭り広場を離れ、東大路を通る…こちらにもブースが出ている。

Dsc09473

 和歌山電鐵、神崎みーこ タン(グッズなし)
Dsc09476

 和歌山電鐵は、「たまグッズ」で持つ…しかしすごいな、「たま駅長」…死んでもなお、商品じゃない。
Dsc09478

 長野から持ってきた「酒」は、売り切れ御礼!
Dsc09484_2

 東の広場まで行くと、何やらイベント会場に…「日テレ」が来てブースも出していたので、放送関係のイベントをやっていたようだ。聞こえてきた話では、鉄道アイドルの草分け、豊岡真澄さんも出演されていたような…
Dsc09485

 東の広場辺りまで来ると、人が少なくなってくる。
Dsc09486
 智頭急行には宮本えりお タンが居るのだが、一番安いのはトートバック1000円なので、購入を断念…

Dsc09491
 これは南海フェリーさんのブース…オリジナルキャラクターで高野きららと阿波野まい タンが居る…こちらも最安がトートバック1200円なので断念。

Dsc09489
 七尾市、のと鉄道さんのブース…隣は北陸鉄道のブースもあった。和倉ななお タンは、最安がイラストタオル800円だったので、パス!

Dsc09498
 JR貨物さん…奥は鉄道模型レイアウトで、長大コンテナ列車を運転するコーナー…地味めだけれど、捨てがたい魅力だなぁ~
 この隣はJR四国がブースを出していた。

Dsc09503
 なぜか愛媛県?
Dsc09505
 遠くからお疲れ様です…秋田内陸縦貫鉄道さん…食べ物がメイン。

Dsc09504
 ちなみに、この日の桜は、こんな感じ…ここから万博公園東口を出てモノレールに乗り、辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動 に参加した。
 なお、本日はその他、京阪電鉄石山ともか タン、クリアファイル。近江鉄道豊郷あかね タン、キーホルダー、水間鉄道水間みつま タン、クリアファイル、JR西日本、エヴァンゲリヲン新幹線クリアファイルをげっとvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武新宿線方面完全乗車!

 

川越侵略後、どこへ行くか…川越は昔からの交通の要衝なので、西武新宿線他、JR川越線、東武東上線が出ている。

 とりあえず、素直に西武を乗りつぶそうtrain

 普通電車で小平まで戻り、乗り換え…拝島線へ。
Dsc08267
 終点、拝島駅。

Dsc08269
 西武、20000系…アルミ車です。

Dsc08268
 拝島は、JR青梅線、五日市線、八高線のジャンクションでもある。
 拝島から戻って、小川で乗り換え、国分寺線を西武園まで行く。

Dsc08272
 国分寺線は、東村山で運転が分割されている…徒歩で西武園行きに乗り換え。

Dsc08274
 西武園到着~

Dsc08277
 橋上駅舎から、東村山方面を望む。ここでまた折り返す。

Dsc08280
 国分寺到着…JR中央線だぁ~…なお、国分寺から出る西武多摩湖線、多摩湖線終点の西武遊園地から西武球場前の山口線は、大昔乗ったことがあるので、今回はパス…

 国分寺で昼食の後、JRで武蔵境まで。
Dsc08286
 ここで、枝のように出ている西武多摩川線に乗車…多摩川線は10月22日に開業100周年を迎えるので、記念ヘッドマークをつけている。
 ちなみに、単線だsign01

Dsc08289
 西武多摩川線終点、是定駅。昼間は12分ヘッド、1時間に5本の運転である。
 これで、西武新宿線の系統は、全て乗車した…西武は池袋線とその支線を残すのみ、これはまたの機会にしよう。

Dsc08292
 是定駅に止まっている、工事用車両…

Dsc08293
 では、武蔵境に帰ろう…ではではvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福塩線侵略!

 三次に泊まった翌日は、福塩線で福山まで出る。
Dsc07983
 JR三次駅は、福塩線、芸備線、三江線のジャンクションで「拠点駅」のハズなのだが、駅舎はすごく小さい…横にセブンイレブンが入っている。
Dsc07984
 朝だけれども、留置されている列車も少ない。

Dsc07985
 広島からキハ1202両がやってきた…これが三次駅で分割され、芸備線と福塩線にはいることになる。
Dsc07986
 切り離し作業中…

Dsc07988
 芸備線に行くヤツは、オールロングシート。

Dsc07989
 福塩線に行くヤツは、昨日の三江線と同じセミクロスシート車両である。

Dsc07990
 所定の時刻がきたので、三次駅を発車…塩町までは芸備線、そこから先が福塩線となる。福塩線にはいってしばらくゆくと、高速道路と交差する。

Dsc07991
 吉舎(きさ)駅にて交換…

Dsc07993
 備後矢野駅でも、交換…

Dsc07996
 なんかえらい趣がある駅だなぁ~

Dsc07997
 そうこうしているうちに、府中駅に到着(^^)

Dsc08001
ここから105系電車となる。福塩線は両備軽便鉄道(両備鉄道)が福山―府中間を電化開業させたところだから、ここまで電化されていたわけだ。

Dsc08002
 駅の構造が、私鉄の駅っぽいでしょhappy01

Dsc08005
 オールロングシートの105系である…福塩線電化区間では、115系も走っている。

Dsc08008
 基本、単線だが交換する列車は多くなる…万能倉駅にて。

Dsc08010
 備後本庄駅…福山は次の駅。

Dsc08011
 福山到着…山陽本線ホームは新幹線高架下であるが、福塩線7番、8番ホームはその隣となるのである。

 それでは山陰侵略行は、この辺にてvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三江線乗車闘争(後篇)

 さて、三江線で浜原をすぎると、いわゆる鉄道公団規格の路線となる。潮駅あたりで江の川の川幅が広くなる…浜原ダムというのがあるらしい。
Dsc07931

石見都賀駅…17時30分。ここから皆さん、なぜか車両の前方に集まるのだ。
Dsc07935

 それは次が宇津井駅といって、地上20mのところにホームがあるということで有名なところだからである。
ユーチューブでひろった動画2分39秒…ま、こんなところですわ。

で、皆さんその駅に到着する様子を「かぶりつき」で見たいらしい(^^)
宇都井駅はトンネルに挟まれている…トンネルをぬけると、宇都井駅…17時37分着だ。

Dsc07939
 窓の外は、こんな風…

Dsc07940
 駅名表、撮れました(^^)
宇都井駅通過時、車内はざわめきましたが、それをすぎると一気に静まり返り、ディーゼルエンジンの音と、ワンマン列車の案内音声だけが聞こえてきます。
で、17時45分、口羽駅到着…公団規格路線はここで終了です。
 
Dsc07947
この駅で反対列車待ち合わせのため、15分停車となります。

Dsc07948
 はい、皆さん外にでて、撮影&トイレタイムcamera

Dsc07951
 江津から3時間以上、ロングシートに座って首をひねってましたから、この休憩タイムはありがたい。

Dsc07952
 駅の待合室…右手で地元の方が、三江線グッズを売っています。

Dsc07955
 駅の近くに「三江線全通の碑」があるので、撮影…なぜか動輪もあります。

Dsc07956
 駅の向いにある、公衆トイレは立派な建物…

Dsc07957
 グッズ売り…手ぬぐいや写真などなど…

Dsc07963
もときた鉄路を、振り返る…

Dsc07964
 皆さんがホームで写真撮ったりしている時の、車内の様子。うっひゃっひゃぁ~

Dsc07959
 乗って残そう、三江線みたいな横断幕あり…

Dsc07965
 18時に対抗列車と交換して、発車。

Dsc07968
 あとはひたすら、江の川を左手に見ながら、三次に向かう…

Dsc07970
 まだまだ写真撮れるぞ…

Dsc07976
 それでも18時を過ぎると、だいぶ暗い…

Dsc07978
 灯りの中に「さよなら 三江線」の看板が…上空には半月がかかっている。

Dsc07980
 かなり暗くなってから、列車は三次市街地に入り、18時59分、三次駅到着。江津からおよそ100㎞を3時間半以上かけて走行し、今回のメインディッシュは終了した。

Dsc07982
 ここから芸備線でさらに広島方面に向かう猛者もいるようだが、私は三次で宿泊…いやぁ~三次で泊まる人もけっこういるわ。車内で見かけた人が、同じホテルにいる…なんてことも。

ではではvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三江線乗車闘争(前篇)

 松江をあとに、山陰本線を西へ…江津で降りていよいよ「三江線乗車闘争」である。
Dsc07890
 江津駅停車中の、三江線キハ120系…

Dsc07897
 車内の様子…セミクロスシートといえばカッコいいが、クロスシートは4か所しかない。また、来年4月の「廃線」が決定しているので、18きっぱーの「乗り鉄」さんが大量乗車中coldsweats01

Dsc07898
 江津を出て、江の川を左手に見ながら山を登ってゆくのだ。

Dsc07899
 川戸駅着…このあたりは江の川の渓谷を走り、人家が少ない。肥薩線の八代―人吉間のような感じである。

Dsc07905_2
 鹿賀駅着…ここらあたりから、人家が見える。

Dsc07907
 赤い石州瓦がまぶしい、石見の集落。

Dsc07909
 石見川本あたりは、けっこう開けている。ここから石見銀山方面にバスが出ている。

Dsc07913
 それでも山の中を進む。日が傾いてきた…

Dsc07916
 石見簗瀬着。

Dsc07918
 まだまだ江の川は、進行方向左側。

Dsc07919
 粕淵駅着…ここも街がわりと大きい。バスも出ている。

Dsc07922
 お日様がだいぶ低くなった(^^)/

Dsc07924
浜原駅着。ここも拠点駅のようで、バスも出ている。
 江津を15時15分に発車して、ここが17時4分着…すでに2時間余りが経過したというわけだ。
Dsc07925
 ここで列車交換…と言うか、浜原駅17時8分始発の、430D列車…
 ちなみに三江線(三江北線)はここ浜原まで、戦前の建設である。

Dsc07926
 浜原から先は、1966年着工、1975年に開業した新しい?路線である。ディーゼルカーも快走しだした…よってここから後編に続く…ではではvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山陰侵略、初日

さて、秋の山陰侵略…まずは京都から山陰本線で福知山まで。
Dsc07809
 ここから先も、電車…223系5500番台の2両編成

Dsc07817
 豊岡でキハ47に乗り換え…ローカル線らしくなってゆきます(^^)
  城崎温泉をこえて、線路は海沿いを走る。やがて鎧駅から、余部橋梁のある場所に。
Dsc07818
 天気もいいし、海も青いのだ~

Dsc07819
 橋の隣に、旧橋梁を利用した展望施設、「空の駅」がある。

Dsc07820
 ホームは、下り進行方向の左側から、右側に移動している。ここでツアーのお客が、ドドっと降りた。

Dsc07822
しばらく行くと、浜坂駅到着…この街で時間をつぶす。

Dsc07823
 温泉もあるが…

Dsc07826
 あまり「らしくない」街並をぬけて…

Dsc07830
 海岸に出た~

Dsc07834
 山陰海岸ジオパーク館の横に…

Dsc07835_2
 遊覧船乗り場があった…今日は海が荒れている?ので、運航中止。

Dsc07839
 駅に戻る。

Dsc07842
 再びキハ47に乗って、西へ…鳥取駅で乗り換えて、浜村駅へ…

Dsc07843

Dsc07846
貝殻節の里の、足湯…この日はここで泊まり…温泉に浸かろうではなイカvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 紀州鉄道侵略!

 今日は「青春18きっぷ」を使って紀州鉄道を侵略しに行きました…多分、3回目の訪問となります。
 JR紀勢線、御坊駅の0番ホームから、紀州鉄道は発車します。
Dsc07665_2
 車両は、元信楽高原鉄道のレールバスです。

Dsc07667_2
 こんな地元キャラや…

Dsc07668_2
 不完全「萌えキャラ」…紀道(のりみち)りんこタン…これは地元高校の漫画研究会生徒による作画だそうな。

Dsc07669_2
 で、地元高校漫研作品が並ぶ車内…

Dsc07671_2
 時間がきたので、ゆっくり発車…のんびり運行して、最初の駅「学問」到着。

Dsc07672_2
 紀伊御坊駅では、かつての主力車両「キテツ」が留置されています。

Dsc07676_2
 観光案内地図

Dsc07677_2
 駅はこれだけ…全線で2.7㎞しかアリマセン。

Dsc07678_2
 終点、西御坊に到着~

Dsc07680_2
 狭いホームと、待合室…天井も低い。

Dsc07682_2
 いろいろ貼ってあります。「ふく田」はお菓子屋さん…

Dsc07688_2
 さて、今回は廃線跡(西御坊―日高川間)も歩いてみました。

Dsc07689
 遺構がメチャメチャ残っています…というか、撤去作業をやっていないようです。

Dsc07692
 終点、日高川駅…向こうに日高川の堤防が見えます。

Dsc07693_2
 踏切跡まで、しっかり残っている…

Dsc07695
 短い距離とはいえ、この時期ウロウロするのは暑いsun

Dsc07701_2
 30分ぐらいで、西御坊駅にもどってきましたcoldsweats01

Dsc07702_2
 西御坊駅の入り口。

Dsc07706_2
 看板がエエ感じですな…

Dsc07708_2
 待合室も暑いので(当然、冷房なぞ無い)

Dsc07707_2
 写真を撮ってから、冷房の効いた車内で待つことに… なお、帰りの列車では、父母、娘、孫の3代が乗車してきて、にぎやかに…
Dsc07711
 JR御坊駅に到着…ではではvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄鉄軌道構想 赤か黒か?

 沖縄の鉄道建設構想のお話し…まず費用対効果(B/C)が1.0を越えず、赤字が続くというお話し、琉球新報7月20日より。
開業40年後も赤字 鉄軌道国調査、費用対効果は微増
 【東京】内閣府は19日、2016年度に実施した鉄軌道導入に関する調査結果を公表した。事業採算性を示す費用便益費(費用対効果、B/C)は鉄道を導入した場合が0・64、トラムトレイン(専用軌道の路面電車)の場合が0・86となり、ともに前年度調査から微増したものの、事業化の目安となる1・0には届かなかった。開業後40年間の累積赤字は鉄道が3950億円(前年度比50億円増)、トラムトレインが1100億円(前年度並み)だった。
 15年度調査のB/Cは鉄道0・62、トラムトレイン0・84だった。16年度調査では那覇市の旭橋周辺などの開発プロジェクトや、各地で進むホテル進出計画などによる乗客増を見込み微増につながった。内閣府が調査を始めた10年度以降、B/Cは若干の改善が続いているが、依然事業化の目安水準を大きく下回り、開業後40年間でも黒字転換できない厳しい見通しとなっている。(以下略)


 ふ~ん、開発プロジェクトとかでB/Cはちょっとずつ上がっているのか…じゃぁ、普天間返還→大規模再開発…ということであれば、もっと上がるかも。しかし、開業後40年で、累積赤字4000億円は、痛いなぁ~

 続いて、黒字転換があるという「おめでたい?」話…同じく琉球新報8月1日より
4案で黒字転換、残り3案は赤字拡大 名護-那覇の鉄軌道 技術検討委が比較
 沖縄本島への鉄軌道導入について技術面から検討する県の沖縄鉄軌道技術検討委員会(委員長・兵藤哲朗東京海洋大教授)の第6回会合が31日、県庁で開かれた。那覇から名護を結ぶ7ルート案のうち、施設を公共が整備し運営主体とを分離させる「上下分離方式」だと、「中部東・北部西=C案、C派生案」で国道330号を経由した場合、開業後1年で黒字転換するとの見通しが示された。
 「中部東・北部東=D案、D派生案」は330号経由だと30年前後、58号だと54~58年で黒字転換の予測。それ以外のほとんどは累積赤字が拡大し続ける。(以下略)


 要するに「上下分離」…建設主体と経営主体を分離すれば、ルートによっては経営主体が初年度から黒字になりますよ(^^)…ということ。
 ただ、近年の公共事業はB/Cが1.0を超えないと、GOサインは出ない。「上下分離で経営主体は黒字が出る」とは言っても、トータルでB/Cが1.0を越えないから、なかなか沖縄の鉄軌道構想は実現が難しいのだなぁ~ということ。

ではでは…virgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧