たたかいとかくめい

人民新聞弾圧:12月27日夜に神戸地検と監獄へ行動

園良太君から転載依頼あり…
====転送・転載お願いします====
全世界の民衆の闘いを伝えてきた人民新聞社への不当弾圧
編集長不当逮捕・家宅捜索・起訴に抗議し、即時釈放・返却を求める

1:編集長は
12月27日(水)18時、神戸地検前集合で抗議行動を行います。(神戸駅徒歩5分)。
地図:http://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/kobe/page1000028.html
19時から、生田警察署にいる場合は生田署へ、神戸拘置所に移された場合は拘置所へ移動して激励行動です。
ご参加下さい。極寒の季節だが、神戸拘置所にはなんと暖房がありません。
だから検察/警察は起訴を取り下げ、今すぐ釈放しろ!
場所の詳細はHPに掲載します。https://jimmin.com/

2:弁護団が裁判官に保釈請求を行います。抗議声明の賛同署名を裁判所にも神戸地裁にも提出します。まだの方はぜひ賛同署名をお願いします!→https://jimmin.com/sign

3:報道の命である仕事道具のPCや名簿が警察に奪われたままです。弁護団が返還請求書を出しました。これは大きな問題です。拡散し、兵庫県警に返せと抗議を強めて下さい。
返還請求書:https://jimmin.com/2017/12/14/demand-for-cofiscated-things

4:★人民新聞のご購読を!
弾圧に負けず、ほぼ遅れなしで無事人民新聞第1633号を発行することができました。
弾圧以降、「支援の意味も込めて購読します」とのお申し出を何件もいただき、大変感謝しています。
この機会にぜひ当紙のご購読を検討いただければ幸いです。
試読・購読のお申し込みはこちらから→https://jimmin.com/trial-for-free

4:■救援カンパをお願いします
編集長の早期奪還、新聞継続のためにお願いします。
郵便振替口座:00940-5-333195
ゆうちょ銀行 〇九九店 当座 0333195
人民新聞社
※通信欄に「救援カンパ」とお書きください

<抗議声明>
●新体制作りを始めた矢先の弾圧
 人民新聞社は1968年に創刊し、毎月3回発行しています。日本中・世界中で権力とたたかう人々の声を伝えてきました。この夏に大阪府茨木市に事務所を移転し、世代交代と地域密着でより広い協力体制を作り、編集体制の強化を進めていました。
 その矢先の11月21日、突然編集長が兵庫県警に不当逮捕され、事務所が家宅捜索されました。容疑は「詐欺罪」で、新聞社とは関係がなく、内容も不当そのものです。編集長は23日間勾留されたのち、ゆるしがたいことに起訴されてしまいました。勾留直後より接見禁止がつけられ、弁護士としか面会できないままです。私たちは編集長の即時釈放と、押収品の返還を求めます。
●事務所を包囲する異様な捜査
 21日朝7時、尼崎市の編集長の自宅が家宅捜索され、兵庫県警生田署に連行され逮捕されました。続けて9時ごろ、20人以上の警察が茨木市の人民新聞社の事務所を包囲し、社員1名が来ると家宅捜索を開始。こちらが各所に電話したり撮影・録音することを禁止し、社員は軟禁状態にされました。
 後から来た社員には令状も見せず、立ち入りを妨害。マンション入口に検問を張り、出入りする他の住民全員に職務質問しました。住民を怖がらせて移転した事務所を孤立させる狙いが明らかであり、捜査の不当性が際立ちます。
●全てのパソコン・資料を押収する不当捜査
 この結果、新聞社は全てのパソコンと読者発送名簿も押収されました。新聞発行に多大な影響が出ており、兵庫県警・神戸地検に断固抗議します。また、大事な名簿が押収されてしまったことを、読者・関係者の方々にお詫び致します。
 報道では「自分名義の口座を他人に使わせていた」とありますが、それだけで「最初から口座をだまし取った」と言い切り、逮捕や家宅捜索まで行うのは明らかに不当です。私たちは今回の逮捕・家宅捜索は、人民新聞社の新体制へのあからさまな弾圧であると考えます。
●実質的な共謀罪の適用の可能性が
 今回の件で東京でも警視庁が2箇所を家宅捜索し、関係者に任意出頭を強要しており、弾圧の拡大が懸念されます。
6月に成立した稀代の悪法「共謀罪」は、犯罪のない所に「犯罪をした」と物語をでっち上げ、市民運動や報道機関を弾圧・萎縮させる目的です。
 警察は、実質的な共謀罪の適用を始めたと考えます。
●不当起訴をゆるさない!
 私たちは11月22日、27日と生田警察署へ数十人で抗議集会をしました。12月8日には神戸地検に抗議声明および約400名の賛同署名を提出しました。同日、神戸地裁で勾留理由開示公判が行われ、多くの人が大法廷を埋め、元気な編集長の姿を目にしました。晩の大阪での抗議集会にも100名以上が集まり怒りの声をあげました。これら広範な抗議の声にもかかわらず、神戸地検は12月11日に不当にも起訴を行ったのです。勾留理由開示公判で編集長自身が述べたとおり、実質的被害者なしの「事件」での逮捕・起訴・長期勾留は言論弾圧・人権侵害にほかなりません。一刻もはやい釈放を要求します。
●私たちは弾圧に屈せず編集長を取り返し、新聞発行を続けます
 私たちは、弾圧には絶対に屈しません。新聞の発行を続け、権力の不正を暴きます。
 すべての報道機関と社会運動が同じ危機感を持ち、抗議・協力していただくことを呼びかけます。

 神戸地裁は編集長を今すぐ釈放せよ!
 神戸地検・兵庫県警は起訴を取り下げ、全ての押収品を今すぐ返還せよ!
 捜査、弾圧の拡大をやめよ!

2017年11月22日 人民新聞社
2017年12月8日 神戸地検へ賛同者一覧とともに提出
2017年12月11日 不当起訴を受けて追記

■不当起訴弾劾!神戸地方検察庁
078-367-6110(取調べ担当・福居幸一検事)
■勾留されている三ノ宮の生田警察署
tel: 078-333-0110 fax: 078-322-0110
■捜査している兵庫県警
tel: 078-341-7441 fax: 078-341-2110
■兵庫県警メールフォーム
http://www.police.pref.hyogo.lg.jp/mail/
■への賛同はこちらから!
https://jimmin.com/sign

【人民新聞社】
〒567-0815 大阪府茨木市竹橋町2-2-205
電話:072-697-8566 FAX:072-697-8567
HP:https://www.jimmin.com
メール:people@jimmin.com
twitter:@jimminshimbun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STOP!!!伊方原発 高松集会(デモ編)

 さて、高松市内でデモでありますっsign01先頭は香川以外の四国、四国以外の全国、原水禁、そして香川というグループ分け。駅前広場から南に出る。
Dsc08970

 ミニストップ前を東に左折…琴電高松築港駅方面に向かう。
Dsc08973

 自転車に乗ってアピールする人…
Dsc08974

 高松築港駅前から中央通りを南に下る…さすがに今回は人数が多いので、デモは歩道を歩かされずに、車道を歩いた!
Dsc08977

 高松の裁判所前で、なぜか二手に分かれる…左に行けばそのまま四国電力本社に、真っすぐ進むと、途中で左に曲がって迂回するような形で四国電力本社に行くことになる。
Dsc08978
 私はとりあえず、真っすぐ組で行く…ここは次の角を左に曲がったところ。

Dsc08980
 隣は裁判所ね…

Dsc08982
 四電本社玄関前でこのように合流。

Dsc08988
 ここで伊方原発再再稼働反対の気勢を上げるのだ…山口県の祝島で行われているシュプレヒコール「きれいな海を守ろう エイエイオー」(最後に「エイエイオー」とつける)を繰り返す。

Dsc08991
 四電前での抗議行動が終わったら、そのまま南下してアーケード商店街に入る。

Dsc08994
 商店街をひたすら南下…「みかんを守れ!」「いりこを守れ!」等のご当地シュプレヒコールもこだまする。

Dsc08998
 交差点で信号待ちをしないとイケナイので、けっこう時間がかかるぞ(^^;;

Dsc08999
国道11号を横断して、南新町の商店街…

Dsc09001
 もうすぐ田町の交番跡前…そこで左折して、常盤町通りに入る。

Dsc09006
 常磐町通りを東進(うわっ、ブレブレだぁ~)

Dsc09007
 ようやく瓦町駅前に出た…ここでエスカレーターに乗って…

Dsc09009
 ペデストリアンデッキのところで展開する。

Dsc09013
 まとめの小集会…主催者のお礼あいさつや、今後の動き、1月20、21日に伊方現地で集会とのこと。

Dsc09011
16時半ごろに終了…お疲れ様でしたvirgo

なお、再稼働阻止のための伊方現地集会は、来年1月20、21日に行われる予定。また昨日広島高裁で伊方原発の運転差止めを認める判決が出た 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STOP!!伊方原発高松集会(集会編)

 先日行われた「STOP‼伊方原発高松集会」に高松まで行って参加してきた。
 高速バスで12時過ぎ、JR高松駅に到着…メシ食って駅前の広場に向かうと、会場設営がなされていた。
Dsc08937
 
天気良好sun
Dsc08936
 沖縄の「不屈館」から入手したであろう、「不屈」のぼりもあったぞ。

Dsc08940
 こちらは私とは別に、関西・神戸からバスで来られた皆様…舞台袖に行って「脱原発アクションin香川」の知り合いの所にあいさつに行ったら、神戸からのバスに便乗して園良太君が来ていた。

Dsc08943
 人もだいぶ集まってきました…

Dsc08944
 13:00から集会開始…司会は脱原発アクションin香川の溝渕裕子さん。

Dsc08945
 三線&キーボードセッション

Dsc08946
 園良太君から、GO,WEST、COME WEST!!! 3.11東北・関東 放射能汚染からの避難者と仲間たちとしてアピール…放射能による健康被害はこれから出てくること、12月17日(日)に総会「これが東日本の放射能汚染」を大阪のPLP会館で行うこと、そして人民新聞社への弾圧について訴えた。ついでに言っておくと、会場で参加者にバナーとチラシの束が入ったものが配布されていたのだが、しっかり人民新聞が入っていた。
 隣のサンタクロース服に自転車メットの人は、自転車で放射性廃棄物の黄色いドラム缶を模したものを引っ張り、アピール行動をしている方。

Dsc08947
 尼崎から来た、反戦タイガースさん…六甲おろしならぬ、「安部おろし」「原発おろし」を歌う。

Dsc08948
 原発さよなら楽団の皆さん…
 伊方原発が建設されたところは、「竜神さま」が棲んでいたのだそうな…で、「竜神さま」の歌にあわせて、竜神さまのお出まし。
Dsc08951

 一旦、ライブ&パフォーマンスの時間が終わって、14時まで小休止…その間にカンパ集め…
Dsc08954
 これはJR高松駅駅舎…実は「笑っている」のだが、地元の人間も含め、ほとんど気づかれていないのである(^^;;;
14時から第二部、リレーアピールへ。司会も脱原発アクションin香川で、高松市議の太田あゆみさんに交代。
 共同代表あいさつとして、香川県議の高田義徳さん。
Dsc08955
 ちなみに本会場の音響関係は、全て高田さんが用意したのだとか…

Dsc08956
 「八幡浜・原発から子供を守る女の会」の、近藤享子さん。この先ずっと八幡浜で暮らしたいとアピール。

Dsc08957
 「原発いらない福島の女たち」から、木幡ますみさん、黒田節子さん、勝又美佐子さんのお三方。

Dsc08958
 「若狭の原発を考える会」の木原壮林さんは、何やら長々と原稿を読み上げる。

Dsc08960
 「再稼働阻止ネットワーク」の柳田真さんと、たんぽぽ舎…伊方の運動が「再再稼働阻止」であることの意義を強調された。

Dsc08961
 週刊金曜日(というより、元同志社大学教授、元時事通信社)の浅野健一さん、実は高松市出身なのだ。
 その他「被災地NGO協働センター、増島智子さんや、原発をなくす香川の会の林敏夫さんら、数人のリレートークあり。

 良かった天気もなんだか怪しくなってきた…みんなで集まってバナーを掲げる…STOP!伊方原発。
Dsc08967

 こんな感じですね…
Dsc08968

 時間は15時過ぎ…デモに出発~
Dsc08969

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっくら高松集会に参加してくる

 明日は以前の縁もあってSTOP!伊方原発 高松集会に参加することにした。

開催日時 2017年12月10日(日) 
 
13時から ライブパフォーマンス
 
14時から 全国からのリレーアピール
 
15時から デモ行進
 

集会場所  香川県高松市JR高松駅前広場
 
(子供ワクワクコーナーがあります。)
主催 脱原発アクションin香川・原発さよなら四国ネットワーク(愛媛)・グリーン市民ネットワーク高知・脱原発市民ネットワーク徳島
 

共催 原水禁香川県民会議 

後援 香川県労働組合総連合/原発をなくす香川の会/再稼働阻止全国ネットワーク/伊方から原発をなくす会/女性会議香川県本部/未来を考える脱原発四電株主会/原発をなくし、自然エネンルギーを推進する高知県民連絡会/生活協同組合コープ自然派しこく/香川こどもといのちををまもる会

本来は10月21日に予定されていたのだが、選挙が決まったので急遽12月に変更したそうな(もっとも10月でも台風と長雨で大変なことに…)ただ、明日も寒いので、暖かくして出かけよう。

ではではvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安部9条改憲NO!講演集会

 平日の夜の集会案内…
 安部9条改憲NO!講演集会
 12月11日(月)18:30~21:00
 大阪市立中央会館大ホール
 資料代 500円
No_0001

全国統一署名3千万を集めて国会へ!

お話:弘川欣絵弁護士(明日の自由を守る若手弁護士の会)
弁護士登録2008年(61期)
関西各地で、憲法カフェやミナセン尼崎で中心的に活動している。

主催:9条改憲阻止共同行動
連絡先:大阪市北区西天満2-3-16絹笠ビル1階 大野協同法律事務所気付
℡ 080-1453-8950(黒石)
Fax 06-6365-5550

安部9条改憲NO!講演集会を呼びかけます

 安倍自民党は、10・22選挙で野党の分裂に乗じ圧勝しました。安倍政権はこの6年、秘密保護法にはじまり安保関連法(戦争法)、共謀罪と次つぎと悪法を通してきました。それも、安保関連法に典型的なように、憲法解釈を勝手に閣議決定する憲法違反の横暴な手段でおこなってきました。さらに、アベノミクスは、富める者をますます太らせ、福祉を切り捨て、貧困と格差を拡大し続けています。また、沖縄の民意を踏みにじって辺野古米軍新基地建設を強行し、圧倒的世論の反対を無視して原発再稼働をおこなってきました。そしてまた、森友・加計問題に現れているように、政治を私物化し横暴の限りをおこなってきました。
 安部は、2019年に「元号」を変え(天皇代替わり)、別動隊の希望、維新と共に自衛隊明記の憲法改定をおこない、新天皇と新憲法のもとで2020年の東京オリンピックを狙っています。
 この安倍の野望を阻止するために、安部9条改憲NO!の全国統一署名など地道な署名活動や各種の大衆運動とつながりを作り出す闘いを全力で主体的に起こそうではありませんか?
 そのために、この間、関西各地で憲法カフェの講師として活動されている「明日の自由を守る若手弁護士の会」の弘川欣絵弁護士をお招きして、活動の経験を語っていただきます。
 この講演会は、参加された方が、自ら署名運動の組織を行うために極めて貴重な経験を共有する場となると考えます。
 私たちは、トランプー安倍の戦争挑発に反対し、改憲を阻止し、安倍政権打倒を目指して闘いましょう。
 歴史的な分水嶺にある今日、この講演集会を安部9条改憲を阻止する闘いの場として大成功させたいと思います。
2017年11月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学生が出会った沖縄(後篇)

 集会「学生が出会った沖縄」の続き…

 法学者から高作先生アピール紹介ということで、大阪市立大学の足達菜野さんが、高作先生から寄せられたメッセージを読み上げる。高作正博先生は憲法学が専門で、関西大学法学部教授、琉球大学で11年間教えておられたのだそうな…

 つづいて「ヘリ基地反対協議会」の安次富浩さんのお話し…実は12月1日に沖縄意見広告運動の第9期スタート集会が関西であって、そこでも安次富さんはお話しをされている。また「オール沖縄会議」がドイツの平和団体「

国際平和ビューロー」のショーン・マクブライド平和賞を受賞し、その授賞式がスペインのバルセロナで11月24日にあったのだが、そこにも安次富さんは出席している。忙しいお方だ。
Dsc08920
 1997年の名護市民投票から20年、辺野古基地建設と闘って来た安次富さん…これまでと今を語られた。基地を容認していた「保守」が分裂したのは、基地に依存した街づくりをしていると、よけいな公共施設を作ってしまって財政負担になることが分かったから。「オール沖縄」は保守、革新の他、沖縄経済界が支えている。基地をつくらず、エコツーリズムをしたほうが経済効果が高いから…沖縄の未来を永田町や霞が関のとんでもない住民に決めさせない、私たちで決める。知事への批判はいいけれど、分断を避けるため行動はやらない。勝つためにはあきらめないことと、非暴力。言葉の暴力にも気を付ける。
 沖縄のたたかいだけで日本を変えることはできない…福島と同じように…大阪からは「維新」を追放して下さい…とのこと。

 東京から「沖縄への偏見をあおる放送を許さない市民有志」の川名真理さんが登壇。
Dsc08923
 東京MXテレビの「ニュース女子」で放送された「沖縄ヘイト番組」への抗議行動について話された。
 
 つづいて「辺野古案内人」の金沢さんが登壇…彼は大阪に住んでいたのだが、10月から現地に住み込んで(ホントはもっと前から行く予定だったが、体調を壊したので10月になった)シュワブ前の抗議行動に参加している。
Dsc08925
 最近では最大で267台!ものダンプ・工事用車両がやって来た…200台を超えるのが普通で、百数十台だと少ないほうである。ぜひ座り込みに来てほしい。彼らは国頭でぐり石を積み込んでいるが、1時間積み込みが遅れれば、1日工事が遅れる。本部港や奥港に行く人もいるので、ゲート前は人が減ります…だから来てください。
 いいことも言いましょう…辺野古で船に乗ったら海の底が見えます。これが本当の沖縄の海です。ぜひ実際に見てください。辺野古は実は住みやすいです。あるいて2~3分で飲み屋さんがあります。泊まる場所も出来ました。沖縄の楽しいところ、ぜひ来てください。い。相手は必死です…1人いれば、2人の機動隊付きます、暴れたら4人付きます…とのこと。
 集会は4時半ごろまでに終わる予定が、大幅に押した…「あかりとばり」さんの歌は1曲だけ…
Dsc08927
 最後に主催者「ガキネット」代表のあいさつと、辺野古派遣カンパのお願いをして、集会を終えたのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学生が出会った沖縄(前篇)

 本日は「学生が出会った沖縄」集会に参加してきた。会場のPLP会館5階会議室は、辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動で使っているバナーで飾られている。
Dsc08913

 開場は13時半だが、開会まで福島から避難してきた「あかりとばり」さんの歌で盛り上がる…その後、三線の演奏と歌もアリ。
Dsc08917_2

 14時に開会…司会のあいさつの後、「私の見た沖縄」DVD上映、関西大学の村上アサさん。DVDはドキュメンタリー映像として編集する予定だったものだが、編集が完成していないので生映像を説明していた。
 村上さんは、闘争現場でピリピリしている現場を予想していたが、シュワブ前テントは意外にのんびりしていて、歌ったり踊ったりしていたことに驚いたそうだ。(ごちそうになったマンゴーが美味しかったとのこと)
 それでも自ら資材運搬ダンプの前に立つ身になると、怖い…そして理由も無く涙が出た…基地があることによって、人と人とがぶつかり合っている、そういうことがあることがmすごく悲しいということだ。
 「本土」と沖縄の人々の比は半々ぐらい…「本土」の人は新しく来る人は多いが、継続してきてほしい。若い人が来てくれるとうれしいとのこと。学生は積極的に行って欲しい。また、参加するだけでなく、行っていろんな人の話を聞いてみて、沖縄問題の根深さが分かって来るということであった。
 続いて「沖縄問題は誰の問題か」と題した、関西大学の福成優香さんの報告…レジュメ等を使わないで、一気にお話し…沖縄問題と題しているが、これは沖縄が解決しなければならない問題ではない、みんなで考えなければならない問題だとまず訴えた。
 「沖縄問題」に関心を持ったのは、映画「圧殺の海」を観たことから…怖くて7、そして沖縄の人たちが「かわいそう」だった。なぜ、沖縄の人が心も体も犠牲にして工事を止めようとしているのか考えた時、「本土」の無関心さに気づいたとのこと…「かわいそう」の加害は、関西で「平和が大事」とのんきに言っている私にあった。沖縄の人の犠牲の上に生きるのは嫌です。現場で闘う彼らは、「不屈」で「勝つためにはあきらめない」そして、「被害者にも加害者にもなりたくない」という気持ちがあると。
 そして、なぜ学生が「保守化」しているかについて…貧困で社会のことを考える余裕がないからだと…学食の230円のうどんが食べられず、170円のカップ麺で過ごしている、その170円のカップ麺を失いたくないからだと。それでも苦しんでいる若者といっしょに、沖縄の問題も貧困の問題も解決してゆきたいと述べた。

 続いて、名護市議の翁長久美子さんが登壇。来年2月の名護市長選挙についてのお話し。
Dsc08918
 名護市長3期目、もっと国の圧力がかかってくることは間違いない。選挙運動中、現地は人が少なくなるから、学生の皆さん、まず沖縄に来て、平和資料館に行って下さい。名護市長選挙は「オール名護」で闘う、名護市民は金に負けない…子や孫に、基地という負の遺産を背負わすわけにはいかない。「オール沖縄」は「オール名護」が源流…政党が上に立たなかったからこそ成立した。宮古島やうるま市等で「オール沖縄」が選挙で負けたのは「オール沖縄」になっていなかったから。名護市長選挙では、市議団が先頭に立って闘う。一人の候補者を絞って、みんなで応援することが大切。また、ネットでの拡散もお願いしたい。
 稲嶺市長は「普通のおじさん」…毎朝4時に起きて、学校前で旗を振って交通整理をしている(それが終わらないと、選挙の街宣が始まらない!)また、多くの首長がいろんな公約を掲げるが、1期も2期も、公約のほとんどを実行している市長である。また、不況といわれる建設業においても、名護市では右肩上がり…キャンプで日本ハムが使う球場の工事も、市内の業者が手いっぱいで、市外の業者に依頼しなければならないぐらいだ。
 とにかく、辺野古に来て下さい、ビラのポスティングなら皆さんにも出来ます…と呼びかけられた。
(学生たちは発言で「本土」という言葉を使っているので、ここではそのまま「本土」と表記している)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人民新聞弾圧への緊急抗議集会

 12月8日(金)人民新聞社弾圧への緊急抗議集会が行われる。
12/8「人民新聞社弾圧への緊急抗議集会」へのご参加を!/抗議声明への賛同200件を超える
 人民新聞社への不当弾圧に対し、12月8日に大阪で抗議集会を開催します。編集長の勾留期限(12月11日)直前であり、ここで解放されるか、起訴されて数カ月監禁されてしまうかが決まります。不当起訴を絶対にゆるさず、言論弾圧に抗議する声を上げましょう。ぜひご参加ください。
人民新聞弾圧への緊急抗議集会
12月8日(金)
18:30開場 19:00開始(21:00終了)

ドーンセンター5階大会議室2
京阪「天満橋」駅、地下鉄谷町線「天満橋」駅1番出入口から東へ約350m
主催:人民新聞社
電話:072-697-8566 FAX:072-697-8567
メール:people (at) jimmin.com


抗議声明への賛同、200件を超える
抗議声明に対して、200件を超える賛同者が集まりました。署名とともに多くの方々が連帯のメッセージを寄せられています。議員、弁護士の方からの賛同も多数寄せられています。以下からご覧ください。
こちらより引き続き賛同を受け付けています!

人民新聞のご購読を!
弾圧に負けず、ほぼ遅れなしで無事人民新聞第1633号を発行することができました。弾圧以降、「支援の意味も込めて購読します」とのお申し出を何件もいただき、大変感謝しています。この機会にぜひ当紙のご購読を検討いただければ幸いです。

試読・購読のお申し込みはこちらから

ではでは…virgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生田警察署に抗議行動!

 昨日夜、生田警察署前で行われた、人民新聞編集長不当逮捕弾劾の抗議行動に参加してきた。(残念ながら写真なし)
 JR三ノ宮駅を降りて、生田神社のほうに向かう…夜7時半集合ということで、夜の繁華街を抜けて神社の横を通る。暗いのでどんな建物か分からないのだが、高いマンションやホテルの建物に挟まれて、生田警察署の看板が突き出しているのだ。「お役所」の建物は普通、周辺に広場・駐車場があって…というのを想像していたのだが、思わずなんじゃこりゃ~という感じだ。光っている「生田警察署」の看板が無ければ、警察署であるかどうかなんか、分からない。
もうすでに人が集まっていて、自然に「編集長を返せ!」コール等が始まった。時間が来た時に集まったのは20名ほど。やがてトラメガも来たので、正式に抗議行動が始まる。
 「編集長を釈放しろ!」「弾圧を許さないぞ!」「編集長ガンバレ―!」等々。住宅地の中なので、皆さまにはおさわがせしている旨のおわびと、しかしなぜこのような抗議行動をしてるのか、原因は警察側にあるとはっきりアピールもしておいた。
 編集部の園良太君による、経緯説明。長い靴下や服などの差し入れが禁止されている。「自殺防止」という観点は分かるが、そもそも自殺したくなるような所に閉じ込めるのがオカシイ。そればかりか、報道や弾圧を批判・弾劾するチラシまでも差し入れが出来ない。これは当該の逮捕が、社会的にどのように位置づけられているのかを知ることが出来ず、問題である。
 弾圧は21日の朝から行われた。家宅捜索では、撮影や録音(これは「でっち上げ押収…警察がわざと持ってきたブツを、「証拠」として押収していくのを防ぐため、重要な防衛手段である)を禁止した。また、マンションの住民を勝手に検問し、2階に行かせなかった。これは新聞が地域に根付くのを妨害するやり方だ。また、パソコン(読者名簿が入っていた)等の仕事道具を奪われたが、みんなの力で1日遅れで新聞を発行することが出来た…
 一人ひとりが、「編集長ガンバレ―」コールや、警察を弾劾するコールのタイム。
 留置場は3階にあるそうだが、どちら側にあるか分からないので、裏に回って再び抗議行動を続ける。この時点で人数は30名ほどに膨れ上がっている。
 警察前の通りはこの時間、タクシーや人がたまに通るぐらいで少ないが、少ない通行人に対してもしっかり、今回の弾圧に対するチラシを撒く。
 裏にまわって、同じようにコールを続ける。「編集長を釈放しろ!」「弾圧を許さないぞ!」「道具を返せ!」…個人のコールタイムも取られる。「編集長、ゆっくりして下さい…また飲みましょう」とも。
 なんだかんだで、8時半ごろまで抗議行動が続けられた。終了の段になって、入り口で警備していた警察官が2名やって来て「住民から苦情が来ている」と通告…オイオイ、そんなのもっと早く言わんとアカンやろangry
 解散前の確認において、拘留が10日ついているので、最初のヤマ場は12月1日、その後11日に起訴されるかどうか決まる…起訴されると、ずっと出て来れないので、とにかく起訴を阻止することが重要とのこと。また人民新聞社として記者会見も予定しているそうな。

抗議を終えて、また三ノ宮の繁華街を通り、帰路についたのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大飯原発うごかすな!現地全国集会

先日紹介した学生沖縄集会とかぶるが、お知らせ。

12/3 大飯原発うごかすな!現地全国集会
S_0001_2

【と き】12月3日(日)13:00
【ところ】おおい町総合町民センター大ホール(町役場となり)
     ※集会後、デモ ※駐車場は会場前で、ご案内いたします
【主 催】大飯原発うごかすな!実行委員会
【呼びかけ】原子力発電所に反対する福井県民会議/ふるさとを守る高浜・おおいの会/若狭の原発を考える会

◆連絡先
木原壯林(若狭の原発を考える会)
℡:090-1965-7102
Fax:075-501-7102
E-mail:kihara-chemあっとzeus.eonet.ne.jp
宮下正一(原子力発電に反対する福井県民会議)
℡:0776-25-7784
Fax:0776-27-5773
E-mail:kenheiwaあっとquartz.ocn.ne.jp

来年早々にも迫りくる大飯原発再稼働を断固阻止しましょう!

 原発は、事故の多さ、事故被害の深刻さ、使用済み燃料の処理や保管の困難さなど、あらゆる視点から、人類の手に負える装置ではありません。一方、福島事故以降の経験によって、原発は無くても何の支障もないことが実証されました。したがって、原発を運転する必要性は全く見出せません。

 そのため、最近のほとんどの世論調査でも、原発反対は賛成の2倍以上となっています。脱原発、反原発が国民多数の願いであり、民意であることを示しています。原発立地の若狭にも、脱原発、反原発の声は多数あります。
 それでも関電は、原子力規制委員長までもが「安全を保障するものではない」と言う”新規制基準”に適合とされたことを拠り所にし、また、原発に「絶対的安全性を求めるべきではない」と主張して、去る5月、6月に、高浜原発4,3号機を再稼働させました。関電や原発産業の利益のために、人の命と尊厳をないがしろにするものです。

 一方、関電や政府は、来年早々に大飯原発3、4号機の再稼働を企てるのみならず、40年越え老朽原発・高浜1号、2号機、美浜3号機の再稼働も画策し、「原発銀座・若狭」の復活を狙っています。脱原発、反原発の民意を蹂躙しようとするものです。また、イタリア、ドイツ、リトアニア、ベトナム、台湾、スイス、韓国が脱原発に向かい、アメリカでも原発からの撤退が相次いでいるという、世界の潮流に逆らうものでもあります。

 政府と関電は、若狭の原発を次々に再稼働させることによって、日本中の原発再稼働に弾みをつけ、原発依存時代の再来を狙っています。したがって、大飯原発再稼働阻止の闘いは、「全国の原発を廃炉に追い込むか、再稼働させるか」を問う天王山になります。
 そのような観点に立って、「10.15大飯原発うごかすな!関電包囲全国集会」に引き続き、「12.3大飯原発うごかすな!現地全国集会」は企画されました。
 これらの行動を突破口にして、電力会社や政府を震え上がらせるような大衆運動を高揚させ、「民意を無視したら大変なことになる」ことを彼らに思い知らせ、原発全廃を勝ち取りたいと考えます。皆様の大結集をお願いします。

大飯原発うごかすな!実行委員会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧