あるみさんの怒り!

日朝会談は歓迎するが、安倍で出来るのか?

 6月12日に史上初の「米朝首脳会談」がシンガポールで行われた。朝鮮半島非核化、米朝の和解、朝鮮戦争の終結までの道のりはまだまだ遠いが、双方が前向きに新たな関係を構築することが宣言された、有意義なものだったと思う。
 さて、この米朝会談の成功を受けて、日朝でも再び直接対話が持たれようとしている。Y!ニュース産経新聞より
日朝会談へ本格調整 正恩氏「首相と会ってもよい」
 12日の米朝首脳会談で。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長がトランプ米大統領に対して「安倍晋三首相と会ってもよい」と述べていたことが13日、分かった。これを受け、日本政府は日朝首脳会談の本格調整に入った。安倍首相は14日に拉致被害者家族と首相官邸で面会を予定しており、ここで拉致問題解決に向けた交渉方針を説明する意向だ。
 複数の政府関係者が明らかにした。金氏の意向については12日中に米政府から複数のルートで日本政府に伝達されたという。米朝首脳会談で、トランプ氏は「完全な非核化を実現すれば経済制裁は解くが、本格的な経済支援を受けたいならば日本と協議するしかない」との旨を金氏に説明。その上で「安倍首相は拉致問題を解決しない限り、支援には応じない」と述べたとされる。
 この説明を受け、金氏は、安倍首相との会談に前向きな姿勢を示したという。会談中に北朝鮮側は「拉致問題は解決済み」という従来の見解は一度も示さなかったという。政府関係者によると、水面下の米朝折衝でも、北朝鮮側は日朝協議に前向きな姿勢を示していたという。
 トランプ氏は米朝首脳会談後の記者会見で、拉致問題について「共同声明に盛り込まなかったが、(会談で)取り上げた。安倍首相の最重要課題でもあるからだ」と説明。安倍首相は12日夜、トランプ氏との電話会談後、拉致問題について「日本が北朝鮮と直接向き合い、解決していかねばならないと決意している」と述べた。

 トランプの尻馬に乗って「最大限の圧力を!」と叫び続け、核・ミサイルを口実に朝鮮の脅威と敵愾心を煽りながら、イージス・アショアの導入など軍拡政策を繰り広げつつ、支持を得ながら「改憲」の道を突き進んできた安倍首相が、米朝会談が成功する(しかもトランプが「拉致問題」を金正恩に提起したという「成果」を確認した)や否や、朝鮮との交渉に臨むなぞ、「どのツラを下げてぬかしとんじゃsign03の世界である。

 しかし日朝間で対話を行い、敵対関係を清算して国交を樹立することは、東アジアの平和構築のためにはなさねばならないことである。だから日朝会談そのものには反対しない。

 だが安倍首相は日朝会談の成功を「演出」することで、9月の自民党総裁選における3選を確実にしようとすることは目に見えている…だから会談は7~8月とかなりの早さで実施されるだろう…もっとも、「拉致問題」を本当に解決する気もなく(そのことは別途述べたい)、ましてや日朝間の本当の懸案事項、植民地支配問題をさらさら解決する気がない安倍首相に、日朝会談を「成功裏」に終わらせることは期待できない。それどころか、わざと「失敗」してより朝鮮への排外主義・脅威をあおって国内をかため、支持をとりつけながら「改憲」への道を突き進むことも十分予想される。

 朝鮮との新しい関係は、安倍以外の新しい風を入れて行うべきである。そのためにも、安倍政権を打倒しようではないかvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

財務官僚にだけ罪をなすりつけた幕引きを許すな!

 森友問題に関連し、財務省が公文書を改ざんした問題について昨日、政府が結論を出した。Y!ニュース産経新聞より
森友文書改竄、佐川氏主導を認定 財務省、幹部ら20人処分 麻生財務相は続投を表明
 財務省は4日、学校法人「森友学園」をめぐる決裁文書改竄(かいざん)の調査報告書を発表し、当時理財局長だった佐川宣寿(のぶひさ)前国税庁長官が、政治家名が記載された文書を「外に出すべきでない」と発言し改竄を主導したと認定した。森友側との交渉記録の破棄については、安倍晋三首相が夫妻の関与を全面否定した国会答弁後だったが、忖度(そんたく)の有無は記さなかった。財務省は関係者20人を処分し、佐川氏を最も重い停職3ヶ月相当とした。 
 麻生太郎財務相は4日の記者会見で「きわめて不適切な取扱いがなされていた。深くおわび申し上げる」と陳謝し、閣僚給与1年分を自主的に返納する考えを示した。自らの進退については「考えていない」と述べ、続投を表明した。
 一方、首相も記者団に「公文書の改竄はあってはならない。行政府の長として責任を痛感している」と発言。麻生氏については、「戦闘に建って責任を全うしてもらいたい」と述べ、辞任を否定した。(以下略)


 ごらんの通り、全てを財務官僚・佐川氏がやったこととして、責任をなすりつけ、政権は逃げ切ろうとする魂胆がミエミエのものだ。また「首相を守るため」に文書改竄を行い、国会に嘘の答弁をして1年以上も国会を混乱させたにもかかわらず、主犯の佐川氏が「停職3ヶ月相当」というのは軽すぎる。本来なら懲戒免職ものなのだが、本当の主犯、安倍・麻生を守るために、こんな軽い処分となったのであろう。絶対に許すことはできないangry
 参考…リテラの記事

 森友問題は文書改竄が明らかになった段階で、また加計問題は愛媛県の文書で首相と加計理事長と合って「獣医学部いいね」と言ったと明らかになった段階で、将棋で言えば「詰み」状態だった。普通の人間ならば、ここまでウソがはっきりバレた場合、恥ずかしくって外には出られないぐらいのものなのだが、安倍・麻生は違った…どこまでも開き直り、辞任どころか、本質についての謝罪すら行わない。こうして民衆があきれ、やがては諦め、忘れ去る…そうゆうことを期待しているのだよ、両巨悪は!

 「野党がなさけない」などと言うなかれ…5月30日に行われた「党首討論」を見られよ、安倍答弁の書き起こし があるのだが、質問されたことに答えない、はぐらかす…これの繰り返しだ。国会での答弁でもそうだ。リンク先の引用にあるよう
”「議論は平行線」との見出しを付けた記者は、議員内閣制の原則を知らないと思われます。議員内閣制は、閣僚が国会での質問に、誠実な答弁をすることが前提です。首相に誠実な答弁の責任があります。よって「議論は平行線」は間違いで、正確には「首相は誠実に答弁せず」です。”

 そう、もはや奴らは議員内閣制、議会主義の基盤までぶっ壊しているのだsign03こういった中で、議会の枠内で「野党」にいくらガンバレ、しっかりしろと応援しても「のれんに腕押し、ぬかに釘」状態であろう。

 朴槿恵を打倒した韓国民衆のように、街頭に出て怒りをぶちまけることが、安倍・麻生両巨悪退陣のカギであるsign03

 さしあたっては、10日の14時から東京では国会前で大規模な行動が呼びかけられている(関西ではやらんのか、緊急行動?)全力で参加しよう。

 街頭行動で、安倍・麻生両巨悪を追及し、退陣に追い込もう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸、反ヘイトカウンター行動!

 今日は神戸で行われた、ヘイトデモへのカウンター行動に参加してきた。
 先日の告知どおり、14時半前に三ノ宮、花時計前に行こうと、地下街の出口を出ようとしたら、かなり大きな声が聞こえてきた。「おお、やっているなぁ~」と思って地上に出る。
Dsc00401
 出たら、こんな感じ…もう歩道はカウンターで一杯だhappy01

Dsc00403
 2025年、大阪万博誘致の横断幕…私ゃ万博なんていらないsign03派なんだけれど、万博誘致するんだったら、「ヘイトデモ」なんぞ止めさせるべきだろう。
 事前にどんな奴らがデモするのか調べてなかったが、堂々と「在特会」などとののぼりを掲げている。ハイ、ヘイト団体認定終了sign03
Dsc00408
 それにしても警察の数がやたら多い…というか、彼らは完全に、警察に守られないとデモもできない存在なのだ。
 こちら側からは、もう当初から「差別はヤメロ!」「ヘイトデモヤメロ!」「レイシスト帰れ!」のコールが、わんさか巻き起こる。
 一応彼らは「拉致問題解決」を訴えるという名目で集会、デモをしているのだが、「拉致問題を利用して差別をするな!」という、しごくまっとうな声も…

Dsc00427
 彼らはフラワー通りを南下して、憩いの広場あたりで集会し、その後そこからデモ出発という予定だったようだが、公園に入ることが出来ないので、止む無く道路の真ん中で「集会」をおっぱじめる。
 大体、デモ出発前には警察から、デモに関する諸注意をうけてからデモに出るのだが、そんなの一切、関係ナシ…この場所からデモに出発するようだ。

Dsc00428
 「在特会退場! くだらんこと言うてんとはよ帰れsign03」プラカ…
 それでも彼らは、ここからフラワー通りを北上しだした…よって我々も一緒についてゆくことに。

Dsc00439

 写真真ん中の、オレンジのカバンをかついでい女性が、向こうのコーラー…一応、「拉致問題」のみを訴えていますが。
 それでもしばらく行くと「たたきだせぇ~!」という、「在特」独自のコールをしだすヤツも。

Dsc00442
 カウンターの皆さま方…相手側は20人弱coldsweats01に対し、こっち側は圧倒的に数が多いhappy01

Dsc00436
 そして、やたら警察の数が多い…これじゃ警察のデモだな。
 もう写真は「似たような風景」になるので、あまり載せない…デモコースとしては、このまま三ノ宮のガードをくぐって北上し、加納町3丁目の交差点を左折、中山手道を西進して…

Dsc00455
 トアロードを南下・・・

Dsc00470

 またJRのガードをくぐって…
Dsc00476
 地下鉄海岸線が走る道を、東に向かうというコース…

Dsc00489
 特筆?すべきは、たった20人弱のデモならば、だいたい警察は信号が赤だと止める…だが、彼らのデモは警察に団子状に守られながら、赤信号を無視して進むことが出来るのに対し、カウンター側は「歩行者」扱いなので、律儀に赤信号で止められる。しかし、信号が青になったら、走って奴らに追いつき、「ヘイトデモヤメロ!」「レイシスト帰れ!」とコールを続けるのだ。
 あと、奴らのプラカードに、安倍とトランプが握手している写真を掲げ「安倍さん、頑張って」と書いている…もうこの時期に、安倍に「拉致問題」解決を望むことなぞ無駄である。奴らはまさに、断末魔に陥った「安倍の手先」なのである。
Dsc00492
 さて、「デモ」も終わって、奴らは地下鉄の出入り口に逃げ込んだ…その周りを警察が「厳重」に取り囲む。彼らは地下鉄に乗り込んだようだ…という「確認」をしたのち、カウンター側は解散。警察も警備の解除をした。
 だいたい、14時ぐらいから始まって、16時過ぎまでの2時間、奴らの「デモ」に付き合う形で、カウンタ―をやり切ったぞ。キャンデーを配ってくれる人がいた。
 現場では、「反戦タイガース」さんや、「社会運動情報・阪神」さんにお会いした…皆さま、お疲れ様でしたvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日、三ノ宮で反ヘイト街宣!

 社会運動情報・阪神さんのブログから(6月1日の記事なので、明後日となっている)
明後日、三宮をヘイトどもの懺悔の場にしよう 

 相変わらずヘイト勢力の妄動が続いている。ほっといたら良いと言う人もいるが断じてそうではない。差別する自由などない事をわからせてやらねばならないのだ。いよいよ明後日6月3日、神戸三宮にヘイト達が集結し、「拉致問題追及」を口実に民族的敵意を煽るヘイトデモをしようとしている。これを絶対に許してはならない。「国際都市・神戸にヘイトは存在できない」事を着実にわからせよう。拉致問題は日朝の直接交渉でしか解決できないし、時の政府が最重要課題と息巻いても永年解決できなかったものだ。外交や人権について見識ゼロのヘイトどもがいくらわめいても解決できないのに、これを利用して在日朝鮮人への敵意をあおる特大マイナス効果しかない。
6月3日(日)午後2時半 三宮花時計前

 

 良識あるヘイト反対カウンター行動の人達は少し早くから現場に集まるようだ。おおむね1時間前。なるべく多くの人の参加で、ヘイトどもを「啓発」してやろう。侮辱したり、暴力は駄目であり、あくまで愛の鞭で更正させる半日にしよう。

 明日までは天気が良いそうだから、観光がてら神戸に出かけるかvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「高度プロフェッショナル制度」粉砕!

 国会で「働き方改革関連法案」が現在審議中で、23日にも衆議院を通過しそうな情勢である。「働き方改革」で「裁量労働制」は、前提となるデータが捏造・デタラメだったことが暴露され、今回の法案からは外されているのだが、もう一つ重要な「高度プロフェッショナル制度」(略して「高プロ」…本論もこれを使う)が残っている。

 「高プロ」とは、専門性が高く、年収も高い労働者は、労働時間の規制を外そうというもの…時間ではなく「成果」によってその賃金を払う。いわゆる「残業代ゼロ」法案のことである。

 ここで、「成果」によってその賃金を払う…と書いたが、法案にはそんなことは一切書かれていない。また「裁量労働制」のように、労働者に「働き方」の裁量があるわけでもない。労働時間の制限を外す、規制を外す…朝、8時半か9時に始業、17時に終業といったことも決めなくて良い…これだけである。
 年収要件について、いちおう1075万円以上が基準とされているが、これは確実に下がる。経団連は年収400万円でも「高プロ」対象にしたいと考えており、労働者派遣法のように、最初は「ポジティブリスト(派遣は例外的な働き方で、派遣労働OKなものがリストされている)」で小さく法律をつくっておいてから、最終的にはどんな業種・業態でも、工場労働でも派遣OKとなったように、確実に「規制緩和」が成される。原案でも要件とする年収は「見込み」でOKで、欠勤等による控除分は「見込み」に入れなくても良いと仮定すると、極端な話年収357万円の労働者 でも適用可能ということになるらしい。

 労働時間の規制を外すということは、工場法以前の働き方に戻るということに他ならない。朝の5~6時ぐらいから、夜の10~11時、いやもっと遅い時間まで働かされる…時間外労働(残業代)なんか出ない。休日もない。誰も労働時間を管理しなくて良い。そして、働きずぎて「過労死」しても、全く問題がないのだsign03「高プロ」適用労働者には、独自の健康確保措置があるのだが、それは

1.勤務時間インターバル制度と深夜労働の回数制限制度の導入
2.労働時間を1ヶ月又は3ヶ月の期間で一定時間内とする
3.1年に1回以上継続した2週間の休日を与える
4.時間外労働が80時間を越えたら健康診断を実施する

の4つのうち、どれか一つを選べばよいというもの…すごく縛りが緩い。4が一番ラクだから、4を選ぶ企業が多くなるのだろう。

 労働者から労働時間管理を奪い、定額で「働かせ放題」にする「高プロ」「残業代ゼロ」法案を粉砕しようsign03「働き方(働かせ方)改革」法案を廃案に追い込み、安倍政権を打倒しようvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福田は辞めた、麻生もヤメロ!

 本日、セクハラ発言をしたとされる財務省 福田事務次官が辞任した。Y!ニュース FNN
財務省・福田次官が辞任へ 「職責果たすのが困難に」
  複数の女性記者へのセクハラ疑惑が報じられた財務省の福田事務次官が、辞任することを明らかにした。
  福田事務次官は、「週刊誌に掲載された、わたしに関する記事については、事実と異なるものと考えており、裁判の中で争ってまいりたい」、「わたしのことで、このような報道が出てしまったこと自体が不徳の致すところ」、「職責を果たしていくことが困難な状況になっているとわたし自身が考え、先ほど、麻生財務相に辞職を申し入れた」などと述べた。
  一方で福田次官は、記者団とのやりとりで、報じられた音声について、「自分のものかわからない」とこれまでの主張を繰り返すとともに、「あんなひどい発言をしたことはありません」と記事を否定した。
  また、これに先立ち取材に応じた麻生財務相は、福田次官の辞任を認めたことを明らかにするとともに、当面、矢野官房長が次官の職務を代行することを明らかにした。
財務省では、森友学園の文書改ざん問題で、当時の佐川宣寿国税庁長官が3月に辞めたばかりで、事務方トップである福田次官の事実上の更迭で、財務省が未曽有の混乱状態に陥ることは必至の情勢。


 この人、”セクハラ疑惑”については完全に居直り、「裁判で争う」などと言っているが、新潮社では確たる証拠を握っているらしく、明日の週刊新潮でより詳細な記事が出ることだろう。
 だが問題は、本人の資質のみならず、このような人物を事務次官に任命した麻生財務相の任命責任も問われる、いや、それだけではない。
 財務省はこのセクハラ問題を調査するにあたり、「被害者の女性に名乗り出るよう」要請した…およそセクハラにあった当該女性に対する配慮が一切ない、ありえない方法だ。こんなものを堂々と発表し、問い詰められると開き直った…リテラの記事 から引用すると。

 (前略)きょうも記者団の取材に対し「女性が名乗り出なければ事実の解明は難しい」などと強弁。あげく「財務省の顧問弁護士による調査は公平性に欠けるのでは」「セクハラと名乗り出にくいのでは」などと問われると、逆ギレしてこう述べたのだ。
「こちら側も言われている人の立場も考えないと。福田の人権はなしってわけですか」
 被害者女性の人権など一顧だにせずに、セクハラ・パワハラ加害者である日本の官僚トップの人権を考えろなどと言うのだから、その“人権感覚”には呆れ果てるしかない。(以下略)


 リテラの記事にもあるよう、およそ麻生には人権感覚というものが、カケラもない。こんな奴が財務大臣でございと君臨し、我々から税をむしり取り、またその使い道を采配しているのだsign03まったくもって許すわけにはいかない。

 梅田解放区では、朝鮮危機にかこつけて「武装難民が来る」などと差別・排外主義を扇動してはばからない麻生の辞任を当初から要求している。森友問題における佐川の任命責任、セクハラ問題における福田の任命責任追及とともに、差別をあおり、開き直る麻生大臣そのものを追及し、辞任に追い込もうsign03安倍政権を打倒しようvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イラク日報問題は小泉政権の責任!

 先日の梅田解放区 におけるアジでも触れたが、自衛隊イラク派兵時の日報が「なかったこと」とされた問題は、ひとえにイラク派兵を行った小泉政権が「自衛隊のいるところが、非戦闘地域」などというデタラメな答弁のすえ、憲法違反のイラク派兵を行ったからである。Y!ニュース時事通信より
「戦闘拡大」と表記=陸自宿営のサマワで―イラク日報を公表・防衛省

 防衛省が存在しないとしていた陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報が見つかった問題で、同省は16日、これまでに発見された計435日分の日報を公表した。
 日報では、自衛隊が宿営地を置いたイラク南部サマワの治安情勢に関して「戦闘が拡大」と表現されるなど、「戦闘」や「交戦」という言葉が複数記されていた。周辺での銃撃戦の発生も報告されていた。
 公表されたのは、2004~06年の派遣期間中に作成された1万4929ページ。イラク全域や陸自の活動地域だったムサンナ州の治安状況が報告、分析されている。
 06年1月22日付の日報では、サマワの治安情勢として、「英軍車両がパトロールを始めたことに反感を持った民兵が射撃し、戦闘が拡大」と記載。さらに事態が拡大する可能性も「否定できない」と書かれていた。
 陸自の活動期間中、サマワの宿営地内外には十数回に上る砲撃があり、04年10月~05年7月には宿営地内で少なくとも4回、ロケット弾が確認された。発見翌日の05年7月5日の日報では、ロケット弾着弾について「連続発生の可能性は否定できず」と分析。着弾を受けた宿営地の一斉捜索や、隊員の精神的ケアに関する記載もあった。
 同年6月23日には、陸自の車列で路上爆弾が爆発し、車両1台が破損。同日付の日報には、「(破損した車両が)見えないほどの土煙」「活動開始の時間を狙われている可能性」などの記載とともに、現場や被害車両の写真が添付されていた。(以下略)

 日報をみれば、自衛隊が派兵されたイラク・サマワはとても「非戦闘地域」というような場所ではなかったことが明らかになる。だから日報が隠され、「なかったこと」にされたのだ。だからイラク日報問題は、安倍政権がシビリアンコントロールを貫徹できず、防衛相に好き勝手をさせた責任のみならず、デタラメな理屈で憲法違反の海外派兵を強行した小泉政権の責任も問われるべきものだ。

 イラク戦争は「大量破壊兵器の存在」というでっち上げ理由をもとに、アメリカ・ブッシュ政権が始めた侵略戦争である。フセイン政権が打倒された後も、イラクを始め中東地域はイスラム教の宗派対立や民族対立が激しくなり、IS(イスラム国)が台頭するきっかけともなった。
 この戦争に対し、国内外で多くの人びとが反対・批判しているにもかかわらず、小泉はいの一番にアメリカを支持した。そして「復興支援」と称して自衛隊をイラクに派兵したのである。この派兵は、自衛隊を「殺し・殺される」軍隊へと脱皮させ、実際に戦争ができる軍隊に改造することに利用された。ローテーションで日本全国5つの方面隊が参加したのである。
 イラク戦争はその後、大量破壊兵器なぞ無かったことが明らかになり、参戦したイギリスなどでもその検証が行われている。しかし日本ではイラク戦争や自衛隊イラク派兵についての検証・総括が行われず、海外派兵はアフリカ・ジプチに自衛隊基地がつくられ、南スーダンPKOのような危険地帯に自衛隊が行くなどエスカレートしている。

 今こそイラク戦争や自衛隊イラク派兵の検証・総括を行い、自衛隊が海外で活動することが「常態」となっている現実をうち破ろうsign03 安倍晋三のみならず、憲法をぶっ壊した小泉純一郎、石破茂などのいる自民党は許さないsign03自民党を打倒し・解党に追い込もうvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは改ざんではない、隠蔽だ!

 財務省が森友関連の決裁文書を改ざんしていたのではないかという問題について、本日、財務省の調査結果が発表された。文書の改ざんを全面的に認めるものであった。Y!ニュース時事通信
価格交渉の記述削除=200項目超で改ざん―森友文書問題
 財務省が12日公表した学校法人「森友学園」への国有地売却の決裁文書書き換え問題に関する調査報告書によると、書き換えや削除などの改ざんが行われた項目は文書14件で200超に及ぶ。
 安倍晋三首相夫人の昭恵氏や国会議員の名前が消され、学園側との価格交渉に関する記述が削除されており、野党からは「隠蔽(いんぺい)だ」との批判が出ている。
 改ざんされたのは、学園への土地貸し付け契約の際に作成した「貸付決議書」や、その後の土地売却手続きを記録した「売払決議書」など。学園からの「要請」という文言が「申し出」に差し替えられたり、本件の契約が「特例的な内容となる」との記述が削除されたりしていた。
 過去の経緯をまとめたページも大幅に圧縮。昭恵氏が学園関係者に「いい土地ですから、前に進めてください」と語ったとの学園側の説明がなくなったほか、鴻池祥肇元防災担当相、平沼赳夫元経済産業相、鳩山邦夫元総務相(故人)、北川イッセイ元参院議員の実名が消されていた。近畿財務局が学園側と「価格を協議した」との記述も省かれた。
 学園への破格の値引きが表面化したのは昨年2月中旬。改ざんは同月下旬から始まった。当時の佐川宣寿財務省理財局長は国会答弁で、「政治家の関与は一切ない」と述べ、学園側との価格交渉も否定していた。
 財務省の富山一成理財局次長は12日の野党会合で「国会答弁との関係で誤解を生じないように書き換えたのではないか」と説明。つじつまを合わせるため、文書を改ざんした疑いは残る。
 財務省は、職員からの聞き取り、職場のパソコンに残っていたデータの精査などを行ったほか、捜査中の大阪地検からも保管する文書の写しの提供を受けた。その結果、内容の異なる文書が複数存在することを確認した。


 あああこの記事だと「改ざん箇所が多いなぁ~」程度の感覚になるが、TVニュース等で報道された物を見ると、すざまじい…
 Before-After が分かるよう、左右に改ざん前、後の文書が並べられている。そこには森友案件が「特例的な内容」っであることを説明するため、どんな政治家…日本会議だ!…が森友学園と関わっているのか、訪問したりしているのか書かれているのだ。もちろん、その中には安部昭恵首相夫人もいる。しかし改ざん後の文書では、そこがすっぽり抜け落ちている。

 こんなものはもはや、改ざんとは言わない…隠 蔽と呼ぶシロモノだsign03

 なんのために隠蔽されたのか、当然、安部昭恵夫人が森友学園の認可および格安土地取引に、大いに関わってるという事実を隠すためである。なにぶん、安部は国会で答弁した…「私や妻が関係していたということになれば、これはまさに私は間違いなく総理大臣も国会議員も辞めるということははっきりと申し上げておきたい」と…

 とっとと辞めてもらおうじゃなイカ!

 麻生財務大臣もこの期に及んで、理財局の一部の人間…佐川前国税庁長官ら…に責任をおっかぶせてトンズラを決め込んでいるが、そうはさせるかsign03

 言っておくが、役所が公文書を改ざんし、事実を隠蔽しているのだ。これはまごうかたなき犯罪行為であり、1ミリたりとも許されるものではない。

 国会の場で徹底追及するとともに、主要な人物、安部昭恵および佐川を証人喚問の場に引きずり出し、事実を明らかにしよう。そして大衆運動の力で、しかるべき人物に責任を取らせようsign03安部と麻生を打倒しようvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡具知市長は植民地総督!

 名護市長選挙から1か月…ま、確実に渡具知新名護市長は辺野古基地建設を「容認」して、再編交付金等をうけとりつつ、自公「基地推進」体制の街づくりを進めるであろう。だが、それは政府が全体重をかけ、ありとあらゆる手を使って地方自治と民主主義を踏みにじったことの「見返り」でもあるのだ。
 実際、こうゆうことが行われている…沖縄タイムスより
名護市長 菅官房長官に国職員派遣要請 「公約実現のため」
 渡具知武豊名護市長が13日に上京した際、安倍晋三首相や菅義偉官房長官に手渡した要請書で、国から複数の職員を市に派遣するよう求めていたことが分かった。要請内容を公表していなかったが、市が22日、全市議に公開した。
この記事は有料会員(購読者/デジタル購読者プラン)限定です。
有料プランに登録すると、続きをお読み頂けます。

 これは2月23日付けの記事である…もう少し早くチェックすればよかったなぁ~ というところで、長州新聞に全貌が出ている。
「国から優秀な人材を」名護新市長が首相官邸に要望書 地方自治体の主体性はどこへ
 首相官邸の出先機関化 副市長や政策調整官ポストに注目
 名護市内では、発足したばかりの渡具知市長が、市民には「国とは一定の距離を置く」といいながら、1週間もたたぬうちに上京して菅官房長官に提出した「要請書」の内容が物議を醸している。本紙が関係者から入手した要請書(2月12日付)では、市長選における自民党、公明党、日本維新の会からの「力強い御尽力」に感謝し、「公約実現」のため「財政面をはじめ政府からの御支援」を求めている。
 「早急に取り組みたい事項」として、学校給食や保育料の無料化、ロングビーチ構想の着手(大手リゾートホテルの誘致)、有料ゴミ袋の半額、下水道整備着手(久志地区)、テレビ難視聴の解消(久志地区)、大型公園の整備などを列挙し、「上記も含め、公約実現のため国から優秀な人材を複数名確保(総務省、経済産業省、国土交通省など)」と記している。
 議会関係者は「多くは選挙中に連呼していた政策だが、何一つ具体的な裏付けも考えもなく、“国が全部やってくれる”という発想が滲み出ている。国に財源も職員も依存して市政を運営するなら、名護には市役所など必要なく、官邸の出先機関になってしまう。政府との間でどんな約束をしたのか定かではないが、これが通用するなら日本中の秩序が崩れてしまうだろう」と問題意識をのべていた。
 「国と距離を置く」どころか、幹部職員も含めて霞ヶ関に人材の派遣を求め、これらの東京組が副市長や政策調整官という重要な役職に就いていくことが予想されている。名護市という小さな地方自治体が謀略選挙によって乗っ取られ、主体性を放棄して中央省庁なり政府に身を委ねる動きがあらわれている。

 リンク先には要請書の写真もある。総務省、経済産業省、国土交通省などから「天下り」役人を招き入れての「街づくり」をするというのだ。まさに「主体性を放棄して中央省庁なり政府に身を委ねる動き」に他ならない。
 原発が立地する自治体が、原発マネーによって潤う反面、主体性を失って来たことはよくしられているが、政府職員を3名も自治体に直接、招聘するなぞ、まさに名護市が政府直轄領になることだsign01さしずめ、渡具知市長は政府から派遣された「植民地総督」である。
 稲嶺前市長が築き上げた、「基地からの金をうけとらない街づくり」は放棄され、市役所内で知恵を絞って予算をひねり出した優秀な職員を活躍させることなく、渡具知「総督」は国からの潤沢な予算をもとに、「公約実現」を果たすかもしれない…だがそれは、限りない従属への道であり、住民自治や自主性は完全に放棄される。
 こんな恥ずかしいことを平気で行える「自治体の長」もいないだろう。ということで、渡具知市長…定例記者会見も辞めることにした。Y!ニュース琉球新報より
定例記者会見を名護市長廃止へ必要に応じ対応の方針
 名護】渡具知武豊名護市長は、稲嶺進前市長が毎月開いてきた定例記者会見を廃止することを決めた。必要に応じて随時、記者団に答える形で対応する方針。今月14日に予定されていた定例記者会見は中止となり、23日までに開かれていない。会見中止の理由について市は6日、琉球新報の取材に対し「14日以降の日程は新市長と調整をしているところで、2月いっぱい記者会見はやらない」と答えていた。今後の記者会見について市総務部秘書渉外課は23日、「3月以降も会見は開かない。渡具知市長の意向」と答えた。
 稲嶺市政は市内の新しい取り組みや地域振興における情報発信に積極的で、透明性のある開かれた市政運営に努めてきた。島袋吉和元市長時代も、定例記者会見は行われなかった。


 で、定例記者会見をしない渡具知市長は、小池東京都知事ばりの記者選別をやるらしい…名護市長選挙で当選した渡具知武豊市長の露骨な「記者選別」
 渡具知武豊・名護市長が当選翌日の2月5日9時前から自宅で初会見に臨んだ。当選を一面で伝える地元紙を手にして写真撮影に応じた後、質疑応答となったが、そこで浮き彫りになったのは、小池百合子都知事に負けるとも劣らない露骨な記者選別(排除)だった。筆者の再質問に否定のコメントを発して以降は7回も質問を無視し続ける一方、他の記者には答えるという差別的対応をしたのだ。(以下略)

 安倍晋三よろしく「まともに答えられない」市長が記者会見をやったところで「炎上」するだけだろうから、記者会見そのものを無くそう…という魂胆がミエミエである。

 「反動」的な政策を推し進める橋下や松井のような「ファシスト」「ポピュリスト」であれば、記者会見のような自らが情報発信する機会は、武器の一つとなる、だが渡具知氏のようになんの実績も人望もなく、ただただ政府・官邸のお膳立てで市長になれた…ある意味、「官邸の支持」さえあれば、キミでも私でも「名護市長」になることが出来るのだcoldsweats01…のであれば、ひたすら「官邸の言う事」を聞いて、実行する「だけ」の市長にならざるを得ないのだ。ヤツのことは「市長」とは呼ばない、「総督」とでも呼んでおこう。

 名護市を売り渡した「植民地総督」による自治破壊を許すなsign03民衆の力と「オール沖縄」系市議の協力で自治を守ろうsign03辺野古新基地建設を絶対に阻止し、菅官房長官、安倍政権を打倒しようvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「働き方改革」粉砕!

 今国会は「働き方改革国会」なんだそうな…裁量労働制の拡大をはじめ、残業時間上限や同一労働同一賃金制などなど、一連の「働き方改革関連法案」が提出されようとしている。
 だが、政府のこれまでの答弁では、一般の労働者より裁量労働制で働く労働者のほうが労働時間が短いとされていたものが、実は根拠となるデータがいいかげんなものであったことが明らかになり、実態はむしろ逆、裁量労働制のほうが労働時間が長かった。安倍首相はデータを撤回すると答弁したが、裁量労働制の拡大他、働き方改革関連法案そのものは国会提出するとしている。デタラメな根拠で、長時間労働…定額働かせ放題…に道を拓く法案の提出を許してはならない。

 裁量労働制についていえば、ほとんどの労働者は労働「量」についての裁量はもっておらず、働き方改革で労働時間等がフレキシブルになったとしても、こなさなければならない大量のミッションを与えられれば長時間労働をしなければならない。実際、そうゆう現場ばかりだから「サービス残業」が横行しているわけだ。ここで使用者側に労働者の始業・就業時間を管理しなくてもよい理屈を与えれば、無限に働かせ放題となる。こうした労働を、いわゆる管理職だけでなく、全ての労働者に適用していこうとするのが裁量労働制だ。しかも非正規職、パートやアルバイトにも適用可能としている。
 「働き方改革関連法案」には、労働者の権利を守るため…になりそうな、例えば残業時間上限規定のための法律もあるが、政府が提示している上限は月100時間sign01過労死の判定では、月80時間以上が目安とされている、それより20時間も多いのだ。こんなもので労働者の権利は守られない。
 しかも「労働者の権利」になりそうな法案でさえ、他の法案と抱き合わせである…すなわち、裁量労働制の拡大が通らなければ、他も通らないということである。経団連・資本家連中はこんな手を使って、「働き方改革」…実際は「働かせ方改革」を推し進め、労働者の権利を奪い、より搾取を強めようとしている。

 いい加減なデータ、根拠に基づいた答弁を繰り返しつつ、法律だけは強行突破しようとする安倍政権のやり方…もう過去の数々の悪行、特定秘密防止法、共謀罪からモリ・カケ疑惑まで…も我慢ならない。野党も予算審議を人質に徹底抗戦 するようだが、野党に頼らず、民衆の力で「働き方改革」を粉砕しようsign03安倍政権を打倒しようvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧