あるみさんの怒り!

翁長知事を追悼し、辺野古新基地絶対阻止を!

 昨日の夜、沖縄県の翁長知事が膵臓ガンのため亡くなったとの報道があった。Y!ニュース沖縄タイムス
翁長沖縄県知事が死去 67歳 辺野古新基地反対を貫く
 沖縄県知事の翁長雄志氏が8日午後7時までに、膵臓(すいぞう)がんのため入院中の浦添総合病院で死去したことが分かった。67歳だった。米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古への新基地建設への反対を訴え、2014年の県知事選で初当選。新基地建設反対を最後まで貫いた。
 翁長知事は1950年生まれ、那覇市出身。85年に那覇市議に初当選し2期、その後県議を2期、2000年から那覇市長を4期14年務めた。


 昨日は出先で、夕方に携帯でニュースチェックをしていたら「意識混濁」で、副知事が会見を開くと出ていた…で、家に帰ってみると「訃報」が流れていた。
 あまりにも急な死に、言葉を失うほどであった…

 辺野古新基地建設反対!埋立承認の撤回を公約に掲げ、「オール沖縄」体制の下、保守層からも支持を得て沖縄県知事に当選した。だが、安倍内閣はこの沖縄の民意を無視して基地建設工事を強行した。翁長知事はさっそく「埋め立て承認取り消し」を行い、2016年に工事は一旦「停止」したが、代わりに政府は高江ヘリパッド建設工事を強行した。「承認取り消し」は国から訴えられ、12月には沖縄県敗訴となり、翌17年2月から辺野古で護岸工事が再開される。

 現地での攻防や、県が工事に関する許認可で対抗しないこともあって、いつ翁長知事は公約である「埋め立て承認の撤回」に踏み切るのかということが焦点となる。しかし「撤回」しても裁判で負ければ、行政的に基地建設を止める手段はなくなる…沖縄県内で闘っている人々はともかく、県外から「翁長知事は承認撤回しろ!」「知事は公約を守れ!」と煽るのはいかがなものだろうか?県行政も含め「あらゆる手段」を講じて基地建設関係の認可をSTOPさせようにも、これまでの「開発行政」の悪しきありかたから県職員が脱却することは難しいことだろう。知事の「膵臓ガン」もこうしたストレスが影響を及ぼしたのではないだろうか?
 翁長知事はようやく7月27日に「埋め立て承認撤回」を表明し、防衛局への聴聞を8月9日から開始すると通告していた。だが沖縄防衛局は、「資料作成の時間が欲しい」と称して、聴聞を9月に延期し、8月中の埋め立て強行を目論んでいた。しかし翁長知事はこの要求をはねつけた。本日から聴聞が行われている

 翁長知事は最後まで自らの手で「埋立て承認撤回」手続きを終えたかったそうだ…この業務は副知事等、知事権限を代行する者に引き継がれる…

現地の状況は、Y!ニュース朝日新聞にて…
翁長氏宅に弔問客続々 辺野古ゲート前でも黙祷
 沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事(67)が亡くなってから一夜明けた9日、那覇市の自宅には弔問する人が次々と訪れ、県庁には半旗が掲げられた。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設工事が進む名護市辺野古では、反対派が黙禱(もくとう)し、辺野古移設への反対を訴え続けた知事の死を悼んだ。
 辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前では午前8時、反対派の市民が1分間、黙禱した。沖縄平和運動センターの山城博治議長(65)は「訃報(ふほう)を聞き、昨夜はぼうぜんとした。仲間と支え合い、悲しみを越えて進んでいきたい」と話した。普段は午前9時ごろから資材を積んだ車両がゲートから基地内に入るが、6日から来ていないという。
 午前8時半ごろからは、工事に抗議する市民ら約20人が腕に喪章を付けてカヌーで海に出た。4年前から海上で抗議を続ける芥川賞作家の目取真(めどるま)俊さん(57)は「翁長知事は自身にムチを打ち、渾身(こんしん)の力を振り絞ってプレッシャーと責任感の中で死の間際まで仕事を続けてきたと思う」と話した。(以下略)

 翁長知事の告別式は13日だそうな…当然、11日の県民大会は予定通り行われる。
 そして、東京や大阪、その他札幌などでも同時アクションが予定されている。
Screenshot_201808081238151

 翁長知事の冥福を祈るとともに、沖縄県外の大衆運動を盛り上げ、なんとしても埋め立て工事を停止に追い込もうsign03防衛局前や官邸前を人の波で埋め尽くそうsign03
 そして来るべき沖縄県知事選挙で勝利し、翁長氏の意思を引き継ぐ知事を誕生させようsign03辺野古新基地建設を阻止しようsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8・6ヒロシマ不当弾圧!

 社会運動情報・阪神さんやその他SNSで流れてきたので、拡散する。
8・6ヒロシマ不当弾圧弾劾、広島県警に抗議を!
 皆さま、園良太です。
 8.6広島で平和と脱被ばくを願った避難者や仲間たちに対し、許されざる不当逮捕が起きました。
10日間、最大23日もの勾留をさせないために、拡散や広島県警への抗議電話をお願いします!

★大緊急!シェア、抗議電話お願いします★
抗議声明第1弾

広島県中央警察署は、8.6広島行動に参加した原発避難者の仲間を今すぐ釈放せよ!

広島原爆が投下された8月6日、福島原発事故からの避難者と仲間たちも、広島市内の各種の平和集会に参加しました。両方とも核災害、放射能の被害であり、つなげるためです。
 そして最も多くの人が集まる6日夜の平和公園内で、原爆死者の追悼と原発事故被害のアピールを行いました。

 東日本の放射能被害や避難者の苦境を書いた英語スピーチやチラシ、横断幕に対し、大勢の外国人や日本人が立ち止まって聞き入り、話しかけられ、関心の高さが明確でした。また広島の被爆二世の方も、広島と福島の被害は一直線につながっていると熱くアピールすると、地元の方も大勢立ち止まり、拍手に包まれました。私たちも想定以上の豊かな交流の場となりました。 
 ところがそこにミリタリールックの謎の通行人がカメラを構えて大声で文句を上げ、妨害目的の撮影を始めました。私達はアピールを続けつつ、そろそろ片付けを始めた所、彼は何ら接触をしていないのに「カメラを壊された!」と100番通報をしました。
 そして駆けつけた広島中央警察署が帰る私たちの行く手を塞ぎ、職務質問を開始。私たちは何ら接触してないし、邪魔したい人の言いがかりであり、暑さで体調不良の仲間も出たので帰りますよと言い続けても、執拗に足止めして返しません。

 そして上司から無線で指示を仰ぎ続け、ある時態度が急変。
 「カメラを壊した目撃証言が取れた、警察署に連れて行く!」と強行に来たため、誰の証言だ、そんな事はしていないと拒否していたら「逃亡の容疑!逮捕する!逮捕理由は署で話す!」と仲間1名に手錠をかけ、体を大勢で宙吊りにしてパトカーに放り込み、中央署に連れていきました。

これはまさに無法な拉致監禁です。

 抗議する私たちを羽交い締めし、カメラの謎の通行人や「目撃者」と話すらさせない拉致監禁に、住民からも「慰霊の日に何やってんだよ警察!」「彼らは何もしてないだろ!」と罵声が飛びました。警察は逮捕と同時に逃げるように全員撤収しました。
 つまり、当初は現場警官が通常のトラブル処理対応をしていたが、スピーチやチラシの特徴を聞いた上層部が「そいつらは平和集会に参加したりビラ配りをしてる=政治的だ」と判断し、狙い打ちで拉致・逮捕したという事ではないでしょうか。
今の政権が、福島原発事故の被害を最大のタブーにし、被害者の声が国内外に広がる事や、原爆への関心や怒りと繋がる事を止めたいからです。
 夜遅かったため、未だ弁護士接見を入れられず、仲間は中央警察署に監禁されています。9日までには検事送検で釈放されるか、プラス10日間も勾留されるかが決まるため、いま早期釈放の要求が必要です。私たちは全力で動くので、ぜひ皆さまの力を貸して下さい。
 8.6の広島で、被ばく反対のアピールをしていたら不当逮捕される。これは絶対にあってはならない事です。ぜひ警察は勾留請求をするな、釈放を!と抗議を集中させて下さい!

2018年8月7日  8.6広島ーー原発避難者弾圧救援会

園です。
 すみません、正確な留置所が広島県警本部だと先ほどわかりました。 

 以下が正確な番号です。多くの抗議電話をお願いします。

082-228-0110です。

救援カンパ要請あり…

★救援には多くの費用が必要です。‪「8.6広島ーー原発避難者弾圧救援会」に、弁護士費用などの救援カンパをお願いします!‬

‪郵便振替口座:00140-2-750198

(ゆうちょ銀行 〇一九店(ゼロイチキュウ店)店番号 019 当座0750198)

加入者名:みんなのQ‬

2018年8月7日 8.6広島ーー原発避難者弾圧救援会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

働き方改革法成立他弾劾

 昨日、参議院本会議で「働き方改革」関連法案が可決・成立した。またTPP関連法も成立した。Y!ニュース朝日新聞
働き方改革法が成立 参議院本会議 TPP関連法も
 安倍政権が今国会の最重要法案としてきた働き方改革関連法が、29日の参院本会議で自民、公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決、成立した。国民民主党、立憲民主党、共産党などは反対した。また、米国を除く11カ国による環太平洋経済連携協定(TPP11)の関連法も、参院本会議で与党などの賛成多数で成立した。

 働き方改革関連法は、長時間労働を抑制するため、残業時間の罰則付き上限規制を設ける一方、野党が過労死を招きかねないと批判し続けた「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」も2019年4月から導入されることになる。
 安倍晋三首相は今国会を「働き方改革国会」と位置づけ、「誰もがその能力を発揮できる、柔軟な労働制度へと抜本的に改革する」と関連法の成立を訴えてきた。ただ、法案を検討する基礎になった労働時間のデータに問題が発覚し、提出が遅れた。森友・加計(かけ)学園問題などの影響で審議も停滞。6月20日までの当初の会期内に成立させられず、会期を7月22日まで延長。成立にこぎ着けた。
 最大の焦点になったのは「高プロ」だった。年収1075万円以上の一部専門職について労働時間に関する保護から外されることから、働き過ぎにつながる懸念が繰り返し指摘された。政府は制度の導入理由に「働き手のニーズ」を掲げてきたが、実際には働く人の声を十分に聞いていなかったとして野党は厳しく追及した。
 TPP11の関連法は、TPP11の発効で輸入による国産農産物の価格低下で影響が出そうな農家へ補助金を支出することなどが盛り込まれている。
 TPP11は6カ国が国内手続きを終えた60日後に発効する。日本の国内手続きは協定の承認と関連法の成立も必要で、協定は6月13日の参院本会議で承認されている。国内手続きを終えるのはメキシコに続き2カ国目になる見込みだ。
 重要法案の成立を受け、政府・与党は今後、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案、参院選の定数を「6増」する公職選挙法改正案などの成立を目指す。
 「過労死法案」「残業代ゼロ法案」と呼ばれた「高度プロフェッショナル制度」がこれで合法化してしまった。さっそく来年の4月から適用されるというが、年収の高い人だけではなく、いずれ全ての労働者に適用される…労働基準法の適用が除外されることになる、大悪法である。しかも「高プロ」は、労働者が要求したことではない!経団連が要求したもので、立法事実そのものが存在しないのだsign03こんなものを認めるわけにはいかない、どんだけ働いても給与は「定額」で残業代も出ず、過労死しても、鬱で会社を辞めざるをえなくなっても、経営者にはなんのお咎めも出ないのだ、粉砕あるのみである。
 またTPPは、かつての自民党が「絶対反対」を掲げて民主党から政権をもぎ取ったのに、その公約を反故にして締結された…その後も自民党はこの「公約違反」について何ら説明も、選挙の洗礼もうけていない…ものだ。こんものも認められない。
 そして「働き方改革」=労働法改悪・骨抜きについては、早くも経団連が次の規制緩和に期待 しているシロモノである。具体的には「裁量労働制」である。今後の国会において絶対に阻止しようsign03

 そして延長国会において、引用記事では「カジノ法案」が挙げられているが、水道民営化を可能にする水道法改正案 も27日に提出されている。これらの悪法を通すなsign03私は酸化できないが、明日のにも決起しよう。安倍政権を打倒しようvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日朝会談は歓迎するが、安倍で出来るのか?

 6月12日に史上初の「米朝首脳会談」がシンガポールで行われた。朝鮮半島非核化、米朝の和解、朝鮮戦争の終結までの道のりはまだまだ遠いが、双方が前向きに新たな関係を構築することが宣言された、有意義なものだったと思う。
 さて、この米朝会談の成功を受けて、日朝でも再び直接対話が持たれようとしている。Y!ニュース産経新聞より
日朝会談へ本格調整 正恩氏「首相と会ってもよい」
 12日の米朝首脳会談で。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長がトランプ米大統領に対して「安倍晋三首相と会ってもよい」と述べていたことが13日、分かった。これを受け、日本政府は日朝首脳会談の本格調整に入った。安倍首相は14日に拉致被害者家族と首相官邸で面会を予定しており、ここで拉致問題解決に向けた交渉方針を説明する意向だ。
 複数の政府関係者が明らかにした。金氏の意向については12日中に米政府から複数のルートで日本政府に伝達されたという。米朝首脳会談で、トランプ氏は「完全な非核化を実現すれば経済制裁は解くが、本格的な経済支援を受けたいならば日本と協議するしかない」との旨を金氏に説明。その上で「安倍首相は拉致問題を解決しない限り、支援には応じない」と述べたとされる。
 この説明を受け、金氏は、安倍首相との会談に前向きな姿勢を示したという。会談中に北朝鮮側は「拉致問題は解決済み」という従来の見解は一度も示さなかったという。政府関係者によると、水面下の米朝折衝でも、北朝鮮側は日朝協議に前向きな姿勢を示していたという。
 トランプ氏は米朝首脳会談後の記者会見で、拉致問題について「共同声明に盛り込まなかったが、(会談で)取り上げた。安倍首相の最重要課題でもあるからだ」と説明。安倍首相は12日夜、トランプ氏との電話会談後、拉致問題について「日本が北朝鮮と直接向き合い、解決していかねばならないと決意している」と述べた。

 トランプの尻馬に乗って「最大限の圧力を!」と叫び続け、核・ミサイルを口実に朝鮮の脅威と敵愾心を煽りながら、イージス・アショアの導入など軍拡政策を繰り広げつつ、支持を得ながら「改憲」の道を突き進んできた安倍首相が、米朝会談が成功する(しかもトランプが「拉致問題」を金正恩に提起したという「成果」を確認した)や否や、朝鮮との交渉に臨むなぞ、「どのツラを下げてぬかしとんじゃsign03の世界である。

 しかし日朝間で対話を行い、敵対関係を清算して国交を樹立することは、東アジアの平和構築のためにはなさねばならないことである。だから日朝会談そのものには反対しない。

 だが安倍首相は日朝会談の成功を「演出」することで、9月の自民党総裁選における3選を確実にしようとすることは目に見えている…だから会談は7~8月とかなりの早さで実施されるだろう…もっとも、「拉致問題」を本当に解決する気もなく(そのことは別途述べたい)、ましてや日朝間の本当の懸案事項、植民地支配問題をさらさら解決する気がない安倍首相に、日朝会談を「成功裏」に終わらせることは期待できない。それどころか、わざと「失敗」してより朝鮮への排外主義・脅威をあおって国内をかため、支持をとりつけながら「改憲」への道を突き進むことも十分予想される。

 朝鮮との新しい関係は、安倍以外の新しい風を入れて行うべきである。そのためにも、安倍政権を打倒しようではないかvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

財務官僚にだけ罪をなすりつけた幕引きを許すな!

 森友問題に関連し、財務省が公文書を改ざんした問題について昨日、政府が結論を出した。Y!ニュース産経新聞より
森友文書改竄、佐川氏主導を認定 財務省、幹部ら20人処分 麻生財務相は続投を表明
 財務省は4日、学校法人「森友学園」をめぐる決裁文書改竄(かいざん)の調査報告書を発表し、当時理財局長だった佐川宣寿(のぶひさ)前国税庁長官が、政治家名が記載された文書を「外に出すべきでない」と発言し改竄を主導したと認定した。森友側との交渉記録の破棄については、安倍晋三首相が夫妻の関与を全面否定した国会答弁後だったが、忖度(そんたく)の有無は記さなかった。財務省は関係者20人を処分し、佐川氏を最も重い停職3ヶ月相当とした。 
 麻生太郎財務相は4日の記者会見で「きわめて不適切な取扱いがなされていた。深くおわび申し上げる」と陳謝し、閣僚給与1年分を自主的に返納する考えを示した。自らの進退については「考えていない」と述べ、続投を表明した。
 一方、首相も記者団に「公文書の改竄はあってはならない。行政府の長として責任を痛感している」と発言。麻生氏については、「戦闘に建って責任を全うしてもらいたい」と述べ、辞任を否定した。(以下略)


 ごらんの通り、全てを財務官僚・佐川氏がやったこととして、責任をなすりつけ、政権は逃げ切ろうとする魂胆がミエミエのものだ。また「首相を守るため」に文書改竄を行い、国会に嘘の答弁をして1年以上も国会を混乱させたにもかかわらず、主犯の佐川氏が「停職3ヶ月相当」というのは軽すぎる。本来なら懲戒免職ものなのだが、本当の主犯、安倍・麻生を守るために、こんな軽い処分となったのであろう。絶対に許すことはできないangry
 参考…リテラの記事

 森友問題は文書改竄が明らかになった段階で、また加計問題は愛媛県の文書で首相と加計理事長と合って「獣医学部いいね」と言ったと明らかになった段階で、将棋で言えば「詰み」状態だった。普通の人間ならば、ここまでウソがはっきりバレた場合、恥ずかしくって外には出られないぐらいのものなのだが、安倍・麻生は違った…どこまでも開き直り、辞任どころか、本質についての謝罪すら行わない。こうして民衆があきれ、やがては諦め、忘れ去る…そうゆうことを期待しているのだよ、両巨悪は!

 「野党がなさけない」などと言うなかれ…5月30日に行われた「党首討論」を見られよ、安倍答弁の書き起こし があるのだが、質問されたことに答えない、はぐらかす…これの繰り返しだ。国会での答弁でもそうだ。リンク先の引用にあるよう
”「議論は平行線」との見出しを付けた記者は、議員内閣制の原則を知らないと思われます。議員内閣制は、閣僚が国会での質問に、誠実な答弁をすることが前提です。首相に誠実な答弁の責任があります。よって「議論は平行線」は間違いで、正確には「首相は誠実に答弁せず」です。”

 そう、もはや奴らは議員内閣制、議会主義の基盤までぶっ壊しているのだsign03こういった中で、議会の枠内で「野党」にいくらガンバレ、しっかりしろと応援しても「のれんに腕押し、ぬかに釘」状態であろう。

 朴槿恵を打倒した韓国民衆のように、街頭に出て怒りをぶちまけることが、安倍・麻生両巨悪退陣のカギであるsign03

 さしあたっては、10日の14時から東京では国会前で大規模な行動が呼びかけられている(関西ではやらんのか、緊急行動?)全力で参加しよう。

 街頭行動で、安倍・麻生両巨悪を追及し、退陣に追い込もう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸、反ヘイトカウンター行動!

 今日は神戸で行われた、ヘイトデモへのカウンター行動に参加してきた。
 先日の告知どおり、14時半前に三ノ宮、花時計前に行こうと、地下街の出口を出ようとしたら、かなり大きな声が聞こえてきた。「おお、やっているなぁ~」と思って地上に出る。
Dsc00401
 出たら、こんな感じ…もう歩道はカウンターで一杯だhappy01

Dsc00403
 2025年、大阪万博誘致の横断幕…私ゃ万博なんていらないsign03派なんだけれど、万博誘致するんだったら、「ヘイトデモ」なんぞ止めさせるべきだろう。
 事前にどんな奴らがデモするのか調べてなかったが、堂々と「在特会」などとののぼりを掲げている。ハイ、ヘイト団体認定終了sign03
Dsc00408
 それにしても警察の数がやたら多い…というか、彼らは完全に、警察に守られないとデモもできない存在なのだ。
 こちら側からは、もう当初から「差別はヤメロ!」「ヘイトデモヤメロ!」「レイシスト帰れ!」のコールが、わんさか巻き起こる。
 一応彼らは「拉致問題解決」を訴えるという名目で集会、デモをしているのだが、「拉致問題を利用して差別をするな!」という、しごくまっとうな声も…

Dsc00427
 彼らはフラワー通りを南下して、憩いの広場あたりで集会し、その後そこからデモ出発という予定だったようだが、公園に入ることが出来ないので、止む無く道路の真ん中で「集会」をおっぱじめる。
 大体、デモ出発前には警察から、デモに関する諸注意をうけてからデモに出るのだが、そんなの一切、関係ナシ…この場所からデモに出発するようだ。

Dsc00428
 「在特会退場! くだらんこと言うてんとはよ帰れsign03」プラカ…
 それでも彼らは、ここからフラワー通りを北上しだした…よって我々も一緒についてゆくことに。

Dsc00439

 写真真ん中の、オレンジのカバンをかついでい女性が、向こうのコーラー…一応、「拉致問題」のみを訴えていますが。
 それでもしばらく行くと「たたきだせぇ~!」という、「在特」独自のコールをしだすヤツも。

Dsc00442
 カウンターの皆さま方…相手側は20人弱coldsweats01に対し、こっち側は圧倒的に数が多いhappy01

Dsc00436
 そして、やたら警察の数が多い…これじゃ警察のデモだな。
 もう写真は「似たような風景」になるので、あまり載せない…デモコースとしては、このまま三ノ宮のガードをくぐって北上し、加納町3丁目の交差点を左折、中山手道を西進して…

Dsc00455
 トアロードを南下・・・

Dsc00470

 またJRのガードをくぐって…
Dsc00476
 地下鉄海岸線が走る道を、東に向かうというコース…

Dsc00489
 特筆?すべきは、たった20人弱のデモならば、だいたい警察は信号が赤だと止める…だが、彼らのデモは警察に団子状に守られながら、赤信号を無視して進むことが出来るのに対し、カウンター側は「歩行者」扱いなので、律儀に赤信号で止められる。しかし、信号が青になったら、走って奴らに追いつき、「ヘイトデモヤメロ!」「レイシスト帰れ!」とコールを続けるのだ。
 あと、奴らのプラカードに、安倍とトランプが握手している写真を掲げ「安倍さん、頑張って」と書いている…もうこの時期に、安倍に「拉致問題」解決を望むことなぞ無駄である。奴らはまさに、断末魔に陥った「安倍の手先」なのである。
Dsc00492
 さて、「デモ」も終わって、奴らは地下鉄の出入り口に逃げ込んだ…その周りを警察が「厳重」に取り囲む。彼らは地下鉄に乗り込んだようだ…という「確認」をしたのち、カウンター側は解散。警察も警備の解除をした。
 だいたい、14時ぐらいから始まって、16時過ぎまでの2時間、奴らの「デモ」に付き合う形で、カウンタ―をやり切ったぞ。キャンデーを配ってくれる人がいた。
 現場では、「反戦タイガース」さんや、「社会運動情報・阪神」さんにお会いした…皆さま、お疲れ様でしたvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日、三ノ宮で反ヘイト街宣!

 社会運動情報・阪神さんのブログから(6月1日の記事なので、明後日となっている)
明後日、三宮をヘイトどもの懺悔の場にしよう 

 相変わらずヘイト勢力の妄動が続いている。ほっといたら良いと言う人もいるが断じてそうではない。差別する自由などない事をわからせてやらねばならないのだ。いよいよ明後日6月3日、神戸三宮にヘイト達が集結し、「拉致問題追及」を口実に民族的敵意を煽るヘイトデモをしようとしている。これを絶対に許してはならない。「国際都市・神戸にヘイトは存在できない」事を着実にわからせよう。拉致問題は日朝の直接交渉でしか解決できないし、時の政府が最重要課題と息巻いても永年解決できなかったものだ。外交や人権について見識ゼロのヘイトどもがいくらわめいても解決できないのに、これを利用して在日朝鮮人への敵意をあおる特大マイナス効果しかない。
6月3日(日)午後2時半 三宮花時計前

 

 良識あるヘイト反対カウンター行動の人達は少し早くから現場に集まるようだ。おおむね1時間前。なるべく多くの人の参加で、ヘイトどもを「啓発」してやろう。侮辱したり、暴力は駄目であり、あくまで愛の鞭で更正させる半日にしよう。

 明日までは天気が良いそうだから、観光がてら神戸に出かけるかvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「高度プロフェッショナル制度」粉砕!

 国会で「働き方改革関連法案」が現在審議中で、23日にも衆議院を通過しそうな情勢である。「働き方改革」で「裁量労働制」は、前提となるデータが捏造・デタラメだったことが暴露され、今回の法案からは外されているのだが、もう一つ重要な「高度プロフェッショナル制度」(略して「高プロ」…本論もこれを使う)が残っている。

 「高プロ」とは、専門性が高く、年収も高い労働者は、労働時間の規制を外そうというもの…時間ではなく「成果」によってその賃金を払う。いわゆる「残業代ゼロ」法案のことである。

 ここで、「成果」によってその賃金を払う…と書いたが、法案にはそんなことは一切書かれていない。また「裁量労働制」のように、労働者に「働き方」の裁量があるわけでもない。労働時間の制限を外す、規制を外す…朝、8時半か9時に始業、17時に終業といったことも決めなくて良い…これだけである。
 年収要件について、いちおう1075万円以上が基準とされているが、これは確実に下がる。経団連は年収400万円でも「高プロ」対象にしたいと考えており、労働者派遣法のように、最初は「ポジティブリスト(派遣は例外的な働き方で、派遣労働OKなものがリストされている)」で小さく法律をつくっておいてから、最終的にはどんな業種・業態でも、工場労働でも派遣OKとなったように、確実に「規制緩和」が成される。原案でも要件とする年収は「見込み」でOKで、欠勤等による控除分は「見込み」に入れなくても良いと仮定すると、極端な話年収357万円の労働者 でも適用可能ということになるらしい。

 労働時間の規制を外すということは、工場法以前の働き方に戻るということに他ならない。朝の5~6時ぐらいから、夜の10~11時、いやもっと遅い時間まで働かされる…時間外労働(残業代)なんか出ない。休日もない。誰も労働時間を管理しなくて良い。そして、働きずぎて「過労死」しても、全く問題がないのだsign03「高プロ」適用労働者には、独自の健康確保措置があるのだが、それは

1.勤務時間インターバル制度と深夜労働の回数制限制度の導入
2.労働時間を1ヶ月又は3ヶ月の期間で一定時間内とする
3.1年に1回以上継続した2週間の休日を与える
4.時間外労働が80時間を越えたら健康診断を実施する

の4つのうち、どれか一つを選べばよいというもの…すごく縛りが緩い。4が一番ラクだから、4を選ぶ企業が多くなるのだろう。

 労働者から労働時間管理を奪い、定額で「働かせ放題」にする「高プロ」「残業代ゼロ」法案を粉砕しようsign03「働き方(働かせ方)改革」法案を廃案に追い込み、安倍政権を打倒しようvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福田は辞めた、麻生もヤメロ!

 本日、セクハラ発言をしたとされる財務省 福田事務次官が辞任した。Y!ニュース FNN
財務省・福田次官が辞任へ 「職責果たすのが困難に」
  複数の女性記者へのセクハラ疑惑が報じられた財務省の福田事務次官が、辞任することを明らかにした。
  福田事務次官は、「週刊誌に掲載された、わたしに関する記事については、事実と異なるものと考えており、裁判の中で争ってまいりたい」、「わたしのことで、このような報道が出てしまったこと自体が不徳の致すところ」、「職責を果たしていくことが困難な状況になっているとわたし自身が考え、先ほど、麻生財務相に辞職を申し入れた」などと述べた。
  一方で福田次官は、記者団とのやりとりで、報じられた音声について、「自分のものかわからない」とこれまでの主張を繰り返すとともに、「あんなひどい発言をしたことはありません」と記事を否定した。
  また、これに先立ち取材に応じた麻生財務相は、福田次官の辞任を認めたことを明らかにするとともに、当面、矢野官房長が次官の職務を代行することを明らかにした。
財務省では、森友学園の文書改ざん問題で、当時の佐川宣寿国税庁長官が3月に辞めたばかりで、事務方トップである福田次官の事実上の更迭で、財務省が未曽有の混乱状態に陥ることは必至の情勢。


 この人、”セクハラ疑惑”については完全に居直り、「裁判で争う」などと言っているが、新潮社では確たる証拠を握っているらしく、明日の週刊新潮でより詳細な記事が出ることだろう。
 だが問題は、本人の資質のみならず、このような人物を事務次官に任命した麻生財務相の任命責任も問われる、いや、それだけではない。
 財務省はこのセクハラ問題を調査するにあたり、「被害者の女性に名乗り出るよう」要請した…およそセクハラにあった当該女性に対する配慮が一切ない、ありえない方法だ。こんなものを堂々と発表し、問い詰められると開き直った…リテラの記事 から引用すると。

 (前略)きょうも記者団の取材に対し「女性が名乗り出なければ事実の解明は難しい」などと強弁。あげく「財務省の顧問弁護士による調査は公平性に欠けるのでは」「セクハラと名乗り出にくいのでは」などと問われると、逆ギレしてこう述べたのだ。
「こちら側も言われている人の立場も考えないと。福田の人権はなしってわけですか」
 被害者女性の人権など一顧だにせずに、セクハラ・パワハラ加害者である日本の官僚トップの人権を考えろなどと言うのだから、その“人権感覚”には呆れ果てるしかない。(以下略)


 リテラの記事にもあるよう、およそ麻生には人権感覚というものが、カケラもない。こんな奴が財務大臣でございと君臨し、我々から税をむしり取り、またその使い道を采配しているのだsign03まったくもって許すわけにはいかない。

 梅田解放区では、朝鮮危機にかこつけて「武装難民が来る」などと差別・排外主義を扇動してはばからない麻生の辞任を当初から要求している。森友問題における佐川の任命責任、セクハラ問題における福田の任命責任追及とともに、差別をあおり、開き直る麻生大臣そのものを追及し、辞任に追い込もうsign03安倍政権を打倒しようvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イラク日報問題は小泉政権の責任!

 先日の梅田解放区 におけるアジでも触れたが、自衛隊イラク派兵時の日報が「なかったこと」とされた問題は、ひとえにイラク派兵を行った小泉政権が「自衛隊のいるところが、非戦闘地域」などというデタラメな答弁のすえ、憲法違反のイラク派兵を行ったからである。Y!ニュース時事通信より
「戦闘拡大」と表記=陸自宿営のサマワで―イラク日報を公表・防衛省

 防衛省が存在しないとしていた陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報が見つかった問題で、同省は16日、これまでに発見された計435日分の日報を公表した。
 日報では、自衛隊が宿営地を置いたイラク南部サマワの治安情勢に関して「戦闘が拡大」と表現されるなど、「戦闘」や「交戦」という言葉が複数記されていた。周辺での銃撃戦の発生も報告されていた。
 公表されたのは、2004~06年の派遣期間中に作成された1万4929ページ。イラク全域や陸自の活動地域だったムサンナ州の治安状況が報告、分析されている。
 06年1月22日付の日報では、サマワの治安情勢として、「英軍車両がパトロールを始めたことに反感を持った民兵が射撃し、戦闘が拡大」と記載。さらに事態が拡大する可能性も「否定できない」と書かれていた。
 陸自の活動期間中、サマワの宿営地内外には十数回に上る砲撃があり、04年10月~05年7月には宿営地内で少なくとも4回、ロケット弾が確認された。発見翌日の05年7月5日の日報では、ロケット弾着弾について「連続発生の可能性は否定できず」と分析。着弾を受けた宿営地の一斉捜索や、隊員の精神的ケアに関する記載もあった。
 同年6月23日には、陸自の車列で路上爆弾が爆発し、車両1台が破損。同日付の日報には、「(破損した車両が)見えないほどの土煙」「活動開始の時間を狙われている可能性」などの記載とともに、現場や被害車両の写真が添付されていた。(以下略)

 日報をみれば、自衛隊が派兵されたイラク・サマワはとても「非戦闘地域」というような場所ではなかったことが明らかになる。だから日報が隠され、「なかったこと」にされたのだ。だからイラク日報問題は、安倍政権がシビリアンコントロールを貫徹できず、防衛相に好き勝手をさせた責任のみならず、デタラメな理屈で憲法違反の海外派兵を強行した小泉政権の責任も問われるべきものだ。

 イラク戦争は「大量破壊兵器の存在」というでっち上げ理由をもとに、アメリカ・ブッシュ政権が始めた侵略戦争である。フセイン政権が打倒された後も、イラクを始め中東地域はイスラム教の宗派対立や民族対立が激しくなり、IS(イスラム国)が台頭するきっかけともなった。
 この戦争に対し、国内外で多くの人びとが反対・批判しているにもかかわらず、小泉はいの一番にアメリカを支持した。そして「復興支援」と称して自衛隊をイラクに派兵したのである。この派兵は、自衛隊を「殺し・殺される」軍隊へと脱皮させ、実際に戦争ができる軍隊に改造することに利用された。ローテーションで日本全国5つの方面隊が参加したのである。
 イラク戦争はその後、大量破壊兵器なぞ無かったことが明らかになり、参戦したイギリスなどでもその検証が行われている。しかし日本ではイラク戦争や自衛隊イラク派兵についての検証・総括が行われず、海外派兵はアフリカ・ジプチに自衛隊基地がつくられ、南スーダンPKOのような危険地帯に自衛隊が行くなどエスカレートしている。

 今こそイラク戦争や自衛隊イラク派兵の検証・総括を行い、自衛隊が海外で活動することが「常態」となっている現実をうち破ろうsign03 安倍晋三のみならず、憲法をぶっ壊した小泉純一郎、石破茂などのいる自民党は許さないsign03自民党を打倒し・解党に追い込もうvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧