あるみさんの怒り!

人民新聞社弾圧への抗議声明他いろいろ…

 21日に行われた人民新聞社への弾圧に対し、人民新聞社から抗議声明が出ている。
【抗議声明】全世界の民衆の闘いを伝えてきた人民新聞社への不当弾圧
 編集長不当逮捕・家宅捜索に抗議し、即時釈放・返却を求める
●新体制作りを始めた矢先の弾圧
 人民新聞社は1968年に創刊し、毎月3回発行しています。日本中・世界中で権力とたたかう人々の声を伝えてきました。この夏に大阪府茨木市に事務所を移転し、世代交代と地域密着でより広い協力体制を作り、編集体制の強化を進めていました。
 その矢先の11月21日、突然編集長が兵庫県警に不当逮捕され、事務所が家宅捜索されました。容疑は「詐欺罪」で、新聞社とは関係が無く、内容も不当そのものです。編集長は10日間の勾留と接見禁止がつけられています。私たちは編集長の即時釈放と、押収品の返還を求めます。
●事務所を包囲する異様な捜査
 21日朝7時、尼崎市の編集長の自宅が家宅捜索され、兵庫県警生田署に連行され逮捕されました。続けて9時ごろ、20人以上の警察が茨木市の人民新聞社の事務所を包囲し、社員1名が来ると家宅捜索を開始。こちらが各所に電話したり撮影・録音することを禁止し、社員は軟禁状態にされました。
 後から来た社員には令状も見せず、立ち入りを妨害。マンション入口に検問を張り、出入りする他の住民全員に職務質問しました。住民を怖がらせて移転した事務所を孤立させる狙いが明らかであり、捜査の不当性が際立ちます。
●全てのパソコン・資料を押収する不当捜査
 この結果、新聞社は全てのパソコンと読者発送名簿も押収されました。新聞発行に多大な影響が出ており、兵庫県警に断固抗議します。また、大事な名簿が押収されてしまったことを、読者・関係者の方々にお詫び致します。
 報道では「自分名義の口座を他人に使わせていた」とありますが、それだけで「最初から口座を騙し取った」と言い切り、逮捕や家宅捜索まで行うのは明らかに不当です。私たちは今回の逮捕・家宅捜索は、人民新聞社の新体制へのあからさまな弾圧であると考えます。
●実質的な共謀罪の適用の可能性が
 今回の件で東京でも警視庁が2箇所を家宅捜索し、関係者に任意出頭を強要しており、弾圧の拡大が懸念されます。
6月に成立した稀代の悪法「共謀罪」は、犯罪の無い所に「犯罪をした」と物語をでっち上げ、市民運動や報道機関を弾圧・萎縮させる目的です。
 警察は、実質的な共謀罪の適用を始めたと考えます。
●私たちは弾圧に屈せず編集長を取り返し、新聞発行を続けます
 私たちは、弾圧には絶対に屈しません。新聞の発行を続け、権力の不正を暴きます。
 全ての報道機関と社会運動が同じ危機感を持ち、抗議・協力して頂くことを呼びかけます。
・兵庫県警は編集長を今すぐ釈放せよ!
・全ての押収品を今すぐ返還せよ!
・捜査、弾圧の拡大をやめよ!

■勾留されている三ノ宮の生田警察署
tel: 078-333-0110 fax: 078-322-0110

■捜査している兵庫県警
tel: 078-341-7441 fax: 078-341-2110

■兵庫県警メールフォーム

http://www.police.pref.hyogo.lg.jp/mail/

ぜひ、ともに声を上げてください。

ここで、「実質的な共謀罪の適用」云々について説明…今回の弾圧は報道されているように「日本赤軍」との関係が口実である…「日本赤軍」は日本における「最強のテロ集団」というイメージ…実態は2001年に「解散」しているのだが…も未だ残っていることから、これとの関係を持ち出すことで「あいつらとは付き合うな!」という雰囲気づくりを醸し出すものである。このいかにも「テロリスト」と関係あるヤツは、逮捕だsign01という空気を作り出し、運動を分散すること…これが「共謀罪」=「テロ等防止法」の目的なのである。このことを注視しようsign03

このフォームから、不当弾圧に抗議する賛同署名を送ることが出来る…抗議の署名を集中しようsign03

さらに行動予定…明日27日、生田警察署への抗議行動が予定されている…19時半開始だそうな…結集をsign03

以 上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンフランシスコ市との姉妹都市解消を許すな!

 慰安婦問題を象徴する像をめぐって、大阪市がサンフランシスコ市との姉妹都市提携を解消しようとしている。Y!ニュース毎日新聞より
大阪市 姉妹都市解消へ 米SF市の慰安婦像問題で
 ◇吉村市長「大変遺憾だ」のコメント発表
 【ロサンゼルス長野宏美】米サンフランシスコ市のエドウィン・リー市長は22日、市民団体が市内に建てた旧日本軍の従軍慰安婦を象徴する像の寄贈の受け入れを承認した。像は市有物となる。
 これを受け、サンフランシスコ市と姉妹都市である大阪市の吉村洋文市長は「サンフランシスコ市の意思として慰安婦像の受け入れを確定させることになったのは、大変遺憾だ」とのコメントを発表した。その上で、両市の信頼関係はなくなったとして、姉妹都市解消の手続きに入り、12月中に完了させる意向を表明した。
 安倍晋三首相も21日の衆院本会議の代表質問で、リー市長に対し、像の受け入れを拒否するよう政府として申し入れたことを明らかにしていた。
 サンフランシスコ市議会は14日、全会一致で像の受け入れを決議。リー市長は10日以内に拒否権の行使が可能だった。像は中国系の民間団体が主導し、9月に民有地に設置され、10月に土地が市に寄贈された。
 米国で公有地に慰安婦像が設置されるのは米西部カリフォルニア州グレンデール市と南部ジョージア州ブルックヘブン市に続き3例目。


 慰安婦問題は日本軍による戦時性暴力を告発しているのだが、それのみならず現代も紛争地で栗かせされる戦時性暴力を許さないこと、そして戦時性暴力は女性に対する人権抑圧であることが世界では広く認識されている。ゆえにサンフランシスコ市議会でも、慰安婦像の公有化を全会一致で認めたわけである。
 だが日本政府および一部のマスコミ、文化人たちは「従軍慰安婦の”強制連行”な無かった」「朝日新聞による捏造」さらには「日本(人)を貶める」などと称して、この問題を真剣に向き合うことを拒絶しつづけている。2015年12月の、慰安婦問題に関わる「日韓合意」以降、特にその傾向が顕著になってきた。昨日24日夕方、毎日放送の地域ニュース番組「VOICE」では、この問題を報じるとともに、視聴者によるLINEアンケートを行ったのだが、その結果は…
 大阪市の姉妹都市解消は
 よい判断だと思う 1956票
 2、書簡は何度も出したのでやむを得ない判断 1436票
 3、姉妹都市解消ではなく別手段を考えるべき 651票
 4、外交であり大阪市が抗議する必要なし 121票 

ということになっている。多くの人がこの問題にきちんと向き合うことが出来ず、歴史修正主義者、維新吉村市長の扇動に喝采を送っている有様だ。また毎日放送の報道も酷くて、この問題がサンフランシスコ市で中国系の人が増えたこと「のみ」しか報道しておらず、慰安婦問題の背景や掘り下げをしていない…これではなぜサンフランシスコ市が「全会一致」で認めたのか、分からないままである。

 サンフランシスコ市の像に対するイチャモンは、
「旧日本軍によって数十万人の女性が性奴隷にされた」
「ほとんどが捕らわれの身のまま亡くなった」
という文言が碑文に書かれているのが、不正確もしくは「日本を貶める言論」でケシカランというのだが、被害者に向き合わず、被害の実態も明らかにしなかった日本側が、イチャモンをつけること自体、おこがましいのである。
 対抗言論を紹介しておこう…誰かの妄想・はてなブログ版のここから…
 あと言うまでもないですが、不確かではあっても「旧日本軍によって数十万人の女性が性奴隷にされた」も「ほとんどが捕らわれの身のまま亡くなった」も世界的には通説の一つなので、碑文に使ってはダメだという理由もありません。
 だいたい、日本軍相手の売春を強要された女性を「性奴隷」と呼ぶのは日本以外では当たり前の話です。それが、どうしても気に入らないなら、今後は“sex slave”の日本語訳を“いたずら”にでもするように閣議決定すればいいでしょう。そういう間抜けな閣議決定は安倍政権の得意とするところですし。
 ちなみに、個人的には「旧日本軍によって数十万人の女性が性奴隷にされた」というのは間違ってないと思いますよ。連隊や師団の許可で作った日本軍公認の慰安所で働かされた女性だけでなく、高度分散配置にあった分隊が駐屯した村落で勝手に慰安婦を抱えた事例や、拉致監禁して強姦した事例なども含めれば、中国・フィリピンなどに膨大な数の被害者がいるでしょうから、数十万人は誇張でも何でもないでしょう。
 「ほとんどが捕らわれの身のまま亡くなった」というのも、実際に殺害した事例も戦地で放り出した事例もありますし、生きていたとしても“侵略者の女”として故郷に帰れなくなった被害者もいたことも考えると、表現として許容できる範囲だと思ってます。


 おおむね妥当な見解であろう。

 サンフランシスコ市の慰安婦像については、安倍晋三や菅官房長官までもが遺憾の意をしめしたり、受け入れ拒否を要請したりしている…ひとえに大阪市の歴史修正首長の問題だけではないのである。
 サンフランシスコ市との姉妹都市解消を許さず、歴史の事実に向き合い、あらゆる戦時性暴力や女性への抑圧をゆるさない闘いを構築しようvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人民新聞社への弾圧を許すな!

園良太君からの拡散依頼…
★☆転送、転載お願いします★☆

【抗議声明】全世界の民衆の闘いを伝えてきた人民新聞社への不当弾圧

編集長不当逮捕・家宅捜索に抗議し、即時釈放・返却を求める
人民新聞社 2017年11月22日
●新体制作りを始めた矢先の弾圧
人民新聞社は1968年に創刊し、毎月3回発行しています。
日本中・世界中で権力とたたかう人々の声を伝えてきました。
この夏に大阪府茨木市に事務所を移転し、世代交代と地域密着でより広い協力体制を作り、編集体制の強化を進めていました。
その矢先の11月21日、突然編集長が兵庫県警に不当逮捕され、事務所が家宅捜索されました。
容疑は「詐欺罪」で、新聞社とは関係が無く、内容も不当そのものです。
私たちは編集長の即時釈放と、押収品の返還を求めます。
●事務所を包囲する異様な捜査
21日朝7時、尼崎市の編集長の自宅が家宅捜索され、兵庫県警生田署に連行され逮捕されました。続けて9時ごろ、20人以上の警察が茨木市の人民新聞社の事務所を包囲し、社員1名が来ると家宅捜索を開始。こちらが各所に電話したり撮影・録音することを禁止し、社員は軟禁状態にされました。
後から来た社員には令状も見せず、立ち入りを妨害。マンション入口に検問を張り、出入りする他の住民全員に職務質問しました。住民を怖がらせて移転した事務所を孤立させる狙いが明らかであり、捜査の不当性が際立ちます。
●全てのパソコン・資料を押収する不当捜査
この結果、新聞社は全てのパソコンと読者発送名簿も押収されました。
新聞発行に多大な影響が出ており、兵庫県警に断固抗議します。また、大事な名簿が押収されてしまったことを、読者・関係者の方々にお詫び致します。
報道では「自分名義の口座を他人に使わせていた」とありますが、それだけで「最初から口座を騙し取った」と言い切り、逮捕や家宅捜索まで行うのは明らかに不当です。私たちは今回の逮捕・家宅捜索は、人民新聞社の新体制へのあからさまな弾圧であると考えます。●実質的な共謀罪の適用の可能性が
今回の件で東京でも警視庁が2箇所を家宅捜索し、関係者に任意出頭を要求しており、弾圧の拡大が懸念されます。
6月に成立した稀代の悪法「共謀罪」は、犯罪の無い所に「犯罪をした」と物語をでっち上げ、市民運動や報道機関を弾圧・萎縮させる目的です。
警察は、実質的な共謀罪の適用を始めたと考えます。
●私たちは弾圧に屈せず編集長を取り返し、新聞発行を続けます
私たちは、弾圧には絶対に屈しません。新聞の発行を続け、権力の不正を暴きます。全ての報道機関と社会運動が同じ危機感を持ち、抗議・協力して頂くことを呼びかけます。
・兵庫県警は編集長を今すぐ釈放せよ!
・全ての押収品を今すぐ返還せよ!
・捜査、弾圧の拡大をやめよ!
勾留されている三ノ宮の生田警察署:078-3330-110
捜査している兵庫県警:078-3417-441

ぜひ、ともに声を上げてください。
【人民新聞社】
〒567-0815 大阪府茨木市竹橋町2-2-205
電話:072-697-8566 FAX:072-697-8567
メール:people@jimmin.com
ツイッター:@jimminshimbun
★救援カンパをお願いします★
編集長の早期奪還、新聞継続のための救援カンパをお願いします。
郵便振替口座:00940-5-333195 人民新聞社

参考報道…毎日新聞WEB

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日、全国一斉ヘイトデモ!

 SNSで流れてきたもの拡散
【引用開始】

拡散歓迎。ただし閲覧注意です。
元在特会会長が指揮する全国一斉のヘイトデモが11月19日に行われます。札幌、東京、名古屋、福岡です。
 スケジュールの詳細がわかりました。

 主催者はいずれも「行動する保守運動」です。

(ここから)

全国一斉! 戦争狂国 北朝鮮を非難する国民大行進 in 新宿

北の悪豚を丸焼きにするぞ!
戦争大好き北朝鮮を叩き潰せ!
テロの資金源、違法賭博パチンコを止めるぞ!

核、弾道弾実験で戦争挑発行為を繰り返す北朝鮮。
更に、北朝鮮の公式声明で「核の炎で日本を焼き尽くす」「ジャップ列島(原文ママ)は核で海に沈まなければならない」など
日本に対する憎悪を掻き立てるヘイトスピーチを国家が行う異常性。
そんな北朝鮮に断固抗議の声を上げるべく
全国で北朝鮮への非難、日本政府に国民の命を守るべく行動することを求めるデモ行進を実施します。

※ 全国一斉で行われる北鮮非難デモの総指揮を執るのは『桜井誠』です!

札幌 http://ur2.link/GEin
【日時】
平成29年11月19日(日)
集合15:30
出発16:00
【場所】
札幌大通公園西4丁目広場

東京 http://ur2.link/GEig
【日時】
平成29年11月19日(日)
集合 15:00
出発 15:30
【場所】
新宿花園西公園
東京都新宿区新宿1-32
【交通】
東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅 8番出口 徒歩三分
都営新宿線 新宿三丁目(伊勢丹前)駅 C7出口 徒歩五分

名古屋 http://ur2.link/GST4
【集合日時】
平成29年11月19日(日)15:00厳守
【集合場所】
名鉄「岡崎公園前」駅前ロータリー
(愛環鉄道「中岡崎」駅 東側ロータリー) 
【協賛】
愛国倶楽部
平和で繋がり多文化共生を考える会

福岡 http://ur2.link/GSTe
【日時】
平成29年11月19日(日)
集合 15:00
出発 15:30
【場所】
天神中央公園(アクロス福岡南側出入り口付近)
福岡市中央区天神1丁目1

街宣を大阪と広島で行います。

大坂 http://ur0.link/H05Q
【日時】十一月十九日 十五時半頃から
【場所】ヨドバシカメラ前

広島 http://ur2.link/GEM4

【日時・場所】
平成29年11月19日(日)
集合: 14:30  原爆ドーム前
街宣: 15:00~

(ここまで)

「朝鮮人を殺せ!北朝鮮を潰せ!」と自分たちがヘイトスピーチをしておきながら、朝鮮民主主義人民共和国をヘイトスピーチ国家だとほざいています。
 このような憎悪集団は絶対に許してはなりません。包囲し、解体するのみです。

 ぜひ、カウンター行動に参加してください。ただし、無用な衝突は避けてください。
【引用終了】

 関西ではヨドバシカメラ前で、15時半からとのこと…公式のカウンター行動の呼びかけは、不明であるが、なんとかしたいものである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

辺野古・海からの資材搬入が始まる!

 辺野古新基地建設において昨日、いよいよ海からの資材搬入が開始された。沖縄タイムスより…
辺野古新基地:奥港にダンプカー22台 台船に石材積み込み、海上搬送へ着手
 沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、護岸用建設用資材の海上運搬を請け負った業者が13日朝、国頭村の奥港で、台船への石材の積み込みを始めた。沖縄防衛局は資材を海上からも輸送することで建設を加速させる方針。午前9時すぎ、石材を積んだダンプカー22台が港に到着。建設に抗議する市民が運搬を阻止しようとダンプカーの前に寝転がって機動隊に排除されるなど、一時、騒然となった。
 従来、建設用の石材は本部町などから名護市のキャンプ・シュワブまで陸路で運ばれていたが、奥港を管理する県は今年9月、港の岸壁と港湾施設の使用許可を出していた。台船に積み込まれた石材は今週にも建設現場に搬入される。
 奥区の住民は沖縄防衛局に、23日の区民総会で港使用の賛否を決めたいと伝えていたが、防衛局は総会を待たず、搬入を強行した。
 同港には午前7時前から海上運搬に反対する市民が集まり、約40人が「地元住民に説明がない」「沖縄の海を壊すのか」―など声を上げた。港には奥区の住民も集まり、複雑そうな表情で作業を見守った。

 昨日の闘いの様子は、チョイさんの沖縄日記(昨日の記事)に詳しく報告されている。

 奥港というのは、辺戸岬のちょっと東側、沖縄本島の北の端っこにある。私はこの辺に行ったことはないが、人口も少ないのんびりとしたところだろう。
 そこにダンプが何十台も押し寄せて、石材を運び込むという…区民総会も開かないうちに、石材運搬を強行した沖縄防衛局を断固糾弾するangry
 台船はダンプ300台分もの石材を運ぶことが出来るそうだが、今回はとりあえず積み込んで出発したのだそうな。「あきらめさせるための工事」をどしどし進めるため、防衛局も焦っていることが分かる。

 これからしばらく、奥や本部における「積み込み阻止」の行動が求められる。また、海上阻止行動・抗議行動もますます重要になってくる…奥あたりだと、高江と同様かそれ以上に訪問することが困難になるが、くじけず阻止行動に立ち上がろうではないかsign01

 それにしても、必要な石材の量は変わらないのだから、ダンプの台数は海上輸送をしても減らない。チョイさん(北上田さん)によれば、傾斜堤護岸工を作るための石材は7万5千台ものダンプが必要だそうな。仮にその半分が奥に来るとしても、4万台近くである。住環境も含めたやんばるへの影響は計り知れない。(本部の採石場から辺野古・シュワブ前への陸上運搬も問題であるが)ダンプ運搬距離も、実は長くなる。沖縄県・翁長知事は事の重大性を鑑み、直ちに奥港の使用許可を取り消すべきではないかsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知事はなぜ動けない?

 翁長知事は、なぜ基地建設反対の行政イニシアチブをとらないのだろうか?沖縄タイムスより…
「あらゆる手段で阻止」のはずが…新基地建設で2港使用を許可 沖縄県の苦悩
 沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、県と本部町は護岸建設用石材の海上運搬を請け負った業者に対し、奥港(国頭村)と本部港を使うことを許可した。業者は近く、海上からの搬入を始める方針だ。翁長雄志知事が「あらゆる手段で建設を阻止する」と強調している中での許可に、「辺野古反対」を掲げる市民からは「逆行している」と反発の声が強まっている。一方の沖縄防衛局は、奥港や本部港以外にも複数の港が使用できないか検討を進めている。(政経部・大野亨恭、比嘉桃乃)
 奥港の岸壁と港湾施設用地の使用許可は県が9月上旬に、県から本部港の管理の移譲を受けている本部町は、塩川地区の荷さばき施設の使用許可を10月に出した。県は許可した理由について「港湾関連法に基づいて審査した結果、許可せざるを得なかった」とする。県によると、船を停泊させるため、中城湾港の岸壁の使用許可申請もあがっているという。
 ある県幹部は「行政として使用を許可するのは認めざるを得ない」と苦しい胸の内を明かす。一方、「辺野古反対の方針をぶらさずに訴え続けることで、民意が離れないことを信じるだけだ」と語った。
 防衛局が複数の港の使用を検討しているのは、反対する市民らの「妨害行為」を懸念しているためだ。防衛省関係者は「市民らが港に押し寄せ、一時的にでも使用できなくなれば、その分工事が遅れる。複数の港を準備すれば、市民らを散らすことができる」と狙いを語る。
 防衛局は、埋め立てに使用する岩石を運び出す採石場も本部町や国頭村など複数の場所を確保。その理由の一つも「市民らの妨害行為を避けるため」(防衛省関係者)だという。
 防衛局は市民らのキャンプ・シュワブゲート前での抗議行動により工事の遅れを余儀なくされており、今後、大量の資材を円滑に運び入れるために大浦湾の「K9」護岸に船を係留させて海上から搬入する計画だ。関係者は「工事の遅れを取り戻すためにも、万全の態勢で臨む」と話した。


 この件については、山城博治さんも「これまで知事を正面から批判したことはないが、今回の件を受け、覚悟を決めて翁長県政と向き合う必要が出てくる」と表明している。(琉球新報 山城議長、知事を批判 新基地資材海運認可でより)

 知事が「埋め立て承認撤回」をしないことについての批判は、外野内野も含めずいぶん行われて来た…ただ、以前にも書いた通り、これをやって裁判でひっくり返ってしまえば元も子もないので、「埋め立て承認撤回」という伝家の宝刀は抜かずにとっておくというのが、私の立場である。
 しかしそれ以外の件については、あらゆる手段を用いて…当然、許認可や行政指導も含まれる…工事進捗を阻止すべきである。この点で、沖縄県=知事の態度には、煮え切らないものがある。

 辺野古の埋立てを阻止するための有力なツールとして、沖縄県が制定した、県外からの外来種を規制する土砂条例がある。「土砂搬出反対全国協議会」で搬出元の県行政に「沖縄県には『土砂条例』があって、特定外来種についての規制があるが、対応するか?」と申し入れをすると「沖縄県から要請があれば、対応します」という回答を得ているところもある。だが肝心の沖縄県から、各搬出元の県に対しそのような要請を行っていない…これでは行政も動けない…沖縄県の基地建設阻止に対する対応のまずさは、こうゆうところにも表れている。
 
 ただ、かつて東大助手、沖縄大学教授の宇井純氏は、「沖縄県の環境に対する意識は最低」と評したそうな。沖縄県政は復帰後ずっと「開発行政」でやってきたため、行政が建設行為に対する歯止めをかけるという意識が希薄なのだ。 
 県政を刷新して、行政が「基地建設反対!」で動くためには、思い切った人事異動等が必要であるが、沖縄県というそれなりの大きな行政機構を、知事一人でぐぐっと動かすのは、橋下のように独裁でやるというのなともかく、難しいことである。一般に自治体の首長が変わっても、大きな改革は「一期目」ではなかなか出来ず、「二期目以降」となるとも言われている。ということは、来年11月の知事選挙まで、なんとか持ちこたえながら「勝利」を勝ちとらなければならない、難しいところに来ていると思う。

 県政を変えるには、やはり「世論」の力と、運動の力が必要なのだvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あきらめさせるための護岸工事弾劾!

 昨日、辺野古新基地建設において新たな護岸工事が着手されたとの報道…琉球新報WEBより…
新護岸2カ所に着工 辺野古沖で沖縄防衛局
 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、沖縄防衛局は6日午前、新たな護岸2カ所の造成工事に着手した。
 新たに着工したのは、辺野古崎西側の埋め立て区域外枠となる「K1護岸」と、内側を仕切る「N5護岸」。
  6日午前10時半すぎ、N5護岸工事で、クレーンを使い砕石を海に投下する作業が確認された。K1護岸工事でも砕石を砂浜に投下する作業が行われた。
 海上では、新基地建設に反対する市民が抗議船から「これ以上、青い海を壊すな」などと抗議の声を上げた。
 県は、辺野古沖で希少サンゴが見つかったことを巡り、工事を停止して保全対策を県と協議することなどを求めている。これに対し沖縄防衛局は「工事を停止する必要はない」と回答していた。
 沖縄防衛局は4月25日、辺野古崎北側の「K9護岸」に着工、沖合約100メートルまで延ばしている。【琉球新報電子版】


 辺野古新基地建設で現在、にっちもさっちもいかなくなっているのは、大浦湾に面したC-1~3護岸である。ここに活断層があると言われているほか、琉球石灰岩で地質が悪く、大きなケーソン(ちなみにCはケーソンを示す記号だそうな)を置くことができず、設計変更しなければならない(結局、杭を打って支えるしかない…ケーソンは普通、支持地盤の上に「直置き」するのだが、杭を打つとなると、くいと接合させなければならず、設計が変わってしまうのだ)。
 だが、報道されている「K1、N5」の護岸(Kは基礎捨石を示す、Nは中仕切りを示すものらしい)は、特に施工上も問題はなく、大きな採石さえ大量にあれば構築できる。護岸がある程度できれば、土砂を持ってきて埋立ても可能だ。
 名護市長選挙前に新たな護岸工事着手を宣伝することで、県民に「あきらめ」の気持ちを抱かせるための策動に他ならない。断固これを糾弾する。

 逆に言うと、現地での行動もますます重要さを増してきている。県民とともに、ゲート前の阻止行動や、カヌーによる抗議行動・阻止行動に決起しよう。現地に人とモノを送り、全面的に支援しよう。
 そして名護市長選挙に総決起し、勝利しようではなイカvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本版海兵隊沖縄配備計画を阻止しよう!

 日本版海兵隊が沖縄に配備されるという…Y!ニュース朝日新聞より
日本版海兵隊、2020年代前半に沖縄へ 米部隊移転後
 陸上自衛隊に離島防衛の専門部隊「水陸機動団」(日本版海兵隊)が来年3月、新設される。防衛省はこの部隊を当初、長崎県の相浦(あいのうら)駐屯地をはじめ九州に置くが、2020年代の前半には沖縄県の米海兵隊基地キャンプ・ハンセンにも配置する方針を固め、米側と調整に入った。在日米軍再編に伴って沖縄に駐留する米海兵隊の一部が米領グアムに移転した後を想定しているという。
 複数の政府関係者が明らかにした。尖閣諸島に近い沖縄に置くことで、中国への抑止効果とともに、九州の南端以西の南西諸島で何か起きた際の展開を早める狙いがあるという。一方、沖縄にとっては、海兵隊の移転後に自衛隊が駐留することになり、「本当の基地負担の軽減につながらない」といった反発も予想される。(以下略)

 記事にあるよう「水陸機動団」(日本版海兵隊)は、離島防衛…すなわち島嶼防衛作戦に使われるのだが、これは上陸してくる敵を水際で撃退する部隊ではない。一旦敵に「占領」された島に強襲上陸し、奪還作戦を行うための部隊なのだ。
 小さな無人島ならともかく、住民がいる島でこのような「奪還作戦」を行う…事前に敵の占領部隊を空爆等で叩くことも想定されている…ことは、住民をも巻き込んだ悲惨な結果につながることは明白だ。まさに沖縄戦の再来である。

 酷いのは「米海兵隊の一部が米領グアムに移転した後を想定」というところ…これでは何のための「沖縄の負担軽減」なのか分からない。また、海兵隊がグアムに移転するということは、辺野古新基地建設は何のため?ということにもなるハズなのだが、これはキャンプシュワブや北部訓練場も含め、自衛隊「日本版海兵隊」が、これらの基地を使い、訓練・演習をバンバンするということに他ならない。
 また、今は島嶼防衛のためと言いながら、「集団的自衛権」の名の下、米海兵隊と共同作戦を行う、すなわち米軍と一緒に侵略戦争に出てゆくということも考えられる。

 日本版海兵隊の沖縄配備を阻止しよう!沖縄への基地負担増を許すな!沖縄戦の再来を阻止しよう!自衛隊は侵略の銃をとるな!virgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市民の動きを裏切った前原

 小池新党の登場により、民進党はほぼ「解体」することになった!!

 民進党代表・前原は衆議院選挙において、小池新党に「合流」という名の「解党」を行う…選挙に民進党の名を使わず、「希望の党」の公認を得てもらうということだ。前原氏自身は、無所属で出馬するらしい。
 では、小池氏は民進党の全てを受け入れるのか?リベラル派は排除すると、はっきり明言している。Y!ニュース産経新聞より
「リベラル派は排除する」希望・小池百合子代表が明言
 新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事は29日の記者会見で、希望の党からの出馬を望む民進党の立候補予定者の絞り込みについて、「リベラル派を『大量虐殺』するのか」と問われ、「(リベラル派が)排除されないということはない。排除する」と言い切った。
 その上で、小池氏は「安全保障、憲法観といった根幹部分で一致していることが、政党構成員としての必要最低限」と重ねて強調した。


 これ以外にも報道されているように、民進党から来た人間には「査問」を行い、「安全保障」問題等で小池氏と一致できない者については、公認しないと言うことが明らかになっている。
 ま、政党なんだから、ある意味しょうがない、むしろ当然だ。

 だから「野党共闘」ってのは、そういった理念や信条の違いは自明の上で、政策協定なんかを結んで行うものだ。だから時間も手間ヒマもかかる。15年安保法制反対で声を上げた、市民運動、市民の動きの中から、「安倍政治をSTOPさせるため、立憲主義・護憲を掲げて、野党は共闘してくれ」という動きの中、粘り強い働きかけが行われていたのである。

 だが、前原氏はそんな議論…もちろん党内での議論も含め…をふっ飛ばして、いきなり「希望の党」と「合流」するとトップダウンで決めた。そして民進党から公認はしない、民進党の名前は選挙で使わないと言い切っているのだ…これは「解党」である…そしてこれは、立憲主義、護憲を掲げるリベラルな党員や、そういった人も「いる」民進党になんらかの希望をつないでいた市民への裏切りである。

 もちろん、支持率が低迷する民進党は、遅かれ早かれ解党すると言われていたし、前原氏が代表になった場合、近い未来に出来る「小池新党」との連携に前向きであるとされていた。が、「小池新党」が立ち上がったその日に、なんの議論もなく「解党的合流」を決めたそのやり方は、党内民主主義もへったくれもない「クーデター」そのものである。

 ブルジョワ政治家レベルの話でも「それはないだろう!」の世界である。

 さて、巷特に民進党関係・支持者の中には、前原氏の「解党」を「希望の党」の中に入って、民進党のイニシアチブをとるための高等戦略だと、肯定的に捉える人もいる…だが、「希望の党」を内側から変える、あるいはイニシアチブを握れると考える人は、小池新党が「小池独裁の党」であることを過小評価しすぎている。「リベラルは排除する」と宣言しているように、小池氏の「査問」があるのだ…リベラルはおろか、小池氏にとって煙たい人間、意見をする人間すら排除されるだろう。小池万歳もしくは小池忖度人間ばかりが集まる「希望の党」を内部から変える、あるいは別の勢力がイニシアチブをとることは、例えは悪いが朝鮮労働党内部で金正恩を引退させようと画策するぐらい困難だろう。

 さて、自由党も「希望の党」に合流するそうだが、何よりこの「解党的合流」が「希望の党」立ち上げ記者会見で「保守リベラル(この「リベラル」の表現はあくまで私のものであり、小池氏はそう思っていない)」的綱領…前原民進党の理念に近いもの…が出てきたその日に発表され、あれよあれよという間に流れが出来たことから見ると、巷で言われているように、自由党・小沢一郎氏が仕掛けている可能性が非常に高い。いや、小沢氏がかなり前から個別に前原氏や小池氏と図りながら「シナリオ」を作っていたとすれば、前原の党内民主主義軽視から一連のスムーズな流れについて、うまく説明がつくと思う。

 が、ここで小沢氏をどうのこうの言っても、もう始まらない…さしあたって小池「希望の党」に行くことが出来ず、それを支持できない人がいるわけだから、受け皿を作らなければならない。当面は社民党と共産党にそれを託すしかない、厳しい状況である。また、社民党は民進党や自由党の、小池新党に行けない「リベラル」…特に山本太郎…の受け皿になれるくらいの度量が必要だろう。

 最後にハイフォンポストに掲載された「信頼」と「責任」の軽視。小池百合子氏が率いる政党には入りません。という、民進党板橋区議会議員、中妻じょうた氏の前原氏への批判を引用しておこう。

前原誠司さん。

報道でしか伝わってこないので、どこまで事実かわかりませんが、現在ご自身が行っている行動は、苦しい中必死に民進党を支えてきた党員、サポーター、地方議員に対して、代表としての責任を全うした上での行動だと、胸を張って言えますか?

前原誠司さんにすべてを賭けて「All for All」の政策づくりに取り組んだ井手英策教授に、消費税増税凍結を訴える政党との合流を、どのように説明しますか?

安倍政権を倒すことが政治目的ですか?

それならば、安倍政権が終わったら、自分の政治生命が終わるということになりますね。

ちがうでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モリカケ食べ残し解散を許すな!安倍政権を打倒しよう!

 今日の夕方、安倍総理が記者会見を開き、28日に衆議院を解散し、総選挙をすると発表した。Y!ニュース読売新聞
安倍首相、臨時国会冒頭に「国難突破解散」
 安倍首相は25日夜、首相官邸で記者会見し、28日召集の臨時国会の冒頭に衆院を解散する意向を表明した。
 衆院選は、10月10日公示・22日投開票の日程で行われる。首相は会見で、「これからも経済成長していけるのか、この漠然とした不安にしっかりと答えを出していく」として、アベノミクスの継続を訴えた。
 安倍首相は記者会見で、予定される衆院解散について、「国難突破解散」と命名した。また、衆院選での勝敗ラインについて、「与党で過半数」と述べた。


 この記事は非常に短いが、私はMBSの「Nスタ」でヤツの会見を聞いていた…はっきり言いましょう!「少子高齢化」対策で社会保障の枠組みを高齢者中心から全世代横断型に変える(その一貫として、高等教育や幼児教育の「無償化」があげられる)、「人づくり革命」(なんじゃそりゃ…)をやりたいのなら、現与党2/3の数と、8月に発足した「仕事人内閣」で十分可能である。それをもったいぶって「消費税増税分の使い道を変えるから」解散して信を問いたい…だとsign02

 会見の後半は、北朝鮮問題に割かれていた…北朝鮮の恫喝があるからといって選挙をあきらめるわけにはいかないsign02んだって。もちろん、「対話」なしの「圧力路線」を継続するわけだが、これも現在の国会および「仕事人内閣」で出来ることである。(あと、少なくとも選挙期間中は北朝鮮危機は爆発しない…おそらくトランプ大統領他から精度の高い情報は得ているのであろう)
 本音としては、「安全保障」問題をあおって、9条改憲にもっていきたいのだろうが、「改憲」は「か」の字もでなかった…しかしこの件は選挙中「保守」の側からしつこく問われるだろう…だが、前にも書いた通りここで安倍政権に信任を与えることは、朝鮮での戦争政策を認めることになり、ほぼ改憲にGOサインを出すことになる。

 会見中、安倍は森友・加計問題について「説明はしてきたし、これからもする」と言ってはいた…だが、憲法上やらなければならない臨時国会をこれまで開催もせず、臨時国会の冒頭に解散・総選挙を行うとは、まさに「モリカケ食べ残し解散」に他ならない。こんな出鱈目なヤツに、憲法はおろか、国政一切かかわらせてはならない。

 宣言しよう…私たちはこんな安倍晋三に、負けるわけにはいかない!絶対に打倒しなかればならない!総選挙情勢の中、あらゆる水路から民衆の決起を切り開き、安倍政権を打倒しよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧