関西再侵略

二条城に行ってみる

 今年は大政奉還150周年…ということで、京都の元離宮二条城(二条城)に行って来た。市営地下鉄二条城前駅で降り、地上に出ると、お城の櫓が見える。
Dsc08776
 で、東大手門へ…いやぁ~かなりデカいわ、これ。

Dsc08779

 大政奉還150周年sign01
Dsc08780

 世界遺産だぞぉ~
Dsc08781

 順路に沿って進む…唐門も立派。
Dsc08782

 豪華なお飾りだ…
Dsc08783

 唐門を入ると、二の丸御殿が現れる。多くの「お城紹介」記事に載っていておなじみのものだ。で、二条城は「しょぼい」御殿しかないお城だ…と思っていると、またこれがデカくて立派なのだ。
Dsc08785

 人間の大きさと比べると良いのだが、とにかく軒、天井、そして屋根がデカい…ここまで見て、なるほど徳川が天皇もいる重要拠点・京都を治めるため、いかに立派なものを作ったのかということが理解できる。
 中も見学可能…ただし写真撮影は禁止である。内部も多くの部屋があり、国の重要文化財に指定された障壁画が飾られている。(ただし保存のため、レプリカである)
 大広間の一部には、徳川慶喜が大政奉還を表明した時の様子を再現した人形が飾られている。
 しかし、見学時も割と寒かった…当時の人たちは、こんな天井の高い、暖房も効かないところでよく暮らしたりしていたものだと思うぞ。

Dsc08790
 御殿内をひととおり見終わったらまた外に出て、庭園をめぐる。

Dsc08794
 立派な池があるわい…紅葉の季節だが、緑ばかりの日本庭園もいいもんだ。

Dsc08798
 二の丸庭園を出て、本丸に向かう。

Dsc08800
 本丸椿門…中国の都城みたいな、重厚なつくりである。敵が攻めてきても、防御はばっちりということだろう。

Dsc08806
 本丸御殿…内部は公開されていない。本丸御殿は1788年に焼失後、長く再建されなかった。幕末になって徳川慶喜が住むため建てられたが、1881年に撤去されている。
 こちらの建物は、京都御苑今出川御門内にあった旧桂宮邸の御殿を移築したものだそうな。

Dsc08805
 本丸にも庭園がある。池はなし…

Dsc08811
 天守台に登ってみよう…天守閣は1750年、落雷のため焼失。

Dsc08813
 天守台から本丸御殿を望む。

Dsc08815
 お堀を越えて、西の方を望む。

Dsc08819
 本丸御殿の玄関…やっぱりデカいわ。

Dsc08822
 本丸を出たところ…ここから掘に沿って、北側を進むことになる。

Dsc08826
 北中仕切門…これもけっこうデカい。

Dsc08827
 この門を超えると、清流園という庭園を左に見ながら進むことになる。

Dsc08830
 お茶室のようだ。

Dsc08836
 ようやく城の東側に出る…これは収蔵庫で、重要文化財の障壁画の本体はここで保管されている。別途100円支払えば、中に入ることが出来る。

Dsc08837
 収蔵庫の入り口…
 収蔵庫の隣には、休憩所もあって、食事等が可能だ。また観光客向けの露店も広がっている。

Dsc08841
 一通り見終わったので、出てきた…入場料600円で、けっこう見どころはあったぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伏見侵略…街のたたずまい

 寺田屋を出て、伏見の街をぶらぶら歩く。
Dsc08136

 商店街を右に折れて、ちょっと入ってみよう…
Dsc08137

 キザクラカッパカントリー である。
Dsc08138

 レストラン兼ギャラリーってところかな…
Dsc08140

 酒蔵風の建物が並ぶのが良い…
Dsc08145

 近代化産業遺産に指定されている、月桂冠旧本社…喫茶店と土産物屋がある。
Dsc08147

 大倉家の本宅だそうな…
Dsc08150

 月桂冠の本社
Dsc08152

 いろいろ趣がある街並みだ…
Dsc08153

 おでん専門店…5時くらいから、飲める。
Dsc08154

 こうした歴史的建造物と、現代建築物が混ざっているところは、良い写真を撮るため、どう風景を切り取るかというのがポイントになる。写真が好きな人には、いい街なのではなイカcamera
Dsc08159

 商店街の一角…
Dsc08160

 府道の交通量が多い道のほうに行く…ここはかつて路面電車が走っていた。日本で最初に走った電車の起点が、ここ伏見区下油掛で、「我国に於ける電気鉄道事業発祥の地」記念碑がある。
Dsc08162

 さて、アーケード商店街に入って、京阪伏見桃山駅に戻ろう…
Dsc08164

 ハイ、お疲れ様でしたvirgo
Dsc08165_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伏見侵略…寺田屋

  やっぱり伏見に来たら、ここ行かないとね…
Dsc08109
 そう、寺田屋だhappy01
  幕末ファン垂涎の観光スポットである。

Dsc08107
 横は、こんな感じ…

Dsc08110
 なんか案内板…どうも幕末の寺田屋は鳥羽伏見の戦いで焼けたので、横の建物は明治期に旧館に倣って建てられたものらしい。

Dsc08111
 坂本龍馬が定宿として使っていたことで有名sign02
 せっかくなので、中に入ろう…入場料400円。なお、寺田屋は現在も旅館として使われており、見学は16:00まで。

Dsc08112
 入口はいって、階段を2階に上がる。

Dsc08113
 昔ながらの部屋だね…

Dsc08114
 目の前はすぐ堀川…ここに大坂からの船が着いたわけだ。さながら現代で言えば、駅前ビジネスホテルといったところ。

Dsc08115
 坂本龍馬タンが泊まっていたお部屋だそうな。

Dsc08120
 この部屋は横の庭に面している…

Dsc08121
 柱につけられた、刀傷の跡。

Dsc08116
 ま、こんな感じですな。

Dsc08126
 裏の階段を降りて、1階へ…

Dsc08124
 風呂場。

Dsc08127
 板の間には、いろいろ飾ってあります。なお、この板の間(移築されたものだが)で、1862年寺田屋騒動で、薩摩藩士が斬り合いをしたそうな…けっこう狭い所でやりあっていたのだなぁ~。

Dsc08129
 外に出てみた…

Dsc08133
 坂本龍馬顕彰碑ってところか。

Dsc08134
 では、寺田屋を後にしよう(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伏見侵略…大倉記念館

 先週の天気の良い日に、伏見を侵略してきた(^^)/
  京阪中書島駅は、大昔は本線と宇治線の分岐駅というイメージしかなかったのであるが、今は伏見の玄関口である。ちなみに京阪特急も停車する。
Dsc08080_2

 駅前はこんな感じ…
Dsc08081

 商店街のような所を通って…
Dsc08082_2

 右に曲がり、しばらく行くと堀川に出る。宇治川の支流のような川で、伏見城の外堀にあたるのだ。
Dsc08083

 ここから観光用の十石船が出ている。
Dsc08086_2

 東光山、長建寺…
Dsc08087

 十石船には乗らず、川を渡って月桂冠大倉記念館へ…
Dsc08088

 入館料300円で、純米吟醸酒180㎜ℓと、利き酒ができる…中の井戸、やわらかくておいしい水が湧いている。
Dsc08090

 酒蔵の中庭…
Dsc08091_2

 右側は内蔵の酒造所…今も昔ながらの酒造りを行っている…ここは近代化産業遺産である。大倉記念館自体も、近代化産業遺産だ。
Dsc08094

 記念館の中は、まあ昔の日本酒のできるまでの工程なんかが展示されている。あと、月桂冠の歴史なんかも。
Dsc08096

 中庭…なんか凄いなぁ~
Dsc08097

 見学が終わったら、利き酒 「月桂冠レトロボトル 吟醸酒」「玉の泉 大吟醸」「プラムワイン」の3種類。昼間っからなにもつままないで3杯飲むと、けっこうきますねhappy01
Dsc08099
 酒を飲んだら、外に出よう…堀川に沿って進む。

Dsc08102
 なかなかええ感じですな。

Dsc08104
 伏見侵略は、まだまだ続く…virgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 紀州鉄道侵略!

 今日は「青春18きっぷ」を使って紀州鉄道を侵略しに行きました…多分、3回目の訪問となります。
 JR紀勢線、御坊駅の0番ホームから、紀州鉄道は発車します。
Dsc07665_2
 車両は、元信楽高原鉄道のレールバスです。

Dsc07667_2
 こんな地元キャラや…

Dsc07668_2
 不完全「萌えキャラ」…紀道(のりみち)りんこタン…これは地元高校の漫画研究会生徒による作画だそうな。

Dsc07669_2
 で、地元高校漫研作品が並ぶ車内…

Dsc07671_2
 時間がきたので、ゆっくり発車…のんびり運行して、最初の駅「学問」到着。

Dsc07672_2
 紀伊御坊駅では、かつての主力車両「キテツ」が留置されています。

Dsc07676_2
 観光案内地図

Dsc07677_2
 駅はこれだけ…全線で2.7㎞しかアリマセン。

Dsc07678_2
 終点、西御坊に到着~

Dsc07680_2
 狭いホームと、待合室…天井も低い。

Dsc07682_2
 いろいろ貼ってあります。「ふく田」はお菓子屋さん…

Dsc07688_2
 さて、今回は廃線跡(西御坊―日高川間)も歩いてみました。

Dsc07689
 遺構がメチャメチャ残っています…というか、撤去作業をやっていないようです。

Dsc07692
 終点、日高川駅…向こうに日高川の堤防が見えます。

Dsc07693_2
 踏切跡まで、しっかり残っている…

Dsc07695
 短い距離とはいえ、この時期ウロウロするのは暑いsun

Dsc07701_2
 30分ぐらいで、西御坊駅にもどってきましたcoldsweats01

Dsc07702_2
 西御坊駅の入り口。

Dsc07706_2
 看板がエエ感じですな…

Dsc07708_2
 待合室も暑いので(当然、冷房なぞ無い)

Dsc07707_2
 写真を撮ってから、冷房の効いた車内で待つことに… なお、帰りの列車では、父母、娘、孫の3代が乗車してきて、にぎやかに…
Dsc07711
 JR御坊駅に到着…ではではvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五條新町侵略!

 奈良の五條市と言えば、十津川温泉方面のバスが出ている所であり、また天誅組の拠点となったことでも知られる(あまり知られていないか?)が、今回はあまり下調べもせず、ぶらっと降りてみた…大和二見駅と五条駅の間にまちなみ伝承館 というのがあるので、そこを通ってみようかと思ったのである。
Dsc06595
 大和二見駅前にある看板…これに従って歩いてみる。

Dsc06596
 何か雰囲気の良い舗装がされているではなイカsign01

Dsc06597
 古い町並みがこぎれいに整備されている…後で調べてみると、重要伝統的建築物群保存地区 五條新町通り というらしい。2010年12月24日、国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されたそうな。

Dsc06598
 なかなかの雰囲気ですなぁ~と思っていると…

Dsc06599
 いきなりコンクリートの高架橋が…これ、国鉄未成線の五新線 遺構なのである。五新線とは、五條と和歌山県新宮市を結ぶ構想の路線…鉄道はできなかったが、バスが走っている。
Dsc06600
 途中で切れている…先の堤防は、吉野川である。

Dsc06601
 ゆったりカーブして、五条駅に向かう…

Dsc06603
 五新線を示す看板…

Dsc06604
 使われていないコンクリートの桁も、点検されひびわれがチョークで図示されている。ひびわれ幅は0.2ミリ程度なので、そんなに重大な損傷ではない。
Dsc06605
 五新線の遺構を見終わったら、先を急ごう…

Dsc06606
 街並みが途切れた所にある、ミニ公園…

Dsc06607
 街のあらましなんかを示す看板。

Dsc06608
 整備のあらましが記された碑。

Dsc06609
 この近くに「鉄道模型店」がある…なんでもここのご主人、定年退職後に安い家賃でここを借りて始めたのだそうな。主人が作ったとおぼしきジオラマなんかを販売している。

Dsc06611
 しばらく歩くと、柳の木が見える…

Dsc06612
 なかなかいい雰囲気だなぁ~happy01

Dsc06614
 ここが「まちなみ伝承館」の建物…ちょっと時間が読めないので、今回は入館せず…

Dsc06617
 さらに歩きます(^^)

Dsc06618
郵便ポスト…

Dsc06620
 お寺さんがある。

Dsc06621
 「一つ橋餅店」という…今も営業中のようだ。ここからすぐ先に国道があって、保存地区はおしまいになるのだが…
Dsc06622
 こんな感じ。

Dsc06623
 国道沿いの、シックな醤油屋さん。
 ここを北上すると、国道24号に出る。その交差点を地下道で渡って、坂を上り五条駅に向かう。
Dsc06624
 途中にこれまたいい雰囲気の呉服屋さんがある。
 ま、情景としては、ここまで。この後、古い商店街を通って、五条駅前まで出る。
Dsc06625
 しかし五條の街がこんな感じで整備されていたとは、知らなんだ…大阪からはちょっと遠い感じだが、JR和歌山線の時刻をちゃんと調べておけば、簡単に行ける。
Dsc06633
 五条駅前の観光看板…3つのウオーキングコースが提案されている…また時間のある時に、再訪しようじゃなイカvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和歌山線侵略!

  山中渓で撮影闘争してから、和歌山にでて和歌山線に乗ることにした。
Dsc06583
 和歌山線ってのは、基本105系電車が2両で走っている。もちろんロングシート…105系自体、国鉄末期にローカル線を簡易電化した際に採用された形式で、103系を改良したようなものだったからやむを得ない。

Dsc06584
  これは和歌山線の、和歌山市駅ゆきである。

Dsc06586
 和歌山電鐵、貴志川線のホームが向うにあるが、今回はパス…神前みーこタンが、つなげて!全国”鉄道むすめ”巡り のキャンペーン中。

 和歌山線は車両は105系ロングシートなので、趣味的に面白いものでは決してない…大昔はスイッチバック(の跡)なんかもあったのだが、ダラダラと乗車するだけなのだが…
Dsc06588
 それでも季節がエエので、エエ雰囲気で紀の川に沿って西に登ってゆく…桃の花なんかも咲いてなかなかの景色である。

Dsc06589
 行き違い…

Dsc06590
 田舎の風景…

Dsc06591
 橋本で、南海高野線と接続…その先、奈良県に入り、五条の街を散歩しようと(別途報告)大和二見駅にて下車。
Dsc06593
 さよおなぁ~

Dsc06629
 五条駅にて…

Dsc06634
 この車両は、留置中である。

Dsc06636
 こんな撮り方もいいよね(^^)/

Dsc06638
電車がやって来た。
 五条からさらに2駅で吉野口…ここで近鉄吉野線と接続、さらに御所、高田に向かう。

Dsc06640
 高田駅にて…この車両はこのまま、桜井線(万葉まほろば線)に入り、奈良に向かう。和歌山線自体はこの先、王子まで続くが、ここから先は221系大和路快速となるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山中渓で撮影闘争

 JR阪和線の桜の名所、山中渓駅に行ってきました(^^)
Dsc06555

駅の周りに桜がいっぱい植えられているのですね。
Dsc06557

大阪方面に向かうと、こんな感じになります。
Dsc06558

こ線橋の上から…架線柱がちょっと邪魔ですな…
Dsc06561

反対側(和歌山方面)
Dsc06562

もう少し電車の撮影…これはJR西日本の233系であります。
Dsc06565

こちらからも撮影…
Dsc06567_2

花にかこまれた駅名票…
Dsc06569

こうゆうのも趣があっていいよね(^^)/
Dsc06568

改札の外に出て見ます…近辺には桜の名所があるようで、けっこう人が下りてゆきます。
Dsc06574

こんな感じ…
Dsc06576

懐かしい?駅前風景ですな。
Dsc06577

駅周辺…
Dsc06578

とりあえず撮ってみた…
Dsc06581

では和歌山方面に向かおうvirgo
Dsc06582

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姫路城侵略でゲソ…

 昨日は天気も良かったので、新快速乗って姫路城まで行って来た。駅を降りて姫路城まで、道がやたら広い。
Dsc06328

国道2号と交差…城跡の石垣が続く。
Dsc06329

で、ばぁ~んと姫路城が見えて来るのだ。
Dsc06332

橋を渡って門をくぐる。
Dsc06335

三の丸公園…芝生は養生中。
Dsc06336
 写真では分かりにくいが、端正な姿のお城である。なるほど、国宝&世界文化遺産になっているだけのことはある。

Dsc06337
 三連休最終日でもあって、人がけっこういる。

Dsc06338
 待ち時間、30分…ということであるが、見学所要時間は2-3時間だそうな。ちなみに「入城料」は1,000円である。

Dsc06341
 中に入って、まず菱の門をくぐる。

Dsc06345
 何か忍者が居る。

Dsc06346
 天守閣を目指して歩いて行きます。

Dsc06349
 うねうね曲がって、弐の門…この辺から人があふれて来る。

Dsc06350
 やっぱデカいわ…

Dsc06352
 武者だまりみたいな所で足止め食ったりしながら、ちょっとずつ進む…

Dsc06356
 ようやく、白の中に入ることが出来た(^^)

Dsc06357
中はけっこう広い。柱も太いね。

Dsc06363
 姫路城、木組みの模型…城内は展示物が少なく、純粋に建築物としてのお城が楽しめるようになっている。建築を志す人にはいいだろう。

Dsc06366
 それにしても広くて立派だなぁ~

Dsc06367
 大広間みたいな所で、長い列が出来ている。

Dsc06370
 とにかく、急な階段を昇って、上までいかねばなるまい。

Dsc06371
 ここが5階…もう一つ上が、天守閣の最上階である。しばらくここで留め置かれた後、上に移動。

Dsc06373
 やっと最上階である。

Dsc06372
 なぜか拝むところがある。

Dsc06374
 とにかく外を眺めよう…姫路の街ってあまり特徴が無いな。

Dsc06377
 ホレホレ~

Dsc06378
 じゃぁ、そろそろ降りるか…ということで、また急な階段を降りてゆく。ただ、広い城なので、上りと下りは人の導線が完全に分かれているところはありがたい。

Dsc06379
 大分下まで降りてきた。

Dsc06380
 出口であります。

Dsc06382
 本丸(備前丸)に出て来た…入城券を買ってからここまで来るのに、大体2時間はかかった。これが桜の季節だったら、もっと人が多くて大変なことになっていただろう。

Dsc06389
 備前門を出て、二の丸に向かう…なお、門の隣の四角い石は、古墳にある石棺を石垣に使ったものだそうな。

Dsc06393
 二の丸には、番町皿屋敷で有名な、お菊井戸がある…「いちまぁ~い、にまぁ~い…coldsweats01

Dsc06396
 この後、西の丸方面も見学するが、とりあえずここまで…ではではvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神武庫川線侵略!

 阪神電鉄の盲腸路線、1.7㎞の路線、武庫川線に乗ってきた。
Dsc05642
阪神武庫川駅到着…この長い連絡線を渡って、武庫川線ホームまで行く。

Dsc05643
左の線路は、本線とつながっている…ここは「武庫川信号所」と呼ばれ、2両が留置されている。

Dsc05646
武庫川線ホームは、まだ先だ…

Dsc05647
中間改札があるのでゲソ…

Dsc05648
ホームから留置電車を撮影。

Dsc05650
ホームや待合室にはけっこう人がいる。

Dsc05651
武庫川の堤防のすぐ外側を走るのですね…

Dsc05652
2両の電車が到着~

Dsc05653
いっぱいいっぱいだなぁ~
やがて発車…全線単線なのだ。
東鳴尾、洲﨑と停車し、すぐに終点の武庫川団地駅に到着。

Dsc05654
到着後すぐ…折り返し電車に乗る人がけっこういる。

Dsc05660
駅はこんな感じ…

Dsc05661
隣はマックスバリューだsign03

Dsc05657
終着駅のたたずまい…

Dsc05659
津波が来たら…高さが3.7mになるそうだから、JR神戸線のところまで逃げないとイカんらしい。
そのまま折り返しで帰るのも面白くないから、1つ前の洲﨑駅まで歩くことにした。

Dsc05662
でもって、このあたりでカメラを構える…武庫川団地の街の様子。

Dsc05663
洲﨑駅に、武庫川駅まで戻って折り返してきた電車が到着。

Dsc05664
手ぶれじゃ手ぶれ~

Dsc05666
洲﨑駅の入り口。大昔はここが終点であったが、1984年に武庫川団地まで延伸したのである。

Dsc05667
もちろん無人駅だ。

Dsc05668
駅名票。

Dsc05669
もうすぐ電車が来る…

Dsc05670
じゃぁ帰るとするか…

Dsc05671
武庫川駅到着~

Dsc05674
本線の武庫川駅は、川の上にある…阪神はこんな駅が多い。

Dsc05675
ではでは・・・virgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧