関西再侵略

岸和田ぶらぶら…

 水間鉄道に乗った後、南海電鉄で岸和田まで戻る。だんじり祭りで有名なあの岸和田だ。
Dsc02625
 駅はすごく立派…だが連休最終日とあってか、ずいぶん人通りは少ない。

Dsc02626
 駅前で食事した後、アーケード商店街を西に行ってみる。商店街はすぐ大通りとぶつかってアーケードがなくなり、雰囲気のよい商店街になる。

Dsc02627
 旧紀州街道にぶち当たったので、左折して南下する。旧和泉銀行の建物。

Dsc02629
 大通りにまたぶち当たる…このへんは岸和田城の外堀みたいなところで、橋がかかっていたそうな。

Dsc02628
 向かいにあるのは、旧四十三銀行の建物…道路を渡って、マス形門のあとを越えると…

Dsc02630
 きしわだ自然資料館がある。ここで、自然資料館、岸和田だんじり会館、岸和田城の3館共通入場券700円を購入。資料館は岸和田附近の自然…動植物から化石生物、地層・地質まで幅広く展示されている。ジオラマや映像もあり、子どもうけしそうな所でもある。また3階には個人で蒐集した様々な動物のはく製…北極熊やベンガルトラなど大型哺乳類がたくさん…は圧巻だ。

Dsc02632
 自然資料館を出て、岸和田城西側の大通りまで歩く…このへんは電柱が地中化されており、気持ちのいい青空が広がっている。

Dsc02635
 この通りをまっすぐ行くと、岸和田だんじり会館である。中に入って、だんじり祭りの様子を大型のシアターで見る。その他、展示ももりだくさんだ。

Dsc02641
 だんじり会館を後にして、いよいよ岸和田城である。

Dsc02642
 なかなかどっしりとした天守閣だ。中はゆったりしているが、残念ながらバリアフリーには対応していない。

Dsc02646
 階段のぼって天守閣の上まで行くと、大阪湾が一望できるのだ。

Dsc02648
 入り口でわけがわからん石が並べられていると思ったら、これは戦後につくられた「八陣の庭」というもの。庭作家の重森三玲(しげもりみれい)氏によるもので、諸葛孔明の八陣法をテーマに、大将を中心に天・地・風・雲・龍・虎・鳥・蛇の各陣を配したもの。国の名勝に指定されている。

Dsc02657
 お城を出て隣に、五風荘という回遊式庭園があるのだが、中で高いメシを食わないとみることができない。

Dsc02659
 五風荘の前あたりが、おそらく一番かっこいい岸和田城のアングル…

Dsc02660
 お城の南側を歩く…三の丸神社の赤い鳥居。

Dsc02661
 地元の商店街を歩いて、南海蛸地蔵駅へ。お城やだんじり会館はこちらのほうが近いのだが、各駅停車しか停まらないので不便である(岸和田は特急も停まる)。なお、蛸地蔵駅にはステンドグラスの装飾があるのだが、写真は撮っていない。
 ではでは…

| | コメント (0)

水間鉄道に乗ってきた

 5月のはじめ、天気も良かったので大阪南部を走る水間鉄道に乗って来た。
Dsc02578
 南海電鉄本線の貝塚駅を降りて隣に、水間鉄道の駅舎がある。なお、南海では乗り換え案内を「水間線乗り換え」とアナウンスしていたが、水間鉄道は南海とは完全別会社である。
Dsc02577
 地平にあるホーム。改札は交通系ICカードが使える。

Dsc02583
狭いホームに立派な木の待合室がある。

Dsc02585
 やがてステンレスの電車が2両でやって来た…元東急7000形の、1000形である。青森の弘南鉄道福島交通も同じ車両を使っているので、コラボしてイベントやったこともある。

Dsc02588
 弘南鉄道って、書いてるでしょ…

Dsc02594
 車内はごく普通の、ロングシートである。
 電車は所定の時刻に発車…昼間は20分ヘッドで、時間3本走っている。駅をでてすぐ、急カーブを左に曲がって内陸のほうに向かう。家の軒先が間近に迫ってくるのが、こうした都市内の中小私鉄の醍醐味だ。

Dsc02590
 中間駅はどれも簡素なつくり…駅員はおらず、ワンマン運転である。

Dsc02591
 近義の里~石才間でJR阪和線をアンダークロスするが、乗り換え駅は存在しないのだ。

Dsc02593
 名越駅で、反対列車と行き違い…名越の一つ手前、清児(せちご)駅から分岐して和歌山の粉河まで延伸する計画が大昔あったそうなのだが、とっくの昔に免許は失効している。
 貝塚をでてから、おおむねまっすぐに内陸を目指す。

Dsc02596
 20分ぐらいで終点、水間観音駅に到着…ヘッドマークは「オリジナルヘッドマーク」と言って、1万円で10日間、顔写真なんかをヘッドマークにして飾ってくれるサービスがあるのだ。

Dsc02605
 水間観音が歩いて10分ぐらいのところにある。駅舎は寺社をモチーフにした特徴のあるもので、国の登録有形文化財なんだそうな。

Dsc02601
 鉄道むすめ、アテンダントの水間みつまタンのパネル…関連グッズはおいていない。なお、リンクは制服リニューアル後である。

Dsc02616
 構内には1990年に架線電圧を1500Vに昇圧してステンレス車両が導入される前の500形車両が置かれている。保存状態はごらんのとおり悪く、中の見学もできないようだ。ちなみに80年代、私はこの車両に乗って水間鉄道は完乗済みである。

Dsc02615
 駅には謎の丸い植物体?が沢山飾られている…貝塚名物か!?
 そのほか、構内に燕の巣があって、燕が飛び交っていた…やっぱりのどかだなぁ~この辺は。

Dsc02617
 水間観音駅を少し戻った方向には、車庫があって電車が留置されている。

Dsc02618
 1本電車を遅らせて、とりあえず貝塚に戻ろう…なお「平成」と書いたマークが掲げられているが、さっき乗って来たヤツには「令和」と書かれたマークが飾られていた。まったく、改元フィーバーに乗りやがって…とやな気分にもなる。

Dsc02621
 沿線は、住宅や畑がつづくのんびりしたところ…いわゆる地元の地主さんみたいな立派な家も散見される。

Dsc02623
 貝塚駅にもどってきました…ではでは。

| | コメント (0)

池田の街並みを歩く

 

CUPNOODLES MUSEUMを見た後、阪急沿線に所用があるのだが、時間があるので池田の街並みをブラブラ歩いてみることにした。

Dsc01687

 その前に…なんかデカい家があるなぁ~と思ったら、安藤さんのお宅でした

Dsc01689
 前の道は、コミュニティー道路ふうに整備されている。

Dsc01662
 阪急の高架近くまで行くと、この池田市観光案内所がある。チキンラーメン創作料理なんかを売っている。

Dsc01690
 ガード下には、祠がある…ここから、阪急の北側に行ってみる。
 80年代半ばの学生時代に、大学の課題で池田の街並みを歩き、その魅力をマップに落とすというようなことをやった。グループで行ったのだが、やってる時、メンバーの一人が「水曜日はアニメを見ないといけないから、絶対帰る」とワガママなこと言ってたなぁ~いずれにしても、当時はこんな祠とか見つけて喜んでいたような記憶があるくらい。

Dsc01692
 通りにはこんな石のオブジェが置いてある。
 つきあたったとこらへんから、小林一三記念館  方面に向かう(といっても、そこには入らない)

Dsc01695
 五月山のほうに登っていくと、逸翁美術館  である。

Dsc01694
 白壁の塀は、池田文庫のもの…
Dsc01696    
 横道に入ると、池田城址公園に入る通路があった。門が閉じられているが、イノシシよけに門を閉じているとのこと。池田城址は室町~戦国期の城で、江戸時代のものではない。また、山の上の方に別途、正式な入り口があるようだ。

Dsc01697
 城址公園の入り口から、急な斜面で住宅地の中を降りてゆく…

Dsc01699    
 こういった、エエ雰囲気の通りに出るのだ。

Dsc01700
 酒屋さんの建物(らしい)

Dsc01701    
 こんな建物も…

Dsc01702
 ひっそり佇む、祠

Dsc01704    
 お寺さんもあるよ。

Dsc01705
 こんな感じの道が続いている。

Dsc01707
 大きな通りにでると、呉服座 がある。上はマンションだが、中は江戸時代の建築様式を一部再現した大衆演劇場であるとのこと。

Dsc01708
 大通りを隔てて、お寺がある…向う側に行くと、猪名川を渡って兵庫県に入る。

Dsc01709
 アーケード商店街に入って、駅のほうに戻ろう。

Dsc01710
 駅に渡る陸橋の入り口が、古く懐かしい雰囲気を醸し出している。

Dsc01711
 そこにあった木のベンチと、熊の飾り物…ではでは

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CUPNOODLES MUSEUMに行ってみる

 先日、大阪池田市にあるCUPNOODLES MUSEUM(安藤百福発明記念館) に行って来た。ネットのお友だちのプレカリアートさんが、ちょっと前に訪問された記事 を見て思いついたモノ…
 阪急宝塚線の池田駅で下車…ここは阪急の生みの親、小林一三の記念館や、逸翁美術館 など、小林一三ゆかりの地である。今日の目的地は、駅の南側にある。
Dsc01661

 写真は駅にある観光案内地図

Dsc01663
 道を1本間違えたので、南側から迂回するようにして記念館に到着…住宅地の中に「こぢんまり」とあるものだと思っていたのだが、けっこうデカい
 中に入ると、スタッフの方がパンフを渡してくれる。入場は無料…開館時間は16:30までだが、入場は15:30で終わるので注意

Dsc01664
 安藤百福がチキンラーメンを開発していた小屋が再現されている。鶏もちゃんと飼っていたみたい。

Dsc01667
 いろいろと、レトロな器具が並んでいます。

Dsc01668
 インスタントラーメン開発のキモは、天ぷらをヒントに麺を油で揚げること…そのお鍋を再現。映像で油の中で麺を揚げる場面が浮かび上がる。

Dsc01671
 他、展示の様子…子どもたちがやっているよう、窓をスライドさせたりして、展示を見るのだ。

Dsc01673
 こうやって引き出しを開けたりもする…

Dsc01672
 インスタント食品他、加工食品や流通の「発達」により、買い物のあり方も大きく変わった。

Dsc01674
 カップヌードルが売れるきっかけとなった、あさま山荘事件も紹介されている。当時の機動隊・警察のヘルメットが時代を感じさせる。

Dsc01676
 宇宙で食べるインスタントラーメン、スペース・ラムの紹介。

 建物がでかいのは、中の半分ぐらいが「マイカップヌードルファクトリー」や「チキンラーメンファクトリー」といった体験コーナーになっているから。
Dsc01677
 で、奥の「テイスティングルーム」にて、朝のドラマ「まんぷく」のモデル、安藤百福のつれあい、仁子に関する特集をやっていた。

Dsc01678
 こんな人ですよ~

Dsc01680
 これまでの日清食品のインスタント麺製品ラインアップが並ぶ、インスタントラーメントンネル。

Dsc01681_2
 「ひよこちゃん」のパネルを持って、記念写真も撮れます
Dsc01682
 安藤百福の胸像…

Dsc01685_2
 外にもでかい安藤百福立像がある…ほぉ~っと思って眺めていると、足元の説明文が、80年代左翼の主敵中曽根康弘であったというオチがついている

Dsc01688
 ではでは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊賀市内とか…

 伊賀神戸から伊賀鉄道にて、上野方面に戻る…
Dsc00818

 田んぼが広がる伊賀盆地を北上。

Dsc00819
 今年の3月に開業したばかりの、四十九駅である。

Dsc00821
 市街地に入る…お寺の敷地をかすめて走る。
Dsc00823  
 上野市駅の一つ手前、広小路駅で降りてみた。

Dsc00824
 伊賀鉄道では、あちこちに忍者が佇んでいる。

Dsc00826
 暑いけど、ちょっと歩こう

Dsc00827
 立派なお店?である。

Dsc00831
 上野天満宮。

Dsc00832
 だんじりが置いてあるらしい…

Dsc00834
 メインストリートに出る…建物は、百五銀行上野中央支店。

Dsc00835
 ちょっと寂しい商店。

Dsc00836
 アーケード商店街…左側には何か建つのか?ここを抜けると、上野市駅前のロータリーに出る。

Dsc00839
 駅に入る…これは東急ステンレスそのままの200系電車、伊賀神戸行き。

Dsc00841
 伊賀上野行きは、ちょっと違うラッピング電車である。

Dsc00842
 伊賀焼、風鈴列車だそうな

Dsc00843
 なるほど、朝顔の花があったり、風鈴もチリンと鳴っている。車内には「ニンジャ」に憧れた外国人観光客もいたよ。

Dsc00845
 伊賀上野駅に到着~

Dsc00846
 風鈴列車の「顔」はこんなの…この後、関西線で加茂―奈良―天王寺に抜けるのだ…ではでは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊賀鉄道完乗闘争!

 信楽高原鐡道に乗った後、草津線で柘植まで行き、関西線に乗り換える。
Dsc00776

 忍者の絵が描かれている…伊賀方面に行って、伊賀鉄道 完乗闘争である。
 乗り換えの伊賀上野駅にて…

Dsc00785
 伊賀市の玄関口なのだが、周辺にはリクシルの工場とか以外はなぁ~んもない。伊賀鉄上野の中心には伊賀鉄道で行くことになる。

Dsc00780    
 伊賀上野駅のホームに止まっている、伊賀鉄道200系車両。もと東急1000系ステンレス車両で、忍者絵のラッピングが成されている。なお、伊賀鉄道は近鉄伊賀線であったのだが、2007年に近鉄から経営分離したものである。

Dsc00781
 車内は、こんな感じ…一部クロスシートとなっているのがうれしいが、後付け座席なのでシートと窓のピッチがあっていないのが残念。

Dsc00790    
 反対側からも写真撮影…

Dsc00791
 大阪方面からの関西線上り列車 と連絡後、伊賀鉄道発車…

Dsc00794
 伊賀上野のお城が見えてきた(もっともお城は、関西線からも見ることが出来る)

Dsc00795
 新居、西大手の2駅を過ぎて、上野市駅に到着…ここで昼食のため一旦下車することに…

Dsc00799  
 上野市駅の駅舎…小さいけれど、拠点駅の風格がある。

Dsc00798
 忍者絵は松本零士氏のデザインなので、銀河鉄道999の鉄郎とメーテル像がある。

Dsc00804
 松尾芭蕉もいるぞ 
Dsc00803
 ハイトピア伊賀の中にあるパン屋さん、あらゆるパンが100円+税均一だったので、そこでパンとジュースを購入して遅い昼食とした。なお伊賀上野には東京、名古屋、京都、大阪から高速バスで行くことが出来、駅前はそこそこ整備されたターミナルとなっている。また、お城はターミナルと反対側、伊賀鉄道の線路を渡って行くことになる。

Dsc00806
 さて、昼食をすましたら完乗闘争再開…上野市から緑の忍者電車に乗車。

Dsc00807    
駅構内には、背の低い信号もあるよ。
 上野市をでると、しばらくは市街地を進む…線路と住宅の軒先がふれそうなくらいの、いかにも私鉄という感じの路線が続くが…桑町のあたりで市街地はとぎれ、田園の中を電車は進む。

Dsc00811
終点、伊賀神戸(いがかんべ)駅に到着~

Dsc00813
 近鉄との乗り換え改札口

Dsc00814
 赤い近鉄特急が停車中…難波行き「伊勢志摩ライナー」である。

Dsc00816
 それでは、完乗闘争が終わったので、伊賀上野方面に戻ろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信楽高原鐡道乗車闘争

 27日の金曜日は、キャンドル行動の前に時間つぶしも兼ね、青春18きっぷを使って近郊に出かけた。まずは信楽高原鐡道 (以下、信楽鉄道)乗車闘争に決起信楽鉄道は、旧国鉄信楽線→JR信楽線を87年7月に転換した第三セクター鉄道である。
 東海道本線を草津で乗り換え、草津線を貴生川で下車。
Dsc00731

 ここらへんは「甲賀忍者」の里である。

Dsc00732
 貴生川駅は、こんな外観…バスターミナルはあるが、商店等は周辺にない。

Dsc00733
 信楽鉄道の窓口は無く、きっぷも売っていないので、乗車証明をここでもらってから、JRの改札を抜けるのだ。

Dsc00739
 貴生川駅は近江鉄道とも連絡している。こちらは別途、改札がある。

Dsc00740
 1番線が信楽鉄道のホーム。時刻はぴったり1時間おき。18時台には列車がない。

Dsc00737
 JRと信楽鉄道で直接乗り換えを行う人のために、ホームにはJRのICカード(ICOKA)に対応した改札が設置されている。なお信楽鉄道では交通系ICカードは使えない。

Dsc00741
 やがて警笛を鳴らしながら(けっこう大きな音だ)列車が入って来た。

Dsc00742
 昨年に導入された、SKR501だそうな。

Dsc00745
 車内はこんな感じ…転換式クロスシートで、ゆったり信楽まで旅が出来る

Dsc00749
 反対側のホームに、上り草津行きの113系抹茶色が入って来た。同時刻に下り柘植行きも発車なので、信楽鉄道とJR草津線の乗り継ぎはスムーズ。
 さて、信楽鉄道のほうも発車…すぐに右にカーブして草津線と別れ、真っすぐな線路を上ってゆきます。
Dsc00753
 進行方向右側は、完全山の風景になる。あと、照明の感じがエエですね。最初の駅、紫香楽宮跡まで駅間距離が9.6㎞もあるので、山の景色はかなり続く。

Dsc00754
 新名神高速道路をくぐり、右手に信楽ICを見る…このように、信楽は自動車交通は便利である。よって京都や大津から高速バスでも出てそうなものだが、そのようなバスはない。公共交通機関で信楽に行くのは難しく、使えるのはJR+信楽鉄道のみという「不便さ」である。
 かつて(80~90年代?)には、奈良から信楽に抜ける路線バスがあり、それに乗って信楽に行き、信楽鉄道に「初乗り」をしたのだが、その時以来である。
Dsc00755
 紫香楽宮跡駅のホーム…狸の焼き物が出迎えてくれる。

Dsc00758
 雲井駅…これは国鉄時代からある。先ほどの紫香楽宮跡駅は、転換後に新設した駅である。

Dsc00759  
 ここを過ぎると景色が広がってきて「信楽の里」に来た感じがする。
 勅使、 玉桂寺前と2駅を経由して、終点、信楽に到着

Dsc00762
 改札の様子。

Dsc00764
 駅前には、巨大な狸の焼き物が…

Dsc00765
 駅の外観…左は一応、バスターミナルなのだが、コミュニティーバスと路線バスがちょっとあるだけ。

Dsc00766
 券売機で、帰りのきっぷが買えます。あと、土産物店もあります。

Dsc00767
 レインボーたぬき…後ろはレンタサイクルの自転車。普通のヤツは500円、電動アシスト付は1000円だそうな。

Dsc00770
 乗って来たSKR501

Dsc00771
 向かいの予備ホームは、狸の焼き物でいっぱい。

Dsc00772
 甲賀忍者をモチーフにした、SKR310が向かいにいた。
 このまま取って返して、貴生川に戻る…
Dsc00894
 けっこう立派な家が立ち並んでいるなぁ~

Dsc00897
 紫香楽宮跡を経て、また山の中を走る…開けてくると、甲賀盆地が山の下に広がっているのが良く分かる。なるほど、信楽「高原」鉄道であるなぁと分かる次第だ。

Dsc00773
 貴生川駅に戻ると、近江鉄道の豊郷あかねタン ラッピング電車が止まっていた。
 ではでは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都国際マンガミュージアム

 15日日曜日のお話…梅田解放区までの時間つぶし?に京都国際マンガミュージアム に行って来た。
 京都の真ん中、烏丸御池にあるこのミュージアム、もともとは小学校だった建物を改装して作られたもの。地下鉄烏丸御池駅から歩いてスグのところにある。

Dsc00684
 こんな感じの建物…中は人工芝のようだ。饅頭みたいなクッションが置いて有り、これに寝そべってマンガを読むことが出来る。

Dsc00685
 入口付近
Dsc00686    
 カフェなんかも併設されている。

Dsc00687
 では中に入ろう…館内は「著作物」のカタマリなので、原則写真撮影は禁止

Dsc00688    
 京都は前日から「猛暑日」が始まっているのだが、木陰でマンガを読む人たちがいる
 なお、入場料は大人800円…館内にはいって左手すぐは、Goods売り場となっている。外国人向けに英語バージョンのGoodsも置いてある。
 そこを抜けると、いきなり本棚があってマンガが並んでいる…
 あと、現在企画展でビッグコミック50周年展 というのをやっていて(9月2日まで)、その関連は写真撮影がOKなのである。

Dsc00692
 2階にあるマンガ家の手(いろんなマンガ家の手の石膏像がある)の部屋にあったBLUE GIANT SUPREME(石塚 真)主人公、宮本大

Dsc00689
 このようなパネルは5体ほどある…

Dsc00691    
 こうゆう「なりきりパネル」なんかもあるが、個人的にはどうかなぁ~空母いぶき (かわぐちかいじ)主人公、秋津竜太だと…

Dsc00694
 水木しげる先生「妖花アラウネ」の原稿(たぶん複製)

Dsc00695
 その他もろもろの「ビッグコミック」関連展示…
 建物は3階建て…一通りまわって、まだ「梅田解放区」まで時間がたっぷりあるので、館内でマンガを読んで時間つぶし…いやぁ外はメチャメチャ暑いが、冷房の効いた部屋でマンガを読みふけるのはエエもんだ。

 ではでは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸探索…神戸港

 元町のアーケード商店街を抜けて、南下した。港のほうに行くぞ
 Dsc00374

 中突堤方面、神戸ポートタワーである。
 これに登ること無く、先に進もう。

Dsc00375
 港の様子…いい天気なので、人が出ています。

Dsc00377
 ずぅ~っと先のほうまで、行ってみる。
Dsc00379
 マリンホールと、メリケンパークオリエンタルホテル。マリンホールでは結婚式をやっていたようで、新郎新婦さん達が出てきた。お幸せに

Dsc00380_2
 ふり返って、ポートタワーとか…

Dsc00383
 いちばん先まで行ってみた…ここらへんは人がほとんどいない。

Dsc00384    
 ホテル内には、ちょっと高級なクルーズルミナス神戸2 の案内・乗船場となっている。乗船時間とかから外れているので、人は少ない。ホールはわりと殺風景だが、人ごみに疲れたらこっちで休むのもエエかも…

Dsc00385
 反対側のumie は、商業施設だから人がいっぱいだもんね。写っている船は神戸ベイクルーズ のオーシャンプリンスというらしい。
 神戸港で船に乗るのは、またの機会にしよう…

Dsc00387
 突堤の付け根のほうに戻る…「震災復興」記念なのかな?
Dsc00389
 なぜかホームセンター、コーナンがある。

Dsc00390
 もといたほうの、たたずまい…

Dsc00392
 やっぱり港はいいや
 ということで、そろそろいい時間になったので、JR神戸駅方面まで戻ることに…

Dsc00394
 港のすぐ近くに、ドカンと商業施設があるので、港に人が寄って来る…

Dsc00395
 温泉施設もあるぞ で、この辺から地下に下り、地下鉄海岸線ハーバーランド駅から、三ノ宮花時計方面に向かったのであった。
 ではでは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸探索…中華街他

 3日の神戸カウンターは14時半からということだったので、日曜ということもあり先に神戸をブラブラ探索してみた。
 自分が住んでいるところは京都のほうが近いので、京都には良く行くが、神戸にはあまり行っていなかった。最近、人民新聞弾圧関連や、神戸空港から沖縄へ行ったこともあり「神戸ってわりと近いじゃない」と思えるようになったのである。

 とはいえそこそこの観光地…あちこち見てまわるには時間がない。とりあえず昼前に元町駅で降りて、南京町・中華街へ。
Dsc00341
 入り口…

Dsc00342
 こんな像もあるよ

Dsc00345

 エエ雰囲気だなぁ~
Dsc00346
 ファミマの横…当然、中文だ。

Dsc00347
 昼前に中華街を目指したのは、安く点心を頂くため…屋台のようなところでゆっくり食す、水餃子とか。

Dsc00348    
 お店の外観は、こんな感じ。

Dsc00351
 中華街の中心部。女子高校生が、記念写真撮っていますね。向う側は、元町のアーケード商店街。

Dsc00350    
 にぎわってますが、人が一杯でシンドイなぁ~ということはない。ちょうどいい喧噪だ。

Dsc00353
 柳の木もいいね。

Dsc00356  
 スイーツ餃子なんてのがある…食すのはまたの機会にしておこう。

Dsc00357
 土産物店もあります。

Dsc00359    
 西側の門が見えてきました。中華街の範囲は、そんなに広くありません。

Dsc00360
 チャイナドレスなんかも売っています。

Dsc00361  
 とりあえず、東から入って、西側に抜けました

Dsc00362
神戸華僑歴史博物館 なんてのがあるんですねぇ~。またの機会に行ってみよう。ちょっと北に行って、元町のアーケード商店街へ。

Dsc00365
 ゴーフルでおなじみの、神戸風月堂  ミュージアムなんてのがある。入館は無料 

Dsc00366
 洋菓子の材料で作った、ジオラマがあるぞ

Dsc00371
 お菓子の松の木…

Dsc00369
 紅葉であります。ま、このほか、神戸元町のちょっとした歴史なんかも展示されております。係りの方から、ミニゴーフルと、ワッフルみたいなお菓子をもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)